名言 英語 学ぶ。 映画の名言から学ぶ英語フレーズ7選

ライト兄弟の名言集を英語付きで紹介!!

名言 英語 学ぶ

今日の名言・格言 学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。 自分の無知に気づけば気づくほど、より一層学びたくなる。 それは仕事に関連することであったり、興味を持っていることなど。 一方、新しい知識を得たり、新しいことへの挑戦に消極的な方もいます。 これまでの経験で仕事をこなせるなど、学びの必要性を感じていないのかもしれません。 しかし、学ぶことの意義は、新しい知識・経験を得ること以上に、自分を知ることにあるような気がします。 学ぶことによって自分に足りないものが見えてくる。 自分がいかに怠けていたのかを痛感することもある。 学びをやめてしまうと自分の状態を正確に把握することがむずかしくなる。 客観的に自分を見られなくなってしまう。 それでも、いまの環境が続くかぎり問題はないのかもしれません。 でもいつか、自分のもてる力をフルに活用したいとおもう場面が訪れたとき、本当の自分と向き合わなければいけません。 もしかすると、それは想像していたものとはかけ離れた自分なのかもしれません。

次の

勉強についての英語名言・格言30選!受験生に捧げる学習の名言

名言 英語 学ぶ

myfrenchlife. org) フランスのデザイナー。 ココは幼くして母親が他界、父親にも捨てられ、姉とともに孤児院で育ちました。 孤児院を出た後はお針子の仕事に就きましたが、歌手を夢見て、夜はキャバレーで働く二重生活を送ります。 しかし、歌手の夢は挫折し、当時交際していた将校の邸宅に住み着きます。 そこで退屈しのぎで制作していた帽子のデザインが将校の友人らに認められ、1910年ついに「シャネル・モード」という帽子専門店をパリに開業します。 香水「No. 5」はベストセラーになりシャネルは急成長します。 第二次大戦中、ココはドイツ親衛隊少将と愛人関係にあったため非難を浴び、スイスへ亡命します。 1954年、パリのファッション界へ復帰しますが、ヨーロッパでは大バッシングを浴びます。 しかし「シャネルスーツ」に代表される「女性の自立」を目指したスタイルは、女性の社会進出が目覚ましいアメリカに熱狂的に受け入れられ、シャネルブランドは不動のものになりました。 かけがえのない人間になるには、常に他人と違っていなくちゃ。 Dress impeccably, they notice the woman. 下品な服装は「服」だけが目につき、上品な服装は「女」を引き立たせる。 私は流れに逆らって泳ぐことで強くなったの。 女は40を過ぎて始めておもしろくなる。 流行は色あせるけど、スタイルだけは不変なの。 私は流行を作っているのではない、私自身が流行よ。 翼を持たずに生まれてきたのなら、翼を生やすために、どんな障害も乗り越えなさい。 私の人生は楽しくなかった。 だから私は自分の人生を創造したの。 20歳の顔は自然の贈り物。 50歳の顔はあなたの価値がにじみ出る。 香水はあなたがキスしてほしいところにつけなさい。 gmx. ch) フランスのデザイナー。 フランス郊外で生まれたディオールは、両親から外交官を目指すことを勧められていましたが、本人は芸術に興味を持っていました。 自身がゲイであることも親に隠していました。 23歳で画廊を開きますが、世界恐慌の影響で閉鎖、その後ドレスや帽子のデザインを始めます。 第二次大戦が勃発すると、ディオール自身も徴兵されましたが、帰還後はフランスを占領したナチスの高官やその夫人のためにドレスをデザインし続けます。 終戦後、ディオールはようやくパリに店を開業、「ニュールック」を発表するとたちまち女性の服装に革命をもたらし、世界の注目を浴びました。 ディオールは「Aライン」など話題作を次々と発表し、パリのオートクチュール界の頂点に君臨しました。 そして心臓発作のため51歳で急逝しました。 女性には男性を成功へ導く力がある。 花は、女性の次に、神がこの世に与えた最も美しいもの。 女性の香水は、その人の手書きの文字よりも多くのことを語る。 幸せはあらゆる美しさの秘訣。 多くを買う必要はないが、買うものが本当にいい物か確かめなさい。 私を「愛」の香りのする香水にしてほしい。 You can wear it at any age. You can wear it for almost any occasion. I could write a book about black. 黒はいつの時代にも着られる。 黒は何歳でも着られる。 黒はほぼあらゆる機会で着られる。 黒について、僕は1冊本が書けてしまうよ。 本物の女性は、気まぐれであるべきさ。 あなたをおしゃれにするのはお金じゃないんだ。 理解することだよ。 醜い女性などいない。 そういう女性は、ただ自分を魅力的に見せる方法を知らないだけなんだ。 press) フランスのデザイナー。 中産階級で育ったイヴは、デザイナー養成学校卒業後、18歳でクリスチャン・ディオールのアシスタントに大抜擢されます。 その後ディオールが急死すると、21歳の若さで後継者に任命されました。 華々しいキャリアの中、繊細なイヴは何度もプレッシャーに押しつぶされ、アルコールやドラッグに溺れてしまいます。 また、1960年アルジェリア独立戦争で闘っていたフランス軍に徴兵され、ゲイであることから軍でいじめを受け、精神病院にも入院しました。 退院後は、恋人で良きビジネスパートナーであったピエールと共に「イヴ・サンローラン」を立ち上げ、「モンドリアン・ルック」「サファリ・スーツ」などで成功をおさめ、香水や化粧品なども精力的に展開、そのブランドを確固たるものにします。 イヴは「モードの帝王」と称され、女性の立場や権利に寄り添いながら、その後40年もファッション界のトップに君臨し続けました。 イヴは、初めて有色人種(ナオミ・キャンベルなど)を表紙モデルに起用するなど、ファッション界の常識を覆しました。 着こなしは生き方である。 最も美しい化粧は情熱だ。 しかし、化粧品の方が簡単に手に入る。 ドレスで重要なのはそれを着ている女性だ。 優れたモデルというのはファッションを10年進展させる。 自分だけのスタイルを見つけるのは簡単じゃない。 でも、1度見つけたら完璧な幸せをもたらすのだ。 1着のいい服が、幸せへのパスポートになる。 私は自分の服を着てくれたすべての女性に感謝したい。 その女性が有名だろうが、無名だろうが。 ファッションは消えゆくが、スタイルは永遠だ。 心にエレガンスがなければ、エレガンスはない。 「エレガンス」と「セレブ気取り」を決して混同しないように。 まとめ 人生をかけて女性の美を追求し、デザインし続けた3人のファッション業界の巨匠。 3人の手がけた服は、女性の自立や権利、生き方さえも変えるほどの影響力がありました。 その名言からは、「おしゃれとは何か?」ということをもう1度考えさせられるのではないでしょうか。

次の

英語でONE PIECE(ワンピース)の名言を学ぶ

名言 英語 学ぶ

何事もそうですが、「第一人者」って凄いですよね。 いきなりすぎて何の話か訳分からないかと思われそうですが、初めて車を作った人や電車を作った人とかって凄いですよね。 今の時代では当たり前にある物なので、当たり前すぎてあんまりそういう感情を持たないかも知れませんが、よくよく考えると「凄い」って思う事って色々あるかと思います。 「空を自由に飛びたいな」、ドラえもんの歌じゃないですが、今の世の中「タケコプター」はありませんが飛行機はありますよね。 飛行機に乗れば離着陸する所さえあればかなりの広範囲を移動出来ますよね。 海を渡って海外にまで行ける訳ですから。 飛行機を作った人って凄い、って思いませんか? ちょっと誘導が無理矢理な感はありますが(笑)、今回は「ライト兄弟」の名言をご紹介していきたいと思います。 「ライト兄弟って?」と思う方もいらっしゃるかも知れないので、彼らについて下記項目で簡単に触れて彼らの名言を紹介していきましょう。 ライト兄弟とは世界で初めて「有人飛行」に成功した人物です。 要するに「飛行機」の原型を作った凄い兄弟です。 まずこの兄弟について人物紹介をしましょう。 兄:ウィルバー・ライト 1867年4月16日~1912年5月30日没 弟:オーヴィル・ライト 1871年8月19日~1948年1月30日没 この二人を指して「ライト兄弟」と言います。 それぞれ、ライト家の三男と四男です。 彼らは元々は自転車屋を営んでいたのですが、そこから飛行機開発へとシフトしていきます。 当時の移動手段で蒸気機関車や車はあったものの、空路に関しては熱気球から派生した飛行船がありました。 エンジンを用いた動力飛行に関しては「不可能」と言われていた時代です。 試行錯誤の末、1903年に初めて有人動力飛行に成功する訳です。 少し話は逸れますが、初めての有人動力飛行は今から考えると約120年前にも満たない訳ですよ。 そこから現代の飛行機事情を考えると目覚ましい発展ですよね。 その礎を築いたのは彼らライト兄弟、と言う訳です。 ではそんな彼らの名言を下記より紹介していきますね。 逆にいま間違ってることも、数年後正しいこともある。 The right thing will be also wrong several years later now. 上記の文の様に考えると、何が正解で何が不正解かなんて答えを出すのは難しいですよね。 恐らくこの100年間で物事を考えた場合でも100年前では当たり前の事も今となっては全く当たり前じゃなくなっている事ってありますよね。 かと言って常識に捉われ過ぎると彼らが成し得た事は達成出来たでしょうか? 当時、人間が空を飛び大陸間を移動し、言語も人種も違う異国に行く事を考えたでしょうか? ある当時の科学者は「機械が空を飛ぶのは科学的に不可能」とさえ言っていたと言われています。 1903年に彼らが初めて有人飛行を成功してから現在までを考えて下さい。 僅か、数十年後には飛行機が空を飛び、我々は飛行機に乗り海外に行く事が可能になりました。 まさにこの言葉通り、彼らのチャレンジは数年後「正しかった」訳ですよ。 この言葉は兄のウィルバー・ライトに向けて「無口」だと指摘された時の返答だと言われています。 オウムは飛べなくは無いですが(飛べないオウムも存在しますが)、どっちかと言うとしゃべっているイメージの方が強いですよね。 これは人間に当てはめてみても同じで、皆それぞれ一長一短あり得手不得手がありますよね。 何かに秀でてはいるが、それ以外は苦手、なんて事も皆さんもありませんか? 無口であろうが何であろうが、ウィルバーにはそんな事を意に介さない程の夢と情熱があった訳ですから。 無粋な指摘ですよね。 When I was interested in moneymaking, it would be bet on something with a higher successful possibility. 彼らが飛行機に賭けた夢はお金儲けの為ではないんですよね。 生きていく為にお金は必要なので、夢に全てを注ぐ事って難しいですよね。 夢と現実、ってやつですけど彼らはあくまでも夢を追い続けた訳です。 ましてや、成功の保証なんて全く無い事ですし、危険度が伴う夢でした。 それでも彼らは成し遂げた、夢を信じ夢を追いかけたからこそ成し得た偉業です。 飛行機を開発するくらいだから大学で勉強していそうなイメージですが、彼らは大学なんて出ていません。 冒頭でも記載した様に、元々は印刷業・自転車屋さんなのです。 そこから独学で学び、飛行機を作った恐ろしく努力家な兄弟なんですよ。 独学で学びそこまで出来る事が凄いですが、仮に大学に行っていたら、この言葉の様に早く有人飛行出来ていたのでしょうかね。 「If」の話になりますが、彼らは大学に行っても行っていなくても変わらなかったのでは? 多少、達成するのは早くなったかも知れませんが、独学で学んだからこそ貪欲に徹底的に飛行機について調べたのではないでしょうか。

次の