イラストや 海外。 海外風のタッチ ユーモラスな動物イラスト制作例 A154

商用利用も安心!無料イラストが見つかるフリー素材サイト54個まとめ【保存版】

イラストや 海外

以前の記事でもご紹介したように、当社ではイラストの管理業務を幅広く手がけています。 また、その記事中でも触れましたが、最近では海外のイラストレーターさんにも業務をお願いすることが多くなってきました。 そんな中で常々感じるのは、やはり文化の違いやお国柄。 今ではある程度ノウハウも蓄積され、比較的順調に進行できるようにはなりましたが、言葉の問題はもちろんのこと、文化の違いやセンスの違いなどもあり、当初は苦労することも多かった業務です。 今回はそんな海外のイラストレーターさんとのやりとりのなかで、当社担当者が気づいた点や苦労したことを少しご紹介しましょう。 コミュニケーション〜とにかくフランク 海外のイラストレーターさんとのやりとりで真っ先に感じるのは、非常にフランクだということ。 特に南米の作家は底抜けに明るく、雑談は欠かせません。 ついつい話が弾んで、互いの好きなゲームやサッカー選手について雑談してしまうことがしばしばあります。 2014年、ブラジル代表が自国開催のワールドカップで惨敗したときだけは、さすがにいつもの明るさも影を潜めましたが(苦笑)。 また、自分の作品についてのアピールも実にストレートです。 作品の制作プロセスや制作秘話含め、こと細かに解説してくれます。 もちろん売り込みのためではあるのでしょうが、自己アピールを重ねることで作品の方向性や個性を自分自身で再確認し、作風を保っているように感じることもあります ギャランティとクオリティ〜ビジネスには非常にシビア 普段はフランクですが、ギャランティとクオリティについてはシビアです。 レギュレーションやスケジュールではなく、クオリティに応じたギャランティを要求します。 逆にいうと、 ギャランティに応じたクオリティしか発揮してもらえない場合があるため、事前の価格交渉とクオリティチェックは念入りに行う必要があります。 ちなみに海外への支払いに関しては、PayPal(ペイパル)によるオンライン決済代行サービスが主流となっています。 スケジュール〜お国柄が出るので要注意 基本的には1ヶ月スパンで作品を仕上げてくれます。 これはあくまで当社担当者の個人的な感想になるのですが、「日本から距離が遠ければ遠いほど、スケジュール感がルーズ」という印象です。 つまりアジアは真面目、東欧やヨーロッパは普通、南米は陽気で楽しい印象の方がですが、非常にゆったりしています。 なお、海外のイラストレーターさんとやりとりをする場合は、時差を常に考慮する必要があります。 例えば金曜日の夕方以降の提出願いは避けなければなりません。 さもなければ、土曜日の朝にイラストが到着してしまいます。 日本好きが多い 海外のイラストレーターさんとの仕事をお願いした当初は、正直、日本からのイラスト打診なんて相手にしてもらえないのではと不安でした。 ところが予想に反して反応がよく、かなりの返信率を記録しました。 のちに何人かのイラストレーターさんに直接聞いて知りましたが、多くの海外作家は当社スタッフのようにゲーム好きやオタクが多いため、普通に日本のサブカルに関心が高いとのことでした。 中には日本の企業と仕事がしたくて、イラストレーターになった超親日家のポーランド作家もいました。 おしまいに 日本のイラストレーターさんに比べると、どうしてもハードルが高く思われがちな海外のイラストレーターさん。 言葉や環境も違いますし、なかなか接点を作る機会が少ないのも事実です。 とはいえゲームやイラストは今や世界共通。 日本からの依頼を待っている方も多く、そういった垣根を取り払うことで、今後はますます活躍が予想されます。

次の

海外絶賛「素晴らしい作品だ!」

イラストや 海外

こちらは、部分的に切り取って移動するアニメgif。 オリジナルのイラストは、しぴー( pummeluff39)さんの作品ですが、海外掲示板で紹介されると「なんてわかりやすいんだ」と人気を呼んでいました。 ん…?錯覚…? — しぴー pummeluff39 海外掲示板のコメントをご紹介します。 左の明るい色は右の影にになっている色とマッチしている。 するとどちら側を見たかで色が変わって見えた。 こっちをみたりあっちを見たりして、切り取られた部分の色が変わった。 ちなみにソースはここ。 スマホの画面がまぶしいところでは暗く、暗いところではまぶしく見えるのも同じことだな。 だって毎日見る色について、どんな意味を持つかわかるかい。 ごっそり左から右に移動させてみた。 もう目がおかしくなった。 黄色と白を見るには、ドレスが影の中にあると想像しなければいけない。 理屈がわかっても、本当に同じ色なのか疑ってしまいます。 人間の視覚は当てにならないものですね。 関連記事•

次の

英語カードを無料ダウンロード!子供と英語を楽しむのにおすすめ [子供の英語教育] All About

イラストや 海外

はすみとしこ氏の描いた「そうだ、難民しよう!」のイラストがBBCにも取り上げられ、海外でも話題になっています。 イラストにはシリア難民と思われる少女と以下のようなキャプションが書かれています。 安全に暮らしたい 清潔な暮らしを送りたい 美味しいものが食べたい 自由に遊びに行きたい おしゃれがしたい 贅沢がしたい 何の苦労もなく 生きたいように生きていきたい 他人の金で。 そうだ 難民しよう! にはイラストは掲載されていますが、はすみとしこ氏はすでにオリジナルを削除していて、イラストの使用は禁止しています。 シリア難民の一部を「不法移民」であるとしてFacebookに投稿されたイラストが、作者自身によって削除されました。 元となった写真を撮影した、Jonathan Hyams氏の意見を尊重したためとしています。 以下、海外の反応。 ・日本人もようやく国際情勢に興味を持ち始めたってことでいいんじゃないかな。 ・人種差別主義者で間違いないないだろう。 ・6歳の小さな子供がそんなことを考えてるとは思えないな。 ・メッセージの中には何も人種に関することは書かれていないよ。 偏見に満ちているとは思うけど。 ・シリア難民は一つの人種ではないんだから人種差別ではないだろう。 ・シリアの人達に対する差別だとは言えないと思う。 この作者は偏見を持っているのは間違いないけど。 ・なんか悲しくなった。 きっとこの作者は精神的に問題のある人なんだと思う。 ・人種差別どうこうではなく、ただ単に無知なんだと思うよ。 ・人種差別主義者だとは思わないけど、排他的な偏屈者なんだと思う。 ・シリア難民の人達がみんなヨーロッパでいい生活をするためにシリアを抜け出したみたいな描き方をしてるのが問題なんだよ。 ・日本に全く関係ない人達をこんな描き方するのが良くない。 日本は自分達の問題だけ考えてればいいんだよ。 ・この絵自体が人種差別的かどうかはわからないけど、この絵が投稿されたフェイスブックのページが右翼的なんだよなあ。 ・間違いなく人種差別的でクソみたいな絵だけど、そんな叩く必要はないと思う。 個人のブロガーがやってるだけなんだから。 ・いろんな考え方があるってことでいいと思う。 難民の中には本当に生きるのに必死で素晴らしい人達もいるのは間違いない。 でもそうではない人がいるのも間違いない。 その国の文化を尊重しない難民もいるんだよ。 ・この作者はきっと、世界には人種差別がまだ存在していて、日本にもあるってことを思い出させるためにこれを描いたんだと思う。 出典:.

次の