みんかぶ ana。 www.cygnus.com

www.cygnus.com

みんかぶ ana

朝日新聞は12月26日、みんかぶと金融経済情報分野で資本・業務提携したと発表した。 また、これにあわせて朝日新聞はみんかぶに資本参加し、主要な株主になるという。 朝日新聞は、朝刊「朝日新聞」(発行部数約600万)を発行し、インターネットで「」を運営。 国内外に約300の取材拠点を持つほか、テレビ朝日などの放送局や、朝日新聞出版などと共に総合メディアグループを形成している。 一方のみんかぶは、「」「」「」「」など、AI(人工知能)とソーシャルを活用した、複数の投資家向け金融情報メディアを展開。 また、情報系FinTechソリューションベンダーとして、株式や外国為替、商品先物、仮想通貨など、さまざまな金融商品の分野で、金融機関などに向けてシステムの構築および情報サービスを提供している。 提携の概要 今回の提携により、朝日新聞はみんかぶの強みである金融経済情報データ・コンテンツやAI記事作成機能などを活用し、新たなサービス展開を目指す。 また、みんかぶも朝日新聞メディアグループ各媒体への露出を図り、これまで十分にリーチできていなかったユーザー層への接点を構築。 みんかぶブランドを強化し、金融経済情報ベンダーとしてのポジショニング向上に努めるという。 具体的には、(1)新しいデジタルメディアの共同開発や運営、(2)金融経済情報コンテンツおよび、データの相互融通、(3)広告商品の販売協力、(4)記事の自動生成に関する共同研究、(5)人材の交流、の5つテーマで連携するとしている。 朝日新聞のブランドとみんかぶのデータ・情報技術を活用し、ビジネスパーソンや投資家層を主要ターゲットにした新規デジタルメディアを開発・運営する予定。 また、みんかぶの金融経済系記事・データを朝日新聞グループに提供し、逆に朝日新聞のニュースコンテンツをみんかぶが運営するデジタルメディアへ提供するという。 広告商品の販売協力では、朝日新聞とみんかぶが有する媒体営業力を活用した相互販売体制を構築。 記事の自動生成に関する共同研究では、AIなどを活用した記事の自動生成技術分野で両社の研究開発成果を共有。 速報性・網羅性・正確性などの機能向上を目指し、同分野でのリーディングポジションの確立を目指す。 さらに双方で人材交流を実施し、みんかぶの編集体制を強化するほか、朝日新聞の人材育成手段を多様化するとしている。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいなのか

みんかぶ ana

ANAHD <日足> 「株探」多機能チャートより ADR(米国預託証券)の日本株は、ANA、富士通が冴えない他は、トヨタ、ファナック、ソニー、任天堂、ファーストリテ、ホンダ、TDK、資生堂など、対東証比較(1ドル107. 25円換算)で全般堅調。 シカゴ日経225先物清算値は大阪比130円高の22700円。 米国株式相場は上昇。 ダウ平均は556. 79ドル高の26642. 59ドル、ナスダックは97. 73ポイント高の10488. 58ポイントで取引を終了した。 カリフォルニア州などウイルス感染再燃により経済活動の再開を数段階戻す動きが見られ景気回復が遅れるとの懸念や米中関係の悪化懸念から下落で寄り付いた。 しかし、引き続きウイルスワクチン開発期待が下支えとなり上昇に転じた。 ハイテク株の利益確定が散見される一方、当局による大規模支援策が長期に渡って維持されるとの期待から引けにかけては景気循環株がけん引し上昇幅を拡大した。 14日のニューヨーク外為市場でドル・円は、107円43銭まで上昇後107円16銭まで下落して107円24銭で引けた。 米6月消費者物価指数(CPI)の上昇で一時ドル買いが優勢となったが、米連邦準備制度理事会(FRB)高官の発言、パンデミック感染再燃や米国の大手銀が悲観的見通しを示したため米FRBの追加緩和策への思惑が強まり、ドル買いはやや後退。 ユーロ・ドルは1. 1361ドルまで下落後、1. 1409ドルまで上昇して1. 1400ドルで引けた。 NY原油先物8月限は下げ渋り(NYMEX原油8月限終値:40. 19)。 59% キヤノン 20. 49% 大成建 9. 37% 帝人 16. 18% イオン 23. 45ドル 2338円 (-63円) -2. 62% 味の素 15. 97ドル 1713円 (-36. 5円) -2. 09% 鹿島 11. 53ドル 1237円 (-24円) -1. 9% ANA 4. 44ドル 2381円 (-41円) -1. 69% セガサミーHD 2. 95ドル 1266円 (-21円) -1. 15ドル 3923円 (53円) 大和ハウス 23. 2ドル 2488円 (-4. 5円) 積水ハウス 19. 53ドル 2095円 (3. 5円) キリン 19. 83ドル 2127円 (7円) 味の素 15. 97ドル 1713円 (-36. 5円) 旭化成 15. 78ドル 846円 (4. 2円) LINE 51. 64ドル 5538円 (-12円) トレンド 58. 43ドル 6267円 (37円) 富士フイルム 43. 79ドル 4696円 (-11円) 資生堂 62. 99ドル 6755円 (35円) ブリヂストン 16. 14ドル 3462円 (-2円) コマツ 20. 88ドル 2239円 (22円) 三菱電 25. 92ドル 1390円 (12円) マキタ 38. 39ドル 4117円 (22円) オムロン 67. 38ドル 7226円 (16円) 富士通 24. 59ドル 13186円 (-64円) ルネサス 2. 84ドル 609円 (-4円) ソニー 74. 52ドル 7992円 (52円) TDK 100. 75ドル 10805円 (85円) デンソー 19. 81ドル 4249円 (15円) ファナック 18. 93ドル 20302円 (77円) 日東電 28. 21ドル 6051円 (51円) 日産自 7. 3ドル 391円 (0. 7円) いすゞ 9. 05ドル 970円 (-2. 5円) トヨタ 126. 43ドル 6780円 (36円) ホンダ 25. 95ドル 2783円 (24. 5円) SUBARU 10. 35ドル 2221円 (1円) オリンパス 18. 96ドル 2033円 (15円) HOYA 101. 35ドル 10870円 (50円) キヤノン 20. 37ドル 2185円 (32円) 任天堂 56. 39ドル 48383円 (283円) 伊藤忠 44. 33ドル 2377円 (6円) 丸紅 45. 82ドル 491円 (-2. 6円) 三井物 299. 13ドル 1604円 (2. 5円) 住友商 11. 76ドル 1261円 (6. 5円) 三菱商 42. 14ドル 2260円 (-0. 5円) イオン 23. 04ドル 2471円 (28円) 三菱UFJ 3. 95ドル 424円 (-0. 5円) 三井トラスト 2. 79ドル 2992円 (-10円) 三井住友 5. 72ドル 3067円 (-10円) みずほFG 2. 52ドル 135円 (-0. 4円) オリックス 61. 27ドル 1314円 (14. 5円) 野村HD 4. 63ドル 497円 (-1. 1円) 東京海上HD 44. 84ドル 4809円 (26円) 菱地所 14. 84ドル 1592円 (17円) ANA 4. 44ドル 2381円 (-41円) NTT 23. 86ドル 2559円 (-13円) セコム 21. 69ドル 9305円 (-19円) ファーストリテイ 55. 67ドル 59706円 (346円) ソフトバンクG 30ドル 6435円 (-8円) 《ST》.

次の

日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいなのか

みんかぶ ana

同社は16日10時30分、4K放送開始の延期を発表した。 当初は2020年12月1日を予定していたが、2021年3月1日に後ろ倒しする。 緊急事態宣言の影響に伴い、4K放送に向けて進めている設備導入のスケジュールが遅延しているという。 感染防止の観点から、作業人数を抑制するなど工期・行程の見直しを行ったことが影響した。 フロント リテイリングなど、空運株や百貨店株が高い。 15日の米国市場で、米バイオ企業のモデルナが開発中のコロナワクチンの初期段階の臨床試験で45人全員に中和抗体の産生が確認されたとのニュースを受け、空運株や百貨店株など経済活動再開の恩恵を受ける銘柄が軒並み大幅高となったことが材料。 アメリカン航空は前日比16%高、百貨店のノードストロームは同8%高と大幅に上昇した。 この流れを受け、東京市場においても空運株や百貨店株に買いが入っている。 ANAは高いところで7%高、Jフロントは5%高を付ける場面があった。 同社は15日、21. 2期1Q(3-5月)の連結営業利益は1. 2億円(前年同期比30. 3%減)だったと発表した。 新型コロナウイルスの影響でロボットアウトソーシング事業でのエンジニアリング・コンサルティング受託型案件が減少した。 RaaS事業の先行投資費用なども減益要因となった。 一方、ロボットトランスフォーメーション事業において金融・通信カテゴリが伸長したことから、同売上高は31. 0億円(同46. 1%)と大幅な増収を達成。 株価はこちらを好感した買いが優勢となっている。 3%安 バリュー優位で利益確定売り レーザーテック、東京エレクトロン、アドバンテスト、SCREENホールディングスなど半導体関連が安い。 15日のフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)が前日比0. 27%安となったことが手がかり。 足もとの相場では、これまで上昇をけん引してきたグロース株からバリュー株に物色が移っていることから、半導体関連は利益確定の動きが鮮明になっているようだ。 レーザーテックは安いところで6%安、スクリーンは4%安、アドバンテストは3%安を付ける場面があった。 同社は16日11時に、従来の家具の販売チャネルに加え、家具インテリアのサブスクリプションサービスを運営する「airRoom」とコラボし、ソファやダイニングセットなどの厳選した家具を、負担の少ない定額料金で所有できるサブスクリプションサービスを開始すると発表した。 まずは、ソファ、ダイニングセット、テレビボード、ベッドなど厳選した約70種類からスタートし、今後もニーズに合わせアイテムを追加するとしている。 同社は16日11時、ティーケーピーとの資本業務提携を発表した。 これに関連し、同社筆頭株主のブロックスを売り主として、ティーケーピーに同社株式170万株を譲渡する。 同社は施設のスタイルにこだわらず、東京23区および政令指定都市を中心とした利便性の高い場所で挙式披露宴施設を展開していることから、ティーケーピーが培ってきた知識やノウハウを活かし、同社グループ施設の販売管理業務委託などを進めるとしている。 トレーダーズ・ウェブ 関連ニュース•

次の