フォー デイズ 核酸。 核酸で有名なフォーデイズ「えっマルチなの?」調べてみた。

フォーデイズとは?会社概要をリサーチしてみました!

フォー デイズ 核酸

フォーデイズは1997年に創業され、サプリメントなどの健康補助食品や化粧品を製造販売するネットワークビジネス企業(MLM)です。 創業開始からサロンをオープンし、ディストリビューター(販売員)の活動を活性化してきたことにより、 創業以来急成長を続けている会社でもあります。 フォーデイズの大きな特徴として、 親しみやすさや親近感などの「人間味」を全面に出すことで、ディストリビューターとの繋がりを最も大切にしている企業と言えるでしょう。 フォーデイズは、核酸ドリンクなどの独自の特許取得をしており、遺伝子レベルでの研究など独自の商品開発・研究開発投資などにも積極的に行っています。 フォーデイズは、 ネットワークビジネス業界の中では売上ランキング4位に位置しており、売上高は388億円(2015年)を誇っています。 創業以来、売上高も増加傾向を維持しており 15年以上も売れ続けている主力商品の「核酸ドリンク」を始め、 近年でのヒット商品「ムーサ LU セラム ev」、 「BCAA&グルタミン」などのヒット商品に恵まれたことなど好調の要因と言えるでしょう。 会社概要• 会社名:フォーデイズ株式会社• 会社設立:1997年4月• 本社:〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-13-21• 資本金:4500万円• 事業内容:健康食品および化粧品の開発・販売• 売上高:388億円 2015年• 代表者:代表取締役社長 和田佳子• 従業員数:230名(臨時を含む)• 参加団体: 社 日本訪問販売協会、 社 全国直販流通協会、訪販化粧品工業協会、 財 日本健康・栄養食品協会、CRN-JAPAN 日本栄養評議会 事業方針• 核酸に関する学術研究・研究開発などへの注力と情報公開• 高品質な製品の製造・開発• 自社製品の枠を超えた「正しい健康情報」の提供• 製品の安心・安全の追求• 核酸の社会的認知を高め、健康との深い関わりを伝える啓発活動 社会貢献活動• ネパールにおける自立支援協会• 東北復興支援活動• NPO安らぎ呼吸プロジェクト• 日本の伝統文化支援活動• シンポジウム• 障害者への自立支援 Contents• 15年以上も売れ続けている「核酸ドリンク」って何? 核酸ドリンクとは、核酸を水溶液にしたもので主成分のサケの白子の他、酵母やコラーゲン、コンドロイチン 鮫の軟骨成分 、ヒアルロン酸、ビタミン、ミネラルなどが入っており、これらから 良質な核酸たんぱく質を体内に取り入れるができるとされています。 また核酸ドリンクは、栄養価が非常に高く、酵母やコラーゲンやヒアルロン酸も入っていることから、 美肌効果や老化防止などへの効果も期待できるとされています。 核酸ドリンクには、 「核酸ドリンク ナチュラル DNコラーゲン」と 「核酸ドリンク フォーデイズの極み」の2種類があります。 「核酸ドリンク ナチュラル DNコラーゲン」 第7の栄養素とも呼ばれる核酸 DNA・RNA ・核タンパク質を独自の技術で水溶化して配合した健康ドリンクで、DNA含有サケ白子抽出物をベースに、RNA含有食用酵母抽出物、コラーゲン 豚由来 、ヒアルロン酸含有鶏冠抽出物、 コンドロイチン含有鮫軟骨抽出物、ビタミン C、B群 、ミネラル 亜鉛 を配合しています。 さらに注目の「希少糖含有シロップ」を配合し、糖質バランスにも配慮しています。 原材料: 豚由来コラーゲンペプチド ゼラチン 、エリスリトール、果糖ぶどう糖液糖、希少糖含有シロップ、DNA含有サケ白子抽出物、RNA含有食用酵母抽出物、亜鉛含有食用酵母、コンドロイチン含有鮫軟骨抽出物、ヒアルロン酸含有鶏冠抽出物、酸味料、ビタミンC、香料、 保存料 安息香酸Na 、乳化剤、ナイアシン、カラメル色素、甘味料 スクラロース 、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、葉酸、 原材料の一部に大豆、乳を含む 「核酸ドリンク フォーデイズの極み」 いつまでも健康でイキイキとありたいとの願いに応えて、フォーデイズがお届けする極みの核酸ドリンクです。 6種類の注目素材【小豆抽出物、魚肉抽出物(アンセリン含有)、シトルリン、プラセンタエキス、サケ卵巣膜抽出物、紫芋色素】を配合したハイバージョンの核酸ドリンクです。 原材料: 果糖ぶどう糖液糖、豚由来コラーゲンペプチド(ゼラチン)、エリスリトール、ブルーベリー濃縮果汁、蜂蜜、サケ白子抽出物(DNA含有)、小豆抽出物、魚肉抽出物 アンセリン含有 、食用酵母抽出物(RNA含有)、食用酵母(亜鉛含有)、シトルリン、プラセンタエキス、サケ卵巣膜抽出物、鮫軟骨抽出物(コンドロイチン含有)、鶏冠抽出物(ヒアルロン酸含有)、紫芋色素、ビタミンC、乳化剤(大豆由来)、酸味料、香料、保存料(安息香酸Na)、ビタミンB6、ビタミンB1、甘味料(スクラロース)、ビタミンB2、ビタミンB12 上記のようにに記載されていますが、難しい言葉や聞き慣れない言葉がありますので、 簡単にそれぞれの効能などをまとめてみました。 骨を形成する働き、血圧を上昇しすぎるのを防ぐ働き、お肌の真皮層において組織を活発にし、お肌のうるおいと弾力を保つ働きなどがあると言われています。 ぶどう糖が不足して血糖値が下がると体の機能が低下して、疲労感を覚えると言われています。 また遺伝子(DNA)修復機能を持つ核酸が豊富に含まれている為、動脈硬化の予防、心筋梗塞の予防、老化防止、ガン防止、白内障防止、免疫力を高め、感染症予防に効果的にも効果が期待されると言われています。 またストレス軽減にも効果があると言われています。 以上のように 「核酸ドリンク」には、とても多くの健康などにおいて効果が高いとされる効能が含まれています。 また注目したいのは 「肥満予防、ガン予防、新陳代謝の向上」などが、とても多く含まれていることでしょう。 もう一つのヒット商品「ムーサ LU セラム ev」とは ムーサ LU セラムシリーズは2010年に発売され、使い心地の良さと確かな肌実感などが話題を呼び発売当初から大ヒットした高機能美容液第1弾「ムーサ LU セラム」を皮切りに、2012年には「ムーサ LU セラム」に核酸成分をさらに高濃度に配合し、肌に弾力を与える 「ペプチド」と「アルガン ツリー由来成分」を配合した第2弾「ムーサ LU セラム vi」。 そして2015年には、第三世代商品として先端の細胞理論・遺伝子理論からアプローチし、 今まで以上の「うるおい機能」や「肌なじみ」が実現させた、高機能美容液第3弾「ムーサ LU セラム ev」を発表しました。 もともと2010年に発売された「ムーサ LU セラム」が大ヒット商品として高評価をされていた為、 フォーデイズの新製品の「ムーサ LU セラム ev」の評判や売上の快進撃が止まらないと言われるほどです。 なんと言っても遺伝子に着目し核酸サポート成分の葉酸やハネセンナ葉エキス、アセチルヘキサペプチド- 51 アミドを配合した「ムーサ LU セラム ev」は、 湧き上がるような潤いと溶けるように肌に馴染み保湿されるということで、多くの口コミサイトなどで高い評価をされています。 フォーデイズが注目している「Sヌクレゲン」や「スノーアルゲエキス」を配合することで、 肌にハリ・弾力・うるおいを与え、なめらかで、みずみずしい肌へと導き、乾燥による小じわを目立たなくす効果があると言われています。 現在お使いの美容液に満足をされていない方や効果の実感できない方などは、フォーデイズが得意とする核酸成分をさらに高濃度に配合し、 新しいエイジングケアの世界を作り出したとされる「ムーサ LU セラム ev」を一度試してみては如何でしょうか。 フォーデイズを語る上で、欠かせない重要人物 フォーデイズをここまでの企業に成長させた人物こそ、フォーデイズの創業者和田佳子社長です。 フォーデイズは1997年の設立当初から順風満帆だった訳ではなく、創業から2年程度は全く売り上げが上がらず相当苦労されていたそうです。 そして製品の研究開発を重ねる度にたどり着いたのが、 まだ当時注目度が高くなかった「核酸」でした。 その核酸を消耗品として「核酸ドリンク」という製品にすることによって、多くのリピーターの獲得による売上の安定化を実現し、今では 売上380億円を突破し、ネットワークビジネス(MLM)売上ランキングでは常に上位にランキングされる常連企業にまで成長しています。 また和田社長は、確かな経営手腕や社長室ブログなどをやることによって顔の見えるネットワークビジネス経営者として、多くのフォーデイズ製品の愛用者中心に人気があります。 ネットワークビジネスの社長の人気投票でも1位を獲得するなど、 業界内でも大変注目度が高い人物であると言えるでしょう。 生の様子が見れる、社長室ブログは必見 フォーデイズは、会社ホームページとは別にを運営しており、活動報告や懇親会の報告など見える化を行っている事で、より開かれている会社の印象を与えてくれます。 しかも、フォーデイズの全国大会の様子やサロン講演会、フォーデイズ寄付講座などをわかりやすくまとめた動画もありますので、フォーデイズへの参加をこれから検討している方や全国大会や講演会に参加されたことの無い方などは実際の様子を知ることができる内容になっているのではないでしょうか。 会社としてしっかりとした確かなイメージを与えてくれる会社ホームページと、 親しみやすさや分かりやすさが伝わる社長室ブログが良い相乗効果をもたらしていると思います。 特にディストリビューターの様子がわかる写真が多く掲載されていますが、 和気あいあいとした雰囲気や、みんなで目標に向かって頑張っている姿勢が、フォーデイズがここまでの売上を誇る理由のひとつかもしれませんね。 ネットワークビジネスとは決してひとりでできるものではありませんし、アップやダウンさん達が助けあって売上を作っていくものですから、 こういった良い雰囲気を作り出している和田社長の経営手腕は確かなものと感じます。 フォーデイズの勧誘との付き合い方 フォーデイズの販売方法は、ネットワークビジネス(MLM)という販売手法をとっており、 核酸ドリンクやムーサ LU セラムなどの製品を購入する際は、フォーデイズ会員の紹介が必要であり、コース指定の商品を定期購入する必要があります。 またフォーデイズがエンドユーザーに直接製品を配送しているので、 ディストリビューターは在庫を抱えるリスクは無く、紹介だけに集中することができます。 私の知り合いにも、実際にフォーデイズに勧誘されて商品を購入しないかと言われた方がいました。 その方は、商品のサンプルなどを試してみてとても気に入っていたのですが、 ネットワークビジネスに対しての負のイメージを持ってしまっているが故に、買うことをためらっていたようでした。 正直なところ、フォーデイズの核酸ドリンクやムーサ LU セラムは非常に評判が良いので、商品を購入する事に関しては全く問題ないと思います。 何故なら、 その方が新たな人を紹介するかしないかは、その人の自由だからです。 もちろんネットワークビジネスなので、紹介することで報酬が入ってきたり、同じ仲間たちと仲良くなったりすることはできますが、あくまで商品が気に入ったので購入したいという方が「勧誘」を必ずしなければならないことではありません。 ただしフォーデイズは、中高年層の女性会員が中心となっており、ママさんコミュニティをワイワイ楽しそうにやっているイメージがありますので、 「勧誘」をしているというよりは、本当に良い商品を「口コミでオススメ」しているといったイメージだと思います。 にも、フォーデイズの全国大会の様子やサロン講演会などの様子が写真や動画でアップされていますので、気になる方はそちらもチェックしてみては如何でしょうか。 私個人的には、健康ドリンクを飲んで健康になって、気軽にお金も稼げて、新しい仲間達とワイワイ楽しんでやっていくことは、 非常に人間的な活動のようで良い事のように思えます。 ほとんどの方に当てはまることだと思いますが、年々歳をとると新しい友人を作る事や、社会にでて新しい活動をすることがなかなか難しくなってくると思います。 フォーデイズのディストリビューター達の活動を見ていると、人間らしく健康に、欲を出し、仲間と楽しむという姿勢は、一般的に思われているネットワークビジネスの悪いイメージを払拭できるようにさえ思えます。 まとめ フォーデイズは今後も全国にサロンを増やす予定があるそうで、ますますディストリビューターが活動しやすい環境になっていくと思われます。 もちろん、気になる新商品も随時開発中とのことですので、フォーデイズからはますます目を離せないですね。 フォーデイズは、 ディストリビューターが輝くことで、会社も輝いている良い例のネットワークビジネスの企業かもしれませんね。 こういった会社が増えていくことで、ネットワークビジネスのイメージ向上に繋がっていくことと思います。

次の

フォーデイズの核酸ドリンクについて最近、妻がフォーデイズ...

フォー デイズ 核酸

コンテンツ• フォーデイズはネズミ講なの? もしもフォーデイズがネズミ講なのであれば、知らないうちに違法なビジネスに勧誘されていた…なんて事になります。 もし知らずに参加していたらと思うと、怖くありませんか? 私なりに色々と調べていくと、フォーデイズはネズミ講ではなく「マルチ商法」だとも言われています。 「フォーデイズは違法なビジネスではないですよ」といった情報もあったりします。 どれを信じていいのか分からなくなってしまいますよね。 もしあなたがフォーデイズに誘われたら、どうしますか? そんな時のために 「マルチ商法」とはなんなのか、「ネズミ講」とはなんなのか フォーデイズは本当に「違法なビジネスをしているのか?」 それとも「真っ当なビジネスなのか?」というところを解明してみました。 ネズミ講っていったい何? 世間では、フォーデイズなどのネットワークビジネスは詐欺まがいのビジネスだと思っている人が多いですよね。 特に今の40代以上の方のほうが、ネットワークビジネス=詐欺 だと思っている人が多いのではないでしょうか。 でも、ネズミ講とマルチ商法、この二つは全く違うものなのです。 「ネズミ講」は、商品は一切介さず「金品のみの受け渡し」が目的となります。 ネズミ講というのは俗称のことで、正式には「無限連鎖講(むげんれんさこう)」といいます。 「無限連鎖講」とは、下記のように定義されています。 組織の会員になるには、(紹介者への)金品の支払いが必要であり、自分が会員になると次は、一人会員を増やすごとに、紹介料として「一部の金品」を得ることができる。 そうやって、親会員から子会員へ、子から孫へと無制限に増殖していき、一番上の親が最も儲かるシステム 上から下へ、どんどん「会員」を増やしていき、入会金として徴収したお金は、半分は紹介者へ・もう半分は「創始者や初期のメンバー」で山分けするといった分配方式を取ります。 分配方式は、組織によって色々なパターンがありますが、ピラミッドの一番上が儲かり、下にいけばいくほど儲からないことは共通しています。 日本では、ネズミ講(無限連鎖講)は、法律によって禁止されています。 この法律によって、ネズミ講を開設・運営することはもちろん、ネズミ講に加入することや、加入することを勧誘すること、また、これらの行為を助長する行為も禁じられています。 「無限連鎖防止法」の第三条 何人(なんぴと)も、無限連鎖講を開設し、若しくは運営し、無限連鎖講に加入し、若しくは無限連鎖講に加入することを勧誘し、又はこれらの行為を助長すること(行為)をしてはならない。 つまり、ネズミ講は犯罪です! フォーデイズは『マルチ商法』 真っ当なビジネスだった! フォーデイズなどのネットワークビジネスは『マルチ商法』といいます。 広告費や店舗の人件費をかけずに、口コミで販売をします。 ネズミ講は無限連鎖講という名の通り、無限にトップレベルが末端まで収入を取ることができるため、先に始めた人が必ず儲かります。 それに対して、フォーデイズなどのマルチ商法は範囲が決まっているため、後から始めた人でも収入を抜かすことができるのです。 範囲は、その会社によってまちまちですが、トップレベルが儲かるビジネスと、初心者でも頑張りしだいで儲かるビジネスがあります。 しかし、特定商法取引の中でマルチ商法にも厳しい規制は入っています。 マルチ商法の違法な勧誘方法 ・不実の告知 ・事実の不告知 ・脅迫したり困惑させる ・公衆のいない場所での勧誘 ・誇大広告 ・断定的判断を提供した勧誘 ・迷惑を覚えさせる勧誘 ・書面交付義務違反 ・判断力不足に乗じた勧誘 ・取引停止命令に違反する行為 フォーデイズの勧誘であることを告げず、友人知人をカフェに呼び出して勧誘行為をすれば、それは違法になるということです。 また、「これを飲めば、がんが治る」などと言うのは、断定的判断を提供した勧誘といえます。 マルチ商法の勧誘行為は、きちんと理解して行わないと、犯罪になってしまいます。 マルチまがい商法も違法です! 実はマルチまがい商法という言葉は、今ではあまり使われていないようです。 かつて特定商取引法で規制しきれなかった悪質なものが、「マルチまがい商法」と呼ばれていたということです。 一見マルチ商法のように見えるビジネスですが、実はマルチまがい商品は原価と価格が釣り合わない設定なっています。 例えば、 100円の原価のサプリメントを3万円で売る 原価3,000円の美顔器を20万円で売る いわゆる、ぼったくりのビジネスは、マルチ商法には入りません。 結局は一見マルチ商法に見せかけた、違法なネズミ講と分類されます。 マルチまがい商法で扱う商品は高額なことも多く、販売員が購入してもなかなか転売できません。 販売数のノルマがあることもあり、末端の売れない販売員が大量の在庫を抱えることがありますよね。 彼らがいくら損をしようが借金をしようが、トップレベルだけが得をするようになっています。 販売する商品があるかないかが違うだけで、末端から巻き上げたお金で儲けている点では、実質的にマルチまがい商法とネズミ講は同じということです。 まとめ ・ネズミ講は、完全に犯罪(違法)である ・マルチ商法は商品の販売を目的としている ・マルチまがい商法はネズミ講と同じ犯罪です フォーデイズなどのネットワークビジネスは、『ネズミ講』ではなく、『マルチ商法』だということがわかってホッとしていると思います。 ですが、販売方法を間違ったり、強引な勧誘を行えば、違法行為となりますよね。 ほんの一部の人が違法行為を行うことで、ネットワークビジネスが詐欺まがいのビジネスだと思われるのは、とても残念なことです。 ネズミ講とマルチ商法の違いを理解して、違法なビジネスをやらないように気を付けたいですね。 声をかける人がいなくなって、困っていませんか!? ネットワークビジネスで一番怖いこと・・世の悪いイメージ「友達の信用すら失ってしまう」と言う事。 ビジネスを切り出せない。 勧誘する相手が友達以外に簡単に見つからない。 なら、もう稼ぐことをあきらめるしかありません。 でももし、その人脈が無限に増えていき、しかも相手の方から「話を聞かせてほしい」と言ってくる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?.

次の

フォーデイズの核酸ドリンクについて最近、妻がフォーデイズ...

フォー デイズ 核酸

DNAは、「親から子へ、細胞から細胞へ」性質を伝える遺伝子の本体として働いています。 私たちの体を構成する約37兆個の細胞一つ一つの核内に存在します。 ヒトの標準的な細胞核の大きさは0. 005~0. 008mmですが、この小さな核の中に約2mものDNAがつまっています。 DNAは、二重らせん構造をしており、図のようなヌクレオチドが結合し高分子化しています。 ヌクレオチドを構成している塩基は4種類あり、この塩基の並び方(塩基配列)によって、「どのようなタンパク質をどこでどのくらいつくるか」という情報を規定して、その結果、体質や性質が決定されます。 DNAは、核内でヒストンと呼ばれる小さな糸巻のようなタンパク質に巻き付いて凝集され、染色体へとまとまっています。 染色体は、細胞一つの中に母方・父方由来のものがそれぞれ23本ずつ(22本の常染色体と1本の性染色体)あり、対になって存在しています。 性染色体にはX染色体とY染色体があり、ヒトの場合ではXXだと女性に、XYだと男性に性が決まります。 染色体として存在するヒトのDNAの塩基配列はおよそ30億にものぼりますが、遺伝情報をもつ部分(遺伝子)は全体の約2%であると言われています。 それ以外の部分には、ノンコーディング領域と呼ばれる領域が含まれており、大部分は意味を持たない領域であると考えられていましたが、最近の研究ではこの領域にも遺伝子発現制御等の生命活動に必須の情報が含まれている可能性が示唆されました。 遺伝子は、染色体上の決まった場所にあり、染色体全体にわたって「どこに何の遺伝子があるか」を調べる研究(ゲノムプロジェクト)が進められ、ヒトの遺伝子地図である「ヒトゲノムマップ」が作成されました。 現在では、それを基にポストゲノムプロジェクトとして様々な研究が始まっています。 生命にとって細胞は最小単位であり、生命の連続性や成長は細胞分裂(自己複製)に依存しています。 細胞分裂の際、親細胞(もとの細胞)から娘細胞(新しくできる細胞)に遺伝子の情報が伝達されるためにはDNAの複製が必要になります。 DNAが複製されるには膨大な量のヌクレオチドが必要とされています。 体内では2つの合成経路を使ってヌクレオチドを合成しており、核内にはヌクレオチドが大量にプールされていますが、加齢とともに合成量の低下が報告されており、またそれらの減少量と老化との相関関係が示唆されています。 私たちの体には、30億もの塩基配列を間違いなく複製するために、複製の際に間違った遺伝子配列を除去して正しく直したり、体内の活性酸素などにより傷ついたDNAを修復する「DNA修復機構」が存在します。 遺伝子の配列に間違いが起こると、正しいタンパク質をつくることができなくなり病気の原因になったり、細胞が癌化する可能性があるからです。 RNAは、主にDNAの情報をもとにアミノ酸を結合させて、タンパク質を合成する役割を担っています。 RNAはDNAと同じくヌクレオチドから構成されますが、塩基はDNAと同様のアデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、そして残りの一つはウラシル(U)です。 全体構造はDNAと大きく異なり、DNAが二本鎖で存在するのに対し、RNAは一本鎖です。 RNAには、タンパク質の合成に関わる3種類のRNA(メッセンジャーRNA mRNA 、トランスファーRNA tRNA 、リボソームRNA rRNA )があり、図のようにDNAと協調してタンパク質の合成を行っています。 タンパク質を構成するアミノ酸は約20種類ですが、体内では摂取したアミノ酸などをもとに新たなタンパク質の合成が行われ、約10万種類ものタンパク質が作りだされています。 遺伝子の塩基配列は、タンパク質をつくるためのアミノ酸の並びを指定しており、塩基が3つ1組になって1つのアミノ酸に対応しています。 タンパク質の合成は、次のような順序で行われます。 1 DNAの二重らせん構造がほどけ、必要な部分だけがmRNAに写し取られます。 (転写) 2 mRNAの情報に基づいてtRNAが必要なアミノ酸を集め、細胞質の中にあるrRNAとタンパク質で出来ているリボゾームに運び、そこでアミノ酸を繋ぎ合わせて必要なタンパク質を合成します。 (翻訳) 私たちの体は、形や大きさ、働きの違う約37兆個の細胞から成り立っていますが、それらの細胞一つ一つの核の中には、等しく全遺伝情報が含まれています。 働きが異なるたくさんの細胞がそれぞれの個性を発揮し、協調して役割を果たせるのは、それらの全遺伝情報のうち、働いている遺伝子の組み合わせが細胞ごとに違うからです。 「遺伝子が働く」「遺伝子が発現する」とは、その遺伝子の情報をもとにしてmRNAが合成され、タンパク質がつくられることです。 体内では、外部環境や体内の変化に対応して体内を適切な状態に保つために、常に調節が行われています。 このように個々の遺伝子は、いつ、どの細胞で、どのくらい発現するかということを種々の機構によって制御されています。 その遺伝子の発現制御には、大部分の遺伝子で転写(遺伝子からmRNAがつくられる)段階での発現調 節が重要であるとされてきました。 そして近年、タンパク質合成に関与しないRNAの中に、miRNAやsiRNA等が発見され、転写後で遺伝子の発現を制御するという働きがあることが明らかになりました。 ヒトゲノムの解読終了以来、RNAの新たな重要な働きのひとつとして「RNAが遺伝子発現を制御する」ということが明らかになっており、注目されています。

次の