モンスト 禁忌 21。 【モンスト】禁忌の獄(21)の適正キャラと攻略

【モンスト攻略】禁忌21に最適なベイカーズ(獣神化)の評価と適正クエスト考察 [ファミ通App]

モンスト 禁忌 21

禁忌の獄の最新情報 未制覇パス機能が追加 まだ禁忌をクリアした事が無い人のみ使える機能。 過去の最高到達階までスキップができる。 ただし、 スキップした階の報酬はもらえない。 またスキップ前に1クエストでもクリアすると、使えなくなる。 制覇済みスキップ機能 禁忌を 5回以上制覇したことがある人が対象。 指定された階層を、スタミナを消費してスキップできる。 またスキップできる数は、制覇回数によって異なる。 スキップ機能の要点• 制覇が5回以上なら5階分スキップできる• 制覇が10回以上なら10階分スキップできる• スキップできるクエストは選べない• スキップできるクエストは開催毎に異なる• スキップ分の報酬は、その階に着くと貰える• 全てのステージをクリアすれば、1回の開催で最大合計15体集められる。 運極にすれば神化にスライドできる 奈落は運極にすると、進化から神化へスライドできるようになる。 素材なしでいつでも神化にできるため、使いたいクエストによって使い分けが可能。 EXステージは、をクリア時に低確率で出現する。 オーブの他にわくわくステッキや、英雄の書も1個手に入る。 またクリア報酬は 禁忌の獄が終了する度にリセットされ、次回挑戦時に再度獲得できる 禁忌の獄1〜15のクリア報酬.

次の

【モンスト】禁忌の獄〈きんきのごく〉の攻略とクリア報酬

モンスト 禁忌 21

アルマゲドンの攻撃パターン 場所(ターン数) 攻撃内容 上 (1ターン) DW展開(2面) 右上 (5ターン) ホーミング 約2万ダメージ 左上 (3ターン) レーザー 約6,000ダメージ 中央 初回1ターン (次回8ターン) 全体氷塊 1回目:約2万ダメージ 2回目:即死ダメージ 攻略の手順• 1:魔導師を2体とも処理する• 2:珠を全て倒す• 3:中ボスを倒す• 味方にふれた後ならワンパンで倒せる。 中ボスは初ターンで透明化するが、珠を全て倒すと透明化が解除される。 また珠と中ボスはHPリンクしているので、利用してダメージを稼ごう。 アルマゲドンの削り方 アルマゲドンのHPは多いため、珠を利用しないと削りきれない。 上下の珠と壁との隙間に薄く縦に入ることで大ダメージが狙える。 また中ボスの弱点は左で固定なため、透明化解除後は左壁との隙間でダメージを稼ごう。 アルマゲドンのHP 約1億 攻略の手順• 1:魔導師を3体とも処理する• 2:トリケラは中央の攻撃までに倒す• 3:珠を全て倒す• 4:下で壁カンしてボスを倒す• 反射タイプはトリケラトプスと珠の間を往復し、トリケラの長い攻撃ターンまでに倒し切ること。 ボス覚醒後のHPは削るのが難しいため、このターンでできる限りダメージを稼いでおきたい。 アルマゲドン覚醒後の削り方 ボス覚醒後は弱点は下に固定されており、弱点以外の攻撃ではほとんどダメージを与えられない。 SSが溜まっていれば惜しみなく使用し、弱点を集中攻撃しよう。

次の

【モンスト】禁忌の獄【21】適正キャラと攻略方法|二十一ノ獄|ゲームエイト

モンスト 禁忌 21

アルマゲドンの攻撃パターン 場所(ターン数) 攻撃内容 上 (1ターン) DW展開(2面) 右上 (5ターン) ホーミング 約2万ダメージ 左上 (3ターン) レーザー 約6,000ダメージ 中央 初回1ターン (次回8ターン) 全体氷塊 1回目:約2万ダメージ 2回目:即死ダメージ 攻略の手順• 1:魔導師を2体とも処理する• 2:珠を全て倒す• 3:中ボスを倒す• 味方にふれた後ならワンパンで倒せる。 中ボスは初ターンで透明化するが、珠を全て倒すと透明化が解除される。 また珠と中ボスはHPリンクしているので、利用してダメージを稼ごう。 アルマゲドンの削り方 アルマゲドンのHPは多いため、珠を利用しないと削りきれない。 上下の珠と壁との隙間に薄く縦に入ることで大ダメージが狙える。 また中ボスの弱点は左で固定なため、透明化解除後は左壁との隙間でダメージを稼ごう。 アルマゲドンのHP 約1億 攻略の手順• 1:魔導師を3体とも処理する• 2:トリケラは中央の攻撃までに倒す• 3:珠を全て倒す• 4:下で壁カンしてボスを倒す• 反射タイプはトリケラトプスと珠の間を往復し、トリケラの長い攻撃ターンまでに倒し切ること。 ボス覚醒後のHPは削るのが難しいため、このターンでできる限りダメージを稼いでおきたい。 アルマゲドン覚醒後の削り方 ボス覚醒後は弱点は下に固定されており、弱点以外の攻撃ではほとんどダメージを与えられない。 SSが溜まっていれば惜しみなく使用し、弱点を集中攻撃しよう。

次の