飯盒 炊爨 と は。 【みんなが作ってる】 飯ごうのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

飯盒炊爨って意外と簡単!飯盒での炊き方をご案内

飯盒 炊爨 と は

飯盒とは?水の量と正しいやり方でアウトドアの最高飯 その前に飯盒とは?という基本的なことについて書いていきましょう。 飯盒(はんごう)は、キャンプ・登山など野外における調理に使用する携帯用炊飯器・食器である。 日本では主に屋外での炊飯に使われる。 飯盒で炊飯することは「炊爨」(すいさん)と表現します。 (引用:ウィキペディア「」) つまりキャンプや野外にへいって炊飯をすることを飯盒と言いますね。 もちろん飯盒の使い方として、ご飯を炊くだけではなく他にもいろいろな料理にも活用ができますので野外へ行く場合には便利なアイテムといえます。 歴史 今はご飯を炊くための道具という印象の飯盒ですが、昔はちがっていました。 もともとは食料を携行したり、食事をするときの器として使われており、軍隊の装備品としてヨーロッパで誕生をしたと言われています。 その中でもご飯を主食としている日本が野外炊飯を行えるように改良したものが兵式飯盒と言われています。 実は昔からあまり大きく変わることはなく、幅広い野外レジャーでも使われていますね。 飯盒の炊き方 これから家族や恋人、友人らとキャンプへ行こうと思っている方も多いでしょう。 しかし、気になることが飯盒で上手にご飯を炊くことができるのか? 芯が残ったらどうしよう、ご飯を上手に炊くことができなかったらどうしようという不安になります。 正直私も久しぶりに飯盒でご飯を炊いたので不安な面もありましたが、実際には結構簡単に炊くことができました。 やり方を間違えなければおいしいご飯を炊くことが可能なので、ここで紹介をするやり方を行ってみましょう。 ご飯を量る まず最初のご飯の量を量りましょう。 一般的な豆のような形をしている飯盒の場合は最大4合まで炊くことが可能となります。 あとは人数や好みの量を量るようにしましょう。 飯盒には内ふたと外ふたの2つがあるのですが、内ふたに擦切りでご飯を入れると2合、外ふたに擦切りにご飯を入れると3合となります。 4合にしたければ2合を2回入れればよいので2~4合まで自由に調整がききます。 米を洗う お米を入れたらまずは精米をしましょう。 飯盒は形が変わっていますので正直お米をとても洗いにくいです。 手が入りにくいということですね。 そこで簡単に洗う方法としては、そこに水をいれてシェイクをすること。 あとは内ふたを使って中のお米がこぼれないように水を交換しましょう。 約3~5回くらい洗うとお米もきれいになります。 水を量る 飯盒の中には水を量るための線が2つあります。 この線を基本に水を量ることになりますね。 上の線は4合用、下の線は2合用となっており、間が3合になります。 水は好みによって上下をしても良いですが、基本はきっちりとした量にしておくと失敗も少なくなるでしょう。 水をいれた後は最低でも15分~30分はつけておきましょう。 (冬は1~2時間程度必要になる場合もあります) 水につける意味はお米に水を吸わせてよりおいしくするためですので、大事なポイントですよ。 火にかける では、いよいよ火にかけることになりますが今回はたき火で炊く場合について書いていきます。 まず大事なことは沸騰するまでは弱火~中火(約10分くらい)。 水分が吹きこぼれたら強火にするというイメージになります。 弱火:飯盒の底に炎が届かない程度 中火:飯盒の底に炎が触れる程度 強火:飯盒の側面に炎が上がってくる程度 火の調節は薪の場所を変えたり、追加をしたりして調整をしましょう。 薪をたくさん入れると強火になりますし、薪をすくなくしたり広げたりすると弱火になります。 吹きこぼれはおこったら上から石などのおもりを上にのせて飯盒のふたが取れないようにしましょう。 吹きこぼれる量がへってきたら徐々に火を弱めていきますね。 蒸気の量も徐々に減ってくることになりますので、あとはお米の長けているチリチリという音が聞こえてきたら感性です。 匂いが焦げてきているような感覚ならば焦げている可能性が高いためすぐに火からはずしましょう。 裏返す 最後に蒸らすことが必要となります。 そのため、火から外して裏返しておいておき15分~30分ほどおいておきましょう。 この作業をすることで全体に水分がいきわたりふっくらとおいしいご飯にしあがります。 ふたの裏をたたいたりする人もいますが、基本は何もせずのそのままほおっておくのが正しいやり方です。 飯盒で炭火を使って炊く方法 ここまでは直火で飯盒をつかって炊く方法を紹介しました。 しかし、キャンプの食事の定番といえばバーベキューもありますよね。 そんなときには直火ではなく、炭火をつかって食べることになるのですが炭火をつかって飯盒でご飯を炊くことはかのうなのでしょうか? 炊き方はたき火と同じ 私も直火の方が火力が強いと思っていたのですが、実は炭火の方が火力は強いのです。 そのため、バーベキューの用意をする際に炭火に火をつけて網の上に飯盒を置くことですぐに炊くことが可能。 炊き方は一緒で最初は中火~弱火でくつくつというまで待つ必要があります。 そこから沸騰をしてきたら上から重しをのせて炊くということになりますね。 すごく難しいように感じますが、実はとても簡単です。 大事なのは飯盒と炭火との距離です。 遠いとなかなか沸騰までいかないので、近い距離で最初は様子をみてあとは飯盒を動かして火からの距離を調整するという流れにしましょう。 関連記事 飯盒でご飯を炊くまとめ キャンプなどへ行くと飯盒を使ってご飯を炊くことになりますが、どうしても敷居が高いようにかんじますし難しく感じます。 しかし、火加減などをよく見ておけば基本的には失敗のすくない炊き方になりますのでぜひチャレンジしてみましょう。 飯盒で炊いたご飯は絶品ですし、外で食べる食事は格別ですのでぜひ食べてくださいね。 レシピのアレンジ もちろん白ご飯もおいしいのですが飯盒でアレンジをしてもおいしいです。 例えば、スパムハムをいれて一緒に炊くとほのかな塩味がのこるため簡単に混ぜご飯が完成しますし、コーンを入れてコーンご飯にしてもよいでしょう。 もちろん、スーパーなどで売っている釜飯の元などを入れて炊くとそのまま炊き込みご飯になったりもしますのでとにかく自由にアレンジができるとして人気になっています。 飯盒ってついつい白ご飯を炊くことだけを考えてしまいますが、実は結構は汎用性も高いアイテムとなっていますので白ご飯以外に何かを作ってみたいという場合には混ぜご飯は手軽に簡単にできますのでよいですね。 他にも中にクッキングシートを敷いてホットケーキミックスを入れると蒸しパンも簡単に作れます。 インターネットで飯盒のレシピと検索をしてみるととにかくいろいろとでてきますので気になるレシピはいろいろと試してみましょう。 お汁も一緒に作れる便利さ 飯盒の良いところは2つの料理を一緒に作れるところです。 もちろん下の段はご飯を炊くことになるのですが、2段目に玉葱やキャベツなどの野菜を小さくして入れて、味噌などで味付けをしておくとご飯がたけるのと同時にお味噌汁も完成をするという流れになります。 飯盒って見た目以上に作る人のことを考えてくれており確認活用の方法もいろいろなんです。 他にもホットケーキミックスを中へ入れて焼き上げることによりパンケーキができたり、具材と水と出汁を入れればお汁系ができたりと万能アイテムです。 気を付けることは火加減くらいなので、そこをしっかりと見て注意をしていきましょう。

次の

飯盒炊爨

飯盒 炊爨 と は

家庭用コンロで炊く(家で練習) 家庭のガス台でも飯盒炊爨はできます。 飯盒炊爨ビギナーの方は家で何度も練習してコツを覚えましょう。 アウトドアで失敗しないように、火力が安定していて、集中できる家庭で美味しく炊けるようになるまで頑張りましょう。 初めての練習はシーズンオフの冬場がお奨めです。 メニューはお鍋にしましょう。 もし失敗してしまったら雑炊に! 飯盒で炊く準備 米を研ぎ水を入れ、上蓋をします。 炊飯に中蓋は使用しません。 …飯盒でお米を量り、飯盒で研ぐ方法• …簡単に飯盒で量れます 家庭用コンロで炊く 炊き方• お米を研いで水を入れたら、30分ぐらい浸しておきます。 水に浸すことで、お米に水が浸透して芯のないご飯に炊き上がります。 火にかけます。 沸騰するまでは弱火で炊きます。 蓋に取っ手がある飯盒は、取っ手を五徳に挟むようにするといいでしょう。 弱火とは炎が、飯盒の底からはみ出さない程度にします。 沸騰は目で判断します。 沸騰すると蒸気が出ます。 湯が吹きこぼれる場合もあります。 蓋が持ち上がるようでしたら、蓋の上に石を乗せて密閉します。 沸騰したら強火にします。 火力を維持します。 蓋に石を乗せていても、湯が吹きこぼれます。 激しく吹きこぼれますが心配しないで。 吹きこぼれた湯で、コンロの火が消えないか監視します。 もし消えたら直ぐに点火!• 炊き上がりは匂いで判断。 吹きこぼれがなくなり、ご飯の焦げる匂いがしたら炊き上がりです。 お焦げご飯が嫌いな方、焦げの匂いが気になる方は、振動で炊き上がりを判断します。 沸騰中に、割りばしを飯盒の蓋に当てると、グラグラと沸騰する振動が伝わってきます。 この振動がなくなったら炊き上がりです。 蒸らして完成です。 火から下ろした飯盒を逆さまにして15〜30分ほど蒸らします。 蒸らしが終わるまでは絶対に蓋を開けないように。 蒸気が逃げてふっくら仕上がらなくなります。 飯盒を元に戻し、いよいよ蓋を開けます。 緊張の一瞬です。 軽く混ぜてよそりましょう。 飯盒の中でご飯が冷めるとこびりつきます。 残った場合も、ご飯が熱いうちに容器に移します。 手順は電気炊飯器で炊く場合と同じです。 米と水を正確に量れば、意外と簡単に炊けるはずです。 最初から最後まで中火で炊き上げてもいいです。 火力が安定しているので薪で炊くより簡単にできます。 もし芯がある、ベチャベチャなど、失敗してしまったらをご覧ください。 Copyright c All Rights Reserved.

次の

飯盒の炊き方!水の量とやり方を間違えなければ美味間違いなし!│ごーるでんライフ

飯盒 炊爨 と は

飯盒はヨーロッパ製? キャンプで食事をするときに欠かせない道具である飯盒。 お米を炊いたりするときに使われていますよね。 飯盒が日本にやってきたのは、西洋の文化が伝わってきた江戸時代末期のことです。 もともと、ヨーロッパが発祥の道具といわれています。 日本では、軍隊の兵士が食事をとるときに使われていました。 その丈夫な飯盒は、現在も陸上自衛隊やキャンプで使うアウトドア用品として活躍しています。 みなさんは、飯盒でお米を炊くことを何といっていますか? 飯盒でご飯を炊くことを、飯盒炊爨(はんごうすいさん)といいます。 もちろん、炊飯といっても間違いではありませんし、差支えありません。 ただ、炊飯というと、お米を炊くことに関してなので、「何で炊いても良い」といった解釈になります。 つまり、炊飯器でお米を炊くときなどですね。 反対に、炊爨の「爨」という文字は、煮炊きを表す文字のため、飯盒でお米を炊くニュアンスに関連します。 「キャンプで飯盒炊爨した」などどいうと、一目置かれる存在になるかもしれません。 飯盒の形は特徴があります。 この形になった理由はあるのでしょうか。 飯盒の形状には理由がある? 飯盒を使ったことがあったり、見たことがあるかたは想像できるかと思いますが、飯盒の形は特徴があります。 上から見てみると、まるで大豆やアイマスクのような形です。 この形は、兵式飯盒といいます。 さきほどお話したとおり、軍隊の兵士が使用していたため、このようなネーミングが付けられたといわれています。 では、この形状でないといけない理由があるのでしょうか。 理由を紐解いてみました。 諸説あるなかで有力なのは、外での焚火で炊く場合、火力が不安定になります。 そこで、大豆のようなアイマスクのような、あの形が発揮します。 飯盒の底に均一に火があたらない状況でも、対流によってお米全体に熱が回る仕組みになっているのです。 鍋や釜を使ってもうまく炊けない場合でも、兵式飯盒を使うと簡単に炊けてしまいます。 こうしたことが計算されて、飯盒の形が決まったとすると、とてもすごい発見ですね。 現在はキャンプ用のコンロなどが販売されていて、火力も安定しているかと思います。 しかし、この独特の形をした飯盒を使えば、キャンプの雰囲気もグッとあがることでしょう。 携帯しやすい形状にしたのが理由説 均一に熱が伝わり、おいしくご飯が炊けるのは、あの形だからこそなのですね。 また、軍事用品として使われていたことに、あの形になった理由が隠されている説もあります。 現在の日本では考えられませんが、ほんの数十年前まで、戦争がありました。 兵隊は、1人1つの飯盒を腰から下げて戦場に向かっていたのです。 長引く可能性のある戦争には、食糧も各自確保しなければなりませんよね。 そのため、腰から下げたときに邪魔にならず、大量に飯盒を運ぶときに、ぶつかり合わない形になっているともいわれています。 また、窪みのない丸型よりも片手でつかみやすく、環境の変化が起こりやすい戦場では、使い勝手も良かったのではないでしょうか。 キャンプなどのアウトドアに使用する場合も、ほかの荷物がありますから、携帯しやすい形状というのは便利です。 そして、お米を炊いて器に移すことなく食べれるのも利点の1つです。 飯盒はお米も水もはかれる便利な形状 では、飯盒を使って、お米を炊いてみましょう。 【道具】 はじめに、飯盒炊爨に必要な道具を用意しましょう。 ・飯盒 飯盒にも種類がありますが、一般的な形の兵式でOKです。 ・薪 ホームセンターなどにも販売されています。 ・無洗米 無洗米を選ぶ理由は、お米を洗わなくていいので手間がかかりません。 ・耐熱グローブ(皮手袋) 火傷しないように、準備しておきましょう。 ・トング 薪をくべたりするのにあると便利です。 ・焚き火台 かまどがない場合に、あると便利です。 【お米をはかる】 飯盒炊爨する道具を準備したら、お米をはかります。 計量カップを使ってお米をはかっても良いのですが、なんと飯盒の蓋でお米がはかれます。 飯盒の上の蓋は3合で、中蓋は2合です。 すりきりではかれば、お米もはかれる便利な形状なのです。 【お米を研ぐ】 無洗米でない場合はお米を研ぐ必要があります。 ここで、ちょっとした裏技をご紹介します。 飯盒にお米と水を入れて蓋を閉めます。 上下左右に振って、水を捨てます。 この工程を何度か繰り返せば、簡単に綺麗にお米が研げますよ。 【水加減】 美味しく炊くためには、水加減も重要です。 飯盒の中には、2つの目盛りがあります。 下の目盛りはお米2合のときにあわせる目盛りです。 そして、お米4合のときは、上の目盛りに合わせて水を入れましょう。 水を入れたら、30分ほど浸漬します。 十分に水分を吸収したお米は、ふっくらしたご飯が炊けますよ。 飯盒炊爨の火加減は? 多少の失敗もキャンプの醍醐味といえますが、せっかくなら美味しく炊きたいですよね。 失敗しないコツを見てみましょう。 【火加減】 かまどがあるキャンプ場なら、火をおこす準備をします。 もしかまどがなければ、焚き火台を使うと良いでしょう。 よりキャンプの形を味わいたいかたは、ファイヤーグリルも鉄板アイテムです。 飯盒炊爨で最も重要となるのは、火加減です。 スイッチを入れれば炊ける炊飯器とは違います。 弱火過ぎると芯が残ってしまったり、強火過ぎると焦げてしまいます。 昔からいわれているのは、「はじめチョロチョロなかパッパ」です。 では、細かい手順を見てみましょう。 飯盒の底に火があたるのが、中火の目安です。 火がメラメラと立ち上っているのが、強火の目安です。 蒸気で吹きこぼれが起こるので、飯盒の上に石などの重りを乗せておきましょう。 重りを乗せることで圧力がかかり、美味しく炊けますよ。 中火に落とす理由は、強火のままにしていると、焦げやすくなるからです。 飯盒をひっくり返す理由は? 炊き上がったら火から下して、飯盒を上下逆さまにするように、ひっくり返します。 逆さまの状態で、約20~30分蒸らしましょう。 ひっくり返す理由は、お米全体がやわらかく、ふっくらとする効果があるからです。 火から下した飯盒はとても熱く、一番熱いのは火が直接当たっていた底の部分です。 中の状態はというと、底の部分は少し焦げついていて、上部は熱い蒸気があります。 これをひっくり返すことで、底の焦げつきを抑え、上に溜まった蒸気も全体にまわるようになるのです。 とんとんと叩きながら逆さまにするかたもいらっしゃいますが、叩く必要はありません。 もし、新聞紙が用意できるようであれば、飯盒を新聞紙で包んで蒸らすと、短時間でもふっくらと蒸らすことができますよ。 ぜひ試してみてくださいね。 飯盒炊爨ならではのご飯の味を、楽しんでみましょう。 独特の形をした飯盒を眺めながらの食事も、良いものですよ。 失敗を恐れずにチャレンジしてみよう 誰しもが、はじめから上手に炊けるわけではありません。 何度も失敗してもいいのです。 この失敗こそ、アウトドアの醍醐味といえます。 そのうちに、火加減のタイミングが掴めてきますよ。 キャンプならではの食事を、ぜひ飯盒と共に味わってみませんか?•

次の