ケーラー。 【楽天市場】ブランド一覧 > Kahler:KOZLIFE コズライフ

ケーラーとは

ケーラー

歯石を自分で取る際の取り方 歯石は一応自分でも取れます。 アマゾンなんかでも 「スケーラー」と呼ばれる歯石を取るための専用器具が売ってますのでこれを購入すれば自分で取ることはできます。 スケーラーは歯医者さんなどでも見たことがある人も多いと思いますが最近はアマゾンでこんなものも売ってるんですね。 歯石はとても硬いのですが、金属であるスケーラーの方が硬いので先の細いスケーラーではがしたり、押したりするなど強く圧力を加えるととジャリっというかボリっというような感じで剥がれます。 感触としてエナメル質がガラスだとしたら、歯石はセメントのような感じです。 ちなみに歯医者さんが使うような鏡(口内鏡)もあるんですが、 正直あれは慣れてないと使いにくいんですよね。 (左右がわかりにくいし、そもそも自分でやるようにできてないので・・) 私の場合は歯科の仕事をしていたので歯の形がある程度わかっていたので、歯の形状に沿ってスケーラーをなぞらせて突起があるとそれは歯石と判断してスケーラーでガリガリ押し出す感じで取っていましたね。 ただ、 「まあ歯医者行かなくても大丈夫だろ」と思って自分で歯石取った結果 かなりとんでもないことになりましたが・・・ まあそれは後半で なんにせよ歯石を自分で取る場合はとにかく エナメル質を傷つけないようにしないといけません。 スケーラーなどの金属で無理にガリガリやりすぎるとエナメル質を傷つけてしまいそこから虫歯になったりするリスクがあります。 虫歯になると歯石どころの口臭ではなくなりますので・・・。 特に歯の側面や歯肉との境目周辺は歯石もつきやすいのですがこの部分はエナメル質が非常に薄いので注意が必要です。 また歯石を取る頻度は一か月に一度程度にしておかないとこれも歯を傷つけてしまいます。 それよりも歯石の原因となる歯垢をしっかり落とす方が歯石も付かないし口臭や虫歯リスクを大きく下げることができます。 なにより安全にするには歯医者さんでやるのが一番ということですね。 歯石は自分で取るな! 実は自分で歯石をとってかなり後悔しています。 自分で歯石をとった結果がコレ わかりにくいんですが、 歯の根元が削れて 知覚過敏になっちゃいまして・・・歯医者さんに行ってレジンと言われる樹脂を歯にくっつけてます。 「歯の形なんて全部わかるし、エナメル質を傷つけるわけないから自分でやろう!」 自分で持ってたスケーラーでガリガリし始めたんです。 耳垢とかと同じで取りにくいのが取れたり、デカいのが取れるとうれしいから楽しくなって調子乗ってたら 必要以上にやってしまったんですよね・・。 まだいけるんじゃない?もうちょっとこの辺の歯の隙間とかあるんじゃないか? って感じで結構強引にやったり 歯磨きするみたいな感じでスケーラーで歯をガリガリやってたんです・・。 まあある程度取れて気持ち的にもすっきりもするわけです。 でも怖いのはココから ある日突然歯に激痛が! ある日、食事の最中にものすごい歯の痛み! ・・虫歯? でもこのとき歯の検査をしたばかりだったのでその際には何も言われなかったので 虫歯ではないはず・・・ でもイタイ。 冷たいものはもちろん、はちみつなどの濃度の高い糖分、ドレッシングなどのすっぱいものまで染みてきます。 ヤバいくらいの激痛になったので歯医者に行った結果・・ 歯石を取る行為をやりすぎたがあまり、歯茎が衰退ししかも歯の側面周辺を傷だらけにしてしまったんです。 知覚過敏? シュミテクトでもいいじゃんって思ったんですが、 「ここまでひどいとシュミテクトくらいじゃダメですね」 と歯医者さんからアッサリダメ出し。 歯医者さんいわく結構歯茎が出てるし、歯も削れてるので本格的に治療した方がいいとのこと。 「歯石は自分でやっちゃだめだよ」と当たり前のことを言われてしまいました。 先ほど書いたように歯の付け根当たりは歯石がたまりやすいのですが、エナメル質が薄くて傷つきやすい部分だったんです。 歯石って実は歯ブラシではほとんど取れないのですが、取ろうとして無理にブラッシングして歯茎を傷つけて衰退させてしまう人って結構いるみたいです。 あまりに傷つき過ぎたり歯肉を後退させるとシュミテクトでもダメなんですね。 歯の歯肉との間にレジン(樹脂)をびっしり。 しかもね、レジンってこねるような感じで着けるんですが、歯の表面がツルツルだとすぐに取れるんです・・ なので健康な歯を少し削る羽目になったんですね。 しかも結構深く・・。 しかもこのレジンって長年使うとコーヒーなどの色を吸収して黄色く変色したり、強度がそこまで強くないので欠けてその部分に食べかすが付いたり、歯石が付いたりします。 現在はそのレジンの周りに歯石がついてなかなか取れないんです。 (無理に取ろうとするとレジンも取れるので) とにかく自分で歯石を取ったことをひたすら後悔しています。 結論 歯石は見える範囲を取る程度で専門家である歯医者さんに任せるのが一番です。 スケーラーの感触だけで普通の人は歯石か歯かの区別もわかりにくいのでちゃんとした方法でやってる歯医者さんにお願いすべきなんです。 そもそも歯医者さんはスケーラーだけで取るより、超音波など本格的な機材で行ってます。 歯石取るとわかりますが、チュイーーン!って機械、アレ超音波で歯石を振動で割ってるんです。 スケーラーでの歯石取りはよほど目に見えて取りやすいもの以外は避けるべきです。 それより歯石が付く前に歯間ブラシでしっかり歯の間の清掃を行う方がいいんです。 歯石を歯医者さんで取る場合の費用は? 歯石を歯医者さんで除去した場合の費用ですが初診料+検査+歯石除去で3500円程度となっています。 案外そこまで費用はかからないので歯を失ってしまったり傷つけるリスクを考えると歯医者さんに任せるべきだとは思います。 歯石を放置するとどうなるのか? 自分で歯石を取るデメリットが取り残しができることです。 取り残した歯石はどんどん黄色く硬く、そして臭くなります。 とにかく 長年放置した歯石は洒落にならないくらい臭いんです。 というのも筆者が歯医者で働いてた時に抜歯した歯や銀歯に歯石がこびりついてるわけです。 そしてそのニオイ・・・。 もうね、ヤバイくらい臭いです。 それに当時は金歯や銀歯の金属の値段が急激に上がってみんな必死に抜いた後の金歯や銀歯を集めてましたが、 この銀歯やら集めた蓋つきバケツなんですが もうひどく臭い もう、洒落にならないくらい臭い、 トイレなんて余裕に思えるくらい臭い。 刺激、腐敗、体臭、生臭さとあらゆる臭いものが混ざったニオイです。 口臭が生理的に受け付けないニオイってよくわかります。 「歯磨きしなければこんなにおいを自分が出してる」なんて思ったらゾッとします。 とにかく歯石は専門家にきれいに取ってもらうのが一番です。 みなさんも歯医者さんで歯石はちゃんと取るようにしましょう・・。

次の

ダイナミックデスケーラー(スケール除去液)

ケーラー

熱交換器・クーリングタワー・配管などのスケール問題を、安全・安心・スピーディーに解決します。 ダイナミックデスケーラーDynamic Descalerは、主にカルシウム、マグネシウム系の水垢スケールやカルキを落とす強酸の洗浄液です。 確かな洗浄力による洗浄時間の短縮と環境への配慮を両立。 加えて素手で触れる高い安全性を確保。 金属腐食が少ないため、洗浄後の処理液が不要。 プレート式熱交換器に特化した設計。 長年の実績と最新の研究によってハイパフォーマンスが証明され、スケールの除去速度の向上と金属腐食の低減、水フラッシングによる施工性の向上を実現しました。 用途: ブレージングプレート式熱交換器の洗浄;その他水スケール対応; と併用することで、スケール洗浄時のスライム・砂・粉体など汚れも安全できれいに吹き飛ばす。 製品特長 ダイナミックデスケーラーは、世界最速のカルシウム溶解速度、最速のスケール溶解速度を誇るスケール洗浄液です。 さまざまなインヒビター 添加剤 の開発により、環境への配慮と洗浄時間の短縮を実現し、施工費全体のコスト削減と恒久的な安全性を確保します。 ダイナミックデスケーラーは、あらゆる面で、従来の塩酸ベースの洗浄液を凌駕します。 (実作業では、念のためビニル手袋を着用してください)• 6なのに手で触れる安全性も確保(万が一触れた場合でも安心)• 環境性 —— 生分解性• 作業性 —— 圧倒的な処理時間の短縮 (ほぼ5倍)• 6なのに手で触れる安全性も確保(万が一触れた場合でも安心)。 環境に配慮する生分解性となっており、万が一皮膚に付着した場合でも水洗いで簡単に除去できるため、安全に洗浄作業が行えます。 ダイナミック・デスケーラーDynamic Descalerは、従来製品の欠点である処理速度を大幅に改善するべく開発されており、洗浄時間短縮=作業費用の削減こそがもっとも得意とするところです。 フッ酸(劇物指定)を使わず、安心して洗浄効果を求めることが可能となります。 ダイナミックデスケーラーDynamic Descalerは、金属腐食が少ないため金属表面における処理液が不要で、低金属腐食性+最高の処理速度を実現する最新の洗浄液です。 (洗浄後には、必ず水にて十分なフラッシングをしてください。 ) さらに、洗浄液循環後に機器に中和剤として苛性ソーダなどを流していましたが、ダイナミックデスケーラーでは水による強制循環のみのフラッシングで残りの洗浄液を取り除きますので、 一液で作業が完了します。 多管式(シェルアンドチューブ)熱交換器への適用 多管式(シェルアンドチューブ)熱交換器、特に固定看板タイプでは、チューブ内面は高圧洗浄でも洗浄が可能ですが、 シェル側が固定されているため洗浄が難しい現状でした。 汎用性洗浄液では難しい汚れも、 ダイナミックデスケーラーで解決された実例が報告されています。 廃液の扱い易さなどが、さらにお客様の負担を削減します。 従来行われているチューブ側の高圧洗浄では、養生、ジェットによる変形、母材への微細な切削による減肉効果、作業時間、費用などが問題であるが、開放せずにダイナミックデスケーラーより循環洗浄が可能となりますので、ガスケットの開放にかかるリークテストや保持時間が不要となります。 (事前にサンプル液で材質テスト、汚れの溶解テストをされてからご利用ください) 銅ブレージングプレート式熱交換器への適用 銅ブレージングプレート式熱交換器は、汎用洗浄液では、長時間の洗浄が銅を強烈に溶解してしまうため、実際に洗浄ができませんでした。 ダイナミックデスケーラーの登場で、チラー用コンデンサーなどの開放冷却水への適用も可能となりました。 特に小型ブレージングプレート熱交換器の洗浄は、MDI-CIP洗浄装置により洗浄時の圧力損失、流量を計測することができ、洗浄結果レポートの提出も可能です。 従来の一定時間洗浄をするだけでOKではなく、洗浄効果も報告できるようになります。 (コンデンサーにおける高圧冷媒側の汎用洗浄液との洗浄結果比較データもあります) 洗浄+最新プレート設計による省エネ化提案 したがって、従来の大型多管式からブレージングプレート式へ転換することで、チラーシステム全体の省エネ化も夢ではありません。 チラー専用の最新銅ブレージングプレート式熱交換器とその使用方法なども併せてご提案させていただきます。 (事前にサンプル液で材質テスト、汚れの溶解テストをされてからご利用ください) ラジエーターにも ラジエターの茶色くなってしまったものも、回復します。 基本的に20倍ー40倍濃度で使用します。 サーモスタッドが開くまで暖気をして30分くらい循環をすると、茶色い原因であるアルミ酸化物=ボーキサイトが完全に除去されます。 一度洗浄液を抜き、水できれいに30分くらいフラッシングして完了です。 水を抜いて、きれいなラジエター水を入れれば、元の緑色に復活します。 (あらかじめ、影響がない部分でテストの上、ご使用ください) バイクの場合:約100cc、自動車の場合、200~400ccを目安としてください。 洗浄時間は30分以上使用しないでください。 アルミが変色などする場合、すぐに使用をやめてください。 エンジンのバルブ、カーボンの除去に エンジンのバルブ、カーボンの除去に効果抜群です。 市販されているカーボンクリーナーより効果大です。 洗浄方法 熱交換器の場合• 基本的に、本体下部より洗浄液入れて、上部から出る流れを作り出す。 ポンプにて循環サイクルを作り、数時間循環できる簡易システムを作る。 ポンプの手前に、金魚の白いフィルターなどでゴミが入らないようにする。 指定時間循環後、(場合によっては、逆サイクルでもう1回洗浄して)洗浄液を全部抜き取る。 水でフラッシングを行い、10分以上ポンプでまわす。 水を排水して、作業完了。 詳しくはお問い合わせください。 廃棄の際に適正な方法で処分してください。 長手方向に長い冷却搭は、1スパンごとに移動しながら洗浄をすると良いでしょう。 小型冷却搭では、配管を含めたシステム洗浄をされるお客様もいらっしゃいます。 運転中に必要な、薬注処理をあえてせず、定期メンテナンスでダイナミックデスケーラーで洗浄することで、日々の薬注費用の削減も可能です。 ご利用に当たっては、かならず販売代理店の指示に従ってご利用ください。 指示がない場合には、MDIより使用マニュアルをお渡ししますので、よくご覧になってからご利用ください。 指示がなく、マニュアルを読まずにご利用した場合は、万が一の不具合や、事故につながる可能性があります。 事前にご確認を行い、十分注意をしてご利用ください。 MDIにて発行をしている書類は下記の通りです。 詳しくはお問い合わせください。 MSDS(安全データーシート)• 使用マニュアル(代理店様、施工店様は必ず最終ページにサインをして返却してください)• カタログ• その他、実験データ各種 導入実績 ダイナミックデスケーラーは,最長年の実績と最新の研究によって、スケールの除去速度の向上と金属腐食の低減、水フラッシングによる施工性の向上を実現しました。 熱交換器・クーリングタワー・配管などのスケール問題を安全・安心・低コスト・スピーディーに解決します。 日本においても海上自衛隊をはじめ、大手各社に正式採用され、その効果がされています。 腐食の高い一般的な塩酸ベースの洗浄液を10倍希釈で洗浄をする場合が多いのですが、その場合は洗浄能力が大幅にダウンするため合格できませんでした。 ダイナミックデスケーラーは世界最高レベルの洗浄速度と低腐食を実現し、アメリカ海軍(US NAVY 米国海軍の厳しいスペックを余裕でクリアした。 船内の熱交換器、下水配管などに使用されています。

次の

【楽天市場】ブランド一覧 > Kahler:KOZLIFE コズライフ

ケーラー

歯石を自分で取る際の取り方 歯石は一応自分でも取れます。 アマゾンなんかでも 「スケーラー」と呼ばれる歯石を取るための専用器具が売ってますのでこれを購入すれば自分で取ることはできます。 スケーラーは歯医者さんなどでも見たことがある人も多いと思いますが最近はアマゾンでこんなものも売ってるんですね。 歯石はとても硬いのですが、金属であるスケーラーの方が硬いので先の細いスケーラーではがしたり、押したりするなど強く圧力を加えるととジャリっというかボリっというような感じで剥がれます。 感触としてエナメル質がガラスだとしたら、歯石はセメントのような感じです。 ちなみに歯医者さんが使うような鏡(口内鏡)もあるんですが、 正直あれは慣れてないと使いにくいんですよね。 (左右がわかりにくいし、そもそも自分でやるようにできてないので・・) 私の場合は歯科の仕事をしていたので歯の形がある程度わかっていたので、歯の形状に沿ってスケーラーをなぞらせて突起があるとそれは歯石と判断してスケーラーでガリガリ押し出す感じで取っていましたね。 ただ、 「まあ歯医者行かなくても大丈夫だろ」と思って自分で歯石取った結果 かなりとんでもないことになりましたが・・・ まあそれは後半で なんにせよ歯石を自分で取る場合はとにかく エナメル質を傷つけないようにしないといけません。 スケーラーなどの金属で無理にガリガリやりすぎるとエナメル質を傷つけてしまいそこから虫歯になったりするリスクがあります。 虫歯になると歯石どころの口臭ではなくなりますので・・・。 特に歯の側面や歯肉との境目周辺は歯石もつきやすいのですがこの部分はエナメル質が非常に薄いので注意が必要です。 また歯石を取る頻度は一か月に一度程度にしておかないとこれも歯を傷つけてしまいます。 それよりも歯石の原因となる歯垢をしっかり落とす方が歯石も付かないし口臭や虫歯リスクを大きく下げることができます。 なにより安全にするには歯医者さんでやるのが一番ということですね。 歯石は自分で取るな! 実は自分で歯石をとってかなり後悔しています。 自分で歯石をとった結果がコレ わかりにくいんですが、 歯の根元が削れて 知覚過敏になっちゃいまして・・・歯医者さんに行ってレジンと言われる樹脂を歯にくっつけてます。 「歯の形なんて全部わかるし、エナメル質を傷つけるわけないから自分でやろう!」 自分で持ってたスケーラーでガリガリし始めたんです。 耳垢とかと同じで取りにくいのが取れたり、デカいのが取れるとうれしいから楽しくなって調子乗ってたら 必要以上にやってしまったんですよね・・。 まだいけるんじゃない?もうちょっとこの辺の歯の隙間とかあるんじゃないか? って感じで結構強引にやったり 歯磨きするみたいな感じでスケーラーで歯をガリガリやってたんです・・。 まあある程度取れて気持ち的にもすっきりもするわけです。 でも怖いのはココから ある日突然歯に激痛が! ある日、食事の最中にものすごい歯の痛み! ・・虫歯? でもこのとき歯の検査をしたばかりだったのでその際には何も言われなかったので 虫歯ではないはず・・・ でもイタイ。 冷たいものはもちろん、はちみつなどの濃度の高い糖分、ドレッシングなどのすっぱいものまで染みてきます。 ヤバいくらいの激痛になったので歯医者に行った結果・・ 歯石を取る行為をやりすぎたがあまり、歯茎が衰退ししかも歯の側面周辺を傷だらけにしてしまったんです。 知覚過敏? シュミテクトでもいいじゃんって思ったんですが、 「ここまでひどいとシュミテクトくらいじゃダメですね」 と歯医者さんからアッサリダメ出し。 歯医者さんいわく結構歯茎が出てるし、歯も削れてるので本格的に治療した方がいいとのこと。 「歯石は自分でやっちゃだめだよ」と当たり前のことを言われてしまいました。 先ほど書いたように歯の付け根当たりは歯石がたまりやすいのですが、エナメル質が薄くて傷つきやすい部分だったんです。 歯石って実は歯ブラシではほとんど取れないのですが、取ろうとして無理にブラッシングして歯茎を傷つけて衰退させてしまう人って結構いるみたいです。 あまりに傷つき過ぎたり歯肉を後退させるとシュミテクトでもダメなんですね。 歯の歯肉との間にレジン(樹脂)をびっしり。 しかもね、レジンってこねるような感じで着けるんですが、歯の表面がツルツルだとすぐに取れるんです・・ なので健康な歯を少し削る羽目になったんですね。 しかも結構深く・・。 しかもこのレジンって長年使うとコーヒーなどの色を吸収して黄色く変色したり、強度がそこまで強くないので欠けてその部分に食べかすが付いたり、歯石が付いたりします。 現在はそのレジンの周りに歯石がついてなかなか取れないんです。 (無理に取ろうとするとレジンも取れるので) とにかく自分で歯石を取ったことをひたすら後悔しています。 結論 歯石は見える範囲を取る程度で専門家である歯医者さんに任せるのが一番です。 スケーラーの感触だけで普通の人は歯石か歯かの区別もわかりにくいのでちゃんとした方法でやってる歯医者さんにお願いすべきなんです。 そもそも歯医者さんはスケーラーだけで取るより、超音波など本格的な機材で行ってます。 歯石取るとわかりますが、チュイーーン!って機械、アレ超音波で歯石を振動で割ってるんです。 スケーラーでの歯石取りはよほど目に見えて取りやすいもの以外は避けるべきです。 それより歯石が付く前に歯間ブラシでしっかり歯の間の清掃を行う方がいいんです。 歯石を歯医者さんで取る場合の費用は? 歯石を歯医者さんで除去した場合の費用ですが初診料+検査+歯石除去で3500円程度となっています。 案外そこまで費用はかからないので歯を失ってしまったり傷つけるリスクを考えると歯医者さんに任せるべきだとは思います。 歯石を放置するとどうなるのか? 自分で歯石を取るデメリットが取り残しができることです。 取り残した歯石はどんどん黄色く硬く、そして臭くなります。 とにかく 長年放置した歯石は洒落にならないくらい臭いんです。 というのも筆者が歯医者で働いてた時に抜歯した歯や銀歯に歯石がこびりついてるわけです。 そしてそのニオイ・・・。 もうね、ヤバイくらい臭いです。 それに当時は金歯や銀歯の金属の値段が急激に上がってみんな必死に抜いた後の金歯や銀歯を集めてましたが、 この銀歯やら集めた蓋つきバケツなんですが もうひどく臭い もう、洒落にならないくらい臭い、 トイレなんて余裕に思えるくらい臭い。 刺激、腐敗、体臭、生臭さとあらゆる臭いものが混ざったニオイです。 口臭が生理的に受け付けないニオイってよくわかります。 「歯磨きしなければこんなにおいを自分が出してる」なんて思ったらゾッとします。 とにかく歯石は専門家にきれいに取ってもらうのが一番です。 みなさんも歯医者さんで歯石はちゃんと取るようにしましょう・・。

次の