喉 が 痛い コロナ の 可能 性 は。 喉が痛いときの治し方|原因と考えられる病気、痛みの対処法

喉の痛みが長引く原因とは?知っておきたい3つの可能性!

喉 が 痛い コロナ の 可能 性 は

喉の痛みと咳が取れません。 新型コロナの可能性があるかと思い心配になってきました。 1月29日に中国人も多数訪れるテーマパークに行き、その6日後の2月4日からかっかっと、こほっというような咳が出て現在に至るまで取れません。 喉がとても痛く、リンパ腺が腫れた感じがします。 別の質問に書きましたが、4人の子供たちもそれぞれ咳が少し出ます。 (そのうち一人はリンパがかなり腫れましたが現在は落ち着いています) 現在咳は落ち着いてきてはいるのですが(咳き込む感じではない)なんとなく息苦しい 感じがして落ち着きません。 咳がひどくなくても肺炎になることはあるのでしょうか。 コロナウイルスではない咳が出る風邪だといいのですが、 心配で夜も寝られないので、もしアドバイスがあれば教えてください。 ちなみに夫は同じような時期に熱を出しましたが、現在は問題ないようです。 どうぞよろしくお願いいたします。

次の

熱はないのに喉が痛い!これって風邪?病院に行った方がいいの?

喉 が 痛い コロナ の 可能 性 は

空気の乾燥• 口呼吸• エアコン内部にカビが発生している 喉に影響を及ぼす原因としてはこれらが挙げられます。 空気の乾燥 空気の乾燥については、エアコンの構造上冷房暖房どちらを使用する際にも、 エアコンから排出される空気は乾燥しています。 そのため部屋の湿度が下がってしまい、空気が乾燥してしまいます。 対処法 加湿器を使って適度な湿度を保つ事で乾燥は防げます。 会社などの場合自身の意思で加湿器の設置が難しい場面もあります。 その際は、喉を乾燥させない様に、 小まめな水分補給を心がけましょう。 定期的に飴を口に含む事も有効な手段です。 口呼吸 口呼吸とは通常鼻で呼吸している呼吸を、口を使って呼吸している状態を指します。 エアコンによって乾燥した空気を、 直接喉に送り込んでしまう為、喉が大変乾燥しやすくなります。 対処法 口呼吸は風邪などにも繋がりやすいので治すべきですが、すぐに癖を直す事は難しいかと思います。 すぐに出来る対応策としては、マスクの着用が有効的です。 マスクは、吐き出した呼吸の水分を口元に留めてくれるので保湿効果があります。 カビ エアコン内部にはカビが発生する可能性があります。 黒カビなどの胞子がエアコンから排出される空気に乗って外部へと出てきます。 その カビを吸い込んでしまうことで、喉の痛みや咳として症状が現れます。 対処法 カビに関しては、エアコンの掃除をするしかありません。 ご自身で掃除出来るスプレーなどもありますが、喉の痛みが出るほどのカビが発生しているならば、 一度 清掃業者に依頼してスッキリとカビを除去して貰う事をおすすめします。 スポンサーリンク.

次の

喉が痛いのと、頭が痛いです

喉 が 痛い コロナ の 可能 性 は

喉にできる 口内炎の原因は様々で、次の理由で引き起こされる可能性があります。 食事中に熱いものを食べて火傷してしまう場合• 真菌やウイルスが原因で起こる場合• アレルギーによって起こる場合• ストレス・栄養不足によって起こる場合 等 喉にできる口内炎の場合、 ウイルスや細菌に感染して発症する場合が多いです。 喉の口内炎に発熱も伴う場合 口内炎と間違えやすい病気として、舌がんがあります。 また、白板症といって、将来口腔がんに変るおそれのある病気もあります。 舌がん 舌がんは 痛みがほぼなく、患部と粘膜の境目が曖昧で出血を伴うことが多いです。 また、 舌の縁にできやすいという特徴があります。 白板症 口内炎のような 痛みがありません。 これらの疾患は、口内炎と違い、 自然に治ることがないため、2週間以上経っても治らない口内炎がある場合は注意が必要です。 喉の口内炎の対処法 喉の口内炎に効く薬はある? 口の中を清潔に保つ必要があるため、 市販のうがい薬などでうがいをすることも効果的です。 また、 抗菌成分や消毒成分が含まれる口内炎の市販薬やビタミン剤を服用することも症状を軽くする手助けとなります。 食べ物で改善する? 口内炎の原因としては、 ビタミン不足の可能性も考えられます。 ビタミンB群やビタミンCを多く含む食べ物を積極的に取り入れましょう。 ビタミンB群を多く含むもの 玄米、牛乳、大豆製品 等• ビタミンCを多く含むもの 緑黄色野菜(ピーマン 、ブロッコリー等)、柑橘類(みかん、ゆず 等) また、 口の中の乾燥を防ぐためにも水分補給はこまめに行いましょう。 痛くて食べられないときはサプリや栄養ドリンクを 口内炎が痛くて食事が十分にとれない場合は、 ビタミン剤や栄養ドリンクを取り入れることもおすすめします。 食べ物と同様、 ビタミンB群やビタミンCを積極的に摂るようにしましょう。

次の