引越し 業者 安い。 引越し費用を格安にする!安い引越業者の探し方

一番安い引っ越し業者はどこ?はっきり正直に答えます!引越十段!

引越し 業者 安い

おすすめの引越し業者ランキング このランキングは、 「ズバット引越し比較」や 「価格. com」など、 約8,000件の評価から平均をとり、投稿された口コミを加味して 総合的にランキングしました。 どこの業者でも作業する人によって当たりはずれはありますし、一位が必ずしも良い訳ではないので、参考程度でお読みください。 1位 サカイ引越センター 総合評価 4. 2 料金 :4. 0 作業 :4. 4 接客対応:4. 2 料金相場・口コミ 引越し 人数 3月〜4月 の引越し 5月〜2月 の引越し 1人 60,000円 50,000円 2人 90,000円 70,000円 3人 120,000円 90,000円 4人 150,000円 110,000円 サカイ引越センターは 「引越しが丁寧・スムーズで良かった」など、大手なだけあって作業面での良い口コミが多いです。 料金は少し高めですが、 「作業品質が高い」ので、費用にこだわらない人には最もおすすめの引越し業者です。 2位 アート引越センター 総合評価 4. 1 料金 :4. 0 作業 :4. 1 接客対応:4. 2 料金相場・口コミ 引越し 人数 3月〜4月 の引越し 5月〜2月 の引越し 1人 60,000円 50,000円 2人 100,000円 80,000円 3人 120,000円 90,000円 4人 140,000円 100,000円 アート引越しセンターは 「値引きやサービスが良かった」など、 対応面で評価が高いので選択肢に入れておくといいでしょう。 筆者もアート引越センターに頼んだことがありますが、かなり 値引きしてくれました。 ちなみに、そのときの見積書は以下のエントリーで紹介していますので、気になる方はご覧ください。 3位 ケーエー引越センター 総合評価 4. 0 料金 :4. 3 作業 :3. 9 接客対応:3. 8 料金相場・口コミ 引越し 人数 3月〜4月 の引越し 5月〜2月 の引越し 1人 約40,000円 約20,000円 「都内なら安い」 「コスパが良い」などの良い口コミばかりのため、大手の引越し業者をおさえて第3位です。 名前を聞いたことがない方も多いと思いますが、東京の引越しなら格安で提供しています。 コスト重視の方に最適です。 4位 赤帽 総合評価 3. 9 料金 :4. 2 作業 :3. 8 接客対応:3. 7 料金相場・口コミ 引越し 人数 3月〜4月 の引越し 5月〜2月 の引越し 1人 30,000円 20,000円 2人 40,000円 30,000円 3人 60,000円 50,000円 4人 90,000円 80,000円 赤帽は 「小規模の引越しなら安い」 「融通を聞いてくれる」など料金面で良い口コミが多いです。 ただ、 「20km以内かつ2時間以内の引越し」じゃないと安くなりません。 作業や接客などの対応は個々の業者レベルによって異なりますが、引越しの専門業者よりは全体的に劣る場合あり。 5位 ヤマトホームコンビニエンス 総合評価 3. 8 料金 :3. 9 作業 :3. 7 接客対応:3. 8 料金相場・口コミ 引越し 人数 3月〜4月 の引越し 5月〜2月 の引越し 1人 50,000円 40,000円 2人 100,000円 80,000円 3人 130,000円 100,000円 4人 160,000円 120,000円 荷物が少ない引越しのときに利用できる 「単身引越サービス」が高評価です。 ただ、 「梱包が雑」という口コミも割と目立つので、家具など絶対傷をつけたくない人には他社の方が丁寧かもしれません。 6位 アーク引越センター 総合評価 3. 7 料金 :3. 7 作業 :3. 7 接客対応:3. 7 料金相場・口コミ 引越し 人数 3月〜4月 の引越し 5月〜2月 の引越し 1人 60,000円 40,000円 2人 80,000円 60,000円 3人 100,000円 80,000円 4人 120,000円 100,000円 「料金が安くなるように相談にのってくれた」 「約束の時間ピッタリに来てくれた」など、良い口コミが多かったです。 ただ、 「作業の丁寧さに欠ける」という厳しい評価もありました。 「数社の見積もり比較でココが最安だった」という口コミもあるため、一度見積もりしてみて、最安の場合は使ってみると良いでしょう。 7位 日本通運 総合評価 3. 6 料金 :3. 5 作業 :3. 5 接客対応:3. 8 料金相場・口コミ 引越し 人数 3月〜4月 の引越し 5月〜2月 の引越し 1人 60,000円 50,000円 2人 110,000円 90,000円 3人 140,000円 100,000円 4人 170,000円 110,000円 「荷物にキズをつけられた。 」「荷物を破損された」などの口コミが多いですが、そのときの 対応はちゃんとしてくれたという意見も多いです。 毎年3月の引越し繁忙期はアルバイトが多いので、あらかじめ 破損時の保険についても聞いておきましょう。 8位 ハート引越センター 総合評価 3. 5 料金 :3. 7 作業 :3. 4 接客対応:3. 4 料金相場・口コミ 引越し 人数 3月〜4月 の引越し 5月〜2月 の引越し 1人 60,000円 40,000円 2人 90,000円 60,000円 3人 120,000円 70,000円 4人 150,000円 80,000円 「梱包が簡易的で作業も雑だった。 」 「最初にもらえるダンボールの数が少ない。 」などの悪い口コミが多いです。 また、 「使わなかったオプション代金の返還に2〜3ヶ月かかった。 」など、 対応の遅さを指摘する声もありました。 ただ、 引越し費用は安いので安さで選びたい人は候補に入れておきましょう。 9位 ダック引越センター 総合評価 3. 4 料金 :3. 6 作業 :3. 2 接客対応:3. 4 料金相場・口コミ 引越し 人数 3月〜4月 の引越し 5月〜2月 の引越し 1人 50,000円 40,000円 2人 70,000円 60,000円 3人 100,000円 80,000円 4人 140,000円 100,000円 「エアコンの取り外しや取り付けが安い。 」など、 料金の安さで良い口コミが多いですが、 「荷物を紛失した。 」という驚きの口コミもありました。 悪い口コミがそこそこあるので、引越しを担当する作業者によってバラツキが大きいのかもしれません。 10位 ハトのマークの引越センター 総合評価 3. 3 料金 :3. 5 作業 :3. 2 接客対応:3. 2 料金相場・口コミ 引越し 人数 3月〜4月 の引越し 5月〜2月 の引越し 1人 60,000円 50,000円 2人 90,000円 70,000円 3人 120,000円 90,000円 4人 150,000円 110,000円 「物をガンガンぶつける。 」 「電話に出ない。 」というような口コミが多く、 対応の悪さが目立つ口コミが多かったです。 何か問題があってからでは遅いため、 大切なものはしっかり梱包することも重要ですね。 以上、 口コミから総合評価した引越し業者ランキングでした。 引越しするエリアや業者の混み具合によって料金は大きく変わります。 そのため、 で一括見積もりし、見積もりが来た中から安い業者3社くらいに値引き交渉して競わせましょう。 これが一番スムーズかつ格安に引越しするコツですね。

次の

【業界で1番安い7500円】東京の引越しはケーエー引越センター

引越し 業者 安い

引越し業者と運送業者とは? そもそも引越し業者と運送業者の違いは何でしょう? 実は法律的な区分けでは、両者は同じ業者に分類されます。 引越し業者も運送業者も「一般貨物自動車運送事業」に分類される同じ事業者。 依頼者から荷物を預かり、車両を利用して運送する業者ということになります。 他に「貨物軽自動車運送事業」に分類される業者もありますが、違いは車のサイズだけ。 軽自動車を利用する業者の場合は後者に分類されます。 他に近い業種として「貨物利用運送事業」という業者がありますが、こちらは運送能力を保有しない業者になります。 依頼者と運送業者を繋ぐ仲介業者のような立ち位置となるのがこの分類に入ります。 「アート引越センター」や「ヤマトホームコンビニエンス」などほとんどの引越し業者が「一般貨物自動車運送事業」に分類されます。 「貨物軽自動車運送事業」となると代表的な業者は「赤帽」でしょう。 「貨物利用運送事業」に関しては中小の「〇〇引越センター」などの名称の会社が中心となります。 参照: 引越し業者と運送業者の違いは? 法律的な種別では、運送業者と引越し業者も同じ扱いであることはお分かりいただけたかと思います。 つまり運送業者が引越し業務を行っても問題ないということになります。 しかし、同じグループでも、「元々は運送業者」という場合と、「元々引越し業者」という業者は存在します。 この両者に差があるのかどうかについて考えてみましょう。 引越し業者のメリットとデメリット 元々引越し業者として営業している業者は、いわゆる引越しのプロです。 荷物を運送するだけではなく、「家財道具に傷をつけない」など、引越し業者として最低限必要なスキルを、古くから磨いてきています。 また、引越しに必要な提携なども充実している業者が少なくありません。 例えばエアコンの移設をする業者や、ピアノの運送専門業者、そして廃品回収の業者やペット運送業者などと深い提携関係にある業者が多いといえます。 引越し業者に引越しを依頼するメリットは、何より安心して作業を任せられるということでしょう。 引越しのプロが作業にあたるわけですから、そのクオリティは高く、さらに様々なオプションサービスが豊富に揃っているのが特徴といえます。 一転デメリットを考えると、運送業者に比べやや費用が高いということが考えられます。 運送業者のメリットとデメリット 元々が運送業者の場合、荷物を運ぶという点ではプロといえます。 しかし問題は、荷物の取り扱いの部分。 もちろん大手の業者になれば、引越しの部門もしっかり確立しているため、こういった部分に不安はありません。 しかし、地域限定の中小業者の場合、特に荷物の取り扱いに特化した技術を磨いているわけではないため、不安は残ります。 例えば赤帽。 一人暮らしの引越しなどで利用する方も多い赤帽ですが、本質的には運送業者です。 赤帽に引越しを依頼すると、ドライバーが来てくれますが、ドライバーさんは引越しのプロではありません。 引越し業者に比べれば荷扱いには不安が残ります。 運送業者に依頼するメリットとしては、比較的費用が安いということが挙げられます。 引越しに関するサービスなどが、引越し業者に比べると少ない運送業者は、その分費用が安くなる傾向にあります。 運送業者に依頼するデメリットは、サービスの少なさと荷扱いの不安ということになるでしょう。 引越しを依頼するのであれば… では、実際に引越しを依頼する場合、引越し業者と運送業者のどちらがオススメでしょう? 費用の面を考えると運送業者を選びたくなるところですが、オススメするのは引越し業者です。 引越しにおいて一番気を付けたいのは、「すべての荷物を無事に新居に届けること」です。 いくら安く引越しをしても、運んだ荷物に傷がついたり、最悪の場合破損や故障などで新居で使用できなくては意味がありません。 引越しで失敗をしないということを考えれば、やはり安心して任せることができる引越し業者を選びたいところ。 また、引越し業者ならではのサービスの豊富さも魅力です。 上手な引越し業者選びは? これらの情報を踏まえた上で、おすすめしたいのは「 」の利用です。 一括見積もりサイトを利用すれば、様々な業者から自身の希望に近いプランを探すことが可能。 引越し業者の提供するいろいろなサービスから、自分に必要なサービスを厳選し、その中から費用が合う業者を見つけましょう。 詳しくはこちらをどうぞ。

次の

引っ越し業者 安いのは中小か大手か比較して実際に安かったのはこちら

引越し 業者 安い

大手と中小の引越し業者にまとめて見積もりを出してもらい営業マンと交渉 そのため、料金の安い3社に狙いを定めました。 直接営業マンと交渉するのです。 こちらから連絡しなくても、営業担当からコンタクトがきます。 粗品を持ってきたりと、営業の必死さが伝わってきます。 その時に、他の業者はこの値段で引き受けると言っているがと交渉してみるのです。 すると、では弊社ではこの値段でと値下げしてくれるはずです。 それでも渋っていると、さらに値下げを行ってもらえました。 大手アート引越センターに平日に安く引っ越してもらいました 結局、アート引越センターに頼んで、27000円ほどでした。 けっこう値下げってしてもらえるんだなと驚きました。 何事も交渉してみるもんだなと思いました。 もちろん引越しの時期などもあったかもしれません。 引越しシーズンじゃありませんし、平日にしてもらいました。 やはり土日は高くなるようです。 有休を使うなど、平日に作業をしてもらう方が安くなります。 後は荷物の量などでも変わりますね。 自分でやれることを自分で行うことで、多少安くすることができます。 引っ越し業者 安いのは中小か大手か引き合いに出して値下げ交渉が成功 私は、転勤族でしょっちゅう数年居住した住居を手放して転勤に伴う引っ越しをすることが往々にしてありました。 その時に私は、専業主婦である妻にどうしても、引っ越しに関することを任せてしまいがちになり、非常に申し訳無い思いをすることが度々ありました。 そんな中で妻が引っ越し業者を選定するのに少しでも安く引っ越し料金を値下げしてくれた方法としましては、ずばり引っ越し業者同士で見積もりを頻繁に行い。 更に、安くしてもらった引っ越し業者の話を新規で来てくれた引っ越し業者に対して、引き合いに出して、値下げを要求すると言う方向にもっていきます。 すると、某引っ越し業者の場合では、「もうそれでしたら結構です。 〇〇引っ越しセンターさんの方を取って頂いてよろしいですよ。 」 と開き直る引っ越し業者さんも居られれば、「わかりました。 もう少し勉強させてください。 」と言うような形で、値下げに応じてくれる引っ越し業者さんも居られます。 ただ、ここで一つ問題点がありまして、競合他社を引き合いに出して料金を値下げする方向にもっていくのは良いのですが、値下げすれば値下げした分だけ、手抜きサービスをされる恐れがあります。 よく車でも値下げしすぎたら、付くべき内装の部分に付くものがついてなかったりすることがありますが、値下げしすぎると危険性が増してしまいますので、ある程度の所で妥協すべきであると思います。 業者名としましては、最終的に一番最初に見積もってもらった引っ越し業者さんの半額以下になったアート引っ越しセンターさんでした。 値下げに快く応じてくれたのと、離島まで引っ越しサービスをしてくださる所が大変気に入りました。

次の