ソーラツイッター。 カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人は7%超の高配当が魅力【銘柄分析】

赤髪のともの顔(マスクなし)が卒アルでバレた?マイクラメンバーのソーラも調査!

ソーラツイッター

メガソーラー発電は、発電規模が1,000kW以上の大規模な太陽光発電システムによる発電を指します。 一般家庭の屋根に設置する太陽光発電システムは10kW未満ですから、その100倍にあたります。 メガソーラーの設置には広い土地が必要となるため、産業用電力として主に企業が運営しています。 一般的に、1,000kW以上のメガソーラーを設置するためには、約2ヘクタールの土地が必要です。 メガソーラーの売電収入は? 天候や場所にも影響されますが、1,000kWのメガソーラーを1年間運用した場合の発電電力量は、平均して約100万kWhと見込まれています。 100万kWhという発電量は、一般家庭約300世帯が1年間に消費する電力量に相当します。 太陽光発電はメガソーラーを含めて、国の再エネ固定価格買取制度の対象となっています。 平成29年度の場合、10kW以上の産業用電力の買取価格は1kWh当たり21円、買取期間は20年間です。 例えば、1,000kWのメガソーラーで年間100万kWhを発電した場合、年間の売電収入は約2,100万円、20年間では4. 2億円が見込まれます。 (発電効率の減衰を考慮しない場合) メガソーラーのメリット 再生可能エネルギーは、政府が税制・金融面で優遇措置を実施しており、国の取り組みとして地球温暖化対策やエネルギー自給率の向上のために導入拡大を支援しています。 固定価格買取制度によって、長期間の安定的な収益の確保が見込まれるのはもちろん、導入支援として、日本政策金融公庫を通じて、返済期間20年以内の特別金利による融資(環境・エネルギー対策資金)を受けることができます。 税制面のメリットとしては、グリーン投資減税による設備の普通償却に加え、特別償却あるいは中小企業に限り税額控除を認められたり、法人税や相続税の税制特典を受けられたりします。 また、メガソーラーの設置場所については、建築基準法における建築物または工作物に該当しないため、用途地域の制約がありません。 そのため、利便性や地質などの理由で使い勝手の悪い土地でも、売電事業なら有効に活用できます。 さらに、建物の屋根といった本来は有効活用しにくいスペースの活用ができることもメリットのひとつといえるでしょう。 メガソーラーのデメリット 太陽光発電は太陽光をエネルギー源としているため、夜間や雨天時には発電できず、発電量が不安定ではないかと懸念している方もいるでしょう。 しかし、メガソーラーの場合、住宅用の太陽光発電と違って売電事業のため、天候などによる日ごとの発電量の不安定さは考慮する必要がありません。 事業として年間に見込んだ一定の発電量を確保できれば、収益を得ることができます。 メガソーラーは2ヘクタール以上の土地に設置するため、メンテナンスの際に手間や費用がかかります。 設置場所が土であれば除草作業が必要になり、コンクリートで固める場合はその分のコストが初期費用として必要です。 また、数千枚~数万枚の太陽光モジュールを並べて設置するため、その中の1枚のモジュールが故障していても発見するのが難しいという点もデメリットといえるでしょう。 しかし、太陽光発電は規模が大きくなるほど利益につながるため、数枚のモジュールが故障していても全体的に見るとそれほど大きな影響はありません。 メガソーラーの導入にかかる費用 メガソーラーの導入には、本体である機材費のほかに設置工事費、メンテナンス費用、さらには保険料などさまざまな費用がかかります。 費用はメーカーや事業者、メガソーラーを設置する所在地によって大きく異なります。 具体的にどのような費用が必要になるのか見ておきましょう。 設置費用 太陽光発電設備を導入する際に必要な初期費用は、機材費や工事費などが挙げられます。 これらの費用はまとめてシステム単価と呼ばれ、基本的に1kWあたりの単価で示されます。 規模が大きくなるほど安くなり、1,000kW以上のメガソーラーでは、住宅用の太陽光発電設備に比べて大きく単価が下がります。 平成26年の経済産業省のデータによると、産業用の平均システム単価は、1,000kW以上で1kWあたり28. 6万円です。 そのほか50kW以上の大きさになると、電力会社と高圧連系の契約を結ばなければなりません。 これに伴って、高圧受電設備や保守料金、高圧発電所の設置協議費用などもかかります。 維持管理費用 設置後にかかるコストとしては、定期メンテナンスの費用や修理費、保険料などがあります。 以前まで太陽光発電はメンテナンスフリーともいわれていましたが、買取価格の対象期間である20年間の運転を円滑に維持し売電収入を確保するためには、修繕・保守などの定期的なメンテナンスが必要です。 メンテナンス費用の目安は、年間あたり設置費用(パネル代と工事費の合計額)の0. 3~0. 保険料は保険会社によって補償内容や金額が異なりますが、一応の目安として年間当たり設置費用の0. 15~0. これらの設置費用や維持管理費用については、導入するメガソーラー発電の設計やメンテナンスの考え方によっても大きく変わる可能性があります。 設備導入前に、複数の専門家や事業者にアドバイスを受けるのが大切です。 日本国内のメガソーラー導入事例 日本には多くのメガソーラーがあります。 その中から3つの事例をご紹介します。 関西国際空港 新関西国際空港株式会社は、「環境先進空港」を目指し、空港島内でクリーンエネルギーによる環境事業に取り組んでいます。 その一環として、B滑走路南側誘導路拡張予定地沿いの土地(約96,700平方メートル)、および貨物上屋等の屋根(約23,000平方メートル)を利用した11,600kWの太陽光発電所を建設し、2014年2月から運用を開始しています。 また、2015年9月からは「KIXクリーン発電事業」として、さらなるメガソーラーの運用を開始。 東京電力 東京電力のメガソーラーとしては、神奈川県川崎市にある「浮島太陽光発電所」「扇島太陽光発電所」と、山梨県甲府市にある「米倉山太陽光発電所」の3カ所があります。 特に、扇島太陽光発電所は3カ所の中で最も大きい最大出力13,000kWを誇り、年間発電量は1,370万kWhです。 海に近い浮島太陽光発電所・扇島太陽光発電所では太陽光発電パネルの腐食を防ぐため、塩分に強い材料を使用したり、丘陵地域に設置されている米倉山太陽光発電所では雑草や土埃を抑えるため土壌を改良したりと、建設場所の特性に応じて設計上の工夫がされています。 また、浮島太陽光発電所の隣には、川崎市が運営する「かわさきエコ暮らし未来館」が併設され、太陽光発電だけでなくエコ全般について学べる展示や、発電所全体が見渡せる展望スペースなどが用意されています。 兵庫・姫路メガソーラー発電所 京セラと東京センチュリーリースの共同出資会社である京セラTCLソーラー合同会社が2015年12月、兵庫県姫路市に約9,900kWの太陽光発電所「兵庫・姫路メガソーラー発電所」を完成させました。 年間発電量は約1,216万kWhで、これは一般家庭約3,740世帯分の年間電力消費量に相当します。 もとは塩田跡地として遊休地となっていた土地で、地域で望まれていた土地の有効活用を実現した形です。 水上メガソーラーも検討中! メガソーラーの導入には広い土地の確保が欠かせません。 そのため政府は、工場用地や農地の転用規制など、さまざま規制緩和策を推進しています。 遊休地や休耕地などの土地以外にも導入ができないか検討されており、近年では、水上メガソーラーとして湖や貯水池など水面への太陽光モジュールの設置が試されています。 すでに英国をはじめとする海外の国々では取り入れられており、日本でも兵庫県加西市にある逆池(さかさまいけ)の水上で、出力約2,300kWのメガソーラー「兵庫・加西市逆池水上メガソーラー発電所」が、2015年6月に世界最大規模の水上メガソーラーとして運用開始しています。 このような水に浮かべるフロート式の太陽光発電は、「周囲に日陰が少ない」「太陽光モジュールの温度が低く発電効率が下がりにくい」といったメリットがあり、島国である日本に向いているといわれています。 将来的には海上での発電も検討されており、限られたスペースを有効活用したメガソーラーがさらに導入されていくでしょう。 さらなる展開が見込まれるメガソーラーへの期待 メガソーラーは、国のエネルギー政策による後押しや収益性の大きさというメリットもあり、エコな発電方法の代表として引き続き導入が進んでいくでしょう。 水上メガソーラーのような新たな設置場所の広がりやそれに伴う技術開発の推進など、今後もさらなる展開が期待できそうです。

次の

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人は7%超の高配当が魅力【銘柄分析】

ソーラツイッター

概説 [ ] ソーラーパネルは一般に、ひとつひとつは小さなを複数集めて、何らかの枠・構造体に入れて状にしたものである。 枠はが用いられることが多い。 また、2枚のガラスの間にセルを挟みこみ、建材一体型として使用するケースもある。 (右写真 建材一体型太陽電池 参照) ひとつひとつの太陽電池のは小さいが、それを複数に組むことでを上げ、使いやすくしている。 一般に、 12V)と組み合わせることも想定されたソーラーパネルは、蓄電池をするために、ソーラーパネル側の起電力は(蓄電池の12Vよりも高く)17~20V程度になるように設計されている。 また電流量を増やすために、上述の直列のユニットが複数、に組んであることもある。 ソーラーパネルは、1枚単体でバッテリーなどと接続して使用することも可能である。 1枚のソーラーパネルが発電できるは、そのサイズや結晶のタイプによる発電効率などによってそれぞれ異なっていて一概には言いにくいが、おおむね、一辺が数十センチメートル程度ならば、10~100ワット程度である。 一辺が数センチ程度の小さなソーラーパネルの場合は、1W以下~せいぜい数ワット程度である。 住宅で用いられる太陽光発電(住宅のの上などに設置するもの)では、複数のソーラーパネルが用いられていて、接続箱を介してパワーコンディショナーに接続されている。 ソーラーパネルで発電された電力は家庭内で消費され、またという形で電力網ともつながっている場合があり、その場合は電力網へと供給される。 では、非常に多数ソーラーパネルが用いられており、大電力を供給する。 複数のソーラーパネルを組み合わせたものは、「ソーラー」「」と呼ばれている。 ソーラーパネル上でが相互接続されている。 ソーラーパネルは太陽からの光エネルギー()を使い、を応用してを発生させる。 モジュールの構造を保持するのは上層の場合(表板構造)や下層の場合(基板構造)がある。 よく使われるのはベースの結晶を使った太陽電池とまたはシリコンを使った型の太陽電池である。 結晶シリコンは製造の原料でもある。 太陽電池を実用的なものとするには、まず複数の太陽電池を電気的に相互接続し、システムの他の部分と接続しなければならない。 また、製造・輸送・設置・利用の各段階で壊れないよう保護する必要がある。 特に、(ひょう)や、の重みが問題となる。 特にウェハーベースの太陽電池はので注意が必要である。 湿気が内部に入り込むと金属の配線や接続部分が腐食する危険性があり、薄膜型の太陽電池や透明導電性薄膜層も湿気に弱いため、注意しないと性能低下や寿命短縮に繋がる。 ソーラーパネルは硬いものがほとんどだが、薄膜型の太陽電池を使ったものは柔軟性のあるものもある。 必要なを確保するため、に太陽電池を接続し、を確保するためにそれらをさらにに接続する。 一部または全部が影に入ったり、夜になると電流の逆流が起きることがある。 それを防ぐため、別途を使うこともある。 単結晶シリコンの太陽電池のは光が当たっていないときに逆電流を生じさせる特性があるが、これは不要である。 逆電流は単に電力を無駄に消費するだけでなく、太陽電池が熱を持つという問題もある。 太陽電池は高温になるほど効率が低下するため 、ソーラーパネルはなるべく熱を持たないのが望ましい。 冷却を考慮した設計のソーラーパネルはほとんどないが、設置する際に背面から放熱できるようにするなどの工夫をすることが望ましい。 最近のソーラーパネルには、または鏡を使って太陽光をより小さな太陽電池に集める集光装置を採用したデザインのものもある。 単位面積当たりの単価が高い太陽電池(を使ったものなど)を使って比較的安価なソーラーパネルを作ることができる。 ソーラーパネルの構成によっては様々なの光で発電できるが、一般に太陽光のあらゆる波長をカバーすることはできない(特に、、間接光など)。 つまりエネルギーの大部分を捨てていることになる。 ソーラーパネルは適切な単色光を照射したとき最も効率がよい。 そこで、太陽光を複数の波長に分け、それぞれのビームをその波長が得意な太陽電池に当てるという仕組みのソーラーパネルが提案されている。 また、赤外線を中心として発電できる太陽電池を使ったTPV(熱起電力)発電も提案されている。 モジュール [ ] 結晶シリコンモジュール [ ] 詳細は「」を参照 型太陽電池を採用したモジュール。 低コストで高効率である。 ガラス基板薄膜モジュール 硬い薄膜モジュールで、太陽電池とモジュールが同じ生産ラインで製造される。 太陽電池をガラスの基板または表板上に形成し、配線もその場で行う。 基板や表板は多層構造になっている。 太陽電池としては、CdTe、 a-Si 、a-Siとuc-Si(単結晶シリコン)の多接合型、CIS系などがよく使われている。 フレキシブル基板薄膜モジュール 柔らかい薄膜モジュールで、こちらも太陽電池とモジュールが同じ生産ラインで製造される。 主に PET の基板上に太陽電池を形成する。 他にも、、のフィルムが使われる。 これらはなので配線もガラスと同様容易である。 基板にを使う場合は、別の技法を必要とする。 主にを使った薄膜型の太陽電池を無色透明の上に形成してそちらを表面とし、裏面を別の樹脂フィルムで補強する。 電子回路組み込み型モジュール [ ] 太陽電池モジュールに電子回路を組み込んだものが製造され始めている。 それによって個々のモジュールが最大電力点追従 MPPT を行ったり、稼働データを監視してモジュールレベルで障害発生を検出する。 性能と寿命 [ ] ソーラーパネルの性能()の測定は「標準試験条件」 STC で行われる。 電気的特性としては、公称最大出力()、公称最大出力動作電圧()、公称最大出力動作電流()、公称開放電圧、公称電流などがある。 実際のソーラーパネルの出力は、光量、温度、負荷などによって常に変化する。 公称開放電圧は、ソーラーパネルに何も回路を接続しない状態で発生できる最大電圧を意味する。 公称最大出力はSTCの条件下での最大出力である。 ソーラーパネルは通常屋外に設置されるため、寒暖差や雨やに長期間さらされる。 規格 [ ]• 61215(結晶シリコン型の性能)、61646(型の性能)、61730(全モジュールの安全性)• ISO 9488 Solar energy—Vocabulary• UL 1703• Electrical Safety Tester EST Series EST-460, EST-22V, EST-22H, EST-110 生産 [ ] 2009年時点で全世界で、発電能力にして7. 5のソーラーパネルが設置済みである。 IMS Research は、今後さらにソーラーパネルの出荷が増えると予測している。 2011年7月には、の子会社が宮崎県に年間生産能力は900メガワットの単一工場としては世界最大級のラインを稼動させる。 上位10社 2009年 [ ] 2009年に生産したソーラーパネルの出荷量で比較した上位10社は次の通りである。 (アメリカ)• (中国)• (日本)• (中国)• (中国)• (アメリカ)• (日本)• (中国)• AG(ドイツ)• (日本) 上位10社 2017年 [ ] 2017年に生産したソーラーパネルの出荷量で比較した上位10社は次の通りである。 (中国)• (中国)• (中国)• (中国・カナダ)• (韓国)• (中国)• (中国)• (中国)• (中国)• (中国) セーフガードの発動 [ ]• - が外国産ソーラーパネルに緊急輸入制限措置(セーフガード)を発動。 発電量 [ ] Panasonicの「HIT. 」のP245Puisでは、1年間の発電量が0. 245kWになる。 一般的な家庭に必要な発電量が4. 936kW必要なためP245Puisが20枚必要となる。 価格 [ ] 長期的に見れば、ソーラーパネルの価格は低下している。 1970年には1ワット当たりのコストは約150ドルだったが、1998年には1ワットあたり4. 5ドルで、33分の1になっている。 販売価格においては、2014年9月時点の住宅用太陽光発電において、最安値価格(スレート一面足場無しの設置環境)250,000円~350,000円/キロワットで販売されている。 設置システム [ ] トラッカー は太陽を自働追尾して常にパネル面を太陽に向け、発電量を増やす。 固定ラック 固定ラックはソーラーパネルを単に固定する。 緯度に合わせて角度をつけて設置するのが一般的である。 太陽電池モジュールを組み込んだ機器 [ ]• (ソーラーランプ)• : は2009年、太陽電池を搭載した携帯電話を発表した。 : スペインのIUNIKAが世界初の太陽電池を内蔵し発電するノートパソコン Gyy を開発した。 問題点 [ ] いくつかの問題点があり、それを下記にて列挙する。 天災による問題点 [ ]• 暑い日にはソーラーパネルの発電効率が悪くなる(低下する)• 土砂崩れなどの恐れがある「」内で、ソーラーパネル設置に当たって無許可で掘削が行われ、社会問題化している例がある。 内のでは、のの影響による災害でが越水したが、該当する堤防の越水箇所が、ソーラーパネルの設置工事によって高さが約2mに亘り削られていたことが判明している。 台風や竜巻でソーラーパネルが吹き飛ばされ、付近の家に飛散被害を与えてしまう。 機器や配線が損傷していた場合、漏電の可能性がある。 地震や人的に破壊されたパネル、接続箱、パワーコンディショナなどの機器を触れることによる感電被害。 (太陽光に当たっている限り、発電するため)• 地震や経年劣化によるパネルや架台のねじのゆるみ、変形や破損による修復費用の負担。 環境による問題点 [ ]• ソーラーパネルの装置近くにがを作ることによる• ソーラーパネルの隙間からの• ソーラーパネルからの反射光• 反射光により近隣住民から苦情が出ることがある。 には、の住民2人が、ソーラーパネルを自宅の屋根に取り付けた男性と、設置工事を請け負ったを相手取って、一部パネルの撤去とを求めた訴訟について、原告側の訴えを認める判決を出している。 2015年9月には、ソーラーパネルからの反射光の影響で自宅の室内に熱が籠りになったとして、パネルを設置したに対し、に訴訟が起こされている。 ソーラーパネルの設置と景観との調和• 京都市では美観地区、美観形成地区、建造物修景地区、風致地区、歴史的風土特別保存地区、伝統的建造物群保存地区、眺望空間保全区域、近景デザイン保全区域、遠景デザイン保全区域内での太陽光パネルの設置について制限がある。 奈良県では景観保全地区及び環境保全地区内での太陽光パネルの設置について制限がある。 脚注 [ ] []• Kpsec. freeuk. com. 2010年10月18日閲覧。 特許庁 技術分野別特許マップ「太陽電池」1. 高本達也、兼岩実「 」 『シャープ技報』第93号、、2005年12月。 DARPA STO• 日経エレクトロニクス 2010年6月10日• Globalsolartechnology 2009年9月11日. 2011年1月11日閲覧。 cti-solar. com. 2010年9月3日閲覧。 Pvmarketresearch. com 2010年5月5日. 2010年10月18日閲覧。 東洋経済 online 2011年2月16日. 2011年6月4日閲覧。 東洋経済 online 2011年4月25日. 2011年6月4日閲覧。 2018年6月30日閲覧。 CNN 2018年1月23日. 2018年7月14日閲覧。 National Research Council. 1998. 162. Paula Mints 24 September 2009. Photovoltaics World Magazine. 太陽光発電価格相場表• ITmedia news 2009年4月20日. 2011年1月11日閲覧。 PCWorld 2009年5月15日. 2010年10月18日閲覧。 毎日新聞 2015年9月6日• 毎日新聞 2015年9月11日• 読売新聞 2012年4月19日• 産経新聞 2015年9月9日• 京都市. 2013年5月27日閲覧。 奈良県. 2013年5月27日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

ソール・ライターのすべて

ソーラツイッター

1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、1980年代に商業写真から退き、世間から姿を消したソール・ライター(1923-2013)。 写真界でソール・ライターが再び脚光を浴びるきっかけとなったのが、2006年にドイツのシュタイデル社によって出版された作品集だった。 時に、ソール・ライター83歳。 この新たな発見は大きなセンセーションを巻き起こし、その後、展覧会開催や出版が相次いだ。 2012年にはドキュメンタリー映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」(日本公開は2015年)が公開され、その名前と作品はさらに多くの人々の知るところとなる。 本展は、ニューヨークのソール・ライター財団の全面的な協力を得て、同財団所蔵の200点以上の写真作品(モノクロ、カラー)、絵画作品、その他貴重な資料を一堂に集め、天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と称されたライターの創造の秘密に迫る日本初の回顧展である。 父親はユダヤ教の聖職者ラビ。 1930年代 ニューヨークのタルマディカル・アカデミーで学ぶ。 1935年頃 初めてのカメラ・デトロラを母親に買ってもらい、写真を撮りはじめる。 1940年代 クリーヴランドにあるテルシェ・イエシヴァ・ラビニカル・カレッジで神学生となる。 1946年 神学に嫌気がさし同校を中退。 画家を志し移住したニューヨークで、表現主義の画家、リチャード・プセット・ダートと出会ったことで写真への関心が芽生える。 1951年 『ライフ』誌にモノクロ写真のフォトエッセイ<The Wedding as a Funeral>が掲載される。 1953年 ニューヨーク近代美術館で開催された展覧会『Always the Young Strangers』の出品作品に選ばれる。 1957年 『エスクァイア』誌のアートディレクター、ヘンリー・ウルフがソール・ライターにファッション写真の撮影を依頼。 1960年代-80年代 『ハーパーズ・バザー』をはじめ『エル』『ショウ』『ヴォーグ(英国版)』『クイーン』『ノヴァ』各誌のためにファッション写真を撮影。 1981年 ニューヨーク5番街にあった商業写真用の自分のスタジオを閉める。 1994年頃 カラー写真制作のためイルフォードから資金提供を受ける。 2006年 ドイツの出版社シュタイデルが初の写真集『Early Color』出版。 ミルウォーキー美術館でカラー写真による初の個展「In Living Color: Photographs of Saul Leiter」開催。 2008年 パリ、アンリ・カルティエ=ブレッソン財団で「Saul Leiter」展開催。 2009年 ニューヨークのクノードラー・ギャラリーで30年にわたって制作された絵画作品の初の展覧会「Saul Leiter Paintings」開催。 2012年 トーマス・リーチ監督によるドキュメンタリー映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと(原題:In No Great Hurry 13 Lessons in Life with Saul Leiter)」製作。 2013年 11月26日、ニューヨークにて死去。 享年89歳。 2015年 ソール・ライターの作品を管理する目的でソール・ライター財団創設。 大宮エリー(おおみや・えりー)プロフィール 主な著書は、『生きるコント』(文春文庫)、失笑エッセイ『なんとか生きてますッ 』(毎日新聞出版)、心の洗濯ができる写真集「見えないものが教えてくれたこと」(毎日新聞出版)。 現在、「サンデー毎日」にて連載を担当。 また、近年では画家としても活動。 小山登美夫ギャラリーから絵画展『EMOTIONAL JOURNEY』『painting dreams』を発表。 2016年十和田市現代美術館にて、『sincerely yours』を開催。 2017年は福井県 金津創作の森にて個展を開催。 4月22日から6月11日まで。 その他、ラジオパーソナリティを務めるなど幅広く活躍中。

次の