門田 隆 将 twitter。 世界が地獄を見る時 / 門田 隆将/石 平【著】

『記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞』門田隆将著

門田 隆 将 twitter

Contents• 門田隆将の本名や経歴は? 門田隆将とはどんな方?・・・ 名前:門田隆将 かどたりゅうしょう 本名:門脇 護(かどわき まもる 1958年6月16日生まれ 高知県安芸市出身 中央大学法学部政治学科卒業 土佐中学・高校卒業 1982年4月 新潮社入社 『週刊新潮』に配属 酒鬼薔薇事件で被害者遺族の手記を発掘 2008年4月 新潮社を退社し独立 「受賞歴」• 2005年 ミズノスポーツライター賞優秀賞• 2010年 文化庁芸術祭ドラマ部門大賞(原作)• 2010年 ATP賞テレビグランプリ・ドキュメンタリー部門優秀賞(原作)• 2010年 山本七平賞• 2012年 文化庁芸術祭ドラマ部門優秀賞(原作) 門田さんは、週刊新潮時代は、特集班のデスク として18年間もの長きに渡って 政治、経済、歴史、司法、事件、スポーツなど さまざまなジャンルにおいて800本にも およぶ特集記事を執筆しました。 この引き出しの多さには 尊敬の念をこめてビックリしますね! 門田さんは独立するときに それをきっかけにして本名での執筆に 切り替えようとしたのですが、 なにしろ出版社側がこぞって 「門田隆将」での執筆継続の要請を したそうで、であればそのまま 「門田」のままで! といった経緯で執筆続けているんだとか。 スポンサーリンク 門田隆将の年収は? 門田さんはジャーナリストや 作家活動もされていて、 常に多岐にわたるジャンルでの 情報発信をされています。 門田さんの著書を見たんですが 政治経済はもちろんですが スポーツについてもいろいろと 執筆されているんですね。 幅の広さが凄いなぁと思います。 例えばこの本、 『あの一瞬』などは、スポーツ界での 様々な競技から歴史に残る名勝負と 言われる戦いの勝敗を分けた一瞬について 描かれていますね。 ・重傷を負いグラウンドに立てないサッカー日本代表 のキャプテンがまとめあげたチーム ・松井5敬遠で非難を浴びた明徳義塾ナインの結束 ・細胞が立つ程の減量に耐え、不利をひっくり返した ファイティング原田などなど・・・ そして、気になる年収ですが、 作家の印税やテレビにも頻繁に出演 されているようですし、 それ以外にも講演会もかなり行っていて 情報発信力に優れている方ですね。 そうなると、本の印税や講演会料、 それ以外にテレビ出演などもかなり お呼ばれされているので 年収は数千万円は下らないでしょうね。 講演会や評判は? 門田さんの講演会もいろんなテーマを お話ししているようですよ。 cgi この中でも、「新聞・雑誌ジャーナリズムの舞台裏」の 講演テーマなんかは、個人的に興味があるんで 聞いてみたい感じですね。 実際に現場を見ている 門田さんですから、生のマスコミの舞台裏が 垣間見えるんじゃないでしょうか? 門田さんの講演会は評判もいいようで 満席になっているようですね。

次の

門田隆将 おすすめランキング (130作品)

門田 隆 将 twitter

門田隆将(かどた・りゅうしょう) 1958年、高知県生まれ。 中央大学法学部卒業後、新潮社に入社。 週刊新潮編集部で18年間、特集班デスクを務める。 2008年独立。 『この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』で第19回山本七平賞受賞。 『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の500日』など著書多数。 命を落とした福島民友新聞の若手記者の存在が本書を執筆するきっかけになった。 門田隆将さんは東日本大震災の津波取材で仲間を喪った記者たちと自身の歩みを重ねて語った。 「災害が起きれば現場に向かうのが記者の仕事。 私が週刊誌の編集者時代に雲仙普賢岳の火砕流で同じ会社のカメラマンが亡くなった。 仲間を喪う衝撃は身をもって知っていましたから」 本書は津波と原発事故に直面しながらも「紙齢をつなぐこと」にこだわる地方紙の姿を描いたノンフィクションだ。 物語の中心は地震直後の記者たち。 彼らは本能に突き動かされ、人の流れに逆らって海に向かった。 津波から逃げる老人と孫を目撃した記者はとっさにカメラに手を伸ばした結果、救助するタイミングを逃す。 自らも死の危機に瀕しながら「見殺しにした」と自責する。 そんな記者たちの姿がありのまま記録される。 「当事者の証言と真実だけを積み重ねた」と門田さんはいう。 「記者たちは故郷と仕事を失いかけて、心も崩れかけた。 でも彼らはそこに耐えた。 命をかけて津波に向かった記者たちは、新聞界の宝だと感じました」。 門田さんがノンフィクション作家として独立したのは6年前。 「戦時中に毅然と生きた人々の証言を記録できる最後の機会」と考えたからだ。 以来、戦争や事件、スポーツなど幅広いテーマを手がけて多くの読者の共感を呼んできた。 わずか3年前の出来事である。 苦難に立ち向かう人たちが体温を持った身近な存在として浮かび上がり、読む人を勇気づける。 たとえばそれは一昨年に刊行した『死の淵を見た男』に登場する福島第一原発の吉田昌郎所長をはじめとする原発作業員たちの姿だ。 「プラントエンジニアとして原発で働く地元の男たちが、家族を、地元を、そして日本を守るために現場に残って危険を顧みずに闘ったんです」 でも、と門田さんは続ける。

次の

ニコニコ大百科: 「産経新聞」について語るスレ 1981番目から30個の書き込み

門田 隆 将 twitter

Contents• 門田隆将の本名や経歴は? 門田隆将とはどんな方?・・・ 名前:門田隆将 かどたりゅうしょう 本名:門脇 護(かどわき まもる 1958年6月16日生まれ 高知県安芸市出身 中央大学法学部政治学科卒業 土佐中学・高校卒業 1982年4月 新潮社入社 『週刊新潮』に配属 酒鬼薔薇事件で被害者遺族の手記を発掘 2008年4月 新潮社を退社し独立 「受賞歴」• 2005年 ミズノスポーツライター賞優秀賞• 2010年 文化庁芸術祭ドラマ部門大賞(原作)• 2010年 ATP賞テレビグランプリ・ドキュメンタリー部門優秀賞(原作)• 2010年 山本七平賞• 2012年 文化庁芸術祭ドラマ部門優秀賞(原作) 門田さんは、週刊新潮時代は、特集班のデスク として18年間もの長きに渡って 政治、経済、歴史、司法、事件、スポーツなど さまざまなジャンルにおいて800本にも およぶ特集記事を執筆しました。 この引き出しの多さには 尊敬の念をこめてビックリしますね! 門田さんは独立するときに それをきっかけにして本名での執筆に 切り替えようとしたのですが、 なにしろ出版社側がこぞって 「門田隆将」での執筆継続の要請を したそうで、であればそのまま 「門田」のままで! といった経緯で執筆続けているんだとか。 スポンサーリンク 門田隆将の年収は? 門田さんはジャーナリストや 作家活動もされていて、 常に多岐にわたるジャンルでの 情報発信をされています。 門田さんの著書を見たんですが 政治経済はもちろんですが スポーツについてもいろいろと 執筆されているんですね。 幅の広さが凄いなぁと思います。 例えばこの本、 『あの一瞬』などは、スポーツ界での 様々な競技から歴史に残る名勝負と 言われる戦いの勝敗を分けた一瞬について 描かれていますね。 ・重傷を負いグラウンドに立てないサッカー日本代表 のキャプテンがまとめあげたチーム ・松井5敬遠で非難を浴びた明徳義塾ナインの結束 ・細胞が立つ程の減量に耐え、不利をひっくり返した ファイティング原田などなど・・・ そして、気になる年収ですが、 作家の印税やテレビにも頻繁に出演 されているようですし、 それ以外にも講演会もかなり行っていて 情報発信力に優れている方ですね。 そうなると、本の印税や講演会料、 それ以外にテレビ出演などもかなり お呼ばれされているので 年収は数千万円は下らないでしょうね。 講演会や評判は? 門田さんの講演会もいろんなテーマを お話ししているようですよ。 cgi この中でも、「新聞・雑誌ジャーナリズムの舞台裏」の 講演テーマなんかは、個人的に興味があるんで 聞いてみたい感じですね。 実際に現場を見ている 門田さんですから、生のマスコミの舞台裏が 垣間見えるんじゃないでしょうか? 門田さんの講演会は評判もいいようで 満席になっているようですね。

次の