初恋 の 先生 が ダチ 共に コミック シーモア。 [こけし☆メン‏] 初恋の先生がダチ共に寝取られるまで www.cygnus.com

女性マンガ レディースコミックの作品一覧|【コミックシーモア読み放題ライト】漫画・電子書籍ストア国内最大級

初恋 の 先生 が ダチ 共に コミック シーモア

思わずゾクッ!! 女の本音コミック『家庭サスペンス』Vol. 1上>特集『SNS地獄』いまや生活に必須の文化になってきたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。 友人との交流や新しい出会いを見つけることができる楽しいツールだが、使い方を誤ると…!? トラブル・炎上・悲劇に見舞われる女たち!! 私、高岡絵里は、その当時ここのスナックで働いていた。 ママの男はしょっちゅうお金をせびりに来る。 そんなママを助けて、ママの男を軽くあしらったのが辰巳だった。 ママの知り合いだった辰巳との出会いは、この夜が初めてだった。 いい男、なんだか懐かしいような…。 2人きりで海へ行くことになったけど、すんなりOKしてしまった。 海の家で「奥さん」と呼ばれた。 それだけ違和感の無い2人に見えるのかしら?出会ったばかりなのに。 ビキニ姿の私を辰巳は「かわいい」と言ってくれ、強引に抱き上げて海に連れて行った。 こんな男、初めてよ。 辰巳の愛撫は巧みで、男のモノは逞しく、私を貫いた。 予感がした。 この人と結婚する。 今年42歳、友達との話題は『健康』のことばかり。 もうしばらく生理がないのも『更年期障害』かな…なんて思ってたのに、妊娠なんて!! 産む決断をした母、しかし、それぞれ問題を抱える夫と子供たちは非協力的で…。 団らんなどすっかりなくなってしまったバラバラ家族に巻き起こる嵐と再生をあたたかな筆致で描く表題作『42歳で産みます』。 ストーリーテラー宮島葉子の人間愛を優しく織り上げた傑作選!! 電車の中で、道具を使い女を絶頂に導く研究者達。 彼らが調べているのは、絶頂時の女のアソコから溢れる液体の成分だった! ?一方会えばSEXだけの不倫の彼氏に、潮時を感じていた絵衣子。 電車の中で研究者達に襲われたところをハーフの青年実業家、ジョージ華崎に助けられ、彼の所有する島にクルーズすることに。 当然のように絵衣子はジョージに惹かれ、激しく情熱的なSEXを満喫する。 彼の指が、舌が、逞しいモノが、絵衣子のアソコを愛撫し出入りする度に、絵衣子はおびただしく濡れていく。 「あああ…ジョージ…」絵衣子に気付かれぬよう、試験紙をアソコに押し当てるジョージ。 彼も研究者達の仲間だったのだ。 そして彼の島は、ある実験場だった!

次の

[こけし☆メン‏] 初恋の先生がダチ共に寝取られるまで www.cygnus.com

初恋 の 先生 が ダチ 共に コミック シーモア

とあるきっかけで世界史の教師・伊藤と話すようになった、高校2年生の島田響。 伊藤の高い背や大きな手、校庭のベンチで寝入っている無防備な姿や、意外と面倒見の良いことなど、先生のことを知るたびに、響は心惹かれていきます。 「先生、聞きたいことがあるんです。 好きになってもいい?」 思い立ったらすぐに行動に移せるフットワークの軽さと、自分の気持ちにまっすぐでいられる素直さを併せ持つ響は、とても魅力的な女の子。 一方の伊藤は、良識を持った大人で、 「オレなんか好きになって17歳から20歳位の女としていちばんいいときムダにするこたねえよ」 と、響をいち生徒として扱います。 しかし、ピュアな響の懸命なアプローチが、恋愛のトラウマで臆病になっていた伊藤の心を動かし、2人は少しずつ心を通わせていきます。 教師と生徒として出会ってから、響が学校を卒業するまでを描いた本作。 付き合っていくうちに、先生と生徒の恋愛の難しさを実感し、互いの立場に悩んだり、立ちはだかる障害にくじけそうになったりしながらも、覚悟を決めて乗り越えていく2人の姿に胸を揺さぶられる作品です。 本作は、先生と生徒のコミカルな日常生活と、ほのぼのした恋愛模様に癒される作品です。 塩田先生は長身でメガネ、頭はボサボサで身なりに頓着しない、ちょっとだらしない男性。 国語教師らしく知識が豊富で、学校の廊下で「キスしようか」と雨井ちゃんを真っ赤にさせる冗談を言うような茶目っ気も持ち合わせています。 一方の雨井ちゃんは、サラサラストレートヘアの釣り目の美少女。 成績優秀の上に料理上手で、一見しっかり者に見えますが、先生へ思いが強すぎていつも暴走気味。 先生がモテるのがイヤという理由で、先生の髪の毛を鷲掴みにして抜きハゲさせようとしたり、太らせようと画策したり、見た目に反して過激なところがあります。 「先生のせいで私 ちょっぴり おかしくなっちゃったんです」 と、にっこりと笑う雨井ちゃんの独特な愛情表現に、若干引きながらも「悪くないな」と思ってしまう塩田先生は、やっぱりお似合いの相思相愛カップルです。 もちろん、過激な愛情表現だけでなくキュンとさせるエピソードも。 先生の家でゴキブリに遭遇し、号泣する雨井ちゃんをギュッと抱きしめ、 「頼むからもう泣かないでくれ オレはゴキブリなんかよりお前の涙の方がよっぽど苦手だよ」 と、こちらが赤面してしまうほどのストレートな言葉。 いつもは飄々としている先生が、この時ばかりは大人の包容力を見せつけ、カッコよく見えるのだからニクイのです! コミカルも、胸キュンも、どっちも楽しい作品です。 じれったくて、ヒリヒリ痛い恋愛漫画です。 中学3年生の黒岩晶は表情の変化が少なく、何を考えているか分からない少年。 ある時、自分が担任教師の末永聖に対して、「かわいい」と思うの当時に、「イライラする」という相反する感情を抱いていることに気づきます。 クラスメートにそれは恋だと言われ、戸惑う晶ですが、そこから不安定な思春期少年の不器用な恋が始まります。 聖に「女の子みたいにキレイな顔してるわね」と言われて、思わず彼女の頬を平手打ちしてしまった晶は、自分の気持ちをうまく整理できずにいました。 一方の聖は、晶の突然の行動の意味が分からず茫然としますが、自信がないながらも教師として彼を理解しようと本で調べたり、相談にのろうと話しかけたりします。 しかしその本心は、突然攻撃的になったり、突然「嫌わないで」と泣いたりする晶に、心をかき乱され、落ち着かないのでした。 「先生 ぼく 先生のこと 好きに なっちゃいました…」 遠距離交際中の婚約者がいる聖にとっては、生徒であり中学生である晶は恋愛対象外ですが、いつも自分に関わってきて、何をしてくるか分からない彼を放っておくことはできず、やがて2人は先生と生徒以上の親密な関係になっていきます。 2巻では、物語の舞台は一気に高校へ。 中学生のある夜、大人に引き離された聖と晶の人生が、再び交わろうとしていることが示唆されます。 この先の展開から目が離せない注目作です。 好きな人には必ずフラれ、目下7連敗中の女子高生・佐丸あゆ。 そんな彼女の前に現れたのは、臨時教師として赴任してきた弘光先生でした。 クールなイケメンですが、相手の気持ちにかまわず正論をズバズバ言ってしまう理論派の弘光を、最初は苦手に感じていたあゆでしたが、先生の面倒見の良さと優しい一面に惹かれていくのでした。 一度好きになったら猪突猛進のあゆは「あたし若いからこれからいっぱい成長します」「のびしろだらけです」とアピール。 恋愛に興味がないという弘光に「本当の恋を教えてあげます」とまで言い切ります。 そんなあゆはのまっすぐな想いに対し、弘光は、 「そこまで言うならいいよ俺をおとしてみなよ おちないから」 と俺様な宣戦布告。 これが2人の恋の始まりになりました。 理論派で俺様気質の弘光と、恋愛体質で感覚重視のあゆ。 全くタイプの違う2人の、コミカルなやり取りが本作の魅力。 あゆのおバカ加減に笑いながら、時折見せる弘光先生の優しさとあゆへの想いにキュンする、笑いもトキメキもたくさん詰まった作品です。 「めんどくさい」女子生徒たちに愛されるハーレム状態が羨ましい…!? 女子生徒と仲良くし過ぎて、恋愛になってしまうなんてもってのほか!という真面目一本の国彦が、癖の強い女子生徒たちに翻弄されるお話です。 教師と生徒の線引きをしっかり保とうとする国彦に対し、数美を始めとする女子たちは隙あらば壁を取っ払おうと迫ります。 好きだからこそ相手を構いたいし、構われたい。 ピュアでありながら、ひねくれた愛情表現を見せる「めんどくさい」彼女たちの愛情を、一身に受ける多幸感が味わえる作品です。 名門・椚ヶ丘中学校の3年E組は、あらゆる面において差別され、「エンドのE組」と言われる落ちこぼれクラス。 そこに新しい担任として赴任してきたのは、月の7割を破壊する恐るべき能力の持ち、来年3月には地球を滅ぼすと宣言している異形の生物。 3年E組の生徒たちは、地球滅亡を阻止するために、その生物を暗殺する任務を任されるのでした。 殺せない先生だから「殺せんせー」と、生徒たちは名付けます。 本作は、最高時速マッハ20の速度で動くことができ、生徒達の一斉射撃も簡単によけてしまう殺せんせーと落ちこぼれのレッテルを貼られた生徒の、絆と成長の物語です。 「生徒を暗殺者に育て上げる」という、異常な教育に見えますが、学校に見放されたE組の生徒たちは、1人1人をきちんと見てくれる殺せんせーに信頼を寄せていきます。 そんな殺せんせーが教鞭を取る3年E組は、個性豊かな生徒が集まっています。 かわいい顔をして天性の殺し屋の才能を持つ渚、頭脳明晰で暗殺スキルにも優れているカルマ、理科が得意で毒薬づくりに長けている奥田、主張は強くないがスナイパーとしてのスキルが高い千葉など、殺せんせーは「暗殺」を通して、 「才能の種類はひとつじゃない 君の才能に合った暗殺を探してください」 と、生徒の個性を伸ばし、勉強の大切さや社会で生きていくことを教えます。 暗殺の訓練に加え、学生らしく修学旅行や期末考査、特別夏期講習などで、学力・体力・応用力をつけながら、立派な暗殺集団へと育っていく生徒たち。 そして、ついにタイムリミットの卒業の日が。 主人公は、大学で生理学を専攻し、亜人に強い興味を抱く生物教師・高橋鉄男。 彼が教鞭を取る柴崎高校には、数が少なく、そう簡単に出会えないはずの亜人が、なんと4人もいたのでした。 1年生にバンパイアの小鳥遊(たかなし)ひかり、デュラハンの町 京子、雪女の日下部 雪の3人、そして教師にサキュバスの佐藤早紀絵。 亜人に詳しく、偏見を持たない高橋は、自分の存在や人間関係に悩む彼女たちの良き相談相手になるのでした。 「先生漫画」として本作を見ると、高橋の高いコミュニケーション能力が光ります。 理系出身とあって、考え方や話し方は実に論理的。 単なる慰めや励ましではなく、説得力に満ちた言葉が、亜人の少女たちの心を温めていきます。 「『亜人の性質』だけ見ていると個性を見失う 『人間性』だけ見ていると悩みの原因にたどり着けない」 彼女たちが亜人であることを念頭に置きながら、普通の人間としても捉える。 そのバランス感覚が、高橋の大人としての魅力。 朴訥なルックスもあいまって、亜人の少女たちは安心して胸に飛び込んでいけるのです。 巻が進むと、デュラハンの首と胴体は亜空間で繋がっているとか、この作品ならではの面白い考察も。 亜人ちゃん達の可愛さを堪能しつつ、知的好奇心も満足させてくれる作品です。 高校時代は湘南で最強の不良と言われ、大学時代は空手部の主将を務めた鬼塚英吉。 そんな彼が臨時教師として、名門私立・東京吉祥学苑に採用され、中等部の3年4組の担任をすることになります。 しかし、そのクラスは、去年1年で3人の教師を自殺未遂や登校拒否に追いこんだ超問題クラスだったのでした。 屋上から飛び降り自殺しようとした生徒をダイビングして受け止めたり、いじめを繰り返していた女子生徒たちを縛り付けたり、鬼塚のやることは先生「らしく」なく、破天荒。 時には、不良に襲われ助けを求めてきた生徒を指導するため、あえて不良側についたりもします。 生徒たちに責任感を教え、本当にピンチになった時に、体を張って助けるのです。 決して生徒を見捨てず、1人1人が抱える問題と向き合う鬼塚は、徐々に信頼を得ていきます。 クライマックスでは、教師を憎んできた3年4組の問題の根源にも立ち向かっていきます。 」と答えた鬼塚。 でも、鬼塚の教師生活は続いています。 普段は黒い手袋をしている左手は強力な鬼を封印した「鬼の手」で、生徒を悪霊から守る時、絶大な力を発揮します。 ぬ~べ~は生徒を守るため、悪霊が起こす様々なトラブルに立ち向かいます。 普段のぬ〜べ〜は、バカなことをやったり、思い人の律子先生にフラれたり、いつも金欠だったり、お世辞にもかっこいいとは言えません。 しかし、生徒の悩みに耳を傾け、適切なアドバイスをする、頼りがいのある一面も。 努力が報われなくて落ちこみ、一生懸命にやらなければ、こんな思いをしなくてすむと考える山口晶に、 「人間若い時に流さなかった汗は 年をとってから涙になるぞよ!」 と冗談めかしてアドバイスするなど、含蓄のあるセリフもしばしば。 そんなぬ〜べ〜の最大の見せ場は、なんといっても悪霊とのバトルシーン! いくら自分が傷つきようが、生徒を守るために捨て身で戦います。 「生徒たちの『ありがとう』と『大好き』これが俺の力の源なのさ」 と語るぬ~べ~は、強くてかっこいい最高の教師です。 現在、続編であるが連載中。 37歳になったぬ〜べ〜が、新人教師となったかつての教え子・稲葉郷子とともに活躍するシリーズです。 ちなみにぬ〜べ〜の外見はほとんど変わっていません(笑)。 こんな先生ってあり!? しかし、本人が言うには「やりたいことしかできない病」(略してYD)にかかっているということで、興味のあることしかやろうとしません。 そんな兄を見かねた妹が、高校の非常勤講師の仕事を見つけたことから、鑑の教師生活が始まるのでした。 オタクであることを活かして、生徒を指導していくのが、鑑のやり方。 新任早々、彼はクラスの全員に携帯ゲームをプレイさせます。 そして、そのゲームを通して、生徒1人1人の個性とクラスの人間関係を把握していきます。 鑑の生徒教育の核にあるのは、やりたいことだけをやるという自らのモットー。 最初に務めた学校はすぐに解雇されてしまうのですが、最後に生徒に送ったメッセージが強烈です。 「ルールなんか守ってて、社会で通用すると思うなよ。 」 「自分だけの武器を磨け。 自分だけのルールで生きろ。 そして現実に自分のルールを認めさせろ。 そうすれば未来は、お前達のモノだ。 」 鑑ならではの自由な発想が、規則やカリキュラムに縛られた生徒たちの意識を変えていきます。 解雇された鑑は、すぐに別の学校に教師としてスカウトされ、再び教師としての生活がスタート。 天才児が集まり、生徒間に明確なヒエラルキーが存在するエリート校を舞台に、彼の新たな指導が始まります。 自分勝手なのに慕われる!? そんな教師が活躍する本作は、ブログ「女に惚れさす名言集」など、人間観察に長け、どこかイラっとしてしまうキャラを描かせたら右に出る者はいない、地獄のミサワ先生の作品です。 本作でもその魅力が随所で発揮されています。 私立飲み水学園に赴任してきた新任教師・米澤。 本当はラグビー部の顧問になって、不良から慕われる教師になりたかったのですが、漫画部の顧問に任命されてしまいます。 漫画部は3年生から1年生まで1人ずつの小所帯で、3人とも個性が際立つ、クラスのはみ出し者揃い。 中でも、調子に乗ってすぐ嘘をつく2年生のシンドウアオイ(本名は山田練り代)は、米澤にとっては格好のからかい相手に。 しかし、シンドウがクラスでいじめられている現場で、 「お前ら…やっていいことと悪いことがあるだろ…複数人でよってたかって…!米澤はなぁ! 罪悪感抜きで人をバカにしたいんだよぉ! そんなみんなでやってたら 米澤がバカにする時に嫌な気持ちになるだろー!! 」 と絶叫。 教師らしからぬ言葉ですが、この騒動をきっかけに、シンドウはクラスに徐々にとけ込んでいくのだから不思議です。 自分勝手に生き、生徒を思う存分からかいの対象にしながらも、結局のところ悪い事態を好転させていく。 そんな不思議な先生は、なかなかお目にかかれません。 先生と生徒のリアルな「ヒューマンドラマ」を描いた漫画3作 生徒から尊敬され、手本となる教師ですが、先生も日々悩みながら生徒と向き合っています。 学校や社会で起きている現実的な問題を真っ向から描き、リアリティあふれる先生と生徒の「ヒューマンドラマ」を描いた3作品をご紹介します。 一見普通に見えるクラスですが、中学生の精神は複雑で、日々様々な事件が起こります。 鈴木はクラスで起きたいじめ問題や生徒が抱える家庭の問題、中学生の性行為に関する問題など、センシティブな問題に真っ向から立ち向かっていきます。 本作の大きな特徴は、わかりやすい不良ではなく、内面に問題を抱えるごく普通の生徒が物語の中心になっているということ。 いわゆる問題児の更正をやってのければ名教師として株が上がる… そんなわかりやすい成果をあげることを第一にすることに反発心をもっている と、自らの信条を語る鈴木。 このセリフは、学生時代、普通の生徒だった大多数の読者には納得できるものではないでしょうか。 鈴木は、普段から生徒たちの小さなシグナルに気付き、事件を未然に防ぐことの重要性を認識しています。 そしてその言葉の通り、鈴木は生徒の些細な変化や悩みに目を光らせ、真摯に向き合っていきます。 また、中学生たちの性に関するエピソードも注目せずにはいられません。 真剣な気持ちで小学生と性交渉を持った男子生徒や性に奔放な女子生徒など、思春期の生徒たちが起こす性の問題に対し、生徒やその親たちと共に悩みながら、これからどうしていくべきか解決策を探っていきます。 生徒たちの話と同時に、人気投票で最下位になりノイローゼ気味になってしまった先生など、教員側のドラマも描かれ、学校は人間と人間がぶつかり合う場所であることが浮き彫りになります。 教師という職業の苦労と、大変さの先にある生徒たちの成長が感じられることへの喜びも、同時に味わえる本作。 本編のエピソードを補完したり、別のキャラクターの視点から捉え直したりしたも、合わせてどうぞ。 数々の若者との交流をまとめた著作を、やの土田世紀先生が漫画化した作品です。 常に苦悩する若者の立場に立ち、若者のために行動する水谷先生ですが、本作の最初の1編「ブランコ」は、先生の失敗の物語です。 母子家庭で育ち、貧困といじめの中で、暴走族に入り、薬物に手を出したマサシ。 先生は彼の更正に全力で力を貸しますが、先生ではなく薬物中毒の専門病院を頼ろうとしたマサシに対して憤りを感じ、一度突き放してしまうのでした。 その結果、マサシは命を落としてしまいます。 病気を愛の力で治そうとした先生の初めての挫折。 愛や根性は時として相手を苦しめることになると気付いた先生は、マサシの死への後悔を胸に刻み、若者の更生のためにぶつかるのではなく、心を開いてくれるまで気にかけそっと傍にいるのでした。 「よくここまで生きてきたな。 」 と、若者の頭を撫でる水谷先生の姿には、どんなに辛い思いをしても死なないでいてくれた彼らへの感謝の気持ちが満ちています。 土田先生の絵は濃密であるとともに、優しい空気感に溢れていて、悲劇で終わることも少なくないエピソードに、慈しみを加えます。 先生と薬物中毒の少女との手紙のやり取りが描かれた特別編も併せて読みたいところ。 家庭環境、貧困、薬物という現代的な社会問題を考えるきっかけになる作品です。 てぃ先生は現役の保育士で、園児たちとの面白いやり取りを綴ったTwitterが人気です。 漫画版のエピソードは、てぃ先生のツイートをもとに描かれています。 てぃ先生と子どもたちの日々はほのぼのして、心がほっこりするエピソードがたっぷり。 特に、子どもたちは名言の宝庫です。 段ボールで剣を作った男の子に誰をやっつけるの?と尋ねると、 「誰をやっつけるんじゃない!だれをまもるかだ!! 」 また、どうしたら大人になれるのかという問いに対して、子どもが、 「「こどもになりたい」とおもったらじゃない?」 とサラリ。 無邪気な子どもらしさもありながら、時に大人以上に現実を知っているのではないかと思ってしまうほどの深みのある発言も飛び出します。 中には恋愛絡みのエピソードも。 「こいばな」に花を咲かせる2人の女の子は、「まなぶくんはぁ しずかなのにサッカーうまいから ギャップもえだよねぇ」「わかる わかるぅ」と、10代女子のような会話が。 彼女なしのてぃ先生は園児たちの格好のネタで、 「つたやで かのじょかりれば!? 」 と言われることもあり、幼い子のマセっぷりに笑ってしまいます。 子どもの発言がかわいくてキュンとしたり、逆に大人っぽくてハッとしたり、感受性の豊かな子どもたちに驚かされる本作。 無邪気な子どもたちに癒される作品です。 最後に 大人になっても人に何かを教わる機会はありますが、年の離れた大人の先生と未成年の生徒の関係性は、子ども時代にしか経験できない特別なもの。 今回は、3つの切り口で先生漫画をご紹介しましたが、それぞれ個性的な先生たちの教えには、きっと人生への答えがたくさん隠されているはずです。 憧れの先生や学生時代を思い出してみたり、先生のアツさに刺激を受けたり、先生の苦労に想いを想像してみたり、先生や学生時代に馳せてみてはいかがでしょうか?.

次の

[こけし☆メン‏] 初恋の先生がダチ共に寝取られるまで www.cygnus.com

初恋 の 先生 が ダチ 共に コミック シーモア

JavaScriptが無効です。 JavaScriptを有効にしてください。 『 初恋の先生がダチ共に寝取られるまで』止めたいのに止められない。 不良達のリーダーである久保将也は学校の女教師・西野由莉佳に淡い恋心を抱いていました。 しかしある出来事をきっかけに、由莉佳が他の生徒達にエッチな目にあわされるのを、将也は見せられてしまうのでした…。 止めたいのに止められない、もどかしい気持ちで一杯になる、とってもエッチな寝取られ作品です。 それでは、あらすじとともに作品をご紹介していきます。 紹介作品 愛液溢れる秘所にぬるぬると吸い付く唇…乳首をこねられて漏れる喘ぎ…俺の目の前で…惚れたセンコーが堕とされていく… 初恋の相手は学校の女教師 主人公の久保将也はケンカが強く、不良達のリーダー的存在です。 将也率いる不良グループは授業中にもかかわらず騒いでいました。 「こら、そこ!!静かにしなさい!!」不良達にひるまずに注意したのは、先生の西野由莉佳でした。 他の先生達は怖くて何も言わない中、由莉佳だけは将也達を叱ることができます。 将也はそんな由莉佳に惹かれていました。 盗撮犯を見つけた不良達は 由莉佳がかがんだ際にパンツが見えそうになり、将也は「無防備すぎんだろ…」と思います。 そのとき、将也はスマホで由莉佳の下着を盗撮していた男子生徒に気がつきました。 授業が終わった後、将也達は盗撮していた男子生徒・青田を屋上につれていき、懲らしめようとします。 「な、何やってるの!!」そこに現れたのは由莉佳でした。 将也は青田が由莉佳のパンツを盗撮していたから、注意していると話します。 由莉佳は戸惑いますが、「だ、だからって暴力はダメよ」と将也をたしなめます。 由莉佳は間違いを犯した生徒を正しい方向に導くのが、教師の役目だと語るのでした。 先生が生徒の性欲解消!? 「だったらさ、由莉佳センセがそいつの性欲を解消してやれよ」と不良の1人が提案します。 由莉佳はそんなことできるわけないと断りますが、不良達は由莉佳が無理なら、自分達が青田に犯罪に走らないように教え込むと話します。 将也は乗り気ではありませんでしたが、不良達の前では反対することはできません。 そして、由莉佳は「私が青田くんの性欲解消…手伝うから…、彼には何もしないって約束して」と受け入れるのでした。 生徒を守るために先生は… 不良達は由莉佳に手コキをするよう命じます。 由莉佳は生徒にこんなことをしてしまって良いのかと思いますが、生徒を守る為、青田の大事な部分を手で触り始めます。 しかし青田は緊張しているのか全然勃ちません。 将也は青田の為に由莉佳がそこまでする必要があるのかと心の中では思います。 「おっぱいでも見せてやったほうがいいんじゃね」不良達は由莉佳の服を脱がし、胸を露わにしました。 由莉佳は不良達に胸を揉みくちゃにされてしまいます。 将也はそれを黙って見ていることしかできませんでした。 先生は処女!? 「由莉佳センセぇ…、なんか垂れてきてね?」不良達の行動はエスカレートしていき、ついに由莉佳の大事な部分を触り始めました。 「やめてっ」と口では否定する由莉佳でしたが、体は感じ始めてしまいます。 「このまま最後までさせちまおうぜ」不良達は由莉佳と青田にセックスをさせようとしました。 「そんなコト軽々しくできるわけないでしょ!!」と由莉佳は強く拒否します。 その反応を見た不良達は、由莉佳は処女ではないかと聞きます。 それに対して由莉佳は「そ、そうよ悪い!?」と答え、処女であることを認めるのでした。 止めたいのに止められない 「おい」将也は不良達に声をかけます。 不良達から「やりすぎ…とか言わないッスよね…?」と聞かれ、将也はここで止めたら不良達は納得しないと思います。 そこで将也は由莉佳に痛がられたら萎えると言って、青田に由莉佳の大事な部分を指でほぐすように命じます。 由莉佳は「こんなの気持ちよくなっちゃだめなのにっ…」と思いつつも感じてしまいます。 その姿を将也は見ていることしかできないのでした…。 今回ご紹介するのはここまでです。 青田と不良達に由莉佳が犯されるのを、本当は止めたいと思いつつも止められない将也。 生徒と淫らな行為をして感じてはいけないと思いつつも、気持ち良くなってしまう由莉佳。 2人の考えと行動の不一致がもどかしくもあるのですが、同時に背徳感が増されて、とてもエッチな状況になっています。 由莉佳はこのまま処女を奪われてしまうのか?将也は初恋の人が犯されているところを、このままただ見ているだけなのか?続きが気になります。 作品に興味を持たれた方は、コミックフェスタで配信中の『初恋の先生がダチ共に寝取られるまで』を是非ご覧ください。 紹介作品 愛液溢れる秘所にぬるぬると吸い付く唇…乳首をこねられて漏れる喘ぎ…俺の目の前で…惚れたセンコーが堕とされていく….

次の