生島 企画 室。 生島企画室が「一挙に3人輩出」で女子アナの新たな登竜門に

大物続々所属の生島企画室 生島ヒロシ会長が小林麻耶に期待「ただのアイドルアナウンサーではない」

生島 企画 室

「タレントの佐久間みなみと渡辺渚はフジテレビ、紅葉(くれは)は静岡第一テレビに入社します。 佐久間は、12~16歳を米ペンシルベニア州で生活し、TOEIC945点のバイリンガル。 音楽と女優活動に取り組むかたわら、紅葉とともに静岡第一の番組でお天気コーナーを担当していました。 その紅葉は全国大会出場経験もある空手ガールで、得意技は裏回し蹴りという変わり種。 渡辺も『潜在能力テスト』(フジテレビ系)やラジオ番組のMCで活躍しており、いずれもルックスは抜群、即戦力の逸材です。 3人同時に局アナを輩出したことに事務所の会長で元TBSのアナウンサーの生島ヒロシも『望外の喜び』と語っています」(芸能記者) 生島は今年1月にアナウンサーを目指す大学生らを集め、『第1回生島トーク塾』を開講。 新型コロナ禍のため2回目以降は開催していないが、騒動が落ち着けば3人に続くアナウンサー予備軍を育てるつもりだと言う。 生島本人もプレーイングマネージャーとして、色々な局に出向き、頭下げて売り込んでいるため、必然、局との結びつきが強くなるのでしょう。 3人の女子アナが誕生したことで、アナウンサースクールに人を集めやすくなり、安定収入を得られる。 有望な人材は事務所に所属させるも良し、局アナに放流しておいて、フリーになった際に事務所に戻すも良し。 「女子アナへの登竜門」のイメージがつけば、生島企画室はしばらく安泰だろう。

次の

大物続々所属の生島企画室 生島ヒロシ会長が小林麻耶に期待「ただのアイドルアナウンサーではない」

生島 企画 室

「タレントの佐久間みなみと渡辺渚はフジテレビ、紅葉(くれは)は静岡第一テレビに入社します。 佐久間は、12~16歳を米ペンシルベニア州で生活し、TOEIC945点のバイリンガル。 音楽と女優活動に取り組むかたわら、紅葉とともに静岡第一の番組でお天気コーナーを担当していました。 その紅葉は全国大会出場経験もある空手ガールで、得意技は裏回し蹴りという変わり種。 渡辺も『潜在能力テスト』(フジテレビ系)やラジオ番組のMCで活躍しており、いずれもルックスは抜群、即戦力の逸材です。 3人同時に局アナを輩出したことに事務所の会長で元TBSのアナウンサーの生島ヒロシも『望外の喜び』と語っています」(芸能記者) 生島は今年1月にアナウンサーを目指す大学生らを集め、『第1回生島トーク塾』を開講。 新型コロナ禍のため2回目以降は開催していないが、騒動が落ち着けば3人に続くアナウンサー予備軍を育てるつもりだと言う。 生島本人もプレーイングマネージャーとして、色々な局に出向き、頭下げて売り込んでいるため、必然、局との結びつきが強くなるのでしょう。 3人の女子アナが誕生したことで、アナウンサースクールに人を集めやすくなり、安定収入を得られる。 有望な人材は事務所に所属させるも良し、局アナに放流しておいて、フリーになった際に事務所に戻すも良し。 「女子アナへの登竜門」のイメージがつけば、生島企画室はしばらく安泰だろう。

次の

生島ヒロシの妻(結婚相手)や息子の家族紹介!自宅は超豪邸?

生島 企画 室

所属タレント [編集 ] 2018年7月時点 アナウンサー・タレント [編集 ]• (会長、、元TBS)• (元)• (元)• (元)• (元契約キャスター)• (元)• (元所属の元キャスター)• 志田音々• (落語家の長女)• (フリーアナウンサー)• (元ほか)• (元所属)• (元)• (元NHKアナウンサー)• 平林玲美• 平山さとみ• (元)• (元)• タクトくん(動物ものしりシンガー) 文化人 [編集 ]• 氏家秀太• 木村泰司• 鈴木あきら• 宮田トオル• 渡邉賀子 俳優・女優 [編集 ]• 橘真由• (元) 業務提携 [編集 ]• 國光吟 施術師、小林麻耶の夫• 萱沼文子• (タレント)• 島田始(雑誌編集者、コメンテーターほか)• (野球評論家、元プロ野球選手)• 西めぐみ(ボイストレーナーほか)• (料理研究家)• (航空評論家)• (料理研究家)• (女優)• (女優)• (俳優)• (タレント) ほか 過去に所属・業務提携をしていたタレント・俳優ほか [編集 ]• 大橋ひかる• (元プロデューサー)• 鈴木由香• (元TBS、生島の局アナ時代の先輩に当たる)• 南彩子• (元専任講師、現講師)• 井戸美枝• (元)• (元)• (元)• (業務提携、元)• 白川めぐみ• 湊ちひろ• 長門石まお• 田中聖奈• (元)• (元長崎放送局契約アナウンサー)• (フリーアナウンサー、元)• 紅葉(現アナウンサー 太田紅葉) 脚注 [編集 ].

次の