マイナポータル このデバイス。 【マイナポータルAP】「このデバイスには備わっていない特別な機能が必要です」が表示される原因

マイナポータルとは何?どんなことができるの?

マイナポータル このデバイス

当初はマイナポータルAPが使えたタブレットでやろうとしたんですが、マイナポイントアプリはインストールできたものの、利用者クライアントソフトがインストールできないためマイナポイントの予約ができませんでした。 というわけでパソコンとICカードリーダライタでマイナポイントの予約をすることにしました。 パソコン動作環境と必要なもの マイナポイントを予約するには以下のパソコン動作環境と「マイナンバーカード」「ICカードリーダライタ」が必要になります。 OS Microsoft Windows 7,8. 1,10 がインストールされていること• ブラウザ Internet Explorer11 がインストールされていること• マイナンバーカード• 私はブラウザはファイヤーフォックスを利用しているのですが、マイクロソフト Edgeならまだわかるんですが、まさかインターネットエクスプローラーで予約するとは思ってもいませんでした。 パソコンでマイナポイントの予約する マイナポイント事業のホームページの「マイナポイントの予約方法」を開き、「パソコンの場合」の「インストール」をクリックします。 「マイナポイントの予約」をクリックしたいところですが、まずは予約のためのソフトウェアをインストールしなければなりません。 「マイキーID作成・登録準備ソフト」をクリックします。 「MKJSsetup. exe」というファイルをダンロードされるので、ダブルクリックしてインストールします。 インストール方法は別記事にて紹介しています。 インストールが終わったら先ほどのページを開き、「マイナポイントの予約」をクリックします。 ICカードリーダライタをパソコンにつなぎ、マイナンバーカードをセットして「次に進む」をクリックします。 以下はICカードリーダライタにマイナンバーカードをセットした状態です。 私はアイデンティブというメーカーの接触ICカードリーダーライター「CLOUD2700R」を使用しています。 カードの向きは機種によって違うので注意してください。 「次に進む」をクリックすると、以下の「個人番号カード ログイン」画面が表示されます。 公的個人認証 利用者証明用パスワードを入力します。 このパスワードは3回連続で間違えるとロックされ、市区町村窓口にて初期化が必要になります。 私はマイナンバーカードのパスワードを入力する際は以下の暗証番号記載票を手元に置いています。 こちらの票はマイナンバーカードを発行したときに市役所でもらったものです。 暗証番号名が記載されているので、それをきちんとチェックしています。 利用者証明用パスワードなら2回間違ってもワンチャンあるとか、そういう問題ではないです。 だって、ロックされたら役所まで行かないといけないんですよ! パスワードを入力し、「OK」をクリックするとマイキーIDが発行されます。 マイキーIDは、あとで変更できるようなので、とりあえず「発行」をクリックします。 「発行してもよろしいですか?」と聞かれるので「OK」をクリックします。 マイナポイントの予約 マイキーIDの発行 が完了しました。 環境に時間がかかっただけに予約自体はあっさり終わったのでびっくりしました。 プリントアウトする場合は「この画面を印刷」をクリックします。 「マイキープラットフォームトップへ」をクリックするとマイキープラットフォーム 利用者マイページのログイン画面が開きます。 こちらについては以下の記事にてまとめています。 環境さえ整っていれば簡単に終わります。

次の

【マイナポータルAP】「このデバイスには備わっていない特別な機能が必要です」が表示される原因

マイナポータル このデバイス

スポンサーリンク マイナポータルAPに対応しているiPhone一覧 iPhone 7以降の機種は、以下の12モデルです。 iPhone 7• iPhone 7 Plus• iPhone 8• iPhone 8 Plus• iPhone X• iPhone XS• iPhone XS Max• iPhone XR• iPhone 11• iPhone 11 Pro• iPhone 11 Pro Max• iPhone SE(第2世代) 上記の対応機種リストは、App Storeのアプリ詳細画面の下段にある情報セクション、互換性にて確認することができます。 マイナポータルで郵便番号が入力できない事例も Twitterでは上記対応機種の問題から、家族のiPhoneを借りて申請を試みる声も多いようです。 もし自身の端末では無く、家族の端末で申請をする場合、 事前にコンテンツブロッカーが設定されているかどうか確認することをお勧めします。 (アプリ、設定次第では申請画面の郵便番号欄が表示されません) コンテンツブロッカーを使用していると、郵便番号入力欄が表示されない場合があります。 詳しくは以下の関連記事を参考にしてください。 関連記事.

次の

内閣府ウェブサイトの常時暗号化による「https:」への切り替え

マイナポータル このデバイス

マイナポイントアプリを利用したかったんですが、パソコンとICカードリーダライタで予約することにしました。 マイナポイントアプリのインストール マイナポイント事業のホームページの「マイナポイントの予約方法」を開き、私の場合Android アンドロイド なのでGoogle Playをタップします。 マイナポイントアプリのページが開きました。 「インストール」をタップします。 「次へ」をタップします。 私は支払方法を指定したくないので「スキップ」をタップしました。 マイナポイントアプリのインストールが完了しました。 「開く」をタップします。 マイナポータルのときのように苦労なくあっさりとインストールできてしまいました。 「マイナポイントの予約 マイキーIDの発行 」をタップします。 マイナンバーカードをセットして「次へ進む」をタップします。 順調にマイナポイントの予約が進んでいます! はいっ!エラーきました~。 「エラー[MKCZ355E]利用者クライアントソフトのライブラリ読み込みに失敗しました。 利用者クライアントソフトのインストールを確認してください。 」だそうです。 利用者クライアントソフトのインストール 公的個人認証サービス ポータルサイトにて利用者クライアントソフトへのリンクがありました。 「Google Play」をタップします。 はいっ!「対応してない」きました~。 「お使いのデバイスはこのバージョンには対応していません。 」だそうです。 まあ、私のタブレットが対応の機種ではないのでしょうがないんですけどね。 というわけで、マイナポイントアプリはアンインストールです。 マイナポイントアプリは諦めて、パソコンとICカードリーダライタで予約することにしました。

次の