レクサスオーナーズ保険。 「レクサスオーナーズ保険・・・損したかな」うきちのブログ | FFスポーツ! たまに気合いで走ります! JCW楽しいなぁ!

レクサスNXの自動車保険の保険料は?車両保険と各種特約付きで3万円台した方法!

レクサスオーナーズ保険

年齢別保険料は、新車(現行モデル)、および2年落ちから5年落ち程度の中古車(初期導入モデルとマイナーチェンジ後のモデル)について、型式、車種、グレードごとにまとめました。 今回の見積もりでは「満期更新時、乗りかえのススメ」として、26歳、35歳、45歳、55歳、65歳それぞれ年齢別保険料を、大手代理店型自動車保険と通販型ダイレクト自動車保険で見積もり比較しました。 保険会社3社の見積もりを例に、乗りかえ時比較の効果を見てみましょう。 今回の「記名被保険者と補償内容の基本設定」は、本文の終わりにまとめております。 必要に応じてご確認下さい。 なお、本文中に記載の保険料は、あくまでも参考目安としていただき、契約時に必ず、実際の見積もりを集めて比較検討を行って下さい。 レクサスRX各車の満期更新時、新車中古車購入時、補償の付け方など、自動車保険選びの参考にお役立て下さい。 レクサス RXの年齢別保険料【新車】 今回の「レクサスRX」年齢別保険料は、「見積もりが安い!」と評判の「イーデザイン損保」にて、一般車両保険付き・車両なしでそれぞれ試算しています。 年齢の設定は、20歳、21歳、26歳、30歳、30歳~39歳、40歳~49歳、50歳~65歳、65歳~69歳、70歳~74歳と、それぞれの年齢別に試算を行い一覧表にまとめました。 ご覧の際は、該当する型式・グレードの列に表記されている、年齢別保険料を選び参考にして下さい。 グレードやオプションの違いにより車両保険金額が異なる場合でも、同一の型式なら保険料に大きな違いは生じないので、そちらを参考にして下さい。 また、新車購入から1年目2年目の車も、同じ型式のモデルならこちらの保険料表が参考になります。 最初の車検前後の車は、後述の「レクサスRX 年式別の年齢別保険料」をご覧下さい。 上記のグレードをベースに特別仕様車もありますが、型式と基本グレードを確認して下さい。 次の年齢別保険料表をご覧になる際は、該当する型式の保険料を参考にして下さい。 なお、該当車種の「型式別料率クラス」は、表の下に掲載しておりますので参考にして下さい。 保険料は、レクサスRXに限りませんが18歳から20歳までの基本の保険料率が軒並み高くなっています。 またRXは、高級車ゆえに車両クラスが一般的な乗用車と比べて2~3クラス高めに設定されることから、安い通販型ダイレクト自動車保険でも年間30万円前後の保険料になりました。 特にガソリンターボ4WD車の車両クラスは「7」となっているため、国内外のライバル車より1~2クラスほど高く、保険料から見た場合には若干維持費の高い車ということになります。 今回20歳ドライバーの等級は、無事故で3年目の更新契約を想定し8等級(-40%)で見積もりしましたが、21歳9等級まで進むと保険料はグンと下がります。 その後も順調に無事故で更新していくと、35歳までには最高等級の20等級に達し、もっとも安い保険料で契約が可能になります。 イーデザイン損保の場合は、26歳から低価格の保険料水準が64歳まで続きますが、70歳を超えると35歳時の保険料と比べて約1. 5倍の保険料になります。 今回見積もりしたイーデザイン損保の保険料は、概ねダイレクト自動車保険の平均額を下回りますが、各年齢層の最安値というわけではありません。 契約者それぞれの保険料は、運転者の年齢やノンフリート等級、運転者範囲、補償内容など、条件ごとに異なります。 したがって「この保険会社が1番安い!」とは断言できないのが今の自動車保険の現状ですから、実際の契約時には、いくつかの保険会社の見積もりを集め、補償内容も含めてしっかり比較検討を行って下さい。 そこで、後述する「更新時の保険乗りかえ見積もり比較」では、26歳、35歳、45歳、55歳、65歳、それぞれの年齢で3社比較を行っています。 更新時の乗りかえを検討している人は、そちらも参考に検討を進めて下さい。 新車のRXで対象になる割引と適用条件 自動車保険は、新車登録時から一定期間適用になる割引があります。 新車時のみの主な割引は次の3つです。 具体的には、「保険開始日が車の初度登録年月から25ヶ月以内の契約」と定められているので、保険の開始日が登録から30日以内であれば、1年目から3年目の契約まで適用になるので最大3年間割引が受けられます。 保険会社により期間や割引率の規定が異なる場合があるので、見積もり時に確認しましょう。 対象車種、取り扱いの有無は、保険会社により異なるので見積もり時に注意して確認しましょう。 エコカー割引は、保険会社ごとに適用期間も異なり、初度登録年月より13か月以内、25か月以内などがあり、対象車種が異なるなど、保険会社ごとに規定が異なるので見積もりを取る際に必ず確認しましょう。 ASV割引の適用には、以下の2つの要件を満たす必要があります。 したがって現在販売中(2019年)の新車では、RX450h(7人乗)のみASV割引の対象になっています。 残念ながらレクサスRXの場合、ほとんどのグレードがASV割引の対象外です。 しかし、すべてのグレードで予防安全運転装置、衝突安全装置の装備が充実しており、安心して運転できる車としてすべてのドライバーにおすすめできる1台になっています。 毎年見直される!RXの型式別料率クラス 型式別料率クラスのアップダウンは、毎年の保険金支払いによる損害率を勘案し見直しが実施されます。 RXの場合は、予防安全運転支援装置の標準装備化も相まって事故を起こしにくい車へと進化しています。 しかしRXは、販売台数が少ないため、同じ型式の車が起こす事故の影響を受けやすい車といえるでしょう。 RXは「事故の数は少ない」と予想されますが、登録台数全体から見た割合は、ライバル車と比べて車両料率クラスがやや高くなっているようです。 表の下に記載の通り、車両クラスが国産乗用車のそれと比べて高い[6~7]となっており、トータルで保険料を押し上げています。 なおレクサスRXを所有する場合は、車両の前部分には高額なセンサー類や動力ユニットが集中し、事故時の修理費用がかさむことも予想されるので、車両保険の付保を強くおすすめします。 近年、車両保険金の支払い単価は、登録車全体を見ると横ばいから上昇傾向にあります。 したがって高額車両のレクサスRXのような車種ほど、思った以上に車両修理費用が高くなる傾向にあるので車両保険を検討して下さい。 レクサスの販売車種の中では人気モデルのRXですが、販売されている台数は他の車種と比べて少なく、1事故当たりの損害割合が影響を受けやすい車種のひとつです。 したがって型式別料率クラスが急激に上がることもあり、残念ながら下がることをあまり期待できないのが残念な点といえるでしょう。 この点においてRXは、少々保険料が割高になる「型式別料率クラスが高い車」として見ておき、自動車保険選びにおいて見積もり比較をするなど、ひと工夫する必要があるでしょう。 最新の型式別車両クラスを調べるなら、次の記事カテゴリーから該当の新しい記事をご覧下さい。 【参考記事】 新車の自動車保険選びで注意するポイント 新車を購入した際や購入後の保険選びについて、注意点をご案内します。 保険料の事前見積もり 新車購入時は、現在契約中の自動車保険に記載されている車両を入れ替える手続きが必要です。 自動車が変わる場合、一般的に「型式別料率クラス」をはじめ、車両条件や被保険者条件、補償内容などが変わるので、変更点を確認し、保険会社への速やかな通知と条件が変わることによる、保険料の追徴(返還の時もある)を試算してもらう必要があります。 また、現在の保険を中途更改して新たに入り直す場合は、「旧契約の解約日と新規加入の保険始期日を納車日に合わせて同日付で」事前に手続きを完了させておく必要があります。 また、純新規で加入する際も納車日に保険始期日を合わせて、契約手続きを完了させておきましょう。 保険料の事前見積もりは、車両入替、中途更改、新規加入とともに、必要な事柄は、該当する車の型式と自動ブレーキ装着の有無です。 通常、売買契約書に記載がありますが念のため販売店に確認しましょう。 車両入替の連絡と手続き 車両購入時は、納車前に必ず車両入替手続き、新たな契約手続きを進める必要があります。 車両入替手続き、新規契約手続きに必要な書類の内、契約者が用意するのは車検証の写し(コピー)です。 車検証は、ナンバー発行時に登録地の陸運支局にて発行されるもので納車時に車と一緒に手渡されますが、保険契約時にその写しが必要となるので、新車の登録後、速やかに車検証の写しを送ってもらえるよう販売担当者に依頼しておきましょう。 保険会社への手続き申請は、保険会社ホームページの契約者専用ページにログインして行う方法、代理店、または保険会社に連絡し、電話と郵送などで書類手続きを行う方法などがあります。 多くの保険会社は、FAXや画像の送付も受け付けているので、車検証の写しを保険会社指定の方法で送付します。 補償内容と契約条件の見直し 購入時、継続更新に限らず新車から3年以内は、新車だけの割引や車両保険の新価特約など、特別な割引や選べる補償があるので、各社の見積もり内容をしっかり確認し検討して下さい。 特に車両保険の保険金額や免責、「新価特約」、「車両無過失事故に関する特約」など、新車に必須の特約は、車両入替時に検討が必要です。 ドライバーの範囲や年齢条件なども含めてしっかり確認しましょう。 新車の特別な補償については、次章「RXの新車中古車に必要な補償」にて詳しく解説しておりますので、そちらをご覧下さい。 レクサスRXに必要な補償 現行の販売モデル「レクサス RX」には、レクサスが誇る予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」が標準装備されています。 レクサスのパッケージ化された予防安全装置、プリクラッシュセーフティ、レーンキーピングアシスト、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)が、様々な状況でドライバーに対し、安全運転を支援します。 したがってレクサスRXは、事故を起こしにくい比較的安全な車として見ることができます。 しかしどんなに安全な車でも、追突事故や交差点事故など相手車両の過失により被害者となる場合も多く、そのような被害事故では、どんなに予防安全技術が進んでも自分では避けることができません。 つまり、運転者自身の注意や車の予防安全装置だけでは防げない事故も多数あり、また、衝突安全性能に優れたレクサス RXであっても甚大な被害を受けてしまうこともあります。 そこで万一に備えて、次のように車両保険をセットにした補償内容で、自動車保険に加入しておくと安心です。 おすすめの必要補償 対人賠償保険:無制限 対物賠償保険:無制限 人身傷害補償:3000万円~(必要に応じて最大無制限まで加算) 搭乗者傷害補償:0~2000万円 車両保険:車両価格+オプション+消費税等(協定価格の範囲内で設定) 型式や車種グレードにより、補償額に差が生じるのは車両保険です。 それ以外の補償内容は、基本的に差をつける必要はありませんので、新車中古車の区別はありません。 車の使用状況と希望に合わせて人身傷害や搭乗者傷害の補償を上乗せしましょう。 上記の補償は、次の理由を考慮して付保を検討しています。 対人対物賠償保険 対人賠償保険は、運転者の過失による事故でケガをした人への補償、対物賠償保険は、車や自転車、家屋、路側の施設や建造物など他人の財物を損壊、破損させた際の補償です。 いずれも自身の過失による相手の損害に対して補償するための保険なので、万一の不足が無いように「無制限」とするのが一般的です。 ちなみに、保険金に上限を設けても保険料を抑える効果はごくわずかしかありませんので「無制限」をおすすめします。 現在、個人向け自動車保険の多くは、対人賠償が無制限となっており、対物賠償も無制限を自動セット(任意選択も可)としているところが増えています。 搭乗者の補償 搭乗者への補償は、人身傷害保険をメインに付保し、不足分を搭乗者傷害保険で補います。 通常、実損害が補償される人身傷害保険だけで十分にカバー可能です。 しかし死亡時の逸失利益が低く見積もられがちの主婦や高齢者、年金生活者、無職の人などが車に乗る場合、搭乗者傷害保険の定額補償で補償不足に備えておくと良いでしょう。 逸失利益が低く見積もられる理由の詳しい解説は、次の記事を参考にして下さい。 車両保険 RXの車両保険金額の算定は、「購入価格+オプション品+消費税等」の合算です。 保険会社ホームページの見積もりシミュレーターでは、提示される標準価額の範囲内で任意に設定が可能です。 車両保険金額が足りない場合、保険金不足となり損害を十分カバーできない恐れもありますが、逆に多すぎると無駄な保険料を払うことになります。 車両保険金額の過不足は、見積もり時に任意入力し調整しましょう。 なお保険金額を必要以上に高くつけると、全損時の保険金支払いの際に「損害の実態と異なる」という観点から、保険金支払いに難色を示す保険会社もあります。 車両保険金額は、実損害のてん補が基本ですから、状況次第では、時価額相当に減額されることもあるので気を付けましょう。 特に代理店を介さない、通販型ダイレクト自動車保険の契約では、保険金請求時のトラブル回避のためにも保険金額の設定に注意して下さい。 自動車ローンを利用中なら車両保険は必須! 自動車ローン支払い中に高額な修理費用を伴う事故を起こした場合、車両保険に入っていなければ修理費用が払えなくなるかもしれません。 最悪「全損」の場合、自動車ローンだけが残ってしまい、新しい車の再購入も難しくなってしまいます。 そんなときに頼りになるのが車両保険です。 RXの場合、ダウンサイジングターボエンジンやハイブリッドシステムなどの搭載、予防安全装置の搭載によりセンサーや制御装置が増えたことにより、小規模な事故でも修理費用は思った以上かかってきます。 サイドエアバッグの装着など衝突安全装備もフル装備化しているので、エアバッグが展開するような事故に遭った場合、驚くほど高額な修理費用になるので、車両保険を必須補償として検討して下さい。 「新価特約」や「新車買替特約」を付保しておけば、半損で車の買い替えを前提に保険金額を上限に支払ってもらえます。 ぜひ一緒に検討しましょう。 「中古車に車両保険は必要?」レクサスRX 年式別の保険見積もり RXの中古車は、新車価格から比べると手ごろな値段に落ち着き、ライバル車と比べても買いやすく魅力ある選択肢になっています。 今回は、平成28年式(2016年)、平成25年式(2015年)が初度登録年月になっている、RX各車種を取りあげ、年式別の年齢別保険料をご案内して参ります。 レクサスRXは、2009年に日本市場で販売が開始されており、当初より5ドアのプレミアムSUVモデルとしてガソリンエンジン車とハイブリッド車のみラインナップされています。 今回保険見積もりを行った年式別のRXは、国内販売の初代モデルのマイナーチェンジ後にあたる、平成25年式(2015年)、現行販売モデルのラインナップとほぼ同じ平成28年式(2016年)から、型式別に試算しています。 今回試算した年式モデルから、1~2年ずれている場合でも型式が同じなら、車両保険金額による保険料差は少ないので参考程度にはご覧いただけますが、契約前に正確な見積もりを集め検討して下さい。 今回の年式別レクサスRXの年齢別保険料は、現在の中古車市場で中心となっている2016年モデル、2013年モデルにそれぞれスポットをあててご案内して参ります。 次の年齢別保険料表をご覧いただく際は、あなたの車と同じ型式モデルの保険料を参考にして下さい。 また該当車種の「型式別料率クラス」は、表の下に掲載しておりますので参考にして下さい。 レクサスRX「平成28年式(2016年)」の年齢別保険料 型式:AGL20W、AGL25W、GYL20W、GYL25W、 基本グレード:RX200t、RX450h、ほか特別仕様車 上の年齢別保険料表は、2016年前後のモデルを対象とした見積もりです。 先にご案内した新車の見積もりと比べて、型式別料率クラスの対物賠償クラスが異なる車種もあるので注意しましょう。 エントリーモデルの「レクサスRX200t」は、中古車販売価格を踏まえ車両保険金額を500万円、としましたが、新車時の車両価格やオプション品を踏まえ保険金額を調整することができます。 概ね500万円台から600万円台前半の保険金額に設定し試算しましたが、ご覧の際は、あなたのRXと同じ型式モデルを選んで下さい。 2016年モデルのRXは、現行モデルと型式別料率クラスは同じです。 したがって経過年数により、ASV割引、新車割引、エコカー割引の対象からは外れるので、新車と比べて保険料が高くなります。 新車の保険料見積もりと比べて保険料が高いので、これから中古車を購入するならこの点を踏まえて、自動車保険を慎重に選びましょう。 レクサスRX「平成25年式(2013年)」の年齢別保険料 型式:AGL10W、GGL10W、GGL15W、GYL10W、GYL15W、GYL16W グレード:RX270、RX350、RX450h、RX450hエアサス、ほか特別仕様車 平成25年式(2013年)のレクサスRXは、1世代前のモデルとなり、エンジンサイズと駆動方式により型式モデルが多いので要注意です。 登録からの経過年数により、ASV割引、新車割引、エコカー割引の適用はありませんが、それ以上に型式別料率クラス(特に対物賠償クラス)が引き上げられています。 あなたのRXの型式別料率クラスが「上がってるか?下がってるか?」ぜひ確認して欲しいポイントです。 今年と前年の型式別料率クラスを比べるなら、次の「損害保険料率算出機構」のWEBサイトが便利です。 【参考ページ】 料率クラスは上がった?下がった?レクサスRXの型式別料率クラス 型式別料率クラスのアップダウンは、保険金支払いによる損害率を勘案し毎年見直しが実施されます。 レクサスRX各車種とも、予防安全装置が標準装備されているとはいえ、販売台数が少数のために「1台の事故が全体に及ぼす影響が大きい車種」であることを踏まえておきましょう。 このように初度登録から数年経過した中古車の場合、新車とは違い、今回のRXのように、各料率クラスで1段階ほど下がったり、上がったりすることもあるので保険見積もりも結果が違ってきます。 型式別料率クラスの車両クラスが若干高めのRXですが、ダイレクト自動車保険を選ぶことで、大幅に安くなり維持費を抑えることが可能です。 レクサスRXの中古車に車両保険は必要? よくある質問のひとつに「中古車に車両保険は必要?」というものがあります。 この質問に筆者は、「絶対!とはいいませんが、付けたほうが良い」とほとんどの方にお答えしています。 先に必要でない人の条件をお話ししましょう。 まず事故にはいくつかの種類がありますが、運転者自身に責任がある事故、責任の無い事故、自然災害による損害、盗難事故など、自動車を所有し運転するとなると、様々なアクシデントが予想されます。 さらに事故を掘り下げると、自損の単独事故、他人と過失割合が生じる事故、相手が100%過失の事故、台風や洪水などの風水災、飛来物の落下、いたずら、盗難など過失の有無や割合も様々です。 こうした様々な事故で生じる車両の損害は、損害が生じた時点においての車の時価額が上限となります。 しかし修理が必要になったり、買い替えが必要になったりした際、自動車の時価額以上に費用が掛かります。 例えば、壊れた車を事故現場から修理業者に預ける際のレッカー代、修理や買い替えをしても車が乗れるようになるまでのレンタカー費用、新たな車を購入する際に生じる諸費用や税金などです。 したがって事故の種類を問わず車の損害の最大値として、自動車の時価額相当、レッカー代、レンタカー費用、再購入のための諸費用など、現金、または、ローンや借入でまかなうことで、経済的に無理が生じないのであれば「車両保険は必要ない」と考えることができます。 車両損害を現金でカバーしても、支障がないくらい多くの蓄えがあればそれに越したことはありません。 しかし、多くの資産や蓄えを持つ人ほど、自動車保険の車両保険が持つ様々なリスクカバーの有効性を理解しておられるので「金銭的に困らなくても車両保険を付ける人」は、実際数多くいらっしゃいます。 少なくとも、筆者にご相談いただいた方では、8割以上の方が車両保険(エコノミーを含む)に加入されていますし、加入しない理由の多くは、業務用で「修理等は経費でカバーする」、車歴が古く「車両保険への加入が難しい」、また、いくつかの理由から「保険会社から車両保険引受不可」となったからです。 つまり、車両保険が必要な理由の大枠は、「車の修理費用や買い替えに関わる経済的費用負担のカバー」ですが、車両保険にできることは損害費用の支払い以上に幅広く、チョット小難しいのですが次の3つに大別できます。 特に無保険車との事故などでは、たとえ相手の過失が大きい場合でも、すぐに払ってくれる補償はありません。 弁護士費用特約で相談から請求や訴訟を起こすことは可能ですが、時間がかかります。 相手から損害賠償金が取れるまで修理費用の建て替えや代替を自分でするとなると、相当な精神的苦痛を感じます。 車両保険を付けておけば、相手との交渉や面倒はお任せで修理を進めることができます。 しかし、自分が無過失の場合は、示談交渉を保険会社に任せることができませんので、弁護士への依頼となるでしょう。 化した相手が友人知人であれば人間関係にまで影響が及ぶこともあります。 また、先の無保険車との事故で相手が100%過失の場合、「車両無過失事故に関する特約」が付いた車両保険なら車両保険を使っても等級ダウンしません。 相手との交渉は弁護士に依頼することも可能ですが、自分の車両保険で速やかに修理を進めることができます。 相手が払うべきところを「自分の保険でまかなうのは面白くない!」という意見が大半でしょうが、対物賠償保険も未加入で車に乗っている、かなり常識から外れた人は「あなたの貴重な時間を使って交渉するような相手ではない」といえるでしょう。 「あおり運転をする危険なやからが事故の相手だった場合、まともに示談交渉が進むと思われますか?」 面倒やもめごとは保険会社や交渉のプロである弁護士に任せて、自分の生活や時間を維持する方が大切です。 しっかりした補償内容の車両保険を付けておけば、万一の際にあなたを確実にバックアップし守ってくれます。 したがって「レクサスRXの中古車にも車両保険は必要です」というのが、当サイトと筆者のスタンスであり、すべての自動車保険契約者におすすめする理由です。 このように車両保険の本当の有効性を知れば、「保険料がもったいない」という理由から、車両保険の付保をやめるレクサスオーナーは、いらっしゃらないと思います。 レクサス車の場合、中古車や何年か経過した年式のRXでも中古市場ではかなりの価値が残っています。 自動車ローンを利用中の人、事故による高額な修理費用の対策はもちろんですが、上記の理由からも自分を守るために車両保険の付保を検討して下さい。 レクサスRXの更新時の保険乗りかえ見積もり比較 レクサスRXの自動車保険は、保険会社によってかなりの保険料差が生じます。 保険料が安くなる26歳以上から、もっとも安い30代半ばから50代までは、同じ補償にもかかわらず保険会社の違いだけで5万円近い差が付くこともあります。 そこで、年齢別の各社の保険料差が気になる方に「満期更新時の保険会社乗りかえのススメ」として、26歳、35歳、45歳、55歳、65歳のドライバーを例に、自動車保険見積もりの3社比較をご案内します。 今回の見積もりは、ダイレクト自動車保険売上No. 1の「ソニー損保」、今回の記事で新車中古車の年齢別保険料を見積もりした「イーデザイン損保」、ディーラーが取り扱う代理店型自動車保険の大手「あいおいニッセイ同和損保」の試算例を比較してみました。 「26歳の被保険者」更新時の乗りかえ見積もり3社比較 代理店型と通販型商品の保険料の違いですが、数字だけではあまりピンと来ないかもしれませんので、グラフに注目していただけるとわかりやすいと思います。 ご覧のとおり基本契約のみ(車両無し)の場合でも、イーデザイン損保(24,730円)と、あいおいニッセイ同和損保(39,460円)の保険料差は、14,730円も開いており、一般車両保険付きの契約にいたっては、40,730円もの差が開きました。 「あなたは、どちらの保険会社を選びますか?」 「35歳の被保険者」更新時の乗りかえ見積もり3社比較 代理店型と通販型商品の保険料の違いは、今回の比較表を見れば明らかです。 ご覧のとおり基本契約のみ(車両無し)の場合、イーデザイン損保だと13,650円のところ、あいおいニッセイ同和損保では25,750円となり、差額が12,100円と倍近く開きました。 また、一般車両保険の場合、イーデザイン損保なら36,670円で済むところ、あいおいニッセイ同和損保だと72,950円と約2倍の保険料になりました。 つまり、あいおいニッセイ同和損保の保険料で、イーデザイン損保だと2年分の保険料が払える、ともいえます。 同じ補償内容なら通販型ダイレクト自動車保険の方が安く契約できることが良くわかります。 「さて、あなたなら、どちらの自動車保険を選びますか?」 「45歳の被保険者」更新時の乗りかえ見積もり3社比較 代理店型と通販型商品の保険料の違いは、保険料が最低水準の45歳でもかなり差が開きました。 今回の例に限らずダイレクト型と代理店型の間には、かなりの保険料差が生じます。 ここまでご覧いただいたならは、この後ご自身自動車保険契約の内容と保険料を、他社の見積もりと比較してみて下さい。 特に代理店型自動車保険に加入している人は、次回更新の前に一括見積もり比較などを使って、複数社の見積もりから検討されることをおすすめします。 また今回は、通販型ダイレクト自動車保険の2社の間でも、車両保険の有無によって保険料の差が付くことがわかりました。 一般的に通販型ダイレクトの代表格である「ソニー損保なら安い!」と思われている方が多いようですが、車両保険を付けた場合、両社の差額が1万円以上開くこともあります。 また条件次第ではもっと安い自動車保険もあります。 「見積もりを比較することが重要!」ということがよくわかる事例でした。 「55歳の被保険者」更新時の乗りかえ見積もり3社比較 代理店型と通販型商品の保険料の違いは、保険料が安い55歳のドライバーでもかなり差が付きます。 ご覧のとおり一般車両保険の場合、イーデザイン損保なら38,980円で済むところ、ソニー損保だと54,690円となり、あいおいニッセイ同和損保に至っては、倍近い72,410円もの保険料になりました。 代理店型の自動車保険が高いことは、予想通りともいえますが、一般的に安いと考えられている通販型ダイレクトの代表格「ソニー損保」の保険料が意外にも高く、今回のようにダイレクト同士の比較で1万円以上も差が開くことがあります。 今回の見積もり比較に限らず「保険会社ごとに保険料が大きく違う」ということを認識しておいて下さい。 特に車両保険が含まれる場合、各社保険料率の違いが顕著になるので、一度、ご自身の自動車保険契約の内容と保険料を他社の見積もりと比べて見ることをおすすめします。 特に代理店型自動車保険に加入されている方は、保険会社WEBサイトの見積もりシミュレーター、または、一括見積もり比較サービスなどを利用して、複数社の見積もりとご自身の契約を比較検討してみましょう。 実際に見積もりを比べてみれば、もっとも安い自動車保険が見つかります! 「65歳の被保険者」満期更新時の乗りかえ3社比較 65歳ドライバーの自動車保険では、3社すべてが35歳時の保険料と比べて高なっていることがわかります。 例えば、一般車両保険付きの契約をソニー損保で比べてみると、35歳 51,910円のところ、65歳 62,530円となり、10,620円も高くなりました。 また同様にイーデザイン損保の場合では、35歳 36,670円だったのが、65歳 41,210円と5千円ていど上がります。 このように保険会社によってこの値上がり幅は異なるので、65歳の人は、保険料が上がっても保険会社をしっかり選べば、値上がり分を最小に抑えられそうです。 自動車保険は元より掛け捨ての保険ですが、みなさんの自動車保険でもこのような保険料差が生じているかもしれません。 現在、代理店型自動車保険で契約されている方は元より、通販型のダイレクト自動車保険の契約者も、今一度、現契約の見直しをしてみませんか? もちろん、レクサスRXに乗られる方には、保険料の多少の違いは気にしない人もいらっしゃるかもしれませんが、保険会社による保険料にこれほど違いがあることを、情報として知っていただけたらと思います。 レクサスRXを親子で共用する場合の自動車保険 首都圏などの都市部では「車庫スペースの維持費や確保が難しい」など様々な事情から、親の車を子供と共用するケースも少なくありません。 子供とレクサスRXを共用する場合は、現在契約している自動車保険の運転者限定を外し、子供の年齢まで補償できるよう年齢条件を引き下げる必要があります。 しかしご存じのとおり自動車保険は、20歳以下の運転を補償する場合、代理店型、通販型ダイレクトを問わず高額な保険料になるので注意が必要です。 この章では、子供が免許を取得し親のRXを使用する場合の保険料比較例、代替案としての「1日自動車保険」利用時のメリットとデメリットをご案内します。 親50歳と子18歳が共用する場合の保険料比較 最初に自動車保険選びの参考例として、通販型ダイレクト損保と代理店型損保の自動車保険を、実際の保険料を例に比較して参ります。 親の車(レクサスRX)を子供と共用する場合の保険料3社比較 3社同じ補償で見積もりましたが、保険料の違いに多くの方が驚かれたのではないでしょうか? 今回の見積もりでは、親50歳、子18歳の設定としました。 18歳19歳20歳の子供が運転する際には、もっとも保険料が高い「年齢を問わず補償」を年齢条件にして試算します。 今回は「イーデザイン損保」と、40歳以上の被保険者の保険料が安くなる「セゾン自動車火災/おとなの自動車保険」、ディーラー取り扱いの代理店型自動車保険「あいおいニッセイ同和損保」で見積もり比較を行っています。 契約内容は、主な被保険者を50歳の親として18歳の子を最低基準に年齢条件を設定しました。 そのため、ノンフリート等級が最高の20等級まで進んだ50歳の優良ドライバーでも、18歳の「子供」が「レクサスRX」を共用する場合「年齢を問わず補償」の保険料が適用となります。 自家用車を子供と共用することが決まったら、保険会社の乗りかえも視野に入れて今回のように各社の見積もりを集めて比較することをおすすめします。 なお今回取り上げた3社では、いずれも新車に必須の「車両新価特約」と「車両無過失事故に関する特約」の付保が可能となり、充実した補償がレクサスRXの所有者におすすめできるポイントです。 免許取りたての子供とレクサスRXを共有する場合の自動車保険は、加入条件や補償内容で保険料に大きな差が生じます。 親子共用による運転者の条件変更で損をしないよう、複数の保険会社からも見積もりを取ってしっかり比較検討を行って下さい。 「1日自動車保険が便利で安い?」メリットとデメリット 緊急時の対応策として子供が使用するときだけ「1日自動車保険」の契約を、最寄りのコンビニエンスストアにて簡単な手続きだけで補償を確保することが可能です。 レクサスRXを、毎月2~3日程度の割合で子供運転するなら、500円から契約が可能な1日自動車保険の利用で保険料を抑えることができます。 しかし1日自動車保険は、都合の良いことばかりではありません。 車両修理補償を付ける場合は、1日1,500円からとなりますので、毎月複数日数利用するなら親の保険を子供が使えるように手続きした方がお得なこともあります。 しかし車両修理補償額は、最大300万円までとなっており新車の車両価格が500万円台からとなっているレクサスRXの場合、補償不足は否めません。 また車両修理補償は、利用する日より8日前に登録手続きを行う必要があり、乗り始める直前での加入はできません。 また問題点は他にもあり、基本補償の搭乗者補償が「定額払いの搭乗者傷害補償1000万円」だけで、人身傷害補償が付きません。 つまり1日型自動車保険では完全な搭乗者補償を望めません。 したがってレクサスRXを親子で共用するなら、万全な補償が期待できる現契約の年齢条件と運転者限定を変更し、車両保険の補償内容も含めて見直すことが万全の保険対策といえるでしょう。 親子共用のRXに安い保険を見つけるには? RXを親子で共用する場合の保険料が、保険会社によって大幅に異なることがわかりました。 いずれの場合も車両保険を付ければ相応の保険料となりますが、通販型ダイレクト自動車保険も比較考慮すれば代理店型よりもかなり安くなります。 「親子共用で安い保険を見つけるには?」どうしたらいいのかというと、もっとも手っ取り早く確実なのは「自動車保険一括見積もり比較サービス」を利用するのが「適切な手段」といっても良いでしょう。 何より、データ入力の失敗を最小限に抑えることができますし、見積もりを依頼するのに「後でしつこくないか?」などが危惧される、代理店型自動車保険の見積もりも一緒に比べることができるからです。 もちろん、通販型ダイレクト自動車保険の見積もりもまとめて請求できるので比較漏れもなく、もっとも簡単で損をしない保険選びの方法といえるでしょう。 もちろん見積もり比較では、保険料だけでなく、補償内容にも目を向けてしっかり比較検討していただくことが大切です。 子供が運転を開始する前に、より良い補償を選び自動車保険を準備しましょう。 保険期間:2019年5月10日から1年間 損害保険会社:イーデザイン損保、ソニー損保、セゾン自動車火災「おとなの自動車保険」、あいおいニッセイ同和損保 被保険車両:レクサス RX(各種) 動力(駆動方式):2. 若干の差異については予めご了承下さい。 最近の投稿• カテゴリー• リンク.

次の

レクサスオーナーズ自動車保険特有の3つの払込方法を紹介

レクサスオーナーズ保険

先日 Lexus NX を購入しましたよっしーでございます。 さてさて、初めてレクサス車を買う時に気になるのが、やはりレクサスオーナーのみが加入できる「レクサスオーナーズ自動車保険」ではないでしょうか。 今までは事故をした時の対応を考えて、購入したカーディーラーで自動車保険に入るようにしていましたが、レクサスの自動車保険という事で随分高そうなイメージがあって最初は入ることを躊躇していました。 しかしながら、担当さんとじっくり保険の内容を打ち合わせしてプランを試行錯誤した結果、現在加入している東京海上日動の自動車保険と比べてもそれほど大差の無い価格でプランを作成することが出来ました。 これからレクサス車の購入をご検討の方は、ぜひこの「レクサスオーナーズ自動車保険」も併せて検討してみてくださいね!• 「レクサスオーナーズ自動車保険」とは、その名の通り、レクサスオーナーのみが入ることが出来るレクサス車専用の保険です。 全体的に保証が手厚く、高品質なサービスが用意されているのが特徴です。 特に新車購入後3年間は、大きな事故(50%以上の損傷が発生)の際には同一のレクサス車が新車で提供されたり、レンタカーは当然のことながらレクサス車であったり、その他もろもろ至れり尽くせりな内容になっています。 もちろん事故にあわないのが一番良いのですが、もしもの際にもわざわざ保険会社へ連絡しなくて良いのは、緊急時の気が動転している際には心強いかと思います。 レクサスオーナーズ自動車保険プランの一例|あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 「レクサスオーナーズ自動車保険プラン」は、下記補償(特約)をパッケージがおすすめとして紹介されています。 詳細はレクサスの店舗にて担当者様にご確認ください。 レクサス車に関する補償プログラム• 【レクサス車提供特約】事故によりお車に大きな損害が発生した場合、同一のレクサス車をご提供いたします。 【代替時登録諸費用特約】事故により、同一のレクサス車に代替された場合にかかる費用を補償いたします。 【盗難時鍵交換費用特約】盗難にあわれたレクサス車が発見された場合、鍵の交換費用を補償いたします。 【プレミアムロードサービス費用特約(代車提供型)】事故や故障等によりレッカー牽(けん)引・搬送された場合等に必要となった費用等を補償いたします。 【ラージクラス代車提供特約・新車提供時代車延長特約】事故時にはラージクラスのレンタカーをご提供いたします。 新車提供時代車延長特約で提供期間も最長90日まで延長いたします。 レクサスオーナーに関する補償プログラム• 【傷害一時金高額特約】自動車事故によるおケガでの差額ベッド代等にも備えられるように補償いたします。 【ウェルキャブ車提供特約】万一の場合には、ウェルキャブ車(福祉車両)をご提供いたします。 基本補償プログラム• 【相手の方への賠償責任に対する補償】 対人賠償責任保険 対人臨時費用特約 対歩行者等傷害特約 対物賠償責任保険 対物超過修理費用特約 不正アクセス・車両の欠陥等による事故の被害者救済費用特約• 【レクサスオーナーご自身やご家族のおケガに対する補償】 人身傷害保険(自動車事故特約セット) 人身傷害サポート費用特約 人身傷害自立支援費用特約 交通事故特約 犯罪被害事故特約• 【ご契約のお車に対する補償】 車両保険 全損時諸費用特約• また、同時に「東京海上日動の自動車保険」でも見積書を作成してもらっているので、併せてご提示しておきます。 「レクサスオーナーズ自動車保険」契約時の参考にどうぞ。 今回管理人が契約した「レクサスオーナーズ自動車保険」の見積書です。 ポイントとしては、最終的に 免責金額を【5万-10万】に設定したのと、思い切って レンタカー特約(代車提供)は除けたのが大きいです。 逆に 弁護士特約と、 無保険車との事故に備えての特約は追加しました。 この辺りはそれぞれ色々な考え方があるとは思いますので、よーく担当の方と相談して決めてくださいね。 もちろん、お金に余裕があるなら【代車提供(J5)】にすれば、かなり良い代車が使えるはず。 その分保険料も上がりますけどね。 ちなみに、以前ランエボの時から契約していた「東京海上日動の自動車保険」でのプランだとこんな感じ。 こちらはレンタカー費用が入っての価格です。 それでも若干「レクサスオーナーズ自動車保険」よりは安いですね。 かなり悩みましたが、担当者さんとのお付き合いもあるし、「ヘルプネットボタン」での事故時の対応が簡便である点を考慮して、今回は「レクサスオーナーズ自動車保険」にて契約しました。 最近は事故の際に揉めることも稀にあるようです。 【 弁護士特約】は絶対に入れておきましょう。 また、各保険会社によって取り扱いがあるかどうか異なるようですが、【 無保険車との事故】に備えての特約があれば、金額的に許容範囲内なら入っておくほうが安心かと思います。 そして少しでもお得に自動車保険を契約するなら、免責金額はよく検討しましょう。 この辺り自分は専門家ではないので詳しい説明は割愛しますが、以下のサイトの内容などは非常に分かりやすいかと思います。 結局数万円の事故で保険使っちゃうと保険料もグンとアップしちゃいします。 一般的に数十万円レベルの事故などで保険を使うことがほとんどですし、高級なレクサス車なら猶更。 そうなると、免責5万円は個人的には気にならないレベルです。 それなら毎年数万円浮く方がお得かもしれませんしね。 今回はやや割高なのは承知の上で「レクサスオーナーズ自動車保険」を契約しましたが、もしも少しでもお得に、保険料を安く抑えたいなら、絶対に「」は試してみるべきです。 もちろん、ある程度最低限自分に必要な保険内容を認識しておく必要はありますが、実際の「レクサスオーナーズ自動車保険」の見積もりと照らし合わせながら検討してみると、いかにお得かが分かりやすいのではないでしょうか。 中でもおすすめなのが、ネット上から簡単に行える自動車保険の一括見積もり。 これなら簡単に安い自動車保険を探すことが出来ます。 特にネット保険だと特典として大きな割引があることも多いです。 そりゃ代理店を通さないので、人件費が浮く分安くなって当然ですよね。 せいぜい担当の方から「事故は大丈夫でしたか?」という連絡が入った程度なので、ネットでの契約でも問題ない気はします。 とりあえず、まずは「」である程度の価格を把握しておき、その後「レクサスオーナーズ自動車保険」の見積もりを取ってもらいましょう。 後は価格差と保険の充実度を照らし合わせ、ご自身の環境にあったものを選ぶと良いかと思います。 何かあった時の安心感は勿論「レクサスオーナーズ自動車保険」が一番ですが、そもそも事故を起こさなければ使うこともないものです。 それなら少しでも保険で節約して、その分ドライブや旅行にお金をまわす方が人生は充実するかもしれません。 気になる方はぜひ一度見積もりをとってみてくださいね。

次の

レクサスカードの会員特典とメリット

レクサスオーナーズ保険

レクサスオーナーズ自動車保険のココがオーナー限定 レクサスオーナーの万が一の事故や故障などの時、窓口になってくれるのは「レクサスオーナーズデスク」。 レッカー車、帰りの交通手段、ホテルの予約など全て手配してくれます。 ですが、レッカー代を除く費用はレクサスオーナーの自己負担。 その部分をレクサス品質でカバーしてくれるのがこの保険なんです。 この保険はレクサスを新車か認定中古車CPOで購入したオーナーのみが対象。 レクサスネットワーク もしもの事故や故障の時、普通なら警察、救急車の手配、保険会社、販売店へはそれぞれに自分で電話しなければいけませんね。 事故や故障など緊急時は気が動転していて、このような手配がままならない事もあると思います。 そんな時「レクサスオーナーズ自動車保険」ならレクサスオーナーズデスクに電話するだけで手配から費用までバックアップしてくれます。 そしてオーナーズデスク、保険会社、レクサス販売店が全てつながるのでそれぞれに電話する必要がないんですよ。 レクサス車提供特約 事故の際に、レクサス車の状態が「修理できない」「車両保険金額を超える修理額」「新車の50%以上の修理額」の場合に、同一のレクサス車を提供してもらえます。 これは修理できないとか、50%以上の修理額というとほぼ全損のような悲しい状態ですが、同じレクサス車を用意してもらえるというのはすごい事だと思います。 ラージクラス代車提供特約 事故や故障の時の代車も、軽自動車やコンパクトカーではなくラージクラス(2,500㏄~3,000㏄)の代車を貸してもらえます。 レクサスオーナーには嬉しいですね。 盗難時防犯設備費用特約(オプション) 自宅の駐車場で盗難にあってしまった場合、シャッターや監視カメラなどの防犯設備を設置するための費用を補償してくれます。 50万円が限度ですが、これは画期的なオプションですね。 緊急サポート高額特約 〈事故・故障付随費用(遠隔地)特約〉 事故や故障で自走できなくなった時、盗難に遭った時などの宿泊費、移動の費用、搬送費用、引き取り時の交通費などをサポートしてくれるもの。 レクサスオーナーに合わせて、補償金額が高額になっています。 例えば自走できなくなった現場からの帰宅費用や目的地への移動は1人につき7万円程度まで補償してくれます。 新幹線ならグリーン車もOKみたいです。 普通の保険はここまで高額じゃないですよ~(一般的には2万円位だったと思います)。 ウェルキャブ車提供特約 〈人身傷害福祉車両提供特約〉 事故によりレクサスオーナーさんや同乗されていた方が重度後遺障害を被ってしまった場合、必要に応じてレクサス車とは別に福祉車両を提供してもらえるというもの。 800万円が限度額ですが、これもなかなか聞いたことのない補償内容です。 まとめ レクサスオーナーズ自動車保険は対人・対物賠償、人身傷害、弁護士費用特約、他社運転特約などなど基本的な補償は通常の自動車保険と同じ。 ですが、「レクサス車」「レクサスオーナー」に対する補償はとても高水準なものになっていますね。 もう1つオススメなポイントは夜間・休日でも対応してくれるところ。 普通の保険会社、事故受付けは24時間365日してくれますが、事故の対応や相談、相手方の対応は平日しかやってくれません。 これはかなり安心できます。 レクサスオーナーでないあなたも、愛車に万が一のことがあった場合に備えて、自動車保険には加入しておきましょう! レクサスオーナーズ自動車保険は支払い方法も特徴的なんですよ~。 長くなってしまいそうなので、それについてはまた別の記事でお伝えしたいと思います。

次の