ファースト ピアス 外 した あと。 ピアッサーであけたファーストピアスについて。

ピアスの穴を開けたあとのケア!痛みや腫れがある場合はどうすればいい?

ファースト ピアス 外 した あと

ピアスを開けてファーストピアスをつけた後の外す時期はいつ? ピアスを開けてからファーストピアスを外して、次のピアスに移行するのはいつなのでしょうか? ピアスホール(ピアス穴)が完成するまでの期間は、 4週間~6週間と言われています。 ファーストピアスを6週間付けた後に外しても定着せずに閉じてしまった とか ファーストピアスを6週間付けた後に、いろんなピアスを着けたくて付け替えしてたらダメになった とか 聞くことがあります。 私の場合は耳に7か所ピアスホールが開いているのですが、 最初の頃は、ファーストピアスをつけて4週間もしないうちに外したり色々つけ替えたりとしてしまい、結局あまりきれいなピアスホールはできていません。 ファーストピアスは外れないようにと、少し固めに閉じられていることがあります。 ヘッドを持っている腕をしっかりと胸にくっつけて固定します。 反対の手で裏側のキャッチをつかみ、キャッチだけを後ろに引っ張るようにしてはずします。 コツは ピアスヘッドをもった手を動かさないこと。 こっちを引っ張ってしまうと、ピアスがグイっと外される可能性があり、ピアスの先端がホール内を傷つける恐れがあります。 せっかく完成したピアスホールの内側を傷つけると、また最初から。。。。 なんてことになりかねません。 ですのでセカンドピアスも樹脂ピアス・・・よりはファーストピアスのような純チタンやしっかりしたものをおススメします。 しっかりピアスホールを安定させるためとして、セカンドピアスもある程度つけっぱなしを推奨します。 ファーストピアスを外して、セカンドピアスを入れるときは、ピアスホールを水やスキンジェルなどで濡らし、やさしく揉みほぐしておくとピアスがスムーズに入れられます。 慣れないうちは、ピアスホールを濡らしてからピアスをいれましょう。 あれ?ピアスが入らない!穴が塞がった・・・?そんな時は ピアスホールが完成したあと、少しの間でもピアスを外したままにしておくと、 「あれ!?ピアスはいらない!?」 なんてことが起きます。 出血を伴ったり、穴が腫れてしまうことも、あるかもしれません。 こんな時は、お湯などで優しくホール周りを洗ってみてください。 体液や血液が少しでて 固まっているだけかもしれません。 ピアスに軟膏などを塗って滑らせるように入れると入りやすいことがあります。 せっかく開けたピアスホールをしっかり定着させられずに何度もピアス穴を開ける。。。

次の

ファーストピアスを外すのNG期間はいつまで?ケア方法も合わせてご紹介!

ファースト ピアス 外 した あと

運任せにやっちゃうと、ちゃんとホールができてなかった…なんてこともよくあります。 そこで、私の体験談や、調べた情報を元に、 ピアスを外す、ベストなタイミングはいつなのかについて、お話したいと思います。 第1治癒期間 2週間~1ヶ月 ピアスで開けた傷口に、 薄い皮が貼るまでの期間。 ここで外してしまうと、 穴がすぐに塞がってしまったり、 出血してしまう可能性大。 第2治癒期間 1ヶ月~ 傷口の薄い皮が、周りの皮膚と同じくらいの 丈夫な厚さに回復するまでの期間。 ホールがしっかり完成されているので、 ピアスを外すときも傷つきにくく、 穴が塞がることも少ない。 要するに、ピアスをして1ヶ月後というのは、 一応ホールは完成してますが、完璧な状態には程遠いんです。 それに、もし、この時期に、 セカンドピアスに変えても、ホールが安定するまでは、結局つけっぱなしにしないといけません。 この付け直す時に、不慣れな状態なので、 傷つけてしまう可能性が高いです。 第1治癒期間から、第2治癒期間に移って、 「これはほぼ確実に、ホールが完成してるだろうな~」 というのが、 「3ヶ月」です。 まあ2ヶ月でもいいかもしれませんが、個人差もあるし、長めに期間を取った方が良いだろう、ということで、3ヶ月をベストタイミングにしました。 私みたいに、痛い目を見たくないなら、最低3ヶ月は、つけっぱなしにしておきましょう。 親指と人差し指でピアスの頭をしっかり抑える• キャッチの部分を回しながら外す 私の個人的な感覚ですが、キャッチはそんなに回さなくても、外せます。 それよりも、 ゆっくり慎重に外しましょう。

次の

ピアッシング後の自宅ケア|ピアストラブル研究所

ファースト ピアス 外 した あと

ファーストピアスはピアスの穴を耳に開けてから、 それを固定するまで付ける最初のものですね。 ピアスの穴を開けてからはだいたい一ヶ月ぐらいは その穴を安定させるためにファーストピアスを付けて、 そのままにしておく必要があります。 これを途中で外してしまったりすると、 化膿してしまったり、トラブルの原因に繋がります。 ただ、どれぐらいの期間外してはいけないのかとか、 最初は知識がないのでわからないですよね。 ファーストピアスはどんなものを選べばいいのかとか、 トラブルを避けるためにケア方法なども知っておく必要があります。 そこで今回はファーストピアスを外すまでの期間と外し方から、 どんな種類を選べばいいのかや透明ピアスの注意点などをご紹介します。 ファーストピアスを外すための期間と外し方! まず、ファーストピアスを付けた際には どれぐらいの期間をそのままにしておけばいいのか。 ピアスホールは1日ぐらいで完成するものではありません。 穴を開けたとしても体の組織は再生しようとするので、 短い期間で外してもすぐに穴は閉じてしまいます。 そこでファーストピアスはしばらくの期間は ずっと付けていないといけません。 早くピアスをしたいからといってホールが完成しないうちに外してしまうと、 開けた場所に細菌が入って化膿したりなど、トラブルの原因になります。 30~45日間を目安にする ファーストピアスは1度付けたら しばらくの期間は外せません。 そこで 最低限の目安となる期間は30日~45日ぐらいです。 ただ、個人差も大きい部分であり、 耳たぶが厚いか薄いかでも変わってきます。 薄い人は30日間ぐらいで安定してくる人もいますし、 耳たぶが厚い人は45日間ぐらいかかる人もいます。 ここは自分でも見極めは必要ではありますが、 だいたいこのぐらいで判断してきましょう。 これぐらいの期間が経つと穴の周辺に薄い皮が張ってくるので、 それを確認できたらファーストピアスを外す目安になります。 まだ薄い皮ができたぐらいなので、 無理に外すと皮が破れて血が出たりします。 そこからばい菌が入って化膿してしまうなどの、 トラブルも起こることがあるので注意が必要です。 また、ファーストピアスは普通のものよりも、 外しにくいようになっているので、 慎重に取るようにしましょう。 ピアスホールの完成は90日以上はかかる ピアスホールは完全に完成するのは 90日ぐらいはかかると言われています。 30日~45日ぐらいでファーストピアスは外すことはできますが、 まだ薄い皮がが張った状態なので、人によっては剥がれてしまうこともあります。 その後にまた薄い皮が張るまで時間がかかるので、 しっかりと完成を待つには90日ぐらいは 時間がかかることがあるということですね。 それだけ外す期間は慎重に見極めないといけないということですね。 外す期間の見極め方 外す期間は人によってどうしても変わってきます。 そこで自分で判断するのはなかなか難しく、 早めに外すとトラブルにも繋がります。 いちおう見極め方としてはピアスを付けたまま、 クルクルと回して引っかかりがないかどうかです。 まだ、 薄い皮ができてない場合は 上手く回らないので判断の基準になります。 ファーストピアスの外し方! まずは実際に動画で外し方の解説があるのでご覧ください。 1.親指と人差し指でピアスの頭の先端の部分を 滑らないようにしっかりと持ちます。 2.逆の手で反対のキャッチの部分をつかんで、 軽く回しながら引っ張っていきます。 基本的には回さずにゆっくりと引っ張れば外れますが、 なかなか外れないときは慎重に軽く回しながら引っ張りましょう。 ファーストピアスの選び方! ファーストピアスは長い期間ずっと付けておく必要があるので、 素材など選び方もしっかりとしないとトラブルの要因に繋がります。 そこで重要視したいのは安全性の高いものであり、 そのための選び方をご紹介します。 1.素材の選び方 長い間付けっぱなしになるということで、 素材の選び方は大事になります。 特に金属アレルギーなどを起こすこともあるので、 そういった症状になりにく素材を選ぶのが大事です。 金属アレルギーになりにくい素材としては チタン、サージカルステンレスなどがあります。 ファーストピアスとしてもこの2つを選ぶのが良いかなと思います。 その中でも 純チタンが最も金属アレルギーになりにくいと言われています。 そこでヘッド(デザイン本体)、ポスト(棒)、キャッチ(留め具)が すべて純チタンのものを選べば安全性が高まるということですね。 ただ、純チタンと言いつつ、メッキだったり、 ヘッドだけ純チタンだったということもあるそうです。 それにより金属アレルギーになったということもあるそうなので、 こういった細かい部分の確認はしたほうがいいですね。 また、比較的安い値段で金属アレルギーになりにくいのは、 サージカルステンレスなので、人気がありますね。 2.ポストの太さ ポストの太さは穴の大きさに関わる部分ですね。 ここで小さいものにしてしまうと、 セカンドピアスが入らないなんてこともあります。 理想としては16G(1. 2mm)ぐらいが良いと言われています。 そこで太さに関しては最適なものを選ぶようにしましょう。 3.耳たぶの厚さでポストの長さを調節 耳たぶの厚さは人によって違いますよね。 通常はデザインの部分とキャッチの間に 少し余裕がないといけません。 そこで耳たぶの厚さよりもピアスは 少し長さがあるものを選ばないといけません。 ただ、耳に穴を開けた後は腫れたりすることもあるので、 キャッチの部分がギリギリの長さだとトラブルに繋がります。 短すぎて耳たぶを圧迫してうっ血したり、 デザインの部分がホールに埋没してしまうこともあります。 そうなってしまうと、ピアスホールの完成は長引いてしまいます。 耳たぶの厚さは事前に測っておくようにしましょう。 透明ピアスの注意点! 透明ピアスは樹脂で出来ているので、 金属アレルギーはありません。 そこでファーストピアスには最適と思うかもしれませんが、 樹脂は柔らかいので傷つきやすいです。 長い間付けていると細かい傷が増えていき、 段々と不衛生な状態になっていき、 細菌などが繁殖しやすくなります。 まだ、ホールが完成していない状態だと 細菌に感染しやすく、 その影響で腫れてしまったり、化膿してしまう可能性があります。 また、腫れてしまうと透明ピアスが取れなくなったり、 化膿してる状態だとくっついてしまうことがあります。 そういった点からも透明ピアスは ファーストピアスには向いていません。 ケア方法とトラブルが起きたときの対処法! まず、ファーストピアスを付けた際は 3日間ぐらいはあまり触れずに動かさないほうがいいです。 穴を開けた後は1番安定していない時期でもあるので、 下手に触って腫れてしまったり、血が出てしまったりすることもあります。 そうなってしまうと、ホールの安定どころではなく、 ケアに専念することになります。 3日間を過ぎたぐらいから軽く触ってみて、 痛みがないようなら本格的にケアをしていきます。 朝晩のケア方法! ファーストピアスをしてセカンドピアスに変えても、 ピアスホールの完成には3ヶ月以上はかかります。 そこまではきちんとケアをしていかなければ、 トラブルの要因に繋がります。 そこで 朝晩とケアをきちんとしていく必要があります。 ケアの方法としてはボディーソープか固形石鹸など 刺激が弱いものを泡立ててからピアスと耳の間や周辺を 洗って清潔に保つようにします。 なるべく、刺激の少ない成分のものを選ぶといいです。 他にもピアスの洗浄するためのジェルなども販売しているので、 そういったものを活用してもいいですね。 また、この際にファーストピアスを こまめに前後に動かしていきます。 ずっと、動かさないでいると皮膚に くっついてしまうこともあります。 そこでピアスをこまめに前後に動かすのですが、 その際に痛みが少しでもある場合は 無理に動かさないようにしましょう。 まとめ ここまでファーストピアスの期間と外し方から ケア方法や種類の選び方などをご紹介しました。 ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

次の