おうちコープ パルシステム 違い。 おうちコープとパルシステム徹底比較!使ってみてわかった両サービスの違い!生協宅配/Pal system/おうちCO

子育てならどっち?生協パルシステムVSコープデリ・おうちコープを徹底比較!

おうちコープ パルシステム 違い

輸入食品も扱う。 添加物、農薬の削減。 化学調味料不使用。 遺伝子組換えは使わない。 詳細は別途ご確認ください。 商品の価格など 商品の価格は、おうちコープのほうが安い印象です。 パルシステムは取り扱っている商品の産地、品質、調理方法にこだわっているため、価格が高い商品ラインナップが多い印象。 ただし、商品によっては、パルシステムのほうが安かったりします。 例えば、で取り扱っていたりします。 利用料金 出資金・手数料 もおうちコープのほうが基本的には安いです。 参考 は別記事にまとめています 東京、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、長野、新潟にお住まいの方は、おうちコープは利用できません。 サービス的に近い「コープデリ」を検討すると良いです。 宅配について おうちコープとパルシステムの宅配に関する内容を比較してみます。 宅配地域は両者で違いがあります。 お届けタイミングは週1回で同じ。 地域 おうちコープとパルシステムの宅配地域は競合しています。 そのため、両方とも利用して、併用して使い分けることもできます。 パルシステム … 東京、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、新潟、 神奈川、静岡、山梨、福島 おうちコープ … 神奈川、静岡、山梨 おうちコープのほうが提供範囲が狭いです。 ただし、「コープデリ」の宅配地域と合わせると、長野・福島以外の地域は同じ事が分かります。 [参考]コープデリ … 東京、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、新潟、長野 宅配方法は同じだが、届く日時が違ってくる 宅配のスケジュールや、宅配商品の管理方法は、おうちコープもパルシステムもほぼ同じです。 週一回の宅配スケジュール• 日時指定はできない 地域で周回スケジュールが決まっている• 不在時に、玄関先に留守置きしてくれる• 冷蔵、冷凍食品は保冷剤などで温度管理 上記のように、どちらの宅配サービスも大きく違いません。 どちらも、実際に配達してくれる日時はピンポイントで指定できません。 お住いの地域によって、周回しているスケジュールが決まっているためです。 不在なら留守置きしてくれるのであまり神経質になる必要はありませんが、なるべく受け取ったほうが安心だったり、梱包材を次週まで保管しておく必要もありません。 具体的に、いつ届けてくれるかは、資料請求すると、訪問してくれる方が教えてくれます。 料金関連 出資金や手数料はおうちコープのほうが基本的に安いです。 料金関連についての違いを比較してみます。 出資金はおうちコープの方が安い おうちコープのとおうちコープは、加入時に出資金が必要になります。 ただ、退会すると戻ってくるお金なので、あまり気にしなくても良いポイントだと思います。 おうちコープ … 500円• パルシステム … 1,000~2,000円 金額に幅があるのは、地域 県 によって出資金の額が違うためです。 手数料もおうちコープが安いが、割引次第 毎週かかってくる手数料は、基本的におうちコープのほうが安いです。 おうちコープ … 100円• パルシステム … 200円ほど 手数料は注文してもしなくてもかかる費用です。 カタログ代などが含まれているとお考えください。 ただし、パルシステムの場合は「タベソダ」という紙カタログ無しの契約があって、注文しなければ手数料がかかりません。 また、ハンズ割引などパルシステムの方が割引制度が充実している場合もあります。 地域や家族構成などによって割引が違うので、詳細は別記事を参照ください。 をご紹介した記事 2019-02-12 15:31• モニター活動 … 試供品を試せる。 質問に答えてポイントGet• 子育て情報 … 小児科医や管理栄養士が監修する育児情報サイトや、離乳食レシピのアプリがある 取り扱う商品のこだわり 取り扱う商品のこだわりについて。 提供する商品のポリシー おうちコープの商品選定基準は、「公的基準および業界基準など社会的に認知されている基準を満たしていること」が前提になっています。 加えて、ユーコープ独自の基準でチェックが入るため、安全な食材であると言えます。 放射性物質の自主検査• 有害微生物に関する独自基準 食品衛生法がベース• 残留農薬をできる限り少なく 食品衛生法がベース• 安全性が不明瞭な添加物 一部 について、日本生協連と同じ独自基準 おうちコープ、パルシステムは放射能の自主検査を実施している 一般的なスーパーなどと比べると「自主検査をしている」という点で、どちらも十分安心できる材料だと感じます。 どちらも、特定産地の商品を対象としていますが、基準値はパルシステムのほうが厳しいです。 おうちコープでは、飲料、牛乳、乳児用食品、米、青果類、肉類、卵、魚介類、海藻類などについて、特定の産地の生産物を、国と同等の基準 厚生労働省が設定した食品衛生法の規格基準値 でチェックをしています。 また、その結果も公開されています。 参考 パルシステムでは、飲料、牛乳、乳児用食品、米、青果類、肉類、卵、魚介類、海藻類などについて、特定の産地の生産物を、国より厳しい基準か同等の基準でチェックをしています。 また、その結果も公開されています。 参考 商品と価格を比較 それぞれの商品を比較してみます。 カタログで比べてみると違いがわかると思います。 もっと知りたい方は資料請求すると一目瞭然です。 価格は税抜です。 時期によって商品数・価格などは変動するため、参考程度にしていただければ。 卵 普段の食事で欠かせない卵。 おうちコープは種類が多くて選択肢が沢山あります。 10個入りの商品で4種類。 値段も229円~265円まで幅があります。 パルシステムは1種類。 242円のパルシステム独自ブランドの卵です。 「収穫後農薬無散布の飼料、遺伝子組み換えでないもの」を利用しています。 卵に関しては、カタログ上では、おうちコープのほうがお得に見えます。 種類も多いので、色々なご家庭で選びやすいラインナップだと感じました。 牛乳 牛乳に関しても、おうちコープのほうが選択肢が多いです。 1000mlの商品は、おうちコープは15種類。 低脂肪乳と乳飲料を除くいた価格帯は 185円~310円、パルシステムは4種類 207円~242円の価格帯です。 おうちコープ パルシステム パン パンに関しては、商品数はどちらも変わらない印象。 おうちコープでは「毎日食パン」が93円で販売されています。 これは、近所のスーパーのセール品に負けない価格ですね。 また、TAKAKI BAKERYのスイートデニッシュブレッドが331円。 見るからに美味しそうです。 一方、パルシステムでは「こだわり酵母食パン」というパルシステム独自ブランドの商品があって魅力的。 スーパーで売っている柔らかい食品より美味しいという口コミがあります。 野菜 野菜に関して キャベツ1玉で比較すると、おうちコープが159円、パルシステムは189円。 パルシステムは国産の産直品。 おうちコープは嬬恋産です。 レタス1個は、おうちコープが199円、パルシステムは189円。 どちらも国産。 コーブデリのほうが安いです。 おうちコープはとれたてシャキット便の商品なので新鮮さが売りの商品です。 これからご紹介するカタログで、おうちコープはミニトマト 120g が100円の特価で販売されています。 また、時期によっても変わってきます。 おうちコープ パルシステム パルシステムの野菜は「有機農産物」「農薬・除草剤・化学肥料削減」の商品がカタログで分かるようになっています。 赤ちゃんのための「離乳食」 子育てママにとって、離乳食の準備は本当に大変です。 赤ちゃんの世話で睡眠不足になったり、忙しくてストレスが溜まりがち。 夜泣きが続いたり、イヤイヤで言うことを聞いてくれなかったり…。 そんななかで、食事の準備をしなければなりません…。 食材宅配サービスを利用していると、離乳食の食材が活用できます。 おうちコープでもパルシステムでも取り扱っています。 子育ては、食事作りだけではないので、積極的に活用すると良いと思います。 おうちコープは「Dear mom」、パルシステムは「yum yum」という育児向けのカタログがあります。 ページ数は6~8ページ。 粉ミルク、離乳食、幼児向けの食材、子育てに関するトピックなどが掲載されています。 おうちコープ「Dear mom」の中身 パルシステム「yum yum」の中身 取り扱っている商品は、同じような商品です。 それぞれの特徴のまとめ ここまで、おうちコープとパルシステムをご紹介してきました。 特徴をまとめます。 大きな違い• おうちコープ … スーパーで買える品質の汎用品を多数取り扱っている• パルシステム … 品質・国産にこだわった独自ブランド商品を取り扱っている その他の違い• 出資金や手数料はおうちコープの方が安い• 子育て支援はおうちコープのほうが有利• 商品数はおうちコープのほうが多い• 商品の取り扱い基準はパルシステムのほうが厳しい• パルシステムは、国産・原料にこだわった商品を取り扱っている• スーパーで見ないパルシステム独自ブランドがある 人気があるのはおうちコープ 組合員数で比べると、おうちコープ 176万人 のほうが多いです。 対して、パルシステムは 154万人。 提供地域は圧倒的にパルシステムのほうが広いので、組合員数、利用率共におうちコープが優勢です。 おうちコープが支持されている理由は以下だと思います。 スーパーで見慣れた商品が多い• 商品ラインナップが多い• 取り扱う商品の価格帯が幅広い• スーパーのセール品より安い商品が見つかる時がある• 手数料が安い 取り扱っている商品のラインナップが多く、安い商品から高い商品までそろっています。 そして、手数料も安いので、近所のスーパーの代わりに利用する人が多いのだと思います。 対して、パルシステムはこだわりの商品が厳選されているのが強み。 「国産」「化学調味料不使用」「遺伝子組換えを使わない」といった食品を手にしたい人にとって便利なサービスです。 どっちがオススメ? おうちコープとパルシステム。 どちらがオススメかは、ご家庭の事情ごとに違います。 ここまで比較してきた内容をふまえると、以下のように活用するのが良いと思います。 おうちコープ … 日々の買い物の手間を省くために• 手数料が安い• 価格が安い商品を多数取り扱っている こんな方にもオススメです。 食べ物に強いこだわりのない方• 子育て中で、買い物に行くのがシンドイ時期• スーパーに買い物に行くのがツライと思ったことがある• 価格もそんなに高くないので普段の買い物代わりに使えます。 こだわりの食材を楽しみたい方はパルシステム パルシステムは、こだわりの食材を選びたい方に向いているサービス。 色々なスーパーを周って商品を選ぶ事を考えると、効率的に商品を選ぶことができます。 また、近所のスーパーの品揃えに飽きてしまった方が、パルシステムの食材宅配サービスを利用するのも良いと思います。 こんな方はパルシステムがオススメ• 国産の食品、化学調味料不使用、添加物・農薬削減の食べ物にこだわりたい• ちょっと高くても、厳選された食材を楽しみたい• 食品・日用品の取扱い数は多くなくても良い• スーパーの商品に飽きてきた… パルシステムを利用していても、もちろん日々の買い物は、スーパー or おうちコープ を併用することで、安く済ませることができます。 スーパーの特売で浮いたお金で、パルシステムの食材を楽しむというのも良いと思います。 食材宅配サービスが気になって、どこにしようか調べている方が多いと思います。

次の

子育てならどっち?生協パルシステムVSコープデリ・おうちコープを徹底比較!

おうちコープ パルシステム 違い

同じ「生協」では? コープデリとパルシステムは、同じ「生協」ですが、運営団体が違います。 そのため、取り扱っている商品やサービスが異なってきます。 お恥ずかしい話ですが、個人的にはコープというのは赤いロゴマーク cp・op の1つの運営団体だと思っていましたが、色々あるんですね。 一般の会社で例えると、同じ「会社」だけど「トヨタ」と「日産」は違うというのと同じ意味合いです。 参考 の記事 コープデリとパルシステムの違いを比較 コープデリとパルシステムの違いを比較します。 ネットで情報を集めてみてもイマイチ違いが分かりませんが、実際にカタログを比べてみると一目瞭然でした。 大きな違い 重要ポイント パルシステム … 品質・国産にこだわった独自ブランド商品を取り扱っている 「取り扱っている商品が違う」というのが一番大きな違いです。 価格は、コープデリのほうが安い印象です。 パルシステムは取り扱っている商品の産地、品質、調理方法にこだわっているため、その分料金が高くなっています。 取り扱っている商品によっては、パルシステムのほうが安かったりするので「どちらがお得か」という話ではなかったりします。 例えば、で取り扱っています。 ただ、コープデリのほうが幅広い価格の商品を多数扱っているため、同じような商品を探そうとすると安い印象を受けます。 利用料金 出資金・手数料 もコープデリのほうが安いケースが多いです。 輸入食品も扱う。 添加物、農薬の削減。 化学調味料不使用。 遺伝子組換えは使わない。 神奈川、静岡、山梨にお住まいの方にとって、コープデリと同様のサービスは「おうちコープ」です。 コープデリと似たような商品を取り扱っていて、料金体系も近いので、コープデリのサービスに興味を持った方は検討してみると良いです。 参考 は別記事にまとめています 宅配について コープデリとパルシステムの宅配に関する違いを比較してみます。 宅配地域• お届けタイミング 結論としては「どちらもほとんど同じ」です。 地域 コープデリとパルシステムの宅配地域は競合しています。 コープデリ … 東京、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、新潟、長野 パルシステム … 東京、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、新潟、 神奈川、静岡、山梨、福島 [参考]おうちコープ … 神奈川、静岡、山梨 参考までに、コープデリとサービス内容が近く、共存している「おうちコープ」の宅配地域と合わせて考えると、長野・福島以外の地域は同じであることが分かります。 宅配方法は同じだが、届く日時が違ってくる 宅配のサービス内容は、コープデリもパルシステムもほぼ同じです。 週一回の宅配スケジュール• 日時指定はできない 地域の周回スケジュールに合わせる• 不在時には、玄関先に留守置きしてくれる• 冷蔵、冷凍食品の温度管理に気を使ってくれる 上記のように、どちらの宅配サービスも大きく違いません。 ちなみに、サービス内容は違いませんが、実際に自宅に届けてくれる日時はどちらもピンポイントで指定できない点は認識しておくと良いです。 各ご家庭に配達される曜日と時間帯が違ってきます。 お住いの地域によって、それぞれの周回しているスケジュールが違っているためです。 宅配時に不在なら留守置きしてくれますが、できれば受け取ったほうが安心だったり、宅配員さんとコミュニケーションが取れたりします。 帰りが必ず遅い曜日とぶつかってしまうのは、できれば避けたいところです。 それぞれのサービスが、いつ届けてくれるかは、資料請求すると、訪問してくれる方が教えてくれます。 ちなみに、我が家の場合は、コープデリは月曜19:00頃、パルシステムは月曜12:00頃です。 たまたま同じ曜日でした。 料金関連 出資金や手数料といった、料金関連 出資金・手数料 についての違いを比較してみます。 結論は「大きく違わないが、子育て世帯ならコープデリのほうがお得?」といった感じです。 出資金は違うけど、退会時に戻ってくるので気にしなくてOK コープデリのとおうちコープは、生協なので、加入時に出資金が必要になります。 どちらも退会すると出資金は戻ってきますので、あまり気にしなくても良いポイントです。 コープデリ … 500~1,000円• パルシステム … 1,000~2,000円 金額に幅があるのは、地域 県 によって出資金の額が違うため。 詳細は、お住いの地域ごとに調べてみてください。 参考 を紹介している記事 手数料は住んでいる地域・家族構成で違ってくる コープデリとパルシステムの手数料は、どちらも通常 200円ほど。 ほとんど差がないレベルです。 また、割引制度も同じような制度があります。 グループ割引• 子育て割引• シニア割引• など 手数料に関しては、お住いの地域と割引条件に該当するかで違ってくるため、詳細は、の記事で比較してみてください。 両サービスの良いとこどりで、手数料が安い時期を選び、サービスを乗り換えて使ってみるというのも賢い選択だと思います。 例えば、我が家の場合は、東京在住・子供 6歳と4歳なので、コープデリだと子育て割り引きで手数料が無料です。 しかし、パルシステムの場合、同じ子育て割引が適用されますが、3,000円以上の買い物をしないと手数料が無料になりませんでした。 ということで、我が家では手数料が無料になるコープデリを利用しています。 子育て世帯なら「子育て支援制度」を要チェック 妊婦さん、産後のママ、子育て中のママなら、子育て支援によるオトクなサービスが気になるところだと思います。 個人的には、コープデリとパルシステムの子育て支援サービスは、コープデリのほうが充実している印象。 子育て支援による手数料無料の期間が長い 特に東京、千葉、埼玉の場合• 出産・入学のタイミングでプレゼントがもらえる といったところが、優れていると感じます。 コープデリ• 手数料無料または割引• ご出産おめでとうプレゼント• 入学おめでとうプレゼント• 子育て情報 … 小児科医による子育てお悩み相談室や、離乳食レシピのサイトがある パルシステム• 手数料無料または割引• ベビー・キッズ特典 … 手数料が無料または割引• モニター活動 … 試供品を試せる。 質問に答えてポイントGet• 子育て情報 … 小児科医や管理栄養士が監修する育児情報サイトや、離乳食レシピのアプリがある 取り扱う商品のこだわり 取り扱う商品のこだわりについて。 コープデリは国の基準に従っていますが、パルシステムはそれより基準が厳しいです。 提供する商品のポリシー コープデリは、「品の安全性に関する取り組み」から、国の基準に準拠して「適切に使用する」というポリシーです。 具体的な食品の採用基準はこちら。 食品添加物は適切に使う• 農薬は必要な場合に適正に使用する• 国産食品と輸入食品を適切に組み合わせて取り扱う• 遺伝子組換え作物は必要な場合に使用する• 放射性物質は自主検査を実施。 食品衛生法上の規格基準値の順守 コープデリ、パルシステムは放射能の自主検査を実施している どちらも、特定産地の商品を対象としています。 基準値はパルシステムのほうが厳しいです。 一般的なスーパーなどと比べると「自主検査をしている」という点で、どちらも十分安心できる材料だと感じます。 コープデリでは、飲料、牛乳、乳児用食品、米、青果類、肉類、卵、魚介類、海藻類などについて、特定の産地の生産物を、国と同等の基準 厚生労働省が設定した食品衛生法の規格基準値 でチェックをしています。 また、その結果も公開されています。 参考 パルシステムでは、飲料、牛乳、乳児用食品、米、青果類、肉類、卵、魚介類、海藻類などについて、特定の産地の生産物を、国より厳しい基準か同等の基準でチェックをしています。 また、その結果も公開されています。 参考 商品ラインナップと価格を比較! それぞれの商品を比較してみます。 カタログで比べてみると違いがわかると思います。 もっと知りたい方は資料請求すると一目瞭然です。 コープデリは種類が多くて選択肢が沢山あります。 10個入りの商品で6種類。 値段も218円~265円まで幅があります。 パルシステムの10個入りは2種類。 242円のパルシステム独自ブランドの卵です。 「収穫後農薬無散布の飼料、遺伝子組み換えでないもの」を利用しています。 コープデリでも「収穫後農薬無散布の飼料、遺伝子組み換えでないもの」を取り扱っていて、228円。 今回の卵に関しては、カタログ上では、コープデリのほうがお得に見えます。 また、コープデリだと選択肢も多いので、選びやすいと感じました。 牛乳 牛乳に関しても、コープデリのほうが選択肢が多いです。 1000mlの商品は、コープデリは19種類 160円~303円、パルシステムは4種類 207円~242円の価格帯です。 コープデリ パルシステムで取り扱っているのは、パルシステム独自ブランドの牛乳のみです。 パン パンに関しては、商品数はどちらも変わらない印象。 コープデリでは、スーパーで見かけるヤマザキのロイヤルブレッドが150円で販売されています。 そして今回は「ミニカスタードクリームパン」が、下半期最安値の85円で売り出されています。 スーパーで売っている柔らかいパンより美味しいという口コミがあります。 野菜 野菜に関しては、商品によってどちらが安いか違ってきます。 また、時期によっても変わってきます。 パルシステムの野菜は「有機農産物」「農薬・除草剤・化学肥料削減」の商品がカタログで分かるようになっています。 コープデリ パルシステム キャベツ1玉で比較すると、コープデリが198円、パルシステムは189円。 どちらも国産の産直品。 パルシステムのほうが安いです。 レタス1個は、コープデリが168円、パルシステムは189円。 どちらも国産。 コープデリのほうが安いです。 赤ちゃんのための「離乳食」 忙しくて、ストレスが溜まりがちな子育てママにとって、離乳食の準備は本当に大変です。 夜泣きなどが重なってくると、睡眠不足のなか食事の準備をしなければなりません…。 そんな時に助かるのが離乳食の食材。 コープデリでもパルシステムでも取り扱っています。 ムリをしないで、辛い時には積極的に利用すると良いと思います。 食材宅配サービスを活用して、赤ちゃんとの時間を楽しく過ごせるようにする というのも大事だと思います。 コープデリでも、パルシステムでも離乳食は取り扱っています。 どちらもページ数は8ページ。 粉ミルク、離乳食、幼児向けの食材、子育てに関するトピックなどが掲載されています。 特徴をまとめます。 大きな違い• コープデリ … スーパーで買える品質の汎用品を多数取り扱っている• パルシステム … 品質・国産にこだわった独自ブランド商品を取り扱っている その他の違い• 出資金や手数料はほとんど価格差がない• 子育て支援はコープデリのほうが有利 地域による• 商品数はコープデリのほうが多い• 商品の取り扱い基準はパルシステムのほうが厳しい• パルシステムは、国産・原料にこだわった商品を取り扱っている• スーパーで見ないパルシステム独自ブランドがある 人気があるのはコープデリ どちらが人気があるかというのは、コープデリに軍配が挙がります。 取り扱う商品と、宅配地域を加味すると「パルシステム」vs「コープデリ + おうちコープ」という構図になります。 そして、コープデリだけでも、パルシステムの利用者数を上回っています。 コープデリが人気な理由は、以下が多くの人に支持されているのだと思います。 スーパーで見慣れた商品が多い• 商品ラインナップが多い• 取り扱う商品の価格帯も幅広い オススメはどっち? コープデリとパルシステム。 どちらがオススメかは、ご家庭の事情ごとに違います。 ここまで比較してきた内容をふまえると、以下のように活用するのが良いと思います。 コープデリ … 日々の買い物の手間を省くために• もちろん節約もしたい! という方にお勧めなのはコープデリ。 手数料が安い• 価格が安い商品を多数取り扱っている というのが理由。 こんな方にもオススメです。 国の基準を満たしている食べ物なら抵抗がない方• 子育て中で、買い物に行くのがシンドイ時期• 利用しないと損! とりあえず買い物に行く手間をなんとかしたいという方は、まずはコープデリを利用してみると良いと思います。 価格もそんなに高くないので普段の買い物代わりに使えます。 また、スーパーで価格重視で商品を選ぶ方は、コープデリのラインナップにそれほど違和感がないはず。 我が家も節約重視タイプなので、商品数が多いコープデリをメインで使っています。 スーパーで買うような商品が品数多くカタログに掲載されています。 また、近所のスーパーの品揃えに飽きてしまった方が、パルシステムの食材宅配サービスを利用するのも良いと思います。 こんな方はパルシステムがオススメ• 国産の食品、化学調味料不使用、添加物・農薬削減の食べ物にこだわりたい• ちょっと高くても、厳選された食材を楽しみたい• 食品・日用品の取扱い数は多くなくても良い パルシステムを利用していても、もちろん日々の買い物は、スーパー or コープデリ を併用することで、安く済ませることができます。 スーパーの特売で浮いたお金を、パルシステムのこだわり商品に使うと、プチ贅沢が楽しめます。 そして、それぞれ取り扱う商品が違うため、使い分けることができます。 安い方で買うと賢い買い物ができますね。 実際に我が家では、5年ほどコープデリを利用してきましたが、パルシステムも利用しています。 我が家は、このように使い分けています。 日々の食材や日用品は主にコープデリで注文•

次の

子育てならどっち?生協パルシステムVSコープデリ・おうちコープを徹底比較!

おうちコープ パルシステム 違い

おうちコープとパルシステム、どちらも生協なの?何が違うの?と疑問に感じていらっしゃる方も多いと思います。 里帰りそろそろ終わるんだけど、帰ったら買い物基本行けなくなるからネットスーパー利用しようとしてるんだけどさ、いろいろあってよくわかんないんだけど(;_;)誰かネットスーパーや生協関係を利用されてる方どういうものかおしえて下さい(;_;)おうちコープやパルシステムとかありすぎだよう — 吉田 愛 manamii29 【共通点】どちらも生協です 相違点を比較する前に、まず共通点を確認したいと思います。 もも「どちらも生協」です。 おうちコープとパルシステムのどちらを利用しても、 加入する団体が異なるだけで、生協を利用することに変わりありません。 食料品の宅配事業をしている生協団体は全国に何百もあり、そのうちブランドの宅配をしている生協は「ユーコープ」「うらがCO-OP」「全日本海員生協」「富士フイルム生協」などがあります。 の加盟生協は、パルシステム東京、パルシステム千葉、パルシステム埼玉、パルシステム茨城、パルシステム群馬、パルシステム福島、パルシステム神奈川ゆめコープ、パルシステム山梨、パルシステム静岡、新潟ときめき生協の10団体です。 利用できるエリアの違い おうちコープを利用できるエリア おうちコープを利用できるのは、神奈川、山梨、静岡です。 パルシステムを利用できるエリア パルシステムを利用できるのは、東京、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、福島、神奈川、山梨、静岡、新潟。 つまり、利用可能エリアがかぶっている(どちらも利用できる)のは 神奈川、山梨、静岡の三県です! カタログの違い おうちコープのカタログ おうちコープはセールが豊富。 おうちコープのカタログは、圧倒的な品揃えと割安感が特徴です。 メインカタログのほか、業務用サイズの大容量商品や衣料品、日用品など多岐にわたります。 パルシステムのカタログ パルシステムのカタログは自主基準を満たす商品のみの掲載で、掲載商品数はおうちコープより若干少なめな印象。 比較的落ち着いた紙面構成になっています。 パルシステムも、メインカタログのほか、衣料品、日用品などカタログの種類は多岐にわたります。 商品構成の違い おうちコープの商品構成 おうちコープの商品構成は、圧倒的な取り扱い数のと市販品。 (市販品を生協で扱う場合は、「生協仕様」といってその団体の基準に合わせて原材料を変えてあります。 ) 野菜の違い おうちコープの野菜 おうちコープの「まるごと産直」 組合員が産地を、生産者が消費される場を訪問するなど顔の見える関係を築き、思いをともにしておいしい農産物を育んでいます。 おうちコープの「とれたてシャキット便」 収穫時間や方法、配達時間の短縮、最適な温度管理を追求して、とれたて鮮度の青果の配送を実現。 パルシステムの野菜 パルシステムの「産直協定書」 パルシステムの農産物は、パルシステムの産直の理念を共有し「産直協定書」を取り交わした産地で栽培されます。 その提携産地は米32、青果300(2014年度時点)。 さらにすべての産地と「栽培計画書」を取り交わし、誰がどのように作る予定なのかたどれる仕組みになっています。 また組合員の代表が 監査人として参加する「産地の公開確認会」も実施しています。 パルシステムの「コア・フード」 パルシステムの「コアフード」マークは、JAS有機認証、またはそれに準ずる農産物をはじめとしたパルシステムのトップブランドです。 フルーツの違い おうちコープのフルーツ おうちコープのフルーツは、バナナ以外は全国のJAや果樹園から取り揃えられている印象です。 例を挙げてみるとー 【オレンジ】愛媛県JAにしうわ 【いちご】栃木県JAはが野 【りんご】JAつがる 【キウイ】JA神奈川西湘 【バナナ】台湾、産地指定フィリピンバナナ、フェアトレードバナナ等 パルシステムのフルーツ パルシステムのフルーツは、提携産直産地のほか、全国のこだわり果樹園から取り寄せているという印象です。 例を挙げてみるとー 【みかん】さんまる、おても会、佐藤農場、水俣不知火 【りんご】八蜂園、サンファーム、さみず 【いちご】たまつくり、とちのみ 【レモン】広島ゆたか、無茶々園 【ゆず】夢産地とさやま 【バナナ】化学合成農薬不使用エコ産直バナナ…バンラート農協、トゥンカワット、チュンポン(いずれもタイ)等 鶏肉の違い おうちコープの鶏肉 おうちコープのカタログに掲載されている鶏肉産直産地は、はぐくみ鶏(佐賀、青森)。 唐揚げや焼き鳥などの加工食品にはタイ、中国など海外産もありますが(産地を確認しながら注文できます)、全体的に国産に力を入れている印象を受けます。 パルシステムの鶏肉 一般の若鶏は生産性を高めるために、法定休薬期間(出荷前7日)を除き飼料に抗生物質や合成抗菌剤を添加する場合が多いですが、パルシステムは生産者と協議を重ねながらすべての産地で飼育期間中(ひな導入から生鳥出荷まで)の飼料に抗生物質や合成抗菌剤を添加しない飼育を実現しています。 さらに、「コア・フード地鶏しゃも」と「米沢郷鶏」は飼料の主原料が非遺伝子組換えです。 豚肉の違い おうちコープの豚肉 おうちコープのカタログに記載されている豚肉の産直産地は、茶美豚(鹿児島、岩手、茨城)、かごしま黒豚(鹿児島)、ハーブ三元豚(カナダ)。 加工食品や味付け肉などは米国産、カナダ産など海外産の記載もありますが(産地を確認しながら注文できます)、全体的に国産に力を入れている印象を受けます。 パルシステムの豚肉 豚はわずかな環境の変化でもストレスを受けやすく、病気にかかりやすいデリケートな動物であるため、病気予防目的で法定休薬期間ぎりぎりまで飼料に抗生物質を添加する場合もあります。 しかし、パルシステムの産直産地では、できるだけ薬に頼らない飼育をめざし、衛生管理・温度管理の徹底や豚舎の密度を抑えるなど、飼育環境を整えて豚のストレスを軽減し、自然治癒力や免疫力を高めることに努めています。 また冷蔵肉は、肉の形態に合わせパルシステム独自のパッケージを使用。 真空に近い状態で新鮮さをキープする「スキンパック」、炭酸ガスと酸素を封入し微生物の繁殖を防ぐ「ガスパック」を採用するなど容器にもこだわっています。 牛肉の違い おうちコープの牛肉 おうちコープのカタログに記載されている牛肉の産直産地は、大沼牛、鹿追牛(北海道)、オーストラリアビーフ(オーストラリア)。 加工食品や味付け肉などは豪州産など海外産の記載もありますが(産地を確認しながら注文できます)、全体的に国産に力を入れている印象を受けます。 パルシステムの牛肉 パルシステムでは提携している産直産地の牛肉について『畜産産直取引規定』を定めています。 仔牛の導入先を明らかにすることや、肥育期間中(生後10カ月から出荷まで)の飼料には抗生物質を加えないことなど、安全性を重視した生産の基準を設けています。 パルシステムの産直牛肉産地では、牛の生理機能に沿った飼料を多く使用することや、飼養のストレスを軽減することで、薬剤に頼らない健康な牛を育てることをめざしています。 加えて、自給飼料の生産や地域の食品副産物を活用することで国産飼料の比率を高め、また牛舎のふん尿を堆肥にして地域の農地に還元することなどで、環境保全型・資源循環型農業の実現にも貢献。 また牛トレーサビリティー法に基づいて商品ラベルに牛肉履歴確認番号を記載しています。 ホームページ内の『牛肉生産情報システム』に番号を入力することにより、原料牛肉の由来がわかる仕組みになっています。 パルシステムでは飼料やワクチンに関する情報も別に開示しています。 ハム・ウインナーの違い ハム・ウインナーの品揃えは両者にかなりの差がみられる部分だと思います。 おうちコープのハム・ウインナー おうちコープは、無塩せき国産原料の商品も、一般のスーパーで特売しているような格安ウインナーも幅広く売られていて、 安全性も価格も選択肢が多い印象です。 パルシステムのハム・ウインナー パルシステムのハムウインナーは、ほとんどが産直豚肉を使用したPBです。 PBではないウインナーも少々売っていますが、 すべて無塩せきで、化学調味料なども使っていない良質なものを仕入れている印象。 扱っている品数はそれほど多くないものの、普段無塩せきしか買い求めない人にとっては、一つ一つ原材料を確認する必要がないのがメリットです。 たまごの違い おうちコープのたまご おうちコープは品ぞろえが多めで価格は低めに抑えられています。 (価格は変動するので、資料請求で最新のカタログを比較検討してくださいね!) たとえば「CO・OPはぐくむたまご」は、配合飼料のうちトウモロコシについて非遺伝子組換え品種を指定したたまごです。 ビタミンEが一般的なたまごの8倍含まれるように設計されています。 生産者を指定し、流通経路が明確なたまごに採卵日、賞味期限日を表示しています。 コープの職員が定期的に農場やパック工場を訪問しチェックしています。 「CO・OP稲穂のみのりたまご」は配合飼料のうち国産米を飼料の10%配合したピンク色のたまごです。 生産者を指定し、流通経路が明確なたまごに採卵日、賞味期限日を表示しています。 コープの職員が定期的に農場やパック工場を訪問しチェックしています。 パルシステムのたまご 一般的な養鶏では、厳しい価格競争と効率に追われるため、親鶏は太陽の光も入らない鶏舎で育てられることがありますが、パルシステムの産直産地では自然の光と風の入る鶏舎で育てています。 親鶏の飼料は全産地で、非遺伝子組換えのとうもろこしを厳選。 牛乳の違い おうちコープの牛乳 おうちコープの牛乳は、品揃えがわりと多く低価格に抑えられています。 (市販品も売られています。 ) なかでも「コープ牛乳」は年間3700万本を出荷するベストセラー商品なのだそうです。 このコープ牛乳の乳牛を育てている関口牧場では、自家製のトウモロコシをはじめ、牧草などを青刈り・発酵させた粗飼料と、トウモロコシの実や大麦、ぬか、油かすなどを混ぜ合わせた濃厚飼料を与えています。 パルシステムの牛乳 パルシステムの牛乳は「こんせん72牛乳」と「酪農家の牛乳」というPB商品の二本柱です。 産地は質の高さでは日本でもトップクラスとされる北海道根釧地区に限定。 冷涼な気候と恵まれた自然環境から病害虫の発生も少なく、牛の飼料である牧草への農薬散布もできるだけ少なくすむのだそうです。 最低限の加熱で有害な菌だけを殺菌するので、生乳の品質の高さが不可欠。 埼玉県、茨城県で酪農を営む生産者が搾乳した細菌数の少ない良質な生乳のみを使用しています。 消費期限は若干短くなってしまうのですが、パルシステムは生乳本来の風味を大切にしたラインナップになっています。 おうちコープのグリーンプログラム米 慣行栽培に比べ化学合成された農薬(節減対象農薬)、化学肥料を5割削減して栽培した特別栽培米です。 パルシステムのお米 パルシステムの産直米 パルシステムの産直米は、全産地農薬削減への取り組みを実践しています。 産直産地の7割以上、取り扱い数量の5割以上がパルシステム独自の栽培基準「エコ・チャレンジ」を達成しています。 パルシステムのエコチャレンジ エコ・チャレンジとは、優先排除・問題農薬を使用せず、農薬は当該地域の慣行栽培の半分以下にとどめ、化学肥料も当該地域の慣行栽培の半分以下にとどめる栽培です。 パンの違い おうちコープのパン おうちコープのパンの品揃えは、と市販品の構成になっています。 コープ商品のパンは幅広くそろえてられていて、食パンは100円を切る6枚切り食パンもあれば、パスコの超熟もあり、また賞味期限の長いロングライフパン(箱に10コ程度入っているコープ商品)も扱っています。 市販品はフジパンや山崎製パン、第一パンなど。 パルシステムのパン パルシステムのパンの品揃えは、パルシステムの子会社が製造しているPB商品と、がメインです。 PB商品はイーストフードや保湿剤、老化防止剤といった添加物は使用していません。 ここから資料請求できます 資料請求をすると、だいたいどの生協でも実際のカタログをそのまま一部もらえます。 価格は常に変動していますし、ここに載せられていない商品もまだまだたくさんありますので、実際のカタログを比べてあなた様に一番合う生協を選んでくださいね! 神奈川、山梨、静岡 東京、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、福島、 神奈川、山梨、静岡、新潟 産後食事が作れないのはVRぐらい目に見えてるので、生協の資料請求した。 おうちコープとパルシステム。 — Amo am2748536 買い物の手間を減らすため、食材配達サービスを検討中。 オイシックス、おうちコープ、パルシステムを資料請求してみました。

次の