お墨付き 類語。 「お取り計らい 」の意味と使い方、文例、類語、英語、「ご査収」との使い方

「大体」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

お墨付き 類語

「大体」とは? 意味 「大体」には、 「細かい点を除いた主要な部分」という意味があります。 また 「大体」は、 「物後の要点や数量などを、大づかみに捉える様子」を意味します。 「大体」の読み方 「大体」の読み方は、 「だいたい」になります。 「大体」の表現の使い方 「大体」の表現の使い方を紹介します。 「大体」は、 「細かい点を除いた主要な部分」を意味します。 例えば、旅行に行った後で、友達や家族に土産話をする時、旅行の細かい点は除いて、主要な部分だけ話すかもしれません。 このような時、 「旅行の大体について話す」などと、 「大体」という言葉を使ってみましょう。 また 「大体」は、 「物後の要点や数量などを、大づかみに捉える様子」を意味します。 例えば、道を歩いている時に、誰かに駅までの距離を聞かれるかもしれません。 正確ではなく、大づかみに言えば、10分程度だと感じた時、 「駅まで大体、10分です」などと、 「大体」という言葉を使い、説明できます。 「大体」を使った例文や短文など 「大体」を使った例文とその意味を解釈していきます。 「大体」を使った例文1 「職場の『大体』の人が、飲み会に出席する」 この例文は、職場全体の大づかみの同僚たちが、飲み会に出席するという文章になります。 このように 「大体」には、 「細かい点を除いた主要な部分」という意味があります。 出欠席を細かく見ていないため、大づかみですが、ほとんどの人が出席する時、 「大体、出席する」などと言います。 「大体」を使った例文2 「このステーキは『大体』1kgあるが、食べきれるだろうか」 この例文は、ステーキハウスなどでステーキが出てきた時、おおよそ1kgあるステーキが出てきて、食べきれるか心配になっている場面になります。 このように 「大体」は、 「物後の要点や数量などを、大づかみに捉える様子」を意味します。 ステーキはポンドで表示されていることも多く、kgに直して 「大体」の量を把握することもあるでしょう。 「大体」の類語や類義語・言い換え 「大体」の類語や類似を紹介します。 「おおよそ」 「おおよそ」は 「物事のあらましや、大要」という意味があります。 「おおよそ、理解できた」という文書は、 「あらましは理解できた」という意味になります。 「おおよその見当をつける」などという使い方をします。 「粗方」【あらかた】 「粗方」は 「全部ではないが、それに近い様子」を意味します。 「粗方、食事を食べ終わった」という文章は、 「全部ではないが、それに近いくらい食事を食べ終えた」という意味になります。 「粗方、用事が済んだ」などという使い方をします。

次の

折り紙をつけるの意味・例文・類語!なぜ折り紙で保証ができるの?

お墨付き 類語

「お墨付き」とは? 「お墨付き」と「折り紙付き」と「太鼓判を押す」の違い• 「お墨付き」を使った言葉と意味を解釈• 「お墨付き」を使った例文や短文など 意味を解釈• 「お墨付き」の類語や言い換え• 「お墨付き」は誰でも貰える? 「お墨付き」の英語や例文 解釈 など 「お墨付き」とは? 「お墨付き」の言葉の意味は、 「権力・権威・権限のある人が、ある人物に対して与える許可・保証のこと」になります。 「お墨付き」というのは 「権力・権威を持つ人が与える許可・保証」のことで、 「お墨付き」を貰うことでその権力・権威が通用する範囲内で 「その人物に一定の信頼・実績・能力・腕前 技量 などがあること」を分かりやすく他者に示すことができるのです。 丁寧の接頭辞の 「お」を除いた 「墨付き」には、 「墨で書いた筆跡・墨の付き具合」や 「中世から近世江戸期にかけて、将軍及び諸大名が臣下に与えた証明書 判物・はんもつ 」の意味があり、後者は 「お墨付き」の語源と関係します。 「お墨付き」と「折り紙付き」と「太鼓判を押す」の違い 「お墨付き」とは、権力・権威を持つ人が 「特定の人物」の人間性・信用・実績・能力などを保証したり許可したりすることを意味しています。 「折り紙付き」とは、 「平安時代から贈答品に付けられたとされる物の品質・出自・作者などを保証する文書や鑑定書」が原義であり、原則として 「特定の物」の品質 クオリティー を保証することを意味しています。 ただし、現在では特定の人物の能力・技量・実績を保証する場合にも使われることはあります。 「太鼓判を押す」とは、 「その人の能力・技術・実績などを保証すること」や 「物の価値・品質を保証すること」を意味する言葉です。 「太鼓判を押す」のは必ずしも権力・権威・権限がある人とは限らないので、 「 将軍が保証する お墨付き・ 鑑定書で保証する 折り紙付き」と比べるとその保証の度合いがやや落ちる違いがあります。 「裁可・認可・公認」 「お墨付き」の類語・言い換えとして、 「裁可 さいか ・認可 にんか ・公認 こうにん 」があります。 「裁可」というのは、 「君主 上位者 が臣下 部下 の提出する議案・提案を裁決してそれで良いと許可すること」を意味する言葉です。 「認可」の言葉の意味は、 「それで良い 適当である として許可すること」や 「公的機関が第三者の行為を認めて、その法律上の効力を実際に具現化させること」になります。 「公認」というのは、 「公的機関・権威者 上位者 が公的に意味・効果のあるものとして認めること」を意味しています。 権力や権威のある人が保証することを意味する 「お墨付き」は、 「裁可・認可・公認」という言葉に言い換えることができます。 「文句なし・言うことなし」 「お墨付き」の類語・言い換えとして、 「文句なし もんくなし ・言うことなし」があります。 「お墨付き」というのは、権力・権威・権限のある上位者が、特定の人物の地位 身分 ・能力・権限・実績などを認めて保証することであり、 「お墨付きを得る」ことによって、 「文句なしの人物」として認められやすくなります。 「お墨付きがある」ということは、 「言うことなしの人物であり、その人物の地位や能力を上位者 権力者・権威者 が保証していること」を意味しているのです。 そういった 「お墨付き」の意味・効力 他者にあれこれ文句を言わせないだけの効力 を考えると、 「お墨付き」の言葉は 「文句なし・言うことなし」という言葉によって言い換えることができるのです。 「お墨付き」は誰でも貰える? 「お墨付き」は誰でも簡単に貰えるわけではなく、 「お墨付きを与える権限・資格・地位を持っている人物」から、 「自分の人間性・能力 技量 ・実績」などを高く評価してもらわなければ、 「お墨付き」を得ることはできません。 「お墨付き」というのは、突き詰めれば 「人の人に対する高い評価を前提にした承認・許可・保証」のことですから、 「お墨付きを与える立場にある人」から 「自分という人物」を信用してもらい、 「自分の人間性・能力 技量 ・実績」を認めてもらえなければ貰うことができないのです。 「お墨付き」を貰うためには、 「人間関係・信頼関係・血縁関係」などを前提として、 「自分の人間性・能力 技量 ・実績に対する上位者の高い評価や好感度」などが必要になってきます。 ただ能力・実力・技術だけがあっても、上位者から人間性や態度を嫌われていれば、 「お墨付き」を貰えない恐れがあります。

次の

折り紙をつけるの意味・例文・類語!なぜ折り紙で保証ができるの?

お墨付き 類語

折り紙つき 折り紙つきとは、 物に対して使うものです。 物を作った時に付ける文書や、 鑑定書のことを言います。 平安時代から、贈呈品を送るときには、その物が 確かな品質を持っていることを示すために、 公式文書や目録として作られた、文書のことです。 主に、美術品や刀剣など、名のある名手が作ったものや、酒蔵などの有名所の名が刻まれているものなど、 確かな保証がされているものことを 「折り紙つき」と言います。 「折り紙つき」は物に対して使うものですが、 最近では、 腕や品質が確かなものを指す言葉として、 人に使われることもあります。 料理の腕前など、その人の持っている技量や能力、技術が優れいているという意味で使われます。 「この刀は折り紙つきだ」など お墨付きと折り紙つきの違い 由来にあるように・・・ お墨付きは 人に対して。 折り紙つきは 物に対して。 ということでしたが・・・ もっと明確には、 折り紙つきの場合は確実な品質を持って確かなものであるという証明。 ですが・・・ お墨付きの場合は、上位の信頼と認識によって得られるものであって、 もし、お墨付きをくれた上位よりも、 更に上がいた場合には、効果が消えてしまったり意味がなくなったりします。 そんな感じです。 お墨付きの場合、それをくれた人によっても効果が少し違ってくるんです。 注意! お墨付き・折り紙つきは、良い意味で使う言葉です。 悪いものに使う場合は、 「札付き」を使います 札付きのワル。 など、悪いことをすると定評の人を指します。 いろいろありましたが、覚えておいて損はないと思います。 会社なんかで間違えると、恥ずかしくなっちゃうこともありますからね。 でも、そんな時は百聞は一見にしかず、ということで勇気をだして聞いてみるといいでしょうね。

次の