フラクトオリゴ 糖。 ここがスゴイ!フラクトオリゴ糖3つの働き|フラクトオリゴ糖|株式会社 明治

フラクトオリゴ糖 天然チコリ由来の販売【NICHIGAインターネットショップ】

フラクトオリゴ 糖

長沢オリゴは横須賀市長沢の高齢者を対象とした減塩カフェ「カフェ500」で誕生しました。 店主である小柳津広志は2017年秋に糖尿病で体調を崩している方々から「食べ物で体調を回復できませんか」と相談を受けるようになりました。 小柳津広志は東京大学で腸内細菌の研究をしていたため、フラクトオリゴ糖が腸内の酪酸菌を増加させることを知っていました。 そこで、フラクトオリゴ糖を摂取するよう勧めました。 その後、多くの方々の体調が回復し、2018年春になると、これらの方々の花粉症、喘息、皮膚の痒みなどのアレルギー反応が消失することが分かりました。 そこで、このようなお悩みの方々の体調を回復するためにオリゴ糖を最適に配合した「長沢オリゴ」を販売することになりました。 温かい飲みものに溶かしてお飲みいただけます。 冷たい食べ物の場合は振りかけてお召し上がりください。 大腸内には1gあたり1兆個もの細菌が生息しています。 これらの大部分はFurmicutesに属する細菌で、代表的なものがClostridium属です。 放線菌群のほとんどはビフィズス菌です。 残りの細菌はごくわずかしか存在しません。 たまたま、大腸菌群が増えた場合には下痢を起こします。 酪酸菌は多様な細菌群の集合ですが、その多くはFurmicutesに属します。 私たちの大腸には生まれて母乳を飲む前までは大腸菌群がたくさん入り込んでいます。 離乳をした後はビフィズス菌が減少してFurmicutesと呼ばれる細菌群が増え酪酸を生産するようになります。 この酪酸は免疫をコントロールする役割を持ち、免疫力を上げる、食べたものにアレルギー反応を起こさないようにするなどの作用をします。 また、酪酸は大腸を動かすエネルギー源となり便通を促します。 したがって私たちの体は、離乳後は酪酸菌によって守られていることになります。 酪酸菌を増やすものが青果に含まれているフラクトオリゴ糖です。 長沢オリゴはこのような自然の摂理である「人と腸内細菌の関係」を理解して作られたものです。 この酪酸菌の作用は哺乳類すべてで共通ですので、長沢オリゴは犬や猫でも人と同じように作用します。 【脳に対する作用】 脳に対する作用も酪酸がその作用の中心であることが報告されており、次のような病気に作用するという文献があります。 この論文によれば、酪酸は脳に対して4つの作用があると書かれています。 1 ミトコンドリアの活性上昇 この作用により、アルツハイマー型認知症、パーキンソン病、ハンチントン病、ミトコンドリア病脳障害、副腎白質ジストロフィーが改善される。 2 G蛋白レセプターを介した作用 この作用により、代謝異常症、脳のインスリン抵抗性、パーキンソン病が改善される。 3 ヒストンのアセチル化 この作用により、アルツハイマー型認知症、パーキンソン病、ハンチントン病が改善される。 4 腸内フローラの安定性 この作用により自閉症が改善される。

次の

オリゴ糖の種類とその違いまとめ!効果に違いがあるってほんと?

フラクトオリゴ 糖

オリゴ糖とは? オリゴ糖は、糖がいくつか結合したものの総称です。 だからその構造は、オリゴ糖の種類によって異なります。 オリゴ糖全体の特徴として注目されているのが、 「小腸で吸収されない難消化性の糖質であること」であり、大腸まで届くことが、腸内細菌のえさになるといわれる理由です。 食物繊維も難消化性なので大腸に届き、腸内細菌のえさになりますが、それと似ていますね。 オリゴ糖は腸内細菌たちのえさになり、腸内細菌は短鎖脂肪酸という物質を作ることが知られています。 この 短鎖脂肪酸が人間にとってはとてもうれしい物質で、腸内環境を整え、余計な脂肪を分解したり、生活習慣病を予防したり、免疫力を高めたりすることが知られています。 ぜひぜひ、腸内細菌たちに短鎖脂肪酸をつくってもらいたいですね。 オリゴ糖の種類と違い オリゴ糖はたくさんの種類がありますが、それぞれ原料や構造が違います。 どのオリゴ糖も食べると腸の中で腸内細菌のえさになりますが、腸内細菌はそれぞれ好きなオリゴ糖があるので、だれのえさになりやすいかが違ってきます。 元気になる腸内細菌、増殖する腸内細菌が異なるので、いろんな種類のオリゴ糖を少しずつ食べたほうがいいという考え方をおっしゃる専門家の方もいます。 それでは、ひとつひとつオリゴ糖の種類を確認してみましょう。 ビートオリゴ糖(ラフィノース) ほうれん草と同じヒユ科に属する植物、甜菜(ビート)から抽出されるオリゴ糖です。 別名「ラフィノース」とも言い、医療の現場でも活躍するちょっと特殊なオリゴ糖です。 ビートオリゴ糖を扱う日本甜菜製糖株式会社さんのホームページには、ビートオリゴ糖(ラフィノース)についてこのように説明がありました。 粉末、顆粒、錠剤、カプセルなどの各種形状製品へのご利用には最適です。 また、「易溶性」「熱安定性」「pH安定性」の特性から多種多様の食品に使用できます。 その他食品以外の用途として、医療用としても使用されております。 nitten. html 良く溶けるし、熱を加えても構造が変わったりせず、とても安定していることがわかります。 それもそのはず、多くのオリゴ糖は酵素を反応させて抽出することが多いらしいのですが、ビートオリゴ糖は世界で唯一「天然で抽出する」ことができるんですって。 医療用としては、臓器移植の際の保存液に使われたりアトピーの改善に使われることもあるそうです。 なんだか、とても安全性が高そうな印象がありますね。 1957年、オーストリアのFriedrich Petuelyが、乳糖から作ったオリゴ糖、「ラクチュロース」を加えた粉ミルクを赤ちゃんに飲ませたところ、うんちのビフィズス菌数が、母乳を飲んでいる赤ちゃんに近づくことを発見し、この研究成果を発表した。 ラクチュロースは、ヒトに消化・吸収されずに腸まで届くため、ビフィズス菌の餌となり、その結果ビフィズス菌が増えていたのだ。 morinagamilk. もともとはあかちゃん用のミルクに入れられたミルクオリゴ糖(ラクチュロース、ラクツロース)ですが、最近では大人向けの医薬品へと発展しています。 安いじゃがいもやとうもろこしのでんぷんを原料に酵素分解すれば作れるため、製造コストがかなり安く抑えられることが特徴です。 その原価の安さから市販のオリゴ糖にはこの「イソマルトオリゴ糖」が多く使われています。 でも、 ほかのオリゴ糖よりもちょっと消化・吸収されやすいようなので、他のものよりは腸に届きにくい 難消化性度が低い といわれています。 よって、おなかを下す副作用は少なくなります。 イソマルトオリゴ糖も特定保健用食品 トクホ 認定されています。

次の

ごぼうを食べて花粉症対策⁉カギは酪酸菌?『花粉症は1日で治る!─東大の微生物博士が教える』

フラクトオリゴ 糖

砂糖に近い甘さ フラクトオリゴ糖は難消化性のオリゴ糖でして、ほとんど消化はされることはありません。 ビフィズス菌の栄養分となってくれますし、結果としてビフィズス菌をはじめとした腸内有用菌の活性化に役立ちます。 オリゴ糖は、虫歯になりにくい甘味料としても有名です。 他には、便秘の解消、高脂血症の改善、血糖値の抑制などといった効果もあり、 健康にとても良い性質を持っています。 甘味はどうなのかと申しますと、砂糖に近い甘さを持っています。 けれども、その甘味度は砂糖の半分程度、カロリーも砂糖のおよそ半分と低くなっています。 ほのかに甘く、低カロリーの甘味料として女性にとても人気の甘味料です。 フラクトオリゴ糖はオリゴ糖の代表的な種類といえます。 オリゴ糖と聞いてイメージする性質がそのままありますので、オリゴ糖の代表格として人気を博しています。 ガラクトオリゴ糖 ガラクトオリゴ糖というオリゴ糖も有名でして、フラクトオリゴ糖とかなり近い性質を持っています。 このガラクトオリゴ糖もフラクトオリゴ糖同様、代表的なオリゴ糖の種類のひとつです。 基本的には、フラクトオリゴ糖と同様に 天然の食材に含有されつつ、人工製造も可能のオリゴ糖です。 ガラクトオリゴ糖を含んでいる食品はといいますと、「母乳」や「牛乳の初乳」です。 代表的なオリゴ糖の中で、ガラクトオリゴ糖は唯一の動物性オリゴ糖です。 これは ガラクトオリゴ糖の最大の特徴となっています。 ガラクトオリゴ糖を人工的に製造しようとすると、原料に乳糖が必要になります。 フラクトオリゴ糖と同じように、酵素反応を利用して作られます。 赤ちゃんが身体を生成するためにとても役に立つ 最大の特徴である動物性のオリゴ糖という点は、効能にも表れています。 牛乳が持っているタンパク質の消化吸収を補助する効果があるので、赤ちゃんが身体を生成するためにとても役に立ちます。 母乳に含まれているというのは、ここが大きな理由でしょう。 ガラクトオリゴ糖は、この他にもビフィズス菌などの腸内有用菌の活性化に有効です。 虫歯の予防にも役立ってくれます。 甘味についてですが、あまり甘味度が高くなく、フラクトオリゴ糖の半分程度です。 すなわち、砂糖の4分の1程度の甘味度です。 注意して欲しい点が、牛乳の性質を一部有しているということです。 タンパク質を抗原としたアレルギーの原因になる可能性があり、 それが下痢を引き起こす場合もあります。 このような場合はいったん使用を停止して、アレルギーを持って いないか確認した方がよいでしょう。 たまたまお腹が壊れただけでアレルギーがないのであれば、 引き続き利用することができます。 その場合は量を調整しながら体を慣らしていく必要がありますので 少なめから再度取りましょう。 Copyright 2013 c Allrights Reserved.

次の