メルペイスマート払い 選択できない。 「メルペイスマート払い(旧:あと払い)」の設定方法&使い方、後からの支払い方法

メルカリ│メルペイスマート払いの設定方法を詳しく解説

メルペイスマート払い 選択できない

「iD」とは「NTTドコモ」が運営する電子マネー決済手段です。 「おサイフケータイ」対応のスマホをかざすだけで、スムーズに支払いができます。 メルペイスマート払いはiD決済にも対応しており、iD決済をした分を後払いとして翌月にまとめて清算可能です。 iDが使えるお店は、全国で108万カ所以上にものぼります。 オンラインショッピングの「Amazon」もiD決済の対象です。 iD決済とメルペイスマート払いの両方をダブルで活用すれば、使用できる範囲が広がります。 支払いや清算がよりスムーズに済むでしょう。 メルペイでは「対象となる支払い方法」で決済をすると、購入金額の数十%をポイント還元するキャンペーンを不定期に行っています。 メルペイスマート払いのiD決済も、ポイント還元の対象です。 メルペイスマート払いのメリット メルペイスマート払いを使うと、買い物の回数にかかわらず支払いが「翌月1回のみ」になります。 残高が減るたびに、金額をチャージする必要がなくなるでしょう。 手元や銀行口座にお金がないときでも、メルペイスマート払いを利用すれば、欲しいものがすぐに購入できます。 「給料前で使えるお金が残り少ない」という人や「クレジットカードを持っていない」という人にとっては、特に利便性が高い支払い方法です。 当月の利用明細は「翌月1日」に通知されますが、自動引き落としを除き支払いは「翌月1日から末日まで」の好きな日時が選べます。 クレジットカードのように引き落とし日時が決まっておらず、給料入金後など自分のタイミングに合わせて清算ができるのも魅力です。 利用上限を選択できる 後払いというと、クレジットカード感覚で際限なくお金を使ってしまいそうで、踏み出せていない人もいるかもしれません。 メルペイスマート払いには、メルペイが決めた「利用限度額」があります。 さらに、利用限度額の範囲内で利用上限が設定できるため、使いすぎる心配がありません。 「メルペイスマート払い利用上限金額」をタップすると、選択可能な利用上限金額の一覧が表示される仕様です。 設定可能な上限金額は、利用者によって異なります。 運営側の判断とされており、メルカリの取引実績やメルペイの利用状況などから決まるようです。 なお、利用上限を設定するには、初回のみ「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定が前提となっています。 口座登録の過程で本人確認が行われるため、別途申請の手間がかかりません。 メルペイの「銀行チャージ」から「銀行口座を登録する」をタップします。 「銀行口座の登録」の画面で必要事項を入力した後「銀行サイト」に移動し、所定の手続きを済ませましょう。 最後に、メルカリアプリ内で4桁のパスコードを設定すれば完了です。 銀行口座からの支払いを希望しない人や口座がない人は、アプリ内で「本人確認の申請」を行います。 案内に従って、自分の顔と本人確認書類をスマホで撮影しましょう。 その後、個人情報の入力に移ります。 本人確認書類の住所と現住所が異なる場合は、公共料金の請求書など「現住所がわかる書類」の撮影が必要です。 お店で使えるように設定 メルペイスマート払いを実店舗で利用するには、初回のみ「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定を行う必要があります。 アプリ内で行う連携作業のようなものです。 メルペイの「使い方」から「メルペイスマート払い」をタップし「設定をはじめる」を選択します。 画面の指示に従い、設定を完了させましょう。 この段階で「本人確認」が済んでいない場合、自動的に本人確認の画面に切り替わります。 すでに切り替えが済んでいる場合は、画面上に「メルペイスマート払い残枠」と表示されているはずです。 一度設定が完了した後は、iD決済またはコード決済で通常通り支払えます。 以前は口座振替もありましたが、20年2月末を最後に新規では利用できないようになっています。 精算方法は、アプリ内の「メルペイスマート払い」メニューから「支払い方法」をタップして設定しましょう。 利用できる支払い方法の一覧が表示されるため、それぞれの支払い方法の画面でポイントの利用数などの詳細設定を行います。 「自動引き落とし」は、銀行口座から毎月自動的に引き落とされる方法です。 11日・16日・26日のいずれかの日が指定できます。 自動引き落しを初めて利用する場合、当月の引落日は26日です。 翌月から選択した日が適用されます。 メルペイ残高と自動引き落としなら手数料は無料.

次の

【メルペイ】スマート払い(あと払い)の設定方法 画像つきで解説 手数料無料 ポイントも使える│らくあま

メルペイスマート払い 選択できない

『メルペイ』は、フリマアプリサービスでは圧倒的なシェアを誇る「メルカリ」を運営している株式会社メルカリの子会社である、株式会社メルペイが2019年2月から始めた、キャッシュレス決済(非接触型決済)です。 メルカリと言えば、2018年6月19日東証マザーズに上場し、2019年8月には「鹿島アントラーズ」の株式61. 6%を約16億円で取得し子会社化したとのニュースがありました。 メルカリは、要らなくなったものを出品したり、必要なくなった人から購入したりできるフリマアプリ(フリーマーケットアプリ)です。 当初、身分証などが必要なくアカウントが大量に作成できたり、現金の出品で出資法違反の疑いで逮捕者が出たりとなどさまざまな問題が発生したのは記憶に新しいところです。 現在は、一度アウトになった住所では登録できなくなったり、携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)による認証が必要になったりと規則を強化しています。 今までのメルカリは、売り上げがあってもすぐに現金化できずタイムラグがありましたが、メルペイと連動することで、売ってできたお金はそのまま、すぐにコンビニなどでメルペイの売り上げから支払うことが可能になりました。 もちろん、従来通り銀行振り込みも可能です。 メルカリやメメルペイスマート払い(あと払い)の仕組み メルカリでは、従来から月一払いと言って、メルカリで落札した商品の支払いを翌月の月末に一括で後払いできる機能がありました。 ほとんどの人がメルカリを後払い20,000円の限度額まで利用でき、利用する度に100円の手数料がかかるシステムでしたが、メルペイが始まると同じころに何度利用しても月300円で済むように変更になりました。 メルペイに、後払いの機能がそのまま移行し、併せてアプリで買い物もできるようになったような現在までの流れです。 尚、後払いで利用する場合は、アプリの設定が必要になり、限度額などには個人差があります。 メルカリアプリの登録の流れ メルペイは、メルカリアプリに付いている機能なので、まずメルカリに登録する必要があります。 スマホにアプリをインストールして、手順に沿って入力するだけで簡単に登録できます。 まずはメールアドレスを登録します。 ご自由なメアドの他、FacebookやGoogleのアカウントでもできます。 携帯電話番号を登録します。 SMSから通知された4桁の番号を入力する。 会員登録はこれで終了です。 最終的に売買するには、細かい個人情報の入力も必要になります。 メルペイでは、さまざまな方法で買い物や支払いが可能です。 ここでは、後払いでの買い物の方法を紹介します。 メルカリでメルペイスマート払いの支払い方法 購入画面で、「メルペイスマート払い(旧:メルペイあと払い)」を選択するだけで購入手続きは終了です。 あとは、商品の到着を待つだけです。 実店舗でのメルペイスマート払いの支払い方法 メルペイ画面でどちらかを選択• メルペイ電子マネーiD• コード払い お店でメルペイ電子マネー(かざしてお支払い iD)またはコード払いを利用し、支払う方法です。 「コード払い」は、店や商品によって、スマホのコードを読み取る場合と、スマホでQRコードを読み取る場合があります。 (最初にメルペイスマート払いの設定が必要です。 ) ネットショップでのメルペイスマート払いの支払い方法 支払い画面に「メルペイ」または「メルペイでお支払い」ボタンがあるネットショップでメルペイあと払いが利用できます。 パソコンからの利用の場合は、表示されているQRコードをスマホのカメラで読み取って支払います。 メルペイスマート払いの限度額は基本5万円で多い人で20万円、支払い期日は?• メルペイスマート払い(旧:メルペイあと払い)の限度額は、50,000円スタートが多いようです。 しかし、年齢や利用頻度等により大きな開きがあります。 多く利用して延滞等もない場合の限度額は現在のところ 20万円。 逆に延滞などが1度あるだけで限度額が5万円から1万円になった事例もあります。 ルールに違反することなく利用していると限度額はすぐに上がる傾向にあります。 支払い(清算)は、毎月1日にリストが届き、その月の月末までに前月のあと払い代金を支払います。 300円の手数料がかかります。 チャージ(入金)やお支払いに手数料はかかりません。 メルペイあと払いの清算方法は3種類から選べます。 メルペイ残高払い• コンビニ払い• 銀行口座振替 参考になるかわかりませんが、私の場合の限度額が20万円になった経緯を説明しておきます。 2018年初め、スマホをキャリアから格安スマホに変更した時に、電話番号も変更したのでそれまで使っていたメルカリのアカウントはそのまま放置で新たにアカウントを取得しました。 ちなみに、住所も名前も前垢と同じでしたが新規で取得できました。 アマゾンよりも安く買える雑貨や日用品がメインでたまに中古品をメルカリでメルペイスマート払い(旧:メルペイあと払い)で購入するようになりました。 利用金額は月に3,000円~5,000円程度でしょうか。 コンビニでの後払いは、数回、メルペイ大還元キャンペーンで利用した程度です。 最初の利用限度額は、皆さまとおなじように5万円。 経緯を含め限度額が20万円になった説明をしたいと思います。 後払いは登録2~3か月後に始めました。 メルカリで後払いを始める 限度額5万円• 2か月後8万円になる• その後3ヵ月で限度額が20万円になる 私の登録状況• 携帯番号は080番• メールはGmail Googleフリーメール• 口座登録はジャパンネット銀行• 身分証の本人確認はしていない ググってみても、支払い延滞などがなければ半年ほどで20万円に上がっている場合が多いようです。 一部噂にあった、キャリアメールでなくても本人確認をしなくても大丈夫です。 こういった審査基準は公表されていませんし、年齢なども考慮されれるのかもしれませんが、参考になれば幸いです。 (2019年9月6日追記) メルペイの審査基準が判明!限度額はどれだけ約束を守れるかで決まる 私が限度額20万円になった経緯を解説しましたが、メルペイさんで審査基準についての説明がありましたので追記でお伝えします。 先日(2019年9月4日)メルペイ社の説明会で、執行役員の方が興味深い発言をしていました。 「既存の金融機関が提供するサービスから漏れている人たちへ、信用の便益を提供していく」 つまり、クレジットカードの審査基準である、勤務状況や年収などをもとにした発行基準や利用限度額を当社はしません。 逆に、そういった審査基準から漏れた人に利用してもらって、「その利用状況によって、利用限度は増えますよ」ということです。 もっとわかりやすくいうと、 ブラックリストの方でもメルペイでしっかりと支払いを守ってくれたら限度額は上がりますよ 審査基準に、信用情報機関のクレジットヒストリー(クレヒス)の状況などまったく関係ない。 メルペイは、メルペイ内で約束を守ってくれる人にはしっかりと評価されるということです。 逆に言うと、 支払い期限である翌月末までに支払わないと、メルペイ内での信用はなくなってしまうということです。 自社で限度額や合否を判断するのは、他の決済代行会社と同じですが、他社では審査基準までは公表していませんので貴重なご意見です。 当てにしていた限度額が使えなくなって(限度額が下がって)困るのは利用している本人です。 現在のところ、メルペイは実店舗でも多く使える数少ない後払いシステムです。 こういうことも頭に入れて、 絶対に返済を遅れないように利用しましょう。 メルペイスマート払い(旧:メルペイあと払い)サービスのメリット• 後払いにした理由 メルペイ残高が少なく、クレジットカードや現金も使いたくなかったが購入したいものがあったので、売上金が入ることを想定して後払いを使ってみました。 通販ではないが後払いするとポイント還元のキャンペーンもあったので、その流れで使ってみました。 利用してみた感想 メリットは手元にお金がない時でも商品を購入できることです。 あとはスマートフォンがあれば気軽に購入できるできるので、自宅にいながら必要なものを購入できることです。 デメリットは購入する時に気軽に買えてしまうので、購買意欲がですぎて必要ないものまでいろいろと商品を買いすぎてしまうことです。 さらに商品を購入してから支払いまでに少し間があるので、いくら使ったか憶えていなく支払いをする時に困る時があることです。 今後も利用したい? 今後は利用することはないと思います。 ただしキャンペーンや割引きなど安く購入できる場合は利用するかもしれません。 利用しないと思う理由は後払いにすることで手数料がかかるものがあることと、必要ないものまで購入してしまう時があるからです。 後払いにした理由 メルカリでは自分で現金で払ったりせず、販売した金額をポイントにして購入できる範囲ですると決めていました。 欲しいものがあったけれど、ポイントがなかったので先に購入し、急いで家の中のものを断捨離がわりに販売、ポイントに変換し資金として後払いしました。 利用してみた感想 メリットは手持ちの資金がなくても欲しいものがその場で購入できることだと思います。 内容はほとんどクレジットカードでの注意点と同じだと思いました。 クレジットカードカードが持てない人も後払いは使用できると思うのでそれもメリットと思います。 デメリットは、思うに二つ。 一つ目は自己管理出来ない人は来月にどれだけの資金が必要だと把握できず破綻する可能性があるということ。 二つ目は私個人ですが、販売できて資金が調達できると踏んでいても販売できない等失敗するとこれまた破綻するということです。 今後も利用したい? 私は、自分でどれだけ購入して、どれだけ支払いをしないといけないとかの把握をするのが苦手なので、できるだけ使用したくないと思いました。 クレジットカードも複数枚持っていた際には思った以上の支払いに苦しんだ覚えがあります。 クレジットカードを一枚にして自己管理しようとしている身分の私からは、後払いは少しハードルが高いです。 後払いにした理由 もともとメルカリを利用していて、後払いを使うとポイントが貰えるキャンペーンをやってるのを知ったから。 メルペイ後払い自体は気にはなっていたけれど、自分が使うとなると本当に使えるのか不安になってなかなか利用に踏み出せていなかったから。 利用してみた感想 思ったよりもあっけなく買い物ができて驚いた。 手元にお金がなくても品物を購入できるのはどうしても急ぎで欲しい時などに便利でいいなと思ったけれど、計画的に利用しないと後日の請求でびっくりしてしまうので注意しないといけないとも感じた。 ただし、メルペイは自分で利用可能枠が設定できるので、あらかじめ値段を低めに上限設定しておくと使いすぎが防げるのでいいと思う。 また、自分が利用した金額が一目で見て分かるのも、すぐに履歴が確認できるのも後々確認するときに便利だと感じた。 今後も利用したい? 所持金を気にすることなく買い物ができるのはとても気持ち良いので、今後ともぜひ利用したいと思う。 ただ、何でも全ての購入品に利用してしまうと、ついつい使いすぎてしまいそうなので、ある程度上限や範囲を決めて利用したいと思う。 メルペイの口コミ評価 Twitterの反応のまとめです。 メルペイ後払い。。 自分は大人だしクレカでも慣れてるのでよいが、若者は気をつけて欲しい。 これはマズい、いや、凄いサービスだ…… — RYOSAIMARU saimaru310 メルペイ後払いこっわ。 めっちゃ買ってた — らしゅぼ!ふぇす!生きろ! nnnaaaaaaa11 初めてメルカリ後払い使って支払ってきたけど、裏側GMOやーーーん。 自社でやってるっていってなかったっけ、、 — garciaaan garciaaan1994 最後にメルペイスマート払い(旧:メルペイあと払い)のまとめ スマホひとつで簡単に決済できる会社が雨後の筍のように出て、正に今が黎明期だと言えます。 最近もLINEペイと提携するニュースがありました。 利用者にとっては、使いやすく一本化してくれたら有り難いことです。 メルペイあと払いでさまざまな半額ポイント還元キャンペーンや還元祭などを定期的に開催しています。 上手く回せる人は、素敵な祭りですね。 また、ネットショップを使えるあと払い決済会社は多いですが、実店舗はまだ少ないので、メルペイを実店舗用など振り分けて使うと便利かもしれません。 最近、セブンペイでの不正使用がありましたが、メルペイも不正使用は全額補償するとの報道がありました。 こういう事故は、クレジットカード情報の悪用や停止が面倒です。 下手をすると、もらい事故で自分のクレジットヒストリーにキズがつく恐れもあります。 その点、あと払いでの決済は安心できますよね。

次の

メルペイ、「メルペイスマート払い」で 毎月定額で柔軟な支払いができる「定額払い」に対応

メルペイスマート払い 選択できない

メルペイスマート払いとは? メルペイの残高が無くても、 購入代金を翌月にまとめて支払える方法です。 以前はメルペイあと払いという名称でしたが、システム自体に大きな変更はありません。 残枠がゲージで表示されて視覚的にわかりやすくなっています。 メルカリアプリ内での購入以外(実店舗など)で、メルペイスマート払いを利用するには、本人確認を済ませている必要があります。 アプリ内で身分証と顔写真を撮影する「かんたん本人確認」を実施するか、銀行口座の登録でもokです。 メルペイスマート払いの支払いにも利用できるので、 銀行口座での登録がおすすめです。 期間は 2020年の1月31日までとなっています。 店舗レジで支払う場合はは通常のメルペイ決済と変わらない方法で、iD払いかコード払いのどちらでも利用できます。 精算時の手数料 後払いの精算方法によっては手数料がかかる場合があります。 可能な限り手数料がかからない方法で精算していきたいですね。 利用に審査はあるの? スマート払いで利用できる金額はユーザーによって違います。 利用限度額は残念ながら運営しているメルカリ事務局の判断で増減しており、ユーザー側で限度額を引き上げることはできません。 クレジットカードと同じく借金になるわけですから、信用=取引履歴が少ないうちは厳しいようですね。 最初のうちは限度額が1,000円という方も多いようです。 また、そもそもメルペイスマート払いを利用できないケースもあります。 ・18歳未満(18歳以上、19歳は保護者の同意が必要) ・本人確認が済んでいない方 ・過去にあと払いの支払い延滞がある方 は利用ができないと公式で発表されています。 【まとめ】メリットとデメリット いかがでしたでしょうか、あと払いの要点は以下の通りです。

次の