シロクロ ネタバレ 4話。 シロクロパンダの4話ネタバレ考察!メールのコアラ男は?門田は論文のため?

素敵な選タクシー(TAXI)第4話ネタバレ・あらすじ・感想!勝地涼と真野恵里菜の1億円の宝くじの行方は?

シロクロ ネタバレ 4話

もくじ• 「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。 」4話のあらすじ 直輝(横浜流星)は門田(山崎樹範)から、10年前の火事にまつわるレン(清野菜名)とリコの秘密を聞く。 レンは、直輝に好きになってもらえるような自分になるため、日本一の囲碁棋士になると決意。 彼女は春男(升毅)に、改めて指導してほしいと頼む。 そんな中、楓(吉田美月喜)が通う中学校で騒動が起こる。 3年生の翔太が、同級生の涼介を人質にとって屋内プールに立てこもった。 涼介は縛られた上に鉄アレイを括り付けられた姿で飛び込み台に座らされる。 涼介からのいじめを苦に自殺しようとした翔太に対し、涼介は翔太へのいじめを認めていなかった。 翔太はミスパンダを呼んで、どちらが真実なのかシロクロつけてもらいたいと要求。 ミスパンダが来なければ涼介をプールに沈めると脅迫する。 校長は記者会見を行い、いじめを否定。 会見中、同席していたスクールカウンセラーの春香が学校側の嘘を指摘しようとするものの、制止される。 会見後、学校側からマスコミに向けて取材自粛要請が出される。 あずさ(白石聖)は学校側が何かを隠していると考え、取材することに。 時間が刻々と過ぎ、状況は緊迫する。 涼介が助けを求めて声を上げると、翔太はいら立って今にも彼をプールに沈めようとする。 その様子を見ていた楓は、ミスパンダの動画チャンネルに「早く来て!」とメッセージを送る。 直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)に、翔太がミスパンダを呼んでいることを伝える。 しかし、Mr.ノーコンプライアンスはミスパンダの召喚を許可しない。 一方、レンは門田から、直輝とは関わらないようにと忠告される。 ミスパンダが現れないまま、翔太が指定した期限が迫り・・・。 「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。 」4話のネタバレ・感想 春香(谷村美月)がなだめようとしても、翔太の興奮は収まらない。 ついに翔太がロープを切ったその時、ミスパンダの声が響く。 現れたのは、小さなパンダの人形。 直輝が人形を遠隔操作し、声を変えてミスパンダとして翔太に語りかける。 翔太は、涼介からのいじめについて告白する。 翔太は、チアリーダーのユニフォームの匂いを嗅いでいる姿を隠し撮りされ、涼介からその写真を送りつけられた。 写真をネタに、翔太は涼介に金を脅し取られるように。 警備員に追われながら、人形を通じて翔太の話を聞き出す直輝。 翔太は、さらに話を続ける。 翔太は春香に声をかけられ、涼介からのいじめを打ち明けた。 いじめを訴えても誰にも信じてもらえず追い詰められた翔太は、ミスパンダに涼介のいじめについてシロクロつけてもらおうと考えたのだった。 「クロってことでオッケー?」と、春香に決めさせようとするパンダ人形。 そこに、本物のミスパンダが登場する。 門田から忠告されたレンは、直輝の役に立てているだけでいい、これから好きになってもらえるように頑張ると言い切っていた。 ミスパンダがロープを切り、涼介がプールに落ちていく。 すると、翔太がプールに飛び込み、涼太を助ける。 「バレちゃったね、あんたたちの自作自演」と、翔太と涼介に手を差し伸べるミスパンダ。 翔太と涼介は、幼なじみだった。 涼介は、自殺未遂をした翔太を心配して会いに行った。 彼は翔太から脅迫メールのことを聞かされるが、まったく身に覚えがない。 彼らは、誰かが自分たちをはめようとしていると気付き、翔太が殺されそうになれば真犯人が名乗り出るだろうと考えて、この騒ぎを起こしたのだった。 涼介のフリをして翔太を脅迫したのは誰なのか? ミスパンダに促されて、翔太は脅迫メールに返信する。 すると、春香のスマホが鳴り出す・・・。 春香はこれまで、さまざまな学校で問題が起こるたびに、タイミングよくスクールカウンセラーとして介入して解決し、実績を上げていた。 彼女は自分の活躍のチャンスを作るため、翔太が追い詰められるようにすべてを仕組んだのだった。 正体が明らかになり、悪態をつく春香。 ミスパンダは、春香をプールに突き落とす。 その写真を見たあずさは、激しく動揺する。 アジトに引き揚げてきた直輝とミスパンダ。 直輝が「リコ」と呼ぶと、ミスパンダは 「あたしはパンダだよ」と答える。 夜の闇を歩く直輝の前に、神代(要潤)が現れる。 神代は直輝に「飼育員さん」と呼びかける! 「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。 」4話の視聴率 「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。 」4話の視聴率は 7. 7%でした! 「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。 」5話のあらすじ 7年前にショッピングモール爆破事件を起こした死刑囚・浜口が、護送中に連れ去られた。 護送車のドライブレコーダーや現場に居合わせた人が撮影した映像には、ミスパンダと飼育員が護送車を襲撃する様子が映っていた。 マスコミは、ミスパンダが浜口を連れ去った可能性が高いと報道。 警察は、ミスパンダを追う。 7年前、あるショッピングモールで発生した爆破事件は、多くの死傷者を出す大惨事だった。 犯人として浜口が逮捕された。 しかし、浜口は死刑確定後に無罪を主張。 近々、再審請求が認められる見通しだった。 ミスパンダへの疑惑が深まる中、パンダちゃんねるから動画が配信される。 ミスパンダは、拘束された浜口を彼の顔を水槽に浸けて残酷に責め立てる。 そして「パンダ国民投票を実施しまーす!」と宣言。 レン(清野菜名)は、門田(山崎樹範)の診察に行かなくなっていた。 門田はレンを訪ね、なぜ病院に来なくなったのかと問い詰める。 レンは門田から、10年前の火事の幻覚を見るようになって症状が悪化したのは直輝が原因と言われる。 レンは門田に反発し、自分の気持ちを直輝に伝えたいと訴える。 一方、直輝は佐島(佐藤二朗)に、何者かがミスパンダになりすましていると知らせる。 浜口を連れ去り、国民投票を募っているミスパンダは、偽者だったのだ。 直輝は、偽のミスパンダが浜口を誘拐した手口が、あずさ(白石聖)がコアラ男に誘拐された8年前の事件に似ていると指摘する。 レンは初めて、自分から直輝を呼び出す。 「直輝さんのことが・・・好きです!」レンは勇気を振り絞って、直輝に思いを伝える。 レンの告白に、直輝は・・・? そして、偽パンダの正体は、一体誰なのか!?.

次の

イジメカエシ。

シロクロ ネタバレ 4話

Contents• 東京ラブストーリー 2020「4話」ネタバレ 東京ラブストーリー 2020「4話」ネタバレです。 サトミの不安 リカと一夜を過ごしたカンチ。 出社前にスマホを見ると、サトミから2回も着信が入っていた。 サトミのことを心配したトキコからは 「ちゃんと躾けとかないと、あとでどエライ目に遭うよ」と忠告される。 その夜、サトミの自宅で夕飯を食べていた三上。 「テスト期間中、ろくなもん食ってなかったから美味かったわ。 」 と、ご満悦の三上がトイレへ行ったタイミングで、スマホの通知が鳴った。 気になったサトミが覗いたところ 急なんだけど、これから会えないかな? と、さとみからラインが入った。 迷った末に、先に店に入っていたリカに「取引先との会食が入っていたのを忘れてた💦」と嘘の電話を入れた。 三上の件を伝え、インスタで見た尚子はとても知的で美人な女性だったと、サトミは劣等感を感じていた。 カンチは三上にキツく言っとくと告げたが、サトミは聞いてほしかっただけだからと言われ、カンチは嬉しそうだった。 傷心しきった様子のサトミに、カンチは 「俺でよかったら聞くよ。 いつでも連絡して。 」と伝え、あいつにとって関口は特別だよと励ました。 喫茶店を出ると雨が振っていた為、カンチはサトミが濡れないよう 「折りたたみ傘」を貸してあげた。 一方、リカはまだ待ち合わせ場所でご飯を食べつつ、カンチを待っていたが来なかった。 三上が会いに行くのはお前だけ サトミは翌日も三上にラインを送ったが、相変わらず返信は無かった。 医大の食堂で 「思うとこあって心入れ替えた」と勉強する三上を見た尚子は、もっと早かったら2年も留年せずに済んだのにと告げる。 すると三上は、留年しなきゃ君と会えなかったから、留年するのもありじゃない?と伝えると、尚子は照れ隠しした。 一方、リカに昨夜のことを謝ったカンチ。 埋め合わせとして、週末にレンタカーを借り海を見に行くことになった。 三上とのことが溜まっていたこともあり、サトミは酒を飲みまくっていた。 途中、三上から連絡が入るも無視。 結果、飲みすぎてしまったサトミを三上が迎えに来てくれた。 「ガキみたいな飲み方するな!らしくないぞ」とサトミを叱る三上。 するとサトミは、尚子からのメッセージを見たと告げる。 しかし三上から 嘘は平気じゃないからだよ。 嘘つかれてたんだって気付く瞬間が、世界で一番キライ! カンチは結局、さとみちゃんなんだね。 と涙を流しながら訴え、カンチの静止を振り払ってリカはその場を去った。 お互い喧嘩したと分かると、サトミから 「なんで追いかけないの?追いかけなきゃ!」と背中を押される。 そんな中、三上はスマホを手にとり 「もしもし、暇だったら今から家来ない?」と誰かに電話していた。 その後も掛け続けていると、リカは 「迎えに来て」と電話越しに伝える。 ところが、迎えにきた相手は和賀部長だった。 — deeley deeley18763619 そしてカンチはまだ、リカに電話し続けていた。 つづく… Sponsored Search 東京ラブストーリー 次回のあらすじ 東京ラブストーリー「5話」のあらすじです。 「二人で描く未来」 完治(伊藤健太郎)はリカ(石橋静河)との約束をドタキャンし、だまってさとみ(石井杏奈)と会っていたことがバレてしまい、リカに無視される日々。 完治はリカと仲直りしようとリカの好きなものを手土産に出張帰りのリカに会いに行き、無事に仲直りを果たす。 翌日、二人は会社をずる休みをしてデートすることにする。 三上とさとみも一時はケンカをしたものの仲直りをし、平穏な日々を送っていた。 ある日、さとみは三上がケータイを自分の家に忘れていったことに気づき、三上がいる大学病院にケータイを届けることにするのだが…。 引用:公式サイト 以上、最後までご視聴いただき有難うございました。 関連記事.

次の

「シロクロ」4話ネタバレ・視聴率!暴かれた川田レン(清野菜名)の過去と秘密

シロクロ ネタバレ 4話

『シロクロパンダ』4話のあらすじネタバレ 川田レン(清野菜名)の正体は双子の姉・リコ。 10年前のバンガローの火災で亡くなったのはレンでした。 母・麻衣子(山口紗弥加)に愛されたいリコは、麻衣子が望むレンになることを選んだのです。 親子を救うには仕方がなかったという精神科医・門田明宏(山崎樹範)に疑惑の目を向ける森島直輝(横浜流星)、一方の門田もまた直樹に疑惑の目を向けるのでした。 亡くなったリコが応援していたと知ったレンは、再び日本一の棋士を目指します。 日本一になれば自身を好きになれ、直樹に愛される自分にもなれると思ったのてす。 囲碁喫茶・ゴバンのマスター・加賀春男(升毅)に、レンは再び指導を仰ぐのでした。 私立魁姫中学、自称天才美少女囲碁少女の中学生棋士・東山楓(吉田美月喜)が通う中学校。 女子更衣室で独碁の楓は、対レンの勝ち筋が見えた時、屋内プールの騒ぎに気づきます。 同級生の宮本翔太が風見涼介を人質に立てこもっていたのです。 翔太は涼介からのいじめ被害を告発しましたが学校側はいじめを否定。 翔太はミスパンダがシロクロつけることを要求します。 騒動の様子を隠し撮りした楓は、動画をパンダチャンネルに送ります。 門田の講義中、動画を見た直樹は教室を後にするのでした。 中学側の会見に不審を抱き、佐島あずさ(白石聖)は取材に向かいます。 一方、神代一樹(要潤)は、東京誠立大学で直樹のことを嗅ぎ回っていました。 そんな中、Mr. ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は、いじめ騒動への介入を直樹に禁じます。 今後の活動のため、呼ばれれば来る前例を作りたくなかったのです。 報道規制が敷かれる中、あずさは容易く校内に侵入、あずさの母校だったのです。 その頃、神代は直樹のゼミ仲間に取材をしていました。 スクールカウンセラー・春香(谷村美月)が説得を試みる中、「ミスパンダ登場」と叫ぶパンダのお面を被った楓が現れます。 憤る翔太は、ロープで縛った涼介をプールに沈めようとします。 「ミスパンダ参上」 屋内プールにミスパンダの声が響きます。 しかし、その声の主は直樹、マイクを通して出てくるその声は、ミスパンダそのものだったのです。 プールの外から騒動を見守る教師たちの前に、パンダの小さな人形が向かって来ます。 教師の1人が直樹の要求に従い、窓越しに翔太に人形を見せます。 校内に侵入した直樹は、警備員の追跡を躱しながら、人形を通して翔太に話し掛けます。 人形を連れて行く1人が、屋内プールに入ることを要求。 翔太は裏口から春香が入ることを許します。 3ヶ月前、翔太の机にチアリーダーのユニフォームが置かれ、ユニフォームの匂いを嗅ぐ画像と共に涼介から翔太に脅迫メールが届きます。 要求通り金を払いましたが、要求は更にエスカレート、貯金がなくなり親の金にまで手をつけます。 そんな時、春香に声を掛けられ、翔太はいじめを打ち明けたのです。 しかし、春香に相談したことが涼介にばれ、翔太は学校で自殺未遂。 その動画がネットに投稿され、いじめが明るみに出ると思った矢先、校長と教頭は隠蔽したのでした。 突如、ミスパンダがプールに現れ、涼介をプールに落とし、翔太が助けようとプールに飛び込みます。 騒動はふたりの自作自演でした。 死に瀕している時の緊張と嘘をつく時の緊張とでは身体反応が違い、直樹は最初から自演を見破っていたのです。 中学からは疎遠でしたが、ふたりは友だちで、翔太の自殺未遂後、ふたりは嵌められたと気づき人質騒動を企てのでした。 いじめの真犯人は誰か、直樹は翔太にメールを返信させます。 ミスパンダからスマホの着信音が聞こえます。 ミスパンダは涼介から順にスマホを顔に向け、春香でロックが解除されます。 涼介に成りすましていたのは、春香だったのでした。 動機はつまらないから、魁姫中学に問題のある生徒は居らず、春香に活躍の場がなかったのです。 翔太を選んだのは、いかにもいじめられっ子だったからです。 ユニフォームを置いたのは、翔太の匂いを嗅ぐ癖を知っていたからでした。 騒動は解決、あずさが学校を去ろうとした時、コアラ男を名乗るメールが届きます。 大学の図書館でレンを抱きしめる直樹の画像が、添付されていました。 呼吸が激しくなり、あずさはその場に膝から崩れ落ちるのでした。 アジトの廃屋で、突如、直樹はミスパンダを「リコ」と呼びます。 「わたしはパンダだよ」と振り替えるミスパンダを見て、直樹は微笑みます。 そして、直樹が頭をポンポンすると、ミスパンダは眠りにつきます。 夜道を歩く直樹を「飼育員さん」と呼び、神代は直樹を見据え不敵な笑みを浮かべるのでした。 スポンサーリンク 『シロクロパンダ』4話のネタバレ感想 ミスパンダの活躍はありませんでしたが、飼育員さんを演じる横浜流星の校舎内パリクールは流石です。 運動能力の高さを、これでもかと見せつけてくれました。 岡田准一の代表作の1つ『SP 警視庁警備部警護課第四係』のような刑事もので、横浜流星の主演作が観たくなりました。 火災後、レンになったリコですが、リコの本質は変わっていないようです。 母親から愛されたいと望むように、直樹からも愛されようとひたむきに努力しています。 レンが不憫でなりません。 イケメンの性とはいえ、直樹も罪なことをします。 しかも、あずさにレンの存在が知られてしまいました。 心に傷を持つレンとあずさ、そして直樹自身、心に闇を抱えています。 この三角関係にハッピーエンドはあるのか注目したいです。 ところで、白コアラの正体ですが、佐島の秘書ではないかと睨んでいます。 わざわざコアラ男を名乗っているので、あずさを誘拐したコアラ男ではないと思います。 では、直樹とレンを盗撮し、どんな意図があって画像をあずさに送りつけたのか。 秘書は、あずさと結婚し佐島の『地盤』、『看板』、『鞄』を狙っているのではないでしょうか。 そのために邪魔なのが直樹です。 精神的にあずさを追い込めば、秘書にもワンチャンあるとでも思っているのでは。 「あんな逃亡犯捕まえられるわけないじゃん!本当、あいつ何なん…」という警備員の愚痴が聞こえてきそうなほどの身のこなし。 横浜流星さんを見ていたら、「ユンピョウ的な配役で、ジャッキー映画に出演してもらいたい!」という勝手な願望を抱いてしまいました。 『シロクロパンダ』5話のあらすじ 公式サイトが発表している『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。 7年前にショッピングモール爆破事件を起こした死刑囚・浜口が、護送中に連れ去られた。 護送車のドライブレコーダーや現場に居合わせた人が撮影した映像には、ミスパンダと飼育員が護送車を襲撃する様子が映っていた。 マスコミは、ミスパンダが浜口を連れ去った可能性が高いと報道。 警察は、ミスパンダを追う。 7年前、あるショッピングモールで発生した爆破事件は、多くの死傷者を出す大惨事だった。 犯人として浜口が逮捕された。 しかし、浜口は死刑確定後に無罪を主張。 近々、再審請求が認められる見通しだった。 ミスパンダへの疑惑が深まる中、パンダちゃんねるから動画が配信される。 ミスパンダは、拘束された浜口を彼の顔を水槽に浸けて残酷に責め立てる。 そして「パンダ国民投票を実施しまーす!」と宣言。 レン(清野菜名)は、門田(山崎樹範)の診察に行かなくなっていた。 門田はレンを訪ね、なぜ病院に来なくなったのかと問い詰める。 レンは門田から、10年前の火事の幻覚を見るようになって症状が悪化したのは直輝が原因と言われる。 レンは門田に反発し、自分の気持ちを直輝に伝えたいと訴える。 一方、直輝は佐島(佐藤二朗)に、何者かがミスパンダになりすましていると知らせる。 浜口を連れ去り、国民投票を募っているミスパンダは、偽者だったのだ。 直輝は、偽のミスパンダが浜口を誘拐した手口が、あずさ(白石聖)がコアラ男に誘拐された8年前の事件に似ていると指摘する。 レンは初めて、自分から直輝を呼び出す。 「直輝さんのことが…好きです!」レンは勇気を振り絞って、直輝に思いを伝える。 ytv.

次の