次 世代 住宅 ポイント 交換 期限。 新型コロナウイルスの影響により、次世代住宅ポイント期限延長へ

次世代住宅ポイントの申請期限はいつまで?申請方法なども紹介!

次 世代 住宅 ポイント 交換 期限

2019年に消費税率引き上げの対策として導入された「次世代住宅ポイント制度」ですが、新型コロナウイルスの影響でポイントの申請期限が延長されています。 しかし、次世代住宅ポイントの申請対象となる条件が設けられていますので、事前に確認しておくことが必要になります。 この記事では、次世代住宅ポイント制度の申請期限について、延長となった背景を含めて解説していきます。 申請できる着工期限や申請方法など、改めて知っておきたい情報もまとめています。 次世代住宅ポイント制度への申請をこれから行う予定の人は、ぜひ確認してみてください! 次世代住宅ポイントの申請期限が延びている理由は? コロナウイルスの影響により申請できなかった方を対象に申請期限が延長されている 2020年4月27日より「次世代住宅ポイント制度新型コロナウイルス感染症対応」の公式ページが開設されています。 次世代住宅ポイント制度への申請を行う予定だった方が、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、期日までに申請できなかった場合にポイント申請が可能となる対応策です。 申請対象として該当する理由の事例は、下記のようなものです。 この期間内に契約が締結されればポイント申請の対象となるので、公式サイト内の申請方法を確認してポイント申請を行いましょう。 次世代住宅ポイントはいつまでに着工したものが対象? 次世代住宅ポイントで対象となる物件は、いつまでに着工したものかを解説します。 当初の予定から期間が変更されている内容については下記になります。 完了報告の提出期限も下記のとおり変更されています。 新型コロナウイルス感染症の影響により、ポイント交換の期限も延長されていますので注意してください。 新しいポイント申請期間は次のとおりです。 事業者による影響を受けたなどの理由でポイント申請が間に合わなかった方でも、新たな契約日などの条件によっては申請できるので、ぜひ活用してみてください。 詳しい情報については、公式サイトにて公開されていますので、よく読んでスムーズな申請を期限内に行うようにしてくださいね。

次の

次世代住宅ポイントの着工期限を延長、新型コロナウイルス感染拡大で材料供給遅延の場合

次 世代 住宅 ポイント 交換 期限

「次世代住宅ポイント」は、増税後の景気対策として取り入れられる新制度。 住宅の新築やリフォームにおいて省エネ性能やバリアフリーなど 一定の条件を満たすことで、工事やリフォームの種類に応じてポイントが発行されます。 ポイントは、暮らしにまつわるさまざまな商品と交換することができるため、 知っておくとお得にお好みのアイテムが手に入るかもしれません。 2回目の今回は、次世代住宅ポイントの 「具体的な交換方法」「申込期限」についてご紹介します。 ポイントは何に交換できる? 取得したポイントは、1ポイントあたり1円相当の インテリア・家電・・育児用品・食料品などさまざまな商品と交換できます。 具体的には、以下の項目のような商品があります。 (商品券への交換や、工事費への充当はできません) ・省エネ・環境配慮に優れた商品 ・健康関連商品 ・子育て関連商品 ・防災関連商品 ・家事負担軽減に資する商品 ・地域振興に資する商品 なお、商品は2020年3月31日(予定)まで随時追加される予定となっています。 交換できる商品の詳細は、国土交通省のHPでご確認ください。 具体的な申込み方法は? 商品交換の申込みは、 申請者本人のみ可能で、 申込み方法は主に2種類あります。 申請書類に必要事項を記入した後、 次世代住宅ポイント事務局へ 郵送、または インターネットでの申し込みも可能です。 商品交換申込みの期限は? ポイント発行の申込みは、基本的には工事完了後に行います。 期限内に商品の交換がない場合は、 残りの利用可能ポイントが失効するため注意が必要です。 せっかくのポイントを無駄にしないためにも、余裕を持って手続きをしたいですね。 交換商品の詳細や発送時期、到着商品などに不備があった場合は、 交換商品事業者にお問い合わせください。 次世代住宅ポイントで「憧れのモノ」をお得に.

次の

申請は誰が行う?ポイント交換は期間内に!|次世代住宅ポイント徹底研究

次 世代 住宅 ポイント 交換 期限

【新型コロナウィルス感染症対応情報】 令和2年6月1日~8月31日までの期間でポイント申請が再開されます。 Q.どのくらいの金額が次世代住宅ポイントで交換できるの? A.新築は最大35万円相当、リフォームは最大30~60万円相当 Q.次世代住宅ポイントはどうやって交換するの? A.行っていただくのは、事務局へのポイントの申請と、商品交換の申請です。 ポイントの申請にあたっては、様々な条件があります。 この条件は自分で調べて行うのは、ちょっと面倒・・・そんな方は一度、住宅を建てたメーカーさんや建設会社さんに聞いてみるのが良いかもしれません。 次世代住宅ポイント制度の期間、予算、条件について 次世代住宅ポイントの実施期間 ポイント発行申請:2019年6月3日~3月31日(終了) コロナウィルス対応申請:2020年6月3日~8月31日(新規) ポイント交換申請期限:2020年3月末までに申請・・・2020年9月30日 2020年6月1日以降に申請・・・2020年11月30日 次世代住宅ポイントのポイント予算(コロナウィルス対策関連) 新築とリフォームとは別で予算が設けられています。 ディベロッパーとの話し合いで、今回次世代住宅ポイントとして申請が通っているか否かを確認するとベターです。 <次世代住宅ポイント発行ポイント数の決まり方> 大きく、新築の場合とリフォームの場合でポイント数の決まり方が変わってきます。 また、若者世帯、子育て世帯とそれ以外でポイント発行の上限数が異なってきます。 若者世帯、子育て世帯の定義とは・・・ 若者世帯とは、2018年12月21日で40歳未満の世帯。 子育て世帯とは、2018年12月21日で18歳未満の子を有する世帯、または申請時点で18歳未満の子を有する世帯。 詳細はされています。 次世代住宅ポイントリフォームでの発行ポイント数 1.開口部の断熱改修 2.外壁、屋根・天井または床の断熱改修 3.エコ住宅設備の設置 4.バリアフリー改修 5.耐震改修 6.家事負担軽減に資する設備の設置 7.リフォーム瑕疵保険への加入 8.インスペクションの実施 9.若者・子育て世帯が既存住宅を購入して行う一定規模以上のリフォーム 10.既存住宅購入加算 これらのリフォームで条件に当てはまるものの合算がポイント発行数となります。 詳細は確認できます。 他の制度との併用はできるのか すまい給付金・・・次世代住宅ポイント制度との併用ができます。 すまい給付金制度とは、消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創設した制度です。 すまい給付金制度は、 住宅ローン減税の拡充による負担軽減効果が十分に及ばない収入層に対して、住宅ローン減税とあわせて消費税率引上げによる負担の軽減をはかるものです。 令和3年の12月まで実施が決まっています。 ZEH住宅補助金・・・次世代住宅ポイント制度との併用はできません。 ZEH住宅補助金制度とは、太陽光で発電したエネルギーと、消費エネルギーが概ね同じになる省エネ性能の高い住宅(ZEH住宅)の普及を国が強く推進しており、 「ZEH」を取得、あるいはZEHに改修する方に対し、 条件によって異なる補助金を交付しています。 次世代住宅ポイント事務局お問合せ先.

次の