アルバニア 美人。 アルバニア人の顔や宗教の特徴!英語や性格、アルバニア人と結婚…そもそもアルバニア人とは?アルバニア人民共和国の人口も紹介

アルバニアの今。鎖国・無神国家を経て、独特すぎる文化の国になっていた!

アルバニア 美人

みなさんはヨーロッパにあるアルバニアという国をご存じでしょうか?そもそも「これは国なの? 」と思う方もいるかもしれません。 しかし実はアルバニアは、日本とある共通点があるんです。 ヒントは「江戸時代」、「日本の外交政策」。 そう、この国はなんと、日本と同じく鎖国をしていたのです 約20年前まで。 今日はそんなミステリアスな国アルバニアの魅力を4つ紹介したいと思います。 *編集部追記 2015年2月公開の記事に、新たに追加しました。 netまでご連絡ください。 アルバニアで観光する際のアドバイス photo by pixta バルカン半島というと紛争のイメージが強いのですが、アルバニアの政情は落ち着いていて、治安も比較的安全です。 また物価はヨーロッパ最貧国と言われるだけあり激安です。 首都ティラナでも、飲料水は500ミリが40円、食事も1日1500円あれば十分に賄えます。 衛生面も生物(なまもの)だけに注意すれば、特に気にする必要はないでしょう。 ヨーロッパの最貧国と呼ばれていた国に到着 photo by shutterstock photo by shutterstock 入国し、最初の都市シュコドラに到着したとき、私は早くも衝撃を受けました。 そこでは未舗装の道路に基礎がむき出しの建物、まるで学校で習った数十年前の日本のような光景を見ました。 しかしそれと同時にこの未知の状況にこれまでにないワクワク感も感じられました。 アルバニアの物価事情 photo by Takumi シュコダルに着いた翌日、私は長距離バスで首都ティラナに向かいました。 その際の運賃が80キロで約300円。 や、安い!アルバニアは本当にヨーロッパなのか、というくらい物価がとにかく安いです。 首都ティラナでも飲料水は500ミリが40円、食事も1日1500円あれば賄えました。 ただ貧国にも関わらず、見渡す限りベンツ車しかない光景には驚きました。 みんなベンツ乗ってるんです。 こんなギャップをみつけるのも旅の楽しみですね。 世界遺産「千の窓の家」 photo by shutterstock photo by takumi 首都ティラナから南下し、地方都市のベラトへ『千の窓の家』と呼ばれる世界遺産を見にいきました。 家々の壁一面にズラリと並ぶ長方形の窓、圧巻でした。 また、川を隔てて対岸にはドラクエに出てくるような家や光景が広がっており、冒険にでたくなるような光景に思わずワクワクしてしまいました!.

次の

アルバニア 英語、女性、性格、治安について思うこと

アルバニア 美人

みなさんはヨーロッパにあるアルバニアという国をご存じでしょうか?そもそも「これは国なの? 」と思う方もいるかもしれません。 しかし実はアルバニアは、日本とある共通点があるんです。 ヒントは「江戸時代」、「日本の外交政策」。 そう、この国はなんと、日本と同じく鎖国をしていたのです 約20年前まで。 今日はそんなミステリアスな国アルバニアの魅力を4つ紹介したいと思います。 *編集部追記 2015年2月公開の記事に、新たに追加しました。 netまでご連絡ください。 アルバニアで観光する際のアドバイス photo by pixta バルカン半島というと紛争のイメージが強いのですが、アルバニアの政情は落ち着いていて、治安も比較的安全です。 また物価はヨーロッパ最貧国と言われるだけあり激安です。 首都ティラナでも、飲料水は500ミリが40円、食事も1日1500円あれば十分に賄えます。 衛生面も生物(なまもの)だけに注意すれば、特に気にする必要はないでしょう。 ヨーロッパの最貧国と呼ばれていた国に到着 photo by shutterstock photo by shutterstock 入国し、最初の都市シュコドラに到着したとき、私は早くも衝撃を受けました。 そこでは未舗装の道路に基礎がむき出しの建物、まるで学校で習った数十年前の日本のような光景を見ました。 しかしそれと同時にこの未知の状況にこれまでにないワクワク感も感じられました。 アルバニアの物価事情 photo by Takumi シュコダルに着いた翌日、私は長距離バスで首都ティラナに向かいました。 その際の運賃が80キロで約300円。 や、安い!アルバニアは本当にヨーロッパなのか、というくらい物価がとにかく安いです。 首都ティラナでも飲料水は500ミリが40円、食事も1日1500円あれば賄えました。 ただ貧国にも関わらず、見渡す限りベンツ車しかない光景には驚きました。 みんなベンツ乗ってるんです。 こんなギャップをみつけるのも旅の楽しみですね。 世界遺産「千の窓の家」 photo by shutterstock photo by takumi 首都ティラナから南下し、地方都市のベラトへ『千の窓の家』と呼ばれる世界遺産を見にいきました。 家々の壁一面にズラリと並ぶ長方形の窓、圧巻でした。 また、川を隔てて対岸にはドラクエに出てくるような家や光景が広がっており、冒険にでたくなるような光景に思わずワクワクしてしまいました!.

次の

世界一美女が多い国ウクライナで美女と1か月間付き合った話(ニヤリ。

アルバニア 美人

アルバニアは第二次世界大戦が終わったころから共産主義国家になり西側諸国はもちろん、社会主義、共産主義国とも価値観の違いから距離を置くようになります。 それがアルバニアの特徴の一つで、日本との共通点です。 日本では江戸時代にさかのぼりますが、なんとアルバニアは1991年まで、鎖国をしていた国なのです。 日本でも鎖国時代には独特の文化が栄えてきたように、アルバニアにも独特の文化が存在しています。 鎖国の間、国民にとって自分と世界をつなぐ唯一の窓口がイタリアからのラジオ電波でした。 それを聞いて世界の文化や情勢を確認していました。 今でも古着屋にイタリア製のものが並んでいたり、生活の隅々までイタリアの文化が浸透している特徴があります。 首都ティラナの南方にあるギロカストラは白と黒の石畳の町としても有名です。 オスマン帝国時代の統一感のある旧市街などが斜面一杯に立ち並び、現在でも市場やモスク、ギロカストラ城などが残されています。 ギロカストラの城からは、歴史のある文化的な街並みを一望できます。 バザールもあり、そこでお土産を買うこともできます。 趣があり、たくさんの文化的、宗教的な建造物がある場所なので一日で観光するのは難しいかもしれません。 よく似た作りの家が互い違いに重なるようにして川から丘に向かって建ち並んでいます。 その風景を見ると丘がまるで一つの家に見え、その家の壁に無数の窓があるので「千の窓を持つ街」という観光名所になっています。

次の