開成 高校。 開成中学と開成高校、受験はどちらが難しいのでしょうか?変な質問になりま...

開成・柳沢校長が退任 4月から女子校の学園長に その転身理由とは?

開成 高校

スポンサーリンク 合格発表を見るまで、心の余裕はゼロの状態 パパから「志木でお昼でも食べてからいったら?」との提案。 私も西日暮里で適当な場所を探すより、志木駅周辺の方がいいかな…と思いました。 普通だったらそれが一番合理的です。 でも…とんでもない! 合格発表控えているとなると、ここで油売ってる場合ではない! ここでお昼を食べて時間をロスした後、万が一乗り間違いでもしたら? 13時に間に合わなくなってしまいます! そんなこと言い始まったら、電車が止まってしまったら!? 地震などの天変地異が起こったら…!? と、母の妄想はどんどん膨らみます。 もう、さっさと西日暮里に行くしかない! 志木に戻る必要はなくなったので、開成の合格発表開始時刻ピッタリに見る必要は無くなったには無くなったのですが…。 この場はとにかく引き上げ、さっさと行かないと!との思いがいっぱい。 西日暮里に着いたのは12時ちょうどくらいでした。 電車のダイヤの乱れもなく、地震などの天変地異もなかった。 よかった~。 発表まで1時間近くある。 どこかでコーヒーでも?マックとかあった…? 寒いし、普通ならどこかで時間をつぶす時間の空き方です。 今のうちにお昼食べちゃった方が合理的。 でも…やっぱり座ってる場合じゃないっ! コーヒーなんて飲んでられない! 食べものなんて喉通らないっすっ!! だからって西日暮里。 ウィンドーショッピングとかできそうな店もありません。 マックやドトールでコーヒー飲む以外、何をしようにもできそうにない。 駅周辺をちょーっとだけ歩いて、それもミョーにゆっくり歩いて時間をつぶします。 今、思い返しても、どうやって時間をつぶしたのか、細かくは思い出せません。 しかし、さすがに1時間も時間をつぶすことは難しいので、12:40には校門前に到着した記憶があります。 開成高校は合格発表も独特の雰囲気 開成高校は、首都圏私立の最高峰。 試験当日は一種独特の雰囲気になるとサピックスの先生から言われていました。 確かに、開成高校のホームページを見ても、『メディア・塾関係者の皆様へ』というページがあって、「応援の場所取りは抽選です」みたいなことが当時書いてありました うろ覚えですが。 開成入試はどんな図太い子もガクブルになるとのことで、開成が第一志望の生徒は、「2月10日を受験初日にしてはいけない」というのがサピックスの鉄則でした。 12:40に着いたのは早過ぎ?と思いきや、何人かすでに来ていました。 全然早過ぎではなかった。 やはり塾の先生方や、メディア関係らしくカメラマンっぽい人も何人かいます。 そうだよねー。 中学受験解禁の日にニュースに出ちゃうところだもんね。 そんな日本の風物詩の一つに、私は実際に立ち会えてるんだなあ…と、のん気な見解もよぎります。 合格発表でさえこんな感じだから入試当日は相当なものだったんだろうなーとも。 長男この緊張感を乗り越えて入試受けてきたんだねえ。 あらためて、長男エライ! 手持ち無沙汰なので「開成に着いたよー。 まだだよー」とパパと電話でしゃべって気を紛らわします。 開成は英語などかなりストイックに極めないと合格は難しいと言われます。 長男は、12月まで学校生活を楽しんでいて皆から出遅れてしまってたから、そういうスキのあるヤツは無理じゃないかと思う。 そして、そんな長男を許していたのは、私です。 受験が全てじゃないと思ってたから。 長男の人生を考えたら、今の中学生活を満喫することの方が大切とも思ってたから。 長男は、開成入試については、数学が「今までと違うパターンの問題があった」と言ってたし、英語で「やらかした気がする」とも言っていました。 完璧をきわめていないと合格は難しい開成。 だから、我が家にとってはダメ元です。 チャレンジだと重々承知。 でも受けたとなると、やっぱり合格を期待してしまうものです。 人が段々と集まってきて校門付近が込みあってきました。 それと比例して、私の心臓はバクバク。 「電話切るのが怖いよー」。 そして合格者番号が書かれたパネルを壁にかけます。 なんか、すごーくアナログ。 手作り感満載で昭和な感じ。 このやり方、ずっと変わってないんだろうなあ。 心臓のバックバクは最高潮。 校門入ってすぐのところにたまっていた人たちは、一斉にパネルの前に駆け寄りました。 キャーッ! という歓声が前方で聞こえた。 続いてパネルに近づきます。 うちは…? …無い。 無かった。 長男の番号は、無い。 何度見ても、無い。 ありませんでした。 やっぱり、奇跡なんてない。 「もしかしたら…?」なんてこと、まぐれで受かるなんてないのが、受験というものだ。 まさかの不合格は十分にあり得るのにねえ。 あれだけ心臓バックバクになって上がっていたテンションは急降下。 大きくふくらんだ風船パンッ! と破裂し、そのままシュルルルルーと一気にしぼんでしまった感じと同じです。 慶應志木か、開成かの究極の選択も苦しむ必要は、なくなりました。 慶應志木 or 開成問題、あっけなく終結でーす。 あーまあ~よかったよ。 よかった、よかった。 …よかったけど、ということは、入学手続き書類を受け取りに事務所に立ち寄る必要は、私にはないんだなあ…。 ちょーっと淋しい、手持ち無沙汰な気分で、パパに報告の電話をしながらその場を去りました。

次の

開成高校の進学実績・医学部主要大学合格者数(2020年)

開成 高校

概要 [ ] 1学年の生徒数は中学300名、高校400名となっている。 「」を冠する学校は他にも多数存在するが、本稿で取り上げる開成学園の学校と歴史上関係がある学校はとである(参照)。 校風は質実剛健。 校章の由来は「」。 ・・(筑波大学附属高校との対校戦)・などの硬派な行事が開成の特徴を表している。 初代校長は元総理大臣・大蔵大臣の。 合格者数が39年連続で首位( - )であり、近年では、、それぞれの合格者数も首位である(参照)。 沿革 [ ] 共立学校 [ ] 、の洋学・砲術・海洋学の講師から小石川造兵司頭になった 佐野鼎らによっての相生橋(現:)に共立学校(きょうりゅうがっこう)として創立された。 この時代の卒業生にらがいる。 佐野のコレラによる死後には廃校同様となったが、にの教師をしていたが校長、鈴木智雄らが講師に就任し、大学予備門への進学者のための寄宿制の受験予備校として改革 、英学科と和漢学科の二科の三年制(予科1年、本科3年)と定めた。 是清が校長に就任した翌年のには、共立学校からの大学予備門入学者が定員466名のところ、実に112名に達した。 以降も、東京英語学校(現:)やなどとともに、への合格者数上位校として知られていた。 およびの公布により、1府県1中学以上と定められたことで、東京に受験生が集まらなくなった私立各校は軒並み経営が傾いた。 そのためもあって1891年の尋常中学校令により尋常中学共立学校と改組・改称。 さらに、当時官公立校に対してだけ認められていた在学生に対する猶予や校地に対する免税、卒業生の任用などの特権を得る便法としての有利な条件も働き、数多ある私学のうち、まず共立中学(現:)が、次いで共立学校(開成)がの管轄下に入った。 開成 [ ] にはそれぞれ東京府城北尋常中学校、東京府開成尋常中学校と改称した。 このとき、校名が「共立学校」から「開成」となったのは、東京府当局が「共立」と「府立」は相容れないとして難色を示したためだとされている。 さらに中学校令改正によりに東京府開成中学校と改称。 「開成」という名称は、・繋辞伝(けいじでん)にある「夫易開物成務」という言葉が由来である。 まもなく各種特権が私学にも与えられるようになったこともあって、に府の管轄から私立へ復して私立東京開成中学校となり、に東京開成中学校と改称。 にはを併設。 には戦局悪化のため、無試験入学となる。 翌には入学試験が再開されるが、筆記試験が復活するのはのことであった。 戦後、により、に新制中学校(開成中学校)が発足し、には新制高等学校(開成高等学校)が併設され、旧制5年制中学から新制6年制中高一貫の開成中学校・高等学校へ移行し現在に至る。 また、現在のの校地に移転したのは、により淡路町校舎が消失したのこと。 に初めて行われた東京高師附属中学校(現:)とのは現在も行われている。 の創立150周年の記念事業として、高校新校舎建築を計画している。 年表 [ ]• 1871年 -「共立学校」創立。 1895年 - 校名を開成と改める。 1924年 - 学園は神田淡路町から西日暮里(現在地)に移る。 1947年 - 開成中学校が発足。 1948年 - 開成高等学校が発足。 旧制5年制中学から新制6年制中高一貫の開成中学校・高等学校へ移行。 交通アクセス [ ]• より約100m(徒歩2分) 校風・特徴 [ ] 学校の方針に基づき、行事や部活動の運営・管理は生徒に任せられる。 特に運動会や文化祭においては教員が行うことはほとんどない。 高3の運動会を終えて本格的な受験勉強を始めるという生徒が大半で、学校側もそれに合ったカリキュラムを組んでいる。 運動会では中1から高2までをすべて高3が指導するので、入学当初から常に上下関係を重んじる体質となっている。 大学進学実績 [ ] 合格者数が39年連続で首位である。 近年、1学年400人のうち半数弱が東大に合格している。 2020年度(2年度)の大学合格者数(浪人含む)は、東京大学185名(理III13名)、167名(医・医20名)、238名である。 近年では早慶の合格者数がそれぞれ首位になることが多い(ただし附属高を除く)。 関東圏以外の大学では、が9名である。 年間行事 [ ]• 4月 -• 5月 -• 6月 - (中1~高2)• 7月 -• 9月 -• 11月 -• 12月 -• 2月 - ボートレース [ ] 以来、毎年4月にボート部の部員によりにて開成と(1920年当時は東京高等師範学校附属中学校)のレース が行われている。 これは現在まで続く学校間対校戦としては最も歴史を持つものである。 現在の種目は舵手付きクォドルプル(両手漕ぎ四人乗り)である。 平成に入って以降8勝21敗と大きく負け越しているが、2010年から2012年に3連勝している。 2019年は昨年に続き負け越し、2019年現在の通算成績は45勝46敗である。 高3が入学当初の中1と新高生を指導し、開成の伝統として応援練習を行う。 ボートレース当日は応援団および新入生によって、開成ボート部を応援する。 運動会 [ ] 例年5月の第2日曜日に行われる、開成最大のイベント。 生徒運営の「運動会準備委員会」(略称:運準)、「運動会審判団」(略称:審判)、「運動会審議会」(略称:審議会)、「運動会記録委員会」(略称:記録)の下、高3が中心となって例年丸一年をかけて創り上げられる。 中高合同で行われ、高校はクラスごと(1組から紫、白、青、緑、橙、黄、赤、黒と色が割り振られる)、中学は各クラス5・6人ずつ縦割りで前述の8組に分ける(中学は7クラスのため)。 各組の運営は高3に委ねられ、下級生の指導も高3が行う。 なお、2019年度 148th の優勝は紫組である。 2020年度 149th は中止となった。 競技一覧 [ ] 2019年度 148th [競技順]• 中三 俵取り• 中一 馬上鉢巻取り• 高校個人 スウェーデンリレー• 中学個人 学年別リレー• 高二 棒倒し(五棒) 〜昼休み〜• 中二 綱取り• 高一 騎馬戦• 中学個人 要領次第• 中一 ムカデ競走• 中二 出前競走• 中三 騎馬パン食い競走• 高三 棒倒し(六棒)• 中学・高校個人 全学年リレー アーチ、エール [ ] 各組の高3は毎年、在校生の応援席(桟敷)の上にアーチと呼ばれる絵を描く。 運動会に来た観客による投票(運動会準備委員会資材係によって実施される)で1番だった組にアーチ賞が授与される。 また、各組の高3は毎年、組の応援歌であるエールを作る。 このエールは、開会式において歌われる。 また、アーチと同様の投票によって1番だった組にエール賞が授与され、エール賞を受賞した組は、閉会式の際にもう一度歌うことができる。 なお、2019年度 148th のアーチ賞は青組、エール賞は黄組である。 運動会の組織 [ ] 運動会準備委員会 運準委員長を中心とする委員長団・各係C(チーフ)・SC(サブチーフ)によって構成される運準総務の下、運準各係に所属する生徒が運動会の運営に貢献している。 委員長団• 委員長• 高2副委員長• 高1副委員長• 会場係 - 会場設営全般• 衛生係 - けが人の対応や各組の練習などの監督• 演技準備係 - 競技に使われる俵や棒などの作成・管理• 召集係 - 競技を行う選手の誘導• 資材係 - 運動会に使われる資材の管理• 報道係 - 公式サイト・などでの広報業務、本番での観客の誘導(外勤と呼ばれる)• 得点係 - 得点計算・順位決定・得点櫓での掲示• 放送係 - 放送・計時業務全般 運動会審判団 審判長と各競技ルール責任者・主審などの副審判長からなる審判総務の下、FJ Field Judges と呼ばれる生徒がジャッジを行っている。 審判長 (以下、副審判長)• 各競技ルール責任者 - 前年度の主審が担当する• 各競技主審• B倉庫管理 運動会審議会 前期審議会と後期審議会に分けられ、前者では議案の審議、後者では運動会の反省が主に行われる。 議長を中心とする議長団、運準などの各組織の代表、中高各クラスのクラス代表により構成されている。 議長団は毎年公示で募集され、中3(新高1)~高2(新高3)により構成される。 副議長• 白板書記• PC書記• マイク持ち 運動会記録委員会 実戦対抗(実対)や本番の記録業務を担っている。 記録委員会および運準報道係などの許可された者以外の者が実対や本番の様子を撮影することは規定により禁止されており、各組が規定に違反した場合、罰則が課されることもある。 なお、141stまでは各組および審判団の一部が記録業務を分担していたが、年々その内容が重くなり、組の練習などに影響を及ぼし始めた。 そこで、141st運動会後期審議会において、記録業務への下級生参加が初めて提案され、142ndで運準記録係が組織された。 そして143rdに運動会記録委員会として独立し、現在に至っている。 そのため、運動会記録委員会は運動会の組織の中で最も新しい組織であるといえる。 学年旅行(修学旅行) [ ] 中3と高2では、修学旅行と呼ばれる。 行き先や日程などは、生徒が主体となって決める。 生徒自身が旅行会社との交渉を行うこともある。 中1は方面、中3は・に行くのが慣例となっている。 水泳学校 [ ] 毎年7月下旬、の施設で中1が参加する。 100年以上の伝統をもつ。 元々は水泳部合宿であったが、2006年に中1対象の行事として復活させ、翌年に宿舎が新しくされた。 以降、の心配から任意参加となった。 2019年度の参加者は308名のうち305名である。 現在は2泊3日で行われている。 文化祭 [ ] 毎年9月に開催され、「開成祭」とも呼ばれる。 生徒運営による「文化祭準備委員会」(略称:文準)の下、文化系の各部や同好会・サークル、有志などが参加団体(参団)として参加し、日頃の研究成果の発表やパフォーマンスなどが行われる。 一部の運動部はグラウンドや体育館を利用して招待試合を行う。 また、古本市も開催され、教職員などが本を寄付する。 入場制限はない。 多くの生徒は高2の文化祭から12月にかけて部・サークル活動を引退する。 そのため文化祭は代替わりの象徴的行事としての性格もある。 高3は文化祭への参加は任意であるが、参加しないのが慣例となっている。 文化祭準備委員会 文化祭運営全般を担う組織であり、委員長を中心とした委員長団・各係C・SCによって構成される文準総務の下、のべ1000人を超える生徒が文準の一員として文化祭運営に貢献している。 委員長団• 委員長• 高2副委員長• 高1副委員長• 文準会計• 参団会計• 参団係 - 参団の管理・指導• 資材係 - 文化祭で用いられる資材の管理• 会場係 - 観客の誘導• 電気係 - リールなど、電気関連の管理業務• 実演参団係 - 部活の招待試合など、展示参団以外の参団の管理・指導• 装飾係 - アーチや宣伝などの装飾物の管理• 縁日係 - 縁日の運営• 広報係 - 公式サイト・Twitter等での広報業務およびパンフレットの作成• 参画係 - スタンプラリー・開成ツアー等の運営• 古本係 - 古本市の運営• 講演会係 - 講演会(毎年恒例であり、校外から著名な人物が招かれる)の運営• 喫茶係 - 文準喫茶の運営• 模擬店係 - 模擬店の運営• 演奏団体係 - 演奏団体(バンド・弾き語り等)の管理• 中後夜祭係 - 中夜祭・後夜祭の運営 マラソン大会 [ ] 河川敷を利用して行われる。 に始まり、初めはを経由して巣鴨~大宮間で行われていた。 その後、河川敷など何回かのコース変更を経て、現行のコースとなった。 距離は中1が5km、中2・3が7km、高校生は8kmである。 なお、2019年は台風の影響で中止となった。 スキー学校 [ ] 冬のスキー学校は毎年12月、春のスキー学校は毎年3月、のにて4泊5日で行われる。 に始まり、かつては長野県ので行われていたこともある。 希望者のみ、を受講することも可能である。 入学試験 [ ] 中学入試 [ ] 募集人数は300人。 毎年入学試験は2月1日にあり、試験科目は試験順に国語、算数、理科、社会の4教科である。 配点は国語と算数は85点ずつ、理科と社会が70点ずつの310点満点で行なっている。 2019年2月1日に行われた試験では、合格最低点が218点、合格者数は396人(入学者は308人)、倍率は2. 9倍であった。 高校入試 [ ] 募集人数は100人。 入試は2月10日に行われ、国語、数学、英語、理科、社会の5教科である。 配点は国語と英語と数学が100点ずつ、理科と社会が50点ずつの400点満点である。 2019年2月10日に行われた試験では、合格最低点が263点、合格者数は188人(入学者は104人)、倍率は2. 8倍だった。 部活動・個人活動 [ ] 学内には50の公式部、および19を超える同好会がある。 運動部は運動会で利用される第2グラウンドや小体育館、小講堂、大体育館、テニスコートなどで活動する。 ボート部は、2017年3月の全国高等学校選抜ボート大会(舵手付きクォドルプル)で4位、2018年7月の全日本中学選手権競漕大会 舵手付きクォドルプル)で優勝の成績を収めている。 硬式野球部は、2005年夏のでのベスト16に入った。 2012年夏はベスト32。 『』のモデルとなった。 文化部では全国大会で優秀な成績を収める例がある。 俳句部は「」(全国高校俳句選手権大会)で22回大会(2019年まで)のうち優勝10回の戦績を誇るほか、弁論部はに20回中12回出場し、20回大会では中学の部で全国優勝という好成績を収めている。 では、やなどに同校の生徒が日本代表として派遣され、好成績を収める例がある。 近年では、クイズ研究部が「」(系)で第30回(2010年)・第31回(2011年)・第32回(2012年)で優勝し、史上初の3連覇を達成した。 囲碁部は、団体男子の部において、第35回(2011年)・第36回(2012年)・第37回(2013年)で3連覇を達成している。 学校関係者と組織 [ ] 関連団体 [ ]• - 組織 高校関係者一覧 [ ] 「」を参照 関連学校 [ ] 開成から分離独立した学校 [ ]• - 第二開成中学校として創立• - 逗子開成中学校として分離独立• 旧名・東和大附属昌平高校 とは異なる。 - 神田淡路町の東京開成中学校内に 開成夜学校として創立• - 関東大震災での校舎焼失を機に、1926年に神田駿河台に分離• - 昌平中学となる• - 昌平高等学校となる• - 募集停止し1979年に廃止 開成の関係者が設立した学校 [ ]• - 鎌倉女学校として創立• - 鎌倉女学院となる 類似名 [ ]• 関連文献・映像 [ ]• 『東京開成中学校校史資料』(東京開成中学校、1936年)• 『開成学園九十年史』(開成学園、1961年) - 開成学園九十年史編纂委員会編集• 『開成110』(開成学園、1981年) - 開成学園校史委員会編集• 1977年に発生した、同校生徒がその父親に殺害された事件を題材の一つにした著作。 被害者となった生徒によるの継続が事件発生の原因とされ、で大きく報じられた。 『開成学園 男の子を伸ばす教育』(、2009年11月初版発行) - 芳野俊彦(発行当時開成中学・高等学校長)著• 『』 ドラマ内で高校受験の季節になると登場する「開栄高校」のモデルとされている。 脚注 [ ]• 芳野俊彦著『開成学園 男の子を伸ばす教育』()の「第一章 新しい出会い」のうち「旧高生と新高生」 pp. 21-23 によると、「高校の1年次だけは、5・6組は新高生、ほかは旧高生というクラス分けをし、旧高生と新高生を別の組にしています。 (中略)2年次からは新旧シャッフルして、隔てなく8組にクラス分けをします。 」と記載されている。 開成中学校生徒会史(開成中学校生徒会、2017)• 現代ビジネス• 『日本学園百年史』など。 『東京府公立中学校教育史』(桑原三二、1981年) P. 28 -• 淡路町校舎の跡地にはが設立された。 『ドクター福井の開成流勉強術』〈上〉、〈マル勝・ワニの受験本〉、1996年4月。 開成では一般生徒からは単に「ボートレース」と呼ばれ、ボート部員では「対校戦」の呼称が用いられているが、筑波大附属では「開成レース」と呼んでいる。 これは筑波大附属において毎年の「対校戦」がとも行われているためである。 同様に学校間対校戦として歴史を持つは、第1回が1905年であり、開成・附属のボートレースよりも古いが、第2回は1930年まで時代を下っているため、継続的な開催、かつ回数において開成・附属間の対校戦が上回っている。 毎日新聞 2008年2月22日• 開成高等学校ウェブサイト 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

開成中学・高等学校 掲示板

開成 高校

東大に7年在籍... 「開成番長」波乱の道のり 東大合格者数39年連続1位を誇る名門・開成高校から憧れの東京大学へ......。 だが、誰もがうらやむエリートお約束の道を歩んだからといって、役人や大手企業に進むとは限らない。 開成OB・繁田和貴さん 40 もその1人で、東大卒業後、就職活動はせずに「個別指導塾 TESTER テスティー 」を起業。 個人授業を主体とする7つの学習塾を経営し、今年で創業14年になる。 オンライン授業も好評で、海外にいる生徒たちにも教えている。 開成高校卒業後は、一浪して東大に入学するも、7年間在籍。 その原因は「チャラすぎる生活」にあったという。 そしてこちらは開成時代の繁田さん。 当時のあだ名は「開成番長」。 「(開成は)けっこうなんでもありで、ふざけたやつらが多かったですよ 笑。 それを先生たちが許してくれちゃうんですよね。 ありがたいです。 開成の特徴的なところで、何となくみんな東大を目指すみたいな空気があるので、僕も自然と東大を目指しました。 一浪の後に東大に入って...。 でもそれが"ゴール"になってしまう。 それで、大学に入ってから道がそれまくって... 僕3回留年したんです 笑 」と当時を振り返る。 実は繁田さん、大学に入ってからスロットにハマってしまい、一時はプロになることも考えたそう。 「自分の経験と反省を活かして何が出来るだろうと考えました。 中高のうちに社会に出てからのことを考えるような機会を与えつつ、成績を伸ばしてあげる教育が必要ということで、自分で塾をやろうと。 これなら自分の強みも反省も活かせる。 受験勉強では終わらない、"一生モノの人間力を身につける"ということを塾の理念にしています。 開成の人たちは、勉強だけではなく人間味があふれていると感じる。 だから僕は、それを塾の理念にしました」。 繁田さんが立ち上げた塾の理念に、同級生も賛同し参加。 そしてこの結束力こそが「開成」そのものだという。 繁田さんの塾に通い、今春、開成から東大に入学したばかりの生徒も「(開成は)自由で、全部生徒が主体で行い、先生は見ているだけ」と笑顔で語る。 開成の校風は今もなお、繁田さんが通っていた時代と何も変わらない。 開成から東大、東大大学院へ... 今春デビューするイケメンピアニスト ピアニストの角野隼斗さんも、開成の特徴である「多様性」をそのまま体現している。 高校から開成に入り、東大へ。 東大大学院を卒業した今年、ピアニストとしてデビューする。 2018年には「ピティナ・ピアノコンペティション」で優勝。 勉強もできる、でも才能は別にもある... 角野さんの場合はピアノだった。 「東大を出たのなら学歴を武器に!」誰もがそう思う生き方とは無縁。 自分の得意を武器にやりたい道で生きていく。 開成には"得意なことをとことん伸ばす"という校風もある。 「開成は勉強が出来る子が集まっているけど、趣味がすごい人が多い。 そういう多様性の中で育ったことが、今、音楽の道に進んでいることに活きている。 好奇心が一番大事だと思っていますし、開成から学んだことかもしれません」と語る。 様々な分野で活躍する開成の卒業生たち。 勉学だけではない、開成ならではの多様性を生み出す教育がそこにはある。 この放送は、で期間限定配信中です! BSテレ東では、4月より「THE名門校!日本全国すごい学校名鑑」 毎週日曜よる9時放送 がスタート! 名門校はなぜ、長きに渡り、名門校でい続けることができるのか...。 歴史や校風、卒業生のネットワークまで、名門校の知られざる姿を通して秘密に迫る知的情報バラエティだ。 MCに登坂淳一、角谷暁子 テレビ東京アナウンサー 、解説におおたとしまさを迎え、「名門とはいったい何か?」常識を打ち破る教育現場に密着する。 4月26日(日)よる9時放送「THE名門校!日本全国すごい学校名鑑」は、九州の雄!鹿児島ラ・サールの秘密に迫る。 今回の名門校は九州の名門「鹿児島ラ・サール」。 全国から鹿児島を目指すその秘密をラサール石井と解明する。 ラ・サールと言えば世界80ヵ国に広がるOB会の存在...。 出身者は、キューバの革命家であるカストロ議長やチェ・ゲバラ、さらには香港スターのブルース・リーまで実に幅広い。 鹿児島ラ・サールの秀才たちは半分が医学部を目指し、残りの半分が東大を目指すという。 高3からは毎日テスト漬け授業... 成績が悪くても「勉強しろ」とは言われないのはなぜなのか? 寮ではスマホ禁止の厳しいルールも。 そんなラ・サールの昔と今を、ラサール石井がトーク。 生徒が育つ名物行事!エンターテイメント満載の体育祭、冬に行われる1周35キロの桜島遠行から名門たる所以が見えてくる。 番組をどうぞお楽しみに!.

次の