寝 てる 時に よだれ が 出る 原因。 寝てる時によだれが出る原因は身近なところに…その対策も詳しく解説

寝るとよだれが垂れるのはなぜ?解消の3つのポイント!

寝 てる 時に よだれ が 出る 原因

よし、チェルキーくんに聞いてみよう! 睡眠中によだれが出て、 目が覚めたらよだれまみれ!朝起きた時ならまだしも、外で昼寝をしている時なんかだと最悪ですね。 私チェルキーは学生時代、何度か授業中の居眠りで机の上に唾液の水たまりを作って、起きた時に恥ずかしい思いをした経験があります。 そして、今でも疲れきって眠りについた次の朝、シートがじんわりとよだれで グショグショになることがたまにあるんです。 あれってなんでなんだろうなぁと不思議に思いました。 睡眠中に常によだれまみれになる人、たまによだれまみれになる人とそれぞれいるでしょうが、今回は なぜ睡眠中によだれが出るのか?ということについてまとめました。 睡眠中によだれが出る原因と対策• 疲れている時に寝るとよだれが出る理由• 昼寝している時によだれが出ないようにするには? よければ参考にしてくださいね。 Contents• 睡眠中によだれが出る原因 睡眠中によだれが出る原因は、口呼吸になっているから。 口呼吸をしている時は口が開きっぱなしになる• 口の中が乾燥するので、それを防ごうと唾液が分泌される• 口が開いているのでその唾液が出る この流れです。 つまり、睡眠時に口呼吸にならないようにすれば睡眠中によだれが出ることはなくなるでしょう。 次の章から、口呼吸になる原因とその原因に対する改善策も一緒に解説していきます。 睡眠中に口呼吸になってしまう原因と対策 睡眠中に口呼吸になってしまう原因は、• うつ伏せで寝るからよだれが出る• 周りの筋肉が衰えているからよだれが出る• 鼻が詰まっているからよだれが出る• 枕が高すぎるからよだれが出る• 口呼吸が癖になっているからよだれが出る これら5つが考えられます。 この原因に対する対策も加えて、1つずつ解説していきましょう! 疲れているとうつ伏せになりやすくなる?: 人は横になると腹式呼吸で呼吸をするようになっています。 そして、仰向けで寝るよりも、うつ伏せになることで 腹式呼吸がしやすくなるのです。 そのため、体が疲れていると、 疲労回復のためにも酸素をしっかり吸おうとした結果、体制を変えてうつ伏せになってしまうのではないかと思われます。 普段はうつ伏せで寝ない人でも、『疲れるとよだれが出てしまうなぁ』という人は、疲れていて寝返りをうって腹式呼吸のしやすいうつ伏せになって寝てしまうからではないでしょうか。 それか、最初からうつ伏せで寝始めているからかもしれませんね。 疲れているときなら仕方ないかなと思います。 普段はよだれが出ないけど、たまによだれが出るんだよね…という人は、その ほとんどの原因は顔を下向きにするような格好で寝てしまい、口呼吸になってしまうからなのでは?と私は思っています。 スポンサーリンク 口周りの筋肉が衰えている 口周りの筋肉が衰えていると、 口を閉じているときの舌の位置が上の歯の前歯にくっつく位置にきます。 本来であれば舌の位置は 前歯をつたってその後ろにあるへっこみの部分が正しい位置であり、そこに舌があれば歯にも当たらないはずです。 その正しい位置に舌がないのなら、口周りの筋肉が衰えている証拠。 口周りの筋トレを行いましょう。 え?筋トレなんて嫌だ!と思うかもしれませんが大丈夫、安心してください。 すごく簡単です。 ということで、美人な歯科スタッフさんが説明してくれている動画を見つけてきました。 やり方を箇条書きにすると、• 大きく口を開けて『あ』• 首の筋が出るくらい思いっきり『い』• 口を思いっきりすぼめて『う』• 舌を思いっきり前に出して『べ』 動画のスタッフさんは恥ずかしがっておとなし目に説明してくれています。 (本気でやると人には見せられないくらい変顔になりますからね) どれくらいやればいいのか?というと、 1日に30回程度やるといいでしょう。 ただ、1回、2回と数えるのはめんどくさいので、 キラキラ星を『あ』『い』『う』『べ』で歌うとやりやすいです。 私があいうべ体操を知った歯科医の先生が教えてくれたやり方: 『き〜ら〜き〜ら〜ひ〜か〜る〜』を『あ・あ・い・い・う・う・べ〜』と歌っていくと6回のあいうべ体操ができます。 つまり、あいうべ体操を30回やりたければ、キラキラ星を5回『あ・あ・い・い・う・う・べ〜』と歌えば30回のあいうべ体操ができちゃうんです。 私がやるときはいつもこのやり方ですね。 他にも 舌回し運動も効果的だと思います。 実際に私は滑舌のためにベロ回し運動をしたのですが、運動を終えると舌が正しい位置にビッタリくっつくのを感じました。 小顔にもなるし、滑舌も良くなるし、舌の筋トレにもなるので、ベロ回しもオススメです。 小顔になったビフォーアフター写真も公開していますので、こちらの『』という記事も参考にされてください。 また、違う原因として、口周りの問題ではなく、他のところに問題があることで口呼吸になり睡眠時によだれが出てしまう原因にもなります。 それはなんなのか?次の章で解説しましょう。 鼻が詰まっている 鼻が詰まっていれば当然、鼻で呼吸できませんから、口呼吸することになります。 じゃあ、鼻が詰まっていたらどうすればいいの?って話ですが、鼻炎アレルギーで子供時代は常に鼻づまりしていた私の経験からいうと、 蒸しタオルを当てるのが一番楽になったかなと思います。 鼻づまりに効くといわれるツボを押してみても私はあまり効果を感じませんでしたが、蒸しタオルはかなり効くなと感じました。 ただ、 蒸しタオルってすぐに生暖かくなるので、寝る前に温めるならお風呂に潜るのが手っ取り早いと思います。 途中で息継ぎをしながら 5分も潜ればかなり楽になるかと!(あくまで個人の意見ですけどね)潜った時に鼻から息を細く出そうとするのがコツです。 寝る前ではないからお風呂には入らないし、化粧をしていて蒸れタオルも使いたくない場合はこちら、 私は口呼吸が当たり前だと思っていた: 私は口呼吸が当たり前だったので、 呼吸は鼻でするものだよと教わった時に『え!そんなの無理だよ!』と衝撃を受けたことを覚えています。 常に鼻づまりして左ポケットに3つ以上のポケットティッシュ、右ポケットに大量の使用済みティッシュが詰め込まれた小学生時代のチェルキー少年には酷い真実ですよ。 口呼吸が癖になっている場合は、 鼻呼吸で呼吸をするように意識していれば、次第に鼻呼吸するようになるでしょう。 または 口にテープを貼って口呼吸しないようにしておくのも手です。 肌が荒れないように市販の口閉じテープを使用してもいいですし、私は普通にセロハンテープで閉じていますが、特に肌荒れしたことはありません。 枕が高すぎる 枕が高すぎても口呼吸になってしまうようです。 枕の高さが適切かどうか?は枕に仰向けで寝転がった時の目線で確認してください。 天井をみた時に、 目線が真上よりやや下に向かっていれば適切な高さかと思われます。 この時に、足の上の空間を見るような目線であれば枕が高すぎるかもしれません。 高い枕が好きな人でもそれはただ高い枕に慣れてしまっただけか、かなりの猫背だからではないでしょうか? 高い枕に慣れている人はどうすればいいの?: お風呂上がりの寝る前に肩周りのストレッチを軽くして、目線が真上の天井よりやや下くらいの目線になる高さの枕で寝るようにしてみましょう。 とはいえ、今使っている枕が高さ調節ができないとしても 新しく買う必要はありません。 複数枚のタオルを枕にしてミリ単位で高さ調節ができるので、タオル枕を作って、一番上にくる枕は肌触りの良いものを使用すればいいかと思います。 ちなみに私は高さ調節ができるパイプ枕を愛用していて、蒸れないのでオススメです。 そもそもよだれって何なの?ということも最後に紹介しておきましょう。 よだれとは? よだれとは唾液が大量に分泌され、口から垂れる唾液のこと… そして、唾液の役割は、• 口の中の細菌を流す• 抗菌作用(口臭を防ぐ)• 食べたものを柔らかくする• 消化を促進する• 口の中の傷を修復する• 口の中の乾燥を防ぐ• 歯の健康を保つ これらの役割があると考えられています。 なので、唾液自体は必要なものなんですよね〜。 睡眠中によだれが出るのは、口呼吸になってしまうからです。 なので、睡眠中によだれが出ないように改善をしようと思うと、口呼吸にならないようにする対策が有効であると考えられます。 具体的には、• うつ伏せで寝るからよだれが出る• 周りの筋肉が衰えているからよだれが出る• 鼻が詰まっているからよだれが出る• 枕が高すぎるからよだれが出る• 口呼吸が癖になっているからよだれが出る これら5つの原因に対して、自分が該当すると思うものの対策をされるといいかと思います。 睡眠中によだれが出て、目覚めたら周りから白い目で見られる… そんなことにならないように対策しましょうね。 メタ坊 筋トレ1年生。 30代に突入し、メタボと診断され、トレーニングを開始。 健康志向に目覚める。 怠惰な体型をなんとかしたいと、トレ男に教えてもらいながら、精進している。 お酒、お菓子の誘惑と日々戦っている。 トレ男 健康志向が高く、パーソナルトレーニングを生業として、日々、多くの人々にトレーニングや健康指導をしている。 メタ坊のトレーニング方針の相談相手。 もはや多少お酒を飲んでも、お菓子を食べても太らないほど代謝がいい無敵男。 最近の投稿• カテゴリー• アーカイブ• 検索: 最近のコメント.

次の

寝てる時によだれが出る原因は身近なところに…その対策も詳しく解説

寝 てる 時に よだれ が 出る 原因

よだれは病気のサインかも!愛犬のよだれが多いのは大丈夫?【獣医師が解説】 2017年8月7日• 最近、愛犬のよだれが多くなった気がする…そう感じることはありませんか?犬がよだれを垂らすことは生理的な現象であることが多いですが、実は病気のサインということもあるのです。 今回は、犬のよだれが垂れる生理的な原因と、病院に行くべき病的なよだれの見きわめ方について解説します。 生理的な原因で出るよだれ 唾液分泌の増加 食事の消化を促すため 唾液は食べ物を消化する役割を果たします。 そのため、犬も人間と同じようにいい匂いを嗅いだり、食べ物の味や食感を認知したりすると、脳から「唾液を分泌して食べ物を体に取り込むサポートをしなさい!」と指令が出て、唾液が増えます。 食事の消化を促すために動物に備わった生理的な働きです。 体温や水分量の調節のため 水は蒸発するときに、周囲の熱を奪うという性質があります。 そのため人は汗をかくことで体温を下げることができるのです。 犬は人間のように汗による体温調節はできませんので、かわりに口を開けてハァハァする呼吸(パンティング)によって体内の熱を放出します。 パンディングをして鼻や口の中を息が通ることで、唾液を蒸発させ、体温を下げているのです。 リラックスしている 寝ている時や気持ちが落ち着いている時は、サラサラとした唾液が増加します。 犬も人間と同様に、交感神経と副交感神経があり、交感神経が働いているときは活発になり、副交感神経が働いているときはリラックスした状態になります。 この副交感神経が働いているときに、唾液が増えるのです。 車酔い 車酔いを起こすことでもよだれは増えます。 これは、脳内にある吐き気を引き起こす神経と唾液の分泌を促す神経が近くにあるので、吐き気を催すと、唾液分泌を促す神経も一緒に刺激されて唾液が出るのです。 犬が車に乗っている時によだれが増えた場合は車酔いの可能性があるので、早めに休憩をとってあげて下さい。 *詳しくは、をご覧ください。 口内や唇の構造 犬の歯は人のように密に生えていません。 そのため口の中で作られた唾液が唇と歯の間に溜まってきます。 そのスペースは大型犬の方が小型犬に比べて大きくなるため、大型犬は特に唾液が多く溜まり、よだれとして出てきます。 病気が原因で出るよだれ 犬がよだれを垂らす原因となっている病気には、緊急性の高いものがいくつかあります。 早急に処置をしなければ、命の危険に陥るケースもあるので、よだれとあわせて以下のような症状が見られるときは注意してください。 これが熱中症です。 暑い場所でお留守番をさせたり、炎天下のお散歩をしたあとに、荒い呼吸が続いたり、よだれをダラダラ垂らすようであれば、熱中症になっている可能性があります。 治療が遅れると命を落とす場合もあるので、そのような症状があればすぐに病院へ連れていってあげてください。 *詳しくは、『』を参照してください 胃捻転・胃拡張 胃捻転・胃拡張は、特に大型犬が食後にかかりやすいと言われていて、なにかしらの原因で突如胃にガスがたまり、短時間でパンパンに膨れ上がる病気です。 すぐに手術をしなければ、膨張した胃により周囲の臓器や血管が圧迫され、短時間で死に至ります。 吐こうとしても吐けない、よだれをダラダラ垂らしている場合は、この胃捻転・胃拡張を発症している可能性がありますので、夜間であれば救急病院を頼りましょう。 *詳しくは、『』を参照してください。 異物誤飲 食道になにか異物が詰まっている場合、激しくえづくことがあります。 様子を見ているうちに呼吸困難に陥ることもあるので、早急にかかりつけの病院へ連絡をしましょう。 異物誤飲・中毒 犬が食べると危険なものはたくさんあります。 たとえばチョコレートや保冷剤などは、犬が間違って食べてしまうと非常に危険。 嘔吐やよだれを垂らすなどの中毒症状が見られます。 また、ぬいぐるみやボールなどを誤飲したときもよだれを垂らすことがあります。 食道に詰まって激しくえづいているような場合は、呼吸困難に陥ることもあるので、早急な治療が必要になります。 よだれを垂らしている前に、なにかモグモグしているような気配があったら、すぐに病院へ連れていきましょう。 *犬が中毒症状を起こす食べものについては、『』でも詳しくご紹介しています。 臓器の異常 や肝不全、などといった臓器の病気は、吐き気を催してよだれが増えることがあります。 てんかん・脳腫瘍・脳炎・水頭症など脳の異常 神経の働きに障害があると唾液分泌の調整が上手くできなくなり、唾液の分泌が急に増えることがあります。 また唾液をうまく飲み込めなくなるためよだれが増えてきます。 *てんかんについては、水頭症についてはも併せてご覧下さい。 早めに病院へ連れて行くべきケース 歯周病、口内炎、口腔内異物、口腔腫瘍、顎の骨折など 口の中に刺激や痛みがあることで、唾液の分泌が増加し、出血が混じったよだれが垂れることもあります。 口の中を見ることで診断が可能なことが多いですが、口の奥の方にある異物 トゲや針が刺さっている場合 や腫瘍は、麻酔をかけて観察しないとわからない場合もあります。 また、歯周病の悪化などによって顎の骨が弱っている子は、骨折することもあります。 顎を骨折すると、口がうまく閉じられないために、よだれが垂れ流しになってしまいます。 *歯周病について、も参考にしてみて下さい! 生理的な要因でも、病気的な要因でもよだれは増えます。 大切なのは飼い主さんが愛犬の様子を日々きちんと観察して、些細な異変にも気付けることです。 ちょっとした異変が重大な病気のサインなこともあるので、不安に思ったらすぐにかかりつけの獣医さんに相談してみてくださいね。

次の

睡眠中のあなたは笑っていませんか?睡眠中に笑ってしまう理由3つ

寝 てる 時に よだれ が 出る 原因

寝ている時によだれを垂らす原因 まずは寝ている時によだれを垂らす原因について説明していきましょう。 口呼吸になっていませんか? 寝ている時によだれが垂れる原因は 「口呼吸」になっていることです。 ほとんどの場合が口呼吸が原因でよだれが垂れています。 口呼吸になると口の中が乾燥するのでは? と思いますが、その通りです。 口の中が乾燥してしまうと、よだれ出てこないんじゃ? と思いますが、 この乾燥が原因でよだれが出てきてしまっているのです。 口の中が乾燥してしまうことで、口の中の環境が悪くなり、 虫歯やのどの調子が悪くなるといった症状が出てくる原因になってしまうのですが、 神経が危険と判断して唾液が出るようになるのです。 この時、口呼吸になっていることが多いため、よだれを垂らしてしまうのです。 唾液過多症 あまりにもよだれの量が多い場合は、 「唾液過多症」の可能性があります。 胃腸の調子が悪いことや体が冷え切っていることが原因とされており、 ストレスが大きく関わっているのです。 この症状は 自分で治すことは難しいので、耳鼻科、口腔外科へ相談するといいでしょう。 寝ている時のよだれを改善 寝ている時のよだれをできるだけなくすには、何をすればいいのか? マスクをする マスクをするだけで、 口の中を乾燥から守ってくれるので、寝ている時だけでもマスクをするといいでしょう。 これならすぐにでも簡単にできるのでおすすめです。 マスクをしながら、よだれを垂らしてしまったら最悪ですが(笑 よだれを垂らさないためにマスクをしているので、よだれは出てくることはないでしょうが、 唾液過多症の場合はよだれが垂れるくるかもしれませんね。 乾燥ではなく、ストレスが原因なので。 鼻づまりを治す 鼻が詰まっていることで、口呼吸になっている人は多く、 「口で呼吸できるからいいや」と放置し続けている人も中にはいます。 しかし、これを放置してはいけません。 口の中の環境が最悪なことになってしまうので、鼻づまりを治して、口呼吸に戻してください。 薬局に売っている グッドエイトやパブロンといった点鼻薬は一時的にですが、鼻づまりを解消することができますのでおすすめです。 根本的なところから治す場合は耳鼻科へ行き、診てもらうといいでしょう。 アゴの筋肉を鍛える アゴの筋肉が弱ることで、口が無意識のうちに開いてしまうことがあるので、 アゴの筋肉を鍛える必要があります。 私が常に行なっている方法は、車の運転中や家などで、 ガムを噛み続けることです。 本来の目的は口臭を消すために噛んでいるのですが、ついでにアゴの筋肉を鍛えることを鍛えることもできていますね。 たまに、5粒くらい口に入っている時があります(笑 あと、 普段の食事中の噛む回数を増やすといいでしょう。 意識して 30〜40回噛むようにすると、自然とアゴの筋肉がつきます。 よく噛んで食べることは体にとってもいいことなので、しっかりと噛んで食事としましょう。 ストレスを解消する ストレスを解消することで、唾液過多症の改善にもなりますので、 自分なりのストレス解消方法でリラックスするといいでしょう。 仕事や人間関係があることから、ストレスを完全になくすことは、ほぼ不可能なので、 「少しでもストレスを軽減できるように」と考えておくといいでしょう。 このことをあまり意識しすぎても、 逆にストレスを溜めてしまう原因にもなりますので。 まとめ 寝ている時によだれが垂れてくる原因は主に 「口呼吸」ということがわかりましたね。 それ以外にも 緊張やストレスでの唾液過多症もありました。 寝ている時によだれが垂れることは、様々な症状を引き起こす 「合図」ということでしょう。 たまに垂れるくらいならいいのですが、毎日のように垂れている人は早めに改善するようにしましょう。 後々、口内トラブルを引き起こす可能性がありますので。 また、唾液過多症でなければ、すぐにでも簡単にできる改善方法ばかりなので、すぐにでも始めるといいでしょう。

次の