上げ 法事。 法事は何回忌までやる?各宗派の弔い上げを紹介!

法事のお仏壇にお供えするお菓子や果物は何がいい?お飾りの手順と方法は?|仏事のいろは(浄土真宗)と暮らしの雑学

上げ 法事

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 年回忌法要の年回表と計算方法 法事・法要は回数や行う年が決まっており、基本的にはその年に合わせて行うことが多くなっています。 年始めには、その年に年回忌法要を行う人がいるのかを確認しておき、準備を進めましょう。 ここでは、年回忌法要の種類と、行うべきタイミングをご紹介します。 年回忌法要の年回表まとめ 年回忌法要は数年に1度行うものであり、基本的に以下のタイミングで法要が行われます。 弔い上げをする予定の法要までは、年回忌法要を行っていくのが基本です。 年回忌法要の2019年回表をまとめてみました。 今年それぞれの回忌を行う場合の死去年はいつなのか、ケースに合わせて確認してみてください。 年忌 死去年 平成30年 2018年 平成29年 2017年 平成25年 2013年 一三回忌 平成19年 2007年 十七回忌 平成15年 2003年 二十三回忌 平成9年 1997年 二十七回忌 平成5年 1993年 三十三回忌 昭和62年 1987年 三十七回忌 昭和58年 1983年 四十三回忌 昭和52年 1977年 四十七回忌 昭和48年 1973年 五十回忌 昭和45年 1970年 百回忌 大正9年 1920年 亡くなってからの年の数え方と計算方法 百箇日法要を行うまでは、亡くなった日を1日目としてとらえます。 そして満1年経つと一周忌を行います。 よく間違えやすいのですが、三回忌からは数え年で行います。 つまり、三回忌は命日から満2年目で行い、七回忌は満6年目で行います。 最後の法要「弔い上げ」とは? 先ほども少し触れましたが、「弔い上げ」とは最後の年忌法要のことを言います。 一般的には 三十三回忌法要か五十回忌法要に弔い上げをすることが多いようです。 ただし、三十三回忌法要ぐらいの年月が経っていると、故人と関係がある方も亡くなっている可能性が高くなります。 そのため、三十三回忌で弔い上げをするのが一般的となっています。 年回忌法要はどんなものか?三回忌を例に説明します 年回忌法要で何をすれば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。 法要の流れがわからないままだと、失敗してしまう可能性があります。 悔いなく故人を弔うために、法要の流れを確認しておく必要があります。 ここからは、命日から満2年で行う「 三回忌法要」を例に説明します。 僧侶入場と施主の挨拶 参列者は各々席に座り、僧侶が入場して始まります。 法要を自宅で行う場合は僧侶が座る場所を用意しましょう。 僧侶に座っていただく席は、お仏前の前に用意するのが基本です。 お寺などで行う場合は、お寺が準備を行ってくれますので、法要の時間までにお寺に行きましょう。 なお座る順番は故人と関係が深い人から前に座ります。 僧侶が入場したら、施主は挨拶を行います。 このとき、長々と話をするのではなく、短く簡潔に話しましょう。 「本日はお忙しい中お集りいただきありがとうございます。 これより三回忌法要を執り行いたいと思います」などが適切です。 読経と焼香 挨拶の後、僧侶が読経を行い、焼香を行います。 一般的には前に座っている方から焼香を行っていきます。 読経自体はそこまで長くなく、15分程度で終わります。 焼香のやり方は宗派によって違いがありますので、参加する法要がどの宗派の形式をとっているのかを事前に確認しておくと失敗がありません。 特に「浄土宗」と「浄土真宗」は名前が似ており混同しやすいですが、それぞれでルールが異なるため、事前にチェックしましょう。 浄土宗と浄土真宗の違いについてはこの後に詳しく説明します。 法話が終わったら僧侶が退場する 焼香が終わったら僧侶が法話をします。 仏教の教えを分かりやすく話すのが法話ですが、法要では軽く済ませることも多くなっています。 僧侶が退場されるときには、お布施や御膳料、お車料を渡します。 ただし、会食に僧侶も参加する場合は、御膳料は必要ありません。 僧侶も会食に参加する場合は、会食のときにお布施などを渡すこともあるようです。 お布施を渡すタイミングが心配な方は事前にお寺に確認しましょう。 終了の挨拶 僧侶が退場したら、施主は終了の挨拶を行います。 開始の挨拶のときより一言二言長めに話すと良いでしょう。 この挨拶は、参列していただいた方への感謝と会食があることを伝えるものになります。 挨拶 例文 本日はお忙しい中お集まりいただきありがとうございました。 たくさんの方々にお越しいただき故人も大変喜んでいるでしょう。 心ばかりになりますが、お膳をご用意させていただきましたので、ぜひお時間が許す限りおくつろぎください。 本日はありがとうございました。 会食で故人をしのぶ 法要の後には、 会食で参列者をもてなすのが一般的です。 自宅やお寺で法要を行った場合は、別室で会食を行ったり、別の場所に会場を用意したりすることがあります。 会食のメニューはお弁当や会席料理、懐石料理になることが多いですが、参列者に子どもがいる場合は子どもが食べられるように配慮されている場合も多いです。 僧侶も会食に参加する場合は、懐石料理や精進料理、会席料理などが一般的です。 会食では故人との思い出話をしたり、何気ない世間話をしたりします。 故人をしのびながらゆっくりと時間を過ごす場ですので、参列者の方々と色々なお話をしてみると良いでしょう。 法事・法要にかかるお金と必要なもの 年回忌法要についてお話してきましたが、これらの法事・法要にはお金がかかります。 後悔のない法事・法要が行えるように、事前に準備をしておく必要があるでしょう。 施主はお布施やお供え、引き出物、会食費用などさまざまな費用を負担することになります。 お布施以外は参列者の数によっても上下しますが、参列者の数が多ければ多いほど法事にお金がかかります。 ここでは法事・法要にかかる費用について解説していきます。 僧侶へのお布施の相場と表書きの書き方 僧侶へのお布施は、約3万円が目安です。 お布施の包み方は各宗教で異なりますが、 「御礼」という表書きが宗教関係なく使えるため、不安な場合はこの表書きを使うと良いでしょう。 不祝儀袋を使う場合は、蓮の模様が入ったものが売られていることがありますが、こちらは仏教でしか使えないため注意しましょう。 宗教ごとの表書きの書き方は以下になります。 宗教 表書き 仏教 御礼・お布施・読経量・御回向料など 神道 御礼・御祈祷料・御祭祀料、御榊料・御神饌料・玉串料など キリスト教 教会宛ては献金・記念献金・感謝献金・ミサ御礼・御ミサ料など 神父や牧師宛てなら御礼など 法事・法要で使うお供えについて 一周忌後は、一般的には花がお供えされることが多くなっています。 故人が生前好きだった花などをお供えするのがおすすめです。 ただし、あまり派手になりすぎないよう、白い色や淡い色の花を混ぜるなどした方がいいでしょう。 お花以外ならお茶や和菓子、タオル、石鹸などをお供えすると良いでしょう。 お供え物として、殺生を意味する魚や肉は避けた方が良く、ビールやたばこなども良くないとされています。 野菜や果物などの農作物は問題ありません。 ただし、百箇日法要後は故人が好きなものをお供えしても良いとされているので、どうしてもお供えしたいものがある場合は一度お寺に相談してみると良いでしょう。 法事・法要での引き出物として適切な品 法事や法要では、葬式のときのように引き出物を用意する必要があります。 法事や法要での引き出物はあくまでも不祝儀のため、残らない食べ物や消耗品が良いとされています。 また、 持ち帰るのが大変にならないように軽くて小さいものがいいでしょう。 良く選ばれる引き出物をご紹介します。 引き出物 石鹸や洗剤 乾物 飲み物 お菓子 白いもの カタログギフトや商品券 なお、引き出物の相場は香典の三分の一から二分の一ですので、2,000円~5,000円が相場となっています。 この相場に見合った引き出物を用意すると良いでしょう。 法事・法要の施主になった場合の準備 法事や法要の施主になると、事前に様々な準備をする必要があります。 しかしほとんどの人にとって、「法要の施主」というのはそう頻繁にするものではないでしょう。 初めて施主をする際にはわからないことも多いと思います。 法事・法要の直前になってばたばたすることのないよう、ここで法事・法要の準備について確認していきましょう。 お寺へのお伺い立て 法事や法要をするためには、まずはお寺にお伺い立てをします。 ここではあくまでも法事や法要を行うことを報告するための挨拶をするようなものですので、正式な日程を決める必要はありません。 お盆やお彼岸などに被る場合、お寺で「 合同法要」をすることができます。 合同法要はせず自宅で法要を行っても問題ありませんが、合同法要を希望する場合は事前に相談しておきましょう。 会場と日時の設定を行う お寺にお伺いを立てたら、会場と日時の設定を行います。 命日に法事・法要を行うのが一般的ですが、最近では平日だと集まらないという理由で週末に行われることも多くなっています。 法事・法要で混雑しやすい時期として、週末や長期休暇、お盆やお彼岸などが挙げられます。 このような時期はすぐに予約でいっぱいになってしまうことも考えられるため、これらの時期に法事・法要を行いたい場合は、早目に日程の調整を行った方が良いでしょう。 参加者に案内状を送付する 日程や場所などの詳細が決まったら、参加者に案内状を送付します。 こちらは相手の都合などもあるため、早目に送りましょう。 法事・法要の当日から大体1ヶ月前までには送付する方が多いようです。 ただし、少人数や親族のみで行う場合は電話での案内でも問題ありません。 会食や引き出物を予約する関係で、 出欠連絡の期日は10日ほど前にしておいたほうが良いでしょう。 また、案内状は往復はがきで出すのが一般的です。 切手は「仏事用」のものを郵便局で取り扱っていますので、それを使うと良いでしょう。 会食場所の確保とメニューの決定 法事・法要の日程が決まったら会食場所を確保し、メニューを決定します。 法事・法要を行うお寺から行きやすい場所を探すと良いでしょう。 会食をお寺や自宅で行う場合は、仕出しや宅配のものを注文します。 自宅やお寺以外で会食を行う場合は、ゆったり食事ができるスペースのお店が良いでしょう。 料理の内容については、以下のものが一般的です。 料理の内容 お寿司 お弁当 懐石料理 会席料理 精進料理 子どもがいる場合は、別途子どもが食べやすいメニューを用意してあげると良いでしょう。 僧侶も参加する場合はお弁当ではなく懐石料理や会席料理、精進料理が望ましいでしょう。 また、松竹梅など縁起の良いものはタブーですので注意しましょう。 地域によってタブーなメニューがあることもありますので、お寺に相談すると安心です。 引き出物の予約と準備 場所の手配が進んだら、引き出物の予約と準備を行います。 先ほど紹介した引き出物の例を参考にしてみてください。 引き出物の予約は、参列者の人数がある程度決まってからのほうが良いでしょう。 参列者が決まっていないと、いくつ予約したら良いのかわからず、多めに頼んで引き出物が余ってしまったということになりかねません。 お店にもよりますが、1ヶ月前から引き出物を予約できるところも多く、ネットなら最短3日で届くところもあります。 予約後前日までに引き出物が届くように調整しておきましょう。 法事・法要へ参列する際に気を付けるべきポイント 施主としてではなく、法事や法要に参列するときにも気を付けなければならないポイントがあります。 参列をして失礼があると、施主をはじめとした遺族を悲しい気持ちにさせてしまったり、関係が悪化してしまったりする可能性もあります。 参列する際に気を付けるべきポイントを見ていきましょう。 案内状になるべく早く返信する 法事・法要の案内状が届いたら、 なるべく早く返信をしましょう。 遺族は会食や引き出物の手配など準備も多いため、遅くとも1週間前までに返信すると親切です。 しかし、病気が流行りやすい時期など急遽参列できなくなることもあると思います。 万が一急遽参列することができなくなった場合は速やかに遺族の方に連絡し、後日香典を渡すなどの配慮が必要でしょう。 特別な理由がない限り不参加にしない 基本的な考え方として、法事・法要は遺族から招待されたら出席をするのがマナーとなります。 特別な理由がない限りはきちんと参加するようにしましょう。 どうしても都合がつかない場合はお供え物や香典、供花などを送ると失礼になりません。 また、別の日に弔問するのも良いでしょう。 法事・法要に参加するのに適切な服装 法事や法要の服装は、基本的にはお葬式などと同じです。 男性は黒のスーツに黒のネクタイ、女性は黒いワンピースや黒いスーツが基本です。 また、女性のストッキングについては、黒でシンプルなものが良いでしょう。 普段は肌色などのストッキングを使用することが多いかもしれませんが、肌色は法事や法要の場に好ましくありません。 法事・法要は不祝儀ですので、おしゃれよりもマナーを優先してください。 相手の宗派の確認 宗派によって法事・法要の行い方も変わってくるため、 相手の宗派を確認することも大切です。 日本には宗教の自由がありますので、仏教の方もいればキリスト教、新興宗教の方もいます。 他の宗教で大丈夫だったことでも、ある宗教ではタブーとなっている場合もあります。 宗派のマナーを押さえていないことは失礼にあたりますので、あらかじめ聞いておきましょう。 浄土真宗と浄土宗の違い 宗教の中でも非常によく似ているのが「浄土真宗」と「浄土宗」です。 浄土真宗と浄土宗の違いを簡単にまとめてみました。 浄土真宗 浄土宗 宗祖 親鸞聖人 法然上人 本尊 阿弥陀如来 阿弥陀如来 念仏の とらえ方 念仏を唱えようとする気持ちが大切 念仏を唱えることが大切 厳しさ ・在家も大丈夫 ・普通の髪型OK ・結婚OK ・お肉も食べられる ・出家が基本 ・坊主のみ ・禁欲し結婚をしない ・お肉を食べない 葬式の違い ・般若神経を読まない ・「念仏を唱えた人全員が往生できる」 ・香典:「お仏前」と書く ・お焼香:指でつまんでそのまま香炉へ ・般若神心経を読む ・「冥福を祈る」「安らかに」 ・香典:「ご霊前と書く」 ・お焼香:指でつまんで額に近づけてから移動 浄土真宗の親鸞聖人は元々浄土宗に出家していましたが、浄土宗の戒律が厳しくすべての人を救うことができないと考え、自由度の高い浄土真宗を開祖しました。 浄土宗と浄土真宗の違いを事前に押さえ、失礼の内容に参列しましょう。 まとめ 法事や法要には様々な準備が必要になりますが、やるべきことが多く、どのような準備をしなければいけないのかを整理できていない人もいるかもしれません。 そんな方はこの記事を参考に、法事・法要に向けて準備を進めてください。 また、参列者として法事・法要に参加する場合も、失礼のないようにマナーを押さえておきましょう。 準備をしっかりとすることで、悔いのない法事・法要をむかえてください。 法要に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 法要に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

法事のお仏壇にお供えするお菓子や果物は何がいい?お飾りの手順と方法は?|仏事のいろは(浄土真宗)と暮らしの雑学

上げ 法事

どらやき 出典: どらやきは、スーパーで売っているバラ売りを買えば、 お供えに必要な分だけ手に入るので無駄がありませんよ。 当サイト管理人は、袋のままお供えしています。 最中(もなか) 最中はお菓子の中でも上級品です。 あずきを使ったお菓子は昔からお仏壇のお供えとして重宝されるので、 最中は定番のお供え菓子です。 お饅頭はお供えによく用いられますが、 白・黄色・茶色・緑・ピンクなど色んな色があります。 団子も地域によっては手作りして 必ずお仏壇へお供えする決まりがある地域もあります。 浄土真宗の中でも、地域によって 取り扱いに差がある 「お饅頭・お団子」ですが、 親や祖父母、近所の年長者などに確認 して用意することをお勧めします。 生菓子 出典: 入仏式などの慶びの法要には華やかな 色合いのお菓子がおすすめです。 自宅の法事・法要なら、 お寺さんにお出しするお菓子としても人気がありますね。 お盆・お彼岸には落雁(らくがん) 出典: お盆やお彼岸が近づくと、 スーパーなどにたくさんの落雁が並びますね。 綺麗で色も良く、見栄えがするので欠かせないお供えですが、 お供えの後に、そのまま食べるのにはあまり向かないと考える人も多いようです。 お供え後の事も考えて、中身に砂糖を入れてある お供えを型取った一見落雁のように見えるものもあるので、 なるべく無駄にならないように用意しましょう。 ようかん・ゼリー 注)生クリームのついたケーキなどは避けます。 ご自宅のお仏壇にお供えする分だったら、スーパーやコンビニに行けば、 色んなお菓子をバラ売りしているので、好きな組み合わせで買う事ができます。 お仏壇には和菓子という決まりはありませんので、 洋菓子も取り入れたお供えもいいと思いますよ? スポンサーリンク お仏壇にお供えする果物は何がいい? 既にお店に「お供えセット」なんてカゴに入った 果物がありますが、あのようなイメージです。 スーパーによっては、 親切にセットで販売してくれているところもあります。 ちなみに バナナ、リンゴ、ブドウ、オレンジ、 などが定番です。 自宅用のお供え果物ならスーパーで十分手に入りますよ。 お菓子・果物を載せる仏具は? 用意したお菓子や果物を、お供え用の仏具に盛って行きたいと思います。 直接仏具にお菓子や果物を乗せない方がいいので、 半紙を用意します。 書道用の普通ので大丈夫です。 無ければ白い無地の紙で代用してください。 (丁度良い大きさであればなんでもOKです) お饅頭、どら焼き、マドレーヌ、など 段盛りには様々な種類のお菓子を盛りましょう。 これも一対でつかうものなので、 左右で同じお菓子を、同じ高さの段に盛ると、 お飾りをした時に見栄えが良いです。 段盛にはサイズが色々 あって、 1段に果物を盛ることができるくらいの大きさから、 お饅頭1個分の段のサイズなど、 お仏壇の大きさや地域のお供え作法を考慮して選ばれて下さい。 (高坏の時と折り方、敷き方は一緒です) 盆からあまりはみ出さない様に、果物を盛ってください。 バナナなどは後ろ、リンゴやオレンジなどを手前にすると見栄えがいいと思います。 少なすぎても貧相なので、お仏壇のお供えは基本的に「こん盛り」がポイントです。 中型以上のお仏壇には、上段・中段・下段と3つに分けられていますので、 上の段から順に重んじられているお供えを 置いてください。 お餅と菓子が同じ段になっても構いません。 一番下には果物を置きます。 置きやすいようにご自身で工夫されて下さい。 果物はスーパーで手に入るもので充分です。 地域によってはお供えの品が決まっている事もあるので、 周りの人に風習等を確認された方がよい場合もあります。 お供えしたお菓子・果物を 量が多くて余ったりして無駄にならないようにしたいですね。 後で私たちが頂くことを考えて準備しましょう。 法事・法要後に出席者へ少しずつ配るのも良い方法だと思います。 お餅の準備や、その他の仏具の飾り方も書いていますので、 よければ参考になさってください。

次の

上げ法事とはお寺でする年忌法事のこと。家とはどう違うのか

上げ 法事

浄土真宗の葬儀の流れと年忌法要 浄土真宗では「臨終即往生」の考えから、それぞれの法要で追善供養(亡くなった人のために、生きている人が善行を行うこと)をする習慣はありません。 ほかの宗派と同様に、年忌法要は行われます。 故人の冥福を祈るというよりは、生きている人が故人によって仏縁を授かる機会という考え方です。 ここでは通夜から50回忌までの法要をご紹介します。 なお、浄土真宗はさまざまな派にわかれており、地域によっても作法は異なります。 通夜 「仏説阿弥陀経」または「正信偈」の読経をし、導師に合わせて合掌・礼拝をしましょう。 一晩中、お線香を絶やさないという慣習はありません。 葬儀 浄土真宗の葬儀では、亡くなった人はすでに成仏しているため、引導や授戒の儀式がありません。 また、納棺の際に、旅支度のような死装束を着せることもありません。 葬儀の後は、出棺・火葬・収骨を行います。 葬儀後に清めの塩を撒くこともありません。 初七日 会場に御本尊を安置し、法要を終えたら 「お斎(おとき)」と呼ばれる会食をします。 四十九日 四十九日では、仮の仏壇を葬儀社へ返却し、納骨をすることが多いです。 法名もこの日までに決めておきましょう。 なお、ほかの宗派では四十九日に仮位牌を本位牌に換えるのが通例ですが、浄土真宗の場合、位牌は用意しません。 以後は決められた年数おきに年忌法要を行います。 代表的な例を以下にご紹介します。 ・1周忌(命日から満1年目) ・3回忌(命日から満2年目) ・7回忌(命日から満6年目) ・13回忌(命日から満12年目) ・17回忌(命日から満16年目) ・25回忌(命日から満24年目) ・33回忌(命日から満32年目) ・50回忌(命日から満49年目) 33、50回忌で弔い上げ(以降は年忌法要を行わない)とすることが多いです。 その後も行う場合は、50回忌から50年ごとに行います。 浄土真宗の法事の作法とは ここでは法事を主催するとき、または参列するときに心得ておきたい作法についてご説明します。 香典について 香典の金額は人それぞれ異なりますが、親類縁者など故人と近しい人の方が高くなります。 浄土真宗では霊になるという考えはないため、香典袋には四十九日前であっても「御霊前」ではなく「御仏前」または「御香典」と書きます。 数珠について 数珠は、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派など派によっても持ち方など作法が異なる場合があります。 それぞれ事前に確認しておくことをおすすめします。 焼香について 大きなポイントは、 焼香をつまんだ後に押しいただかずそのまま香炉にくべることです。 浄土真宗本願寺派では1回、真宗大谷派では2回、焼香を行います。 そのほかに真宗興正派では2回、真宗高田派では3回など 宗派によって回数が定められています。 線香について 浄土真宗では寝線香が作法です。 香炉の大きさに合わせて1本の線香を2つや3つに折り、横に寝かせて供えます。 法事を行うまでの準備とは 浄土真宗で法事を行う際には、ほかの宗教と同じように準備が必要です。 浄土真宗は比較的自由な宗教なので、宗派によって用意する物が異なることもあります。 ここでは一般的な準備の仕方をご紹介します。 お寺へ連絡 法事を行う際はお寺に連絡し、当日お勤めをしてもらう僧侶と日程を調整しましょう。 自宅で法事を行う場合は、御本尊・掛け軸・ろうそくを用意し仏壇の飾り付けも行いますので、必要な物について併せて確認すると安心です。 案内はがき 法事の日程や場所が決定したら、参列者に向けてはがきを送ります。 「冥福」や「供養」など、浄土真宗の考えにそぐわない言葉は使わないようにしましょう。 お斎の予約 法要後に会食をする場合は、前もって食事会場を予約しましょう。 会場までの移動も考え、バスで送迎してくれるところがおすすめです。 お供え物 お供え物にはお餅や落雁(らくがん)を用意します。 宗派によってお供えする台が異なることもありますが、左右に同数ずつお供えするのは変わりません。 自宅で行う際は線香やお花、お経本も用意しましょう。 引き出物 参列と香典のお礼に渡す引き出物の準備も大切です。 引き出物はお菓子の詰め合わせやカタログギフトなどが人気です。 故人が好んでいた物を渡すのも、故人を思い出すことができてよいかもしれません。 まとめ 浄土真宗の法事は一般的な法事と大幅に変わることはありませんが、浄土真宗の教えから法事に対する考え方が違うという点を押さえておきましょう。 ここでご紹介したのは一般的な例で、宗派や地域によって法事の作法が異なることもあります。 事前に確認しておきましょう。 いい葬儀では、年中無休で葬儀のご相談や見積もりのご依頼を承っております。 葬儀に関するお悩みがございましたら、お気軽にご連絡ください。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の