彼岸花 別名。 「彼岸花・曼珠沙華」の意味や読み方・別名、花言葉や不思議な特徴 [暮らしの歳時記] All About

鬼滅の刃伊黒は青い彼岸花の正体?花言葉や別名意味は伏線?

彼岸花 別名

彼岸花の迷信 一例• 彼岸花を家に持ち帰ると火事に• 彼岸花を摘むと死人が出る• 彼岸花を摘むと手が腐る• 彼岸花を摘むと災いが起こる• 彼岸花の匂いで手が腐る、手が荒れる• 彼岸花が咲くと台風が上陸しない• 彼岸花に触ると気持ちが悪くなる、手がしびれる• お墓に彼岸花を飾ると天国に逝ける• 彼岸花は人の魂を吸う• 赤い彼岸花は死んだ人の血を吸っている• 彼岸花は亡くなった方の家への道標である 彼岸花の イメージから、 思わず納得してしまう物ばかりだね。 これらの 迷信の大半は、 見た目、毒、咲く時期が、 根拠だって分かるよね。 彼岸花を持ち帰ると火事に 火事になるというような物は、 彼岸花の 見た目から来ている。 見た目が 炎を連想させるから、 火事と結びついたんだ。 この見た目なんだけど、 海外だと 蜘蛛を連想する方も、 多いって聞くよ。 彼岸花を摘むと死人が出る 土葬の時代には、 遺体をモグラなどに、よく食べられた。 そこで モグラ対策として彼岸花を、 墓の近くに植えて遺体を守った。 こういった理由から、 彼岸花というのは 死人(遺体)と、 関係が深い。 当然、 死体を掘り起こしちゃうこともあるよね。 こんな理由もあって、 彼岸花を摘むと死体が出るっていう迷信が、 生まれとも考えられる。 彼岸花を摘むと手が腐る、匂いで腐る、人の魂を吸う これは 毒と関連した迷信。 腐るという言葉を、 どのように解釈するかが重要。 毒で手が危険な事になるとか、 手に毒がついてしまうとか、 解釈の仕方は色々とあるよね。 死者の血を吸っている、亡くなった方の家への道標 死をもたらす迷信は、 毒を持っていることに由来すると、 考えられるよね。 一方で、 既に命を失っている 死者関連の迷信は、 咲く時期が根拠となっていると、 推測できるよね。 名前の通り お彼岸に咲くから。 別の方向から考えると この章では、 迷信についてお伝えした。 彼岸花には、 色々な迷信が存在している。 彼岸花の怖い迷信なんだけど、 毒を持った彼岸花から子供たちを、 遠ざけるために考えられたとも言われている。 事故が発生しやすい場所に、 妖怪の話を与えることで、 子供たちが近付かないようにした。 と、いう話しもあるから、 妖怪と彼岸花の話の根っこには、 同じ考えがあると言えそうだね。 彼岸花の別名 彼岸花の 別名には、 沢山の種類がある。 別名の大半が 物騒なのは、 見た目、咲く時期、毒のせいなんだろうね。 彼岸花の別名の一例• 幽霊花 読み方:ゆうれいばな• 狐花 読み方:きつねばな• まずは、 死者関連の別名から。 彼岸花の生態からついた別名• 実は 彼岸花の葉というのは、 花が咲き終わってから咲く。 だから通常の花が、 葉が生えてから華が咲くことを考えると、 生態が逆だって言えるよね。 まとめ 彼岸花って海外に 愛好家も多いんだけど、 花の愛好家って彼岸花以外でも沢山いるよね。 そんな花の愛好家って、 花を贈る時とか センスが凄いって感じる。 花って色々な場面で 贈り物にできるし、 少しの工夫で喜ばれやすい。 だから 愛好家のセンスや知識が、 羨ましくなる時もあるんだ。 愛好家の人を見ていると、 花について 勉強してみようかな~って、 ちょっとだけ考えてみるときも。 せめて、 花言葉ぐらいはって考えたりもする。 (goo事典参照) まずは一般的に知られている、 1【ぜひとも成し遂げたいと思う悲壮な願い。 】という願い。 もう一つは、 2【仏語。 仏・菩薩 ぼさつ が慈悲の心から人々を救おうとして立てた誓い】 上記の意味から悲願の花という名前を考えると… 1の意味から飢餓という絶望的な状況で、 毒のある花を食べてでも生きたいという人の必死な願い=悲願 2の意味から、飢餓でいつ死んでもおかしくない状況の人たちにとって、 僅かな生きる希望である彼岸花は仏の慈悲のように思えた=悲願 本来の悲願という言葉からズレてはいますが、 このような解釈だと私はとらえております。 もしくは、ここで使われる悲願という言葉は、 本来の意味ではなく飢餓という悲しい状況での願いという意味で、 使われているとも考えられますね。 ちなみに、5サイトほど参照にして、 いつも記事をまとめているのですが、 悲願の花という部分は、 wikipediaを参考にしたと思いました。 ですが同じ花ではないけど、全く違う花でもないという微妙な関係です。 ですが見た目に僅かな違いがあります。 彼岸花とネリネの違い。 ネリネは、花茎が中空ではない。 ネリネは、花がやや小さい。 ネリネの方が、おしべ等が短め。 ネリネは、花が咲くときに葉も出る。 一番違いが分かりやすいのは、葉が出るタイミングです。 しかし、ネリネには常緑と夏に葉が枯れる物があります。 夏に葉が枯れるタイプの場合は、開花と前後する形で葉が出ます。 このため、時期によっては葉による判別が難しいかもしれません。 では、ご質問にあったリコリスについてのお話を…… リコリスには2種類あります。 昔から甘味として使われてきました。 ギリシャ語で甘い根と言う意味があります。 紅茶とかにも使われたりします。 1、(Lycoris)は、この記事で書いた毒のあるヤツです。 チェリーさんのリコリスは、球根と言うことですから、1のLycorisになると思います。 毒はリコリンというアルカロイド系の毒です。 根(球根)や茎に多いと言われていますよ。 戦時中は、毒抜きをしたあと命がけで、球根のデンプンを口にしていたそうです。 先週小岩の住宅区を通った時、道の側もたくさんの彼岸花が咲いてる。 別名について、石蒜(せきさん)という名前もあるらしい。 (龍爪花は、彼岸花の漢名という説もあるようですが、もしかしたら、ショウキズイセンと同一かもしれません。

次の

彼岸花にそっくりな花|赤やピンクの花の名前は?

彼岸花 別名

彼岸花プロフィール 学名 : Lycoris radiate Herb 生薬名 : セキサン(石蒜) 科・属名 : ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草 原産地 : 中国 開花時期 : 9/15 ~ 9/末頃 出回り時期 : 9月~11月(最盛期は9月) 誕生花 : 9月20日 学名のLycoris radiate Herbは、 直訳すると、 「ヒガンバナ属の放射状のハーブ」。 田んぼの畦道などでよく見かけますよね。 お彼岸の頃に咲く花なんで、 「彼岸花」って言われています。 田んぼの畦道でよく見かけるのは、ちゃんと理由があって、 土に穴を掘る小動物を避けるため。 それともう一つ。 食べるため。 でもどうして小動物が避けてくれるか? というと・・・、 彼岸花には・・・、 そう・・・。 「毒」があるんです・・・。 彼岸花には 「アルカロイド」って毒が含まれていますが、 その昔、飢えを凌ぐ為に、 食料として食べられていたと言われています。 実は、彼岸花には毒もありますがデンプンも多く含んでいて、 水にさらすと毒が抜けるそうなんです。 ですが、毒が抜けるといっても、 十分に抜けきらずに食べて死んでしまったこともあるとか。 やっぱりヤバい食べ物ですよね? ちなみに、毒を誤飲した場合の症状としては、 中枢神経の麻痺により死亡、吐き気、下痢などがあって、 結構強い毒性があるんです。 昔は危険を承知で食べなければならないほど、 飢えに苦しんでいたんですね。 今の世に感謝です。 スポンサーリンク 彼岸花の花言葉 少し前置きが長かったですが、 ここから本題に入りたいと思います。 彼岸花の花言葉は以下になります。 ・独立 ・情熱 ・再会 ・あきらめ ・悲しい思い出 ・想うはあなた一人 ・また会う日を楽しみに 毒のある花からは、 ちょっと想像しにくい花言葉ですよね? 彼岸花の別名 彼岸花には本当に沢山の別名があります。 別名の方が知ってる!なんて方もいると思います。 そんな別名がちょっと怖いんですが それにはちゃんと意味がありました。 では、順番にご説明いたします! 曼珠沙華 読み方・・・まんじゅしゃげ/かんじゅしゃか コレが一番有名な別名ではないでしょうか? ですが、「まんじゅしゃげ」は知っていても、 「かんじゅしゃか」はあまり聞いたことはありませんねぇ~。 (私だけ?) 「曼珠沙華」とは、サンスクリット語で、 「天界に咲く花」「見る者の心を柔軟にする」 という意味があり、 「おめでたい事が起こる兆しに点から降ってくる」っていう 仏教の経典から来てるんです。 ちなみにサンスクリット語では、 「manjusaka」と書きます。 だったら、「まんじゅさか」もしくは「まんじゅしゃか」じゃねーの?って ツッコミたくなります。 (又、私だけ?) 死人花、幽霊花、地獄花 読み方・・・しびとばな、ゆうれいばな、じごくばな さてさて、 だ~んだんと薄気味悪~い呼び名になってきましたね。 そもそも彼岸花はその名の通りお彼岸の時期に咲く花。 お彼岸はあの世とこの世が最も通じやすい時期です。 このことからも 「死」を連想させますね。 そして、墓地にもよく植えられています。 それは土葬した後、 死体がモグラやネズミなどによって 掘り荒されるのを防ぐため。 (今でも日本では土葬があるそうです。 ) そんなこんなで「死人花」「幽霊花」「地獄花」なんて 怖い呼び名が付いたんですね。 毒花、痺れ花 読み方・・・どくばな、しびればな これは先程も紹介いたしましたが、 彼岸花には毒があるためです。 彼岸花は球根でして、 人の手を介さなければ移動することはできません。 でも毒がある彼岸花が人間の近くに多く見られるのは、 そこに故意に植えられたからなんです。 そうです。 非常食として彼岸花を食べるためです。 ですが、毒があるので 子供は近づかないようにしなければならなかった。 その為、 子供の頃に「彼岸花には毒があるから触っちゃダメ!」と 大人たちに言われてこともあると思いますが、 それにはこんな事情があったんですね。 天蓋花、狐の松明、狐花 読み方・・・てんがいばな、きつねのたいまつ、きつねばな こちらの呼び名は、花のイメージから来たもの。 ちなみに天蓋とは「祭壇の上などの装飾用のおおい」のこと。 葉見ず花見ず 読み方・・・はみずはなみず 変わった呼び名ですね。 こちらは、彼岸花の生態からそう呼ばれています。 彼岸花は、 「花のある時期には葉がなく、 葉のある時期には花がない」という 特徴があります。 まっすぐ伸びた茎の先に花だけがあり葉がありません。 花が散ったあとに葉っぱが出てくる。 これは普通の花とは逆のサイクルなんです。 彼岸花には上記以外にも別名がたっくさんあるんです! 一説のよると、その数はなんと1000以上!凄すぎます! こちらの で確認できます。 スポンサーリンク やっぱり怖い彼岸花の迷信 彼岸花には、いくつかの迷信があります。 それが、又、 怖い。 彼岸花を摘むと死人が出る 土葬の遺体がモグラ等の小動物から遺体を守る為、 お墓の近くに彼岸花を植えたことは、先ほどご説明しましたが、 そんな彼岸花を摘み取ってしまうと、 モグラが死体を荒らし、掘り起こしてしまうことも・・・。 そこから 「彼岸花を摘むと死人が出る」と 言われているんですね。 彼岸花を摘むと手が腐る これは彼岸花の毒から子供たちを守る為に、 言い伝えられたと思われます。 彼岸花の毒は子供を死に至らしめるほど強いもの。 親たちは子供が近づかないように いろいろ工夫していたんですね。 他には・・・、 ・匂いが臭いので、手が腐る ・手が荒れる ・摘むと悪い事が起こる ・彼岸花が咲くと台風が上陸しない ・手がしびれたり、気持ち悪くなる ・さわると病気になる ・人の魂を吸う ・お墓に飾ると天国にいける ・仏様の花だからとってはいけない ・亡くなった人の家への道標 ・死んだ人の血を吸って赤い花になる などなど、彼岸花には別名も多いのですが、 迷信も多いんですね。 まんじゅしゃげ 妖艶で美しく、そして毒を隠し持っている 妖しい魅力を持っている彼岸花には、 多くのファンもいます。 そんな彼岸花には、いくつも名所があり、 毎年、多くの花見客が訪れるとか。 是非一度、 彼岸花独特の美しさを堪能してみてはどうでしょう? でも、やっぱり私には、 彼岸花というと何か怖いイメージが消えません。 彼岸花がたくさん咲いているのを見ると あの世の入口に繋がっているように感じてしまうんです。 (やっぱり私だけかな?).

次の

彼岸花(赤・白・黄色)の花言葉と由来〈別名一覧〉英語名は?

彼岸花 別名

wikipedia. 彼岸花の名前の理由は、その名の通り秋のお彼岸の頃に咲く事から名づけられています。 「彼岸」は、あの世をイメージしてしまう事から、遠ざけてしまいがちなのかと思いがちですが実は別の所にも好まれない理由があったんです! それは、彼岸花につけられた別名だと言われています。 では、この別名とは一体どんな物なのかを詳しくご紹介していこうと思います。 彼岸花の不吉で怖いイメージの理由は別名? 彼岸花の別名は、実は1つではありません。 むしろ、 1,000を超える異名を持ち多すぎると言われるくらいに存在しています。 まずは彼岸花と言う名前ですが、 「食べるとあの世へ行ってしまう」という意味も含まれており、避けられる最も大きい要因でもあります。 もちろん、彼岸花の別名にも素敵な物が多くあるのですが、他の花にはない不気味な物や不吉な名前が含まれている事から怖いイメージを植え付けています。 彼岸花の別名と怖い理由 それでは、1,000近くあると言われている彼岸花の別名と怖いと言われてしまう理由を抜粋してご紹介していこうと思います。 ・曼殊沙華(まんじゅしゃげ) まずは曼殊沙華と呼ばれる名前です。 曼殊沙華とは仏教用語で、 「天上の花」と呼ばれる意味を持っています。 この名前は別名の中では有名で、あまり怖いイメージはないですが天上=あの世の意味がある事から、不吉なイメージとされているようです。 ・親死ね子死ね(おやしねこしね) お次はゾッとしてしまう名前です。 彼岸花は花と葉が同時に出る事が無い事から、この名がつけられたと言われています。 彼岸花にある毒で、親子が互いに殺し合った結果この名がつけられたと言う一説もあります。 ・南無阿弥陀仏(なんまいだっぽ) その名の通り、彼岸花を食べるとあの世へ行ってしまうと言う事から名づけられた別名です。 その他にも、中毒死してしまう事を表している「喉焼花」なども別名として挙げられています。 ・水子衆花(みずくしのはな) 水子とは、産まれる前もしくは生後間もない子供の事で、お彼岸の時期に水子が集まると言われている事から、その名がつけられたと言われています。 水子が返ってきたときに咲く花と言われており、怖いと言うより少し神秘的ですね。 ・忘花(わすればな) 忘花と言う名前だけでは何を忘れてしまったのかは定かではありませんが、他の別名として道忘花や道迷草と言う名前がある事から、この世の道を忘れてしまいあの世へ引っ張られてしまうと言う意味を持つのではないかとも言われています。 その他にも、名前を見るだけで怖い 「死人花」や「幽霊花」「地獄花」など、様々な怖い名前を持っているので、不吉なイメージの花になってしまっているのですね。 彼岸花の花言葉や特徴は関係ない? では、怖い別名を持つ彼岸花のそもそもの花言葉や特徴からも、不吉なイメージの原因となっているのでしょうか? 彼岸花の花言葉と特徴をそれぞれ詳しくご紹介していこうと思います。 彼岸花の花言葉は? まずは彼岸花の花言葉です。 一般的に知られている彼岸花と言えば、赤ですがその他にも白、黄色などの色を咲かせます。 flower-photo. php? youtube. なので、彼岸花の怖いイメージには花言葉が関係ないように思われます。 彼岸花の特徴は? お次は、彼岸花の特徴についてです。 彼岸花の特徴は大きくわけて3つあります。 ・葉と花が一緒につかない 彼岸花は先に花が付き、それは1週間ほどで枯れてしまいます。 その後、葉が出てきて他の植物が枯れてしまう冬にも葉が残り十分な日光を浴び、5月ごろにすべて枯れる花です。 なので、1年を通して完全に枯れているのはワンシーズンほどと言われています。 ・彼岸花は種ができない 彼岸花は球根を持っていますが、日本の彼岸花は分裂できない染色体数を持っている為、種を作る事をしません。 ・毒がある 最後は毒を持っていると言う事です。 先ほどご紹介した別名でも、毒に関係する名前がつけられていましたが、一体どんな毒があるのか次で詳しくご紹介します。 彼岸花には毒がある? 彼岸花の毒は、種類、色関係なしにすべてにあります。 持っている毒はリコリンと言う名前の毒で、球根部分に多く含まれていると言われています。 この毒は食べると下痢、嘔吐、呼吸困難を引き起こしてしまい、最悪のケースでは死に至る事もあります。 しかし、致死量は10gと、彼岸花の球根667個ほどと言われているのでそこまで心配する必要はありませんが、小動物からすると球根1つで1500匹分の致死量に値すると言われている為、恐れられています。 彼岸花はなぜお墓に多い? 彼岸花には毒があると言う話をご紹介しましたが、お墓に彼岸花が多い理由の1つでもあります。 モグラやネズミなどの小動物は、自分の身を守る為に彼岸版に近づく事をしない為、墓地に彼岸花を植えておけばモグラやネズミなど土の中を荒らす小動物が近づかず綺麗な状態を保つ事が出来るのです。 また今年は、違った見方が出来るかもしれませんよ!.

次の