小 控除 セーラ。 昭和時代の毎週日曜日!何故世界名作劇場が放送された理由とは?

UVER『小公女セイラ』ドラマ主題歌が10/28発売

小 控除 セーラ

ミンチン女学院では特別待遇される大金持ちでありながら、だれとでもわけ隔てなく接し、優しく想像力にあふれたセーラは学院一の人気者となる。 ところが、11歳の誕生日に思いがけない父の死と破産を告げられ、彼女の生活は一変してしまった。 屋根裏部屋住まいの下働きとなり、酷使される毎日。 同じ下働きのベッキーと励ましあいながら、貧しさの中でも気高さや、優しさを失わないセーラ。 偶然からそんな彼女を知った隣人クリスフォードこそ、セーラを探していた父の友人だった。 莫大な財産が再びセーラに戻ってくる。 (日本コロムビア発売「名作アニメ主題歌大全集」より) セーラ・クルーは、インドのお金持ちの娘。 4歳のときにお母さんを亡くし、お父さんとふたり、何不自由なく暮していました。 セーラはミンチン女学院に入学するため、お父さんに連れられてロンドンにきました。 院長もお金持ちのセーラを迎えるとあって、特別室や豪華な食事を用意したりして、待遇を良くします。 わがままなお嬢様だと思われていたセーラですが、本当はやさしさや賢さに満ちあふれた少女だったのです。 クラスメートや小間使いたちにも好かれるセーラでしたが、誕生日の日にお父さんが亡くなったという知らせが届きました。 しかも破産して、セーラは無一文になってしまったのです。 学校の体面を気にした院長は、セーラをそのまま学院に置くことにしましたが、それは小間使いとしてです。 それも、満足な食事や着替えも与えず、朝から晩までこき使うのでした。 嵐の中で買物にいかされたセーラは、高熱を出して倒れてしまいます。 それを救ったのは、隣の家のクリスフォード氏でした。 クリスフォード氏はセーラに知られないように、暖かい暖炉や栄養のある食事を置いていきます。 小間使いのベッキーとともに喜ぶセーラでしたが、すぐに院長にバレてしまい、ますます仕事が厳しくなります。 クリスフォード氏は、財産を残して亡くなった、親友のひとり娘を探していました。 それがセーラだとわかり、自分の財産と合わせてセーラに贈ったのです。 学生としての生活を取り戻したセーラは、学院で勉強を続けることにしました。 院長は今までのことをおわびし、いじわるをしていたクラスメートとも仲直りをしました。 そしてベッキーを、自分の元で働けるようにしたのです。 いつもやさしさを失わなかったセーラは、幸福を手に入れて、インドに里帰りするのでした。 (エニックス発行「日本アニメーション世界名作劇場全作品集」より) 小公女セーラ 新番組予告 小公女セーラ、幼い少女の運命は希望と不安の中で木の葉のように流れて行きます。 そしてその流れの行きつく先はどんな事が待っているのでしょうか? 新番組小公女セーラ「ミンチン女子学院」をお楽しみに。 小公女セーラ サブタイトル 話数 サブタイトル 放送日 第 1話 85年1月 6日 第 2話 85年1月13日 第 3話 85年1月20日 第 4話 85年1月27日 第 5話 85年2月 3日 第 6話 85年2月10日 第 7話 85年2月17日 第 8話 85年2月24日 第 9話 85年3月 3日 第10話 85年3月10日 第11話 85年3月17日 第12話 85年3月24日 第13話 85年3月31日 第14話 85年4月 7日 第15話 85年4月14日 第16話 85年4月21日 第17話 85年4月28日 第18話 85年5月 5日 第19話 85年5月12日 第20話 85年5月19日 第21話 85年5月26日 第22話 85年6月 2日 第23話 85年6月 9日 話数 サブタイトル 放送日 第24話 85年 6月16日 第25話 85年 6月23日 第26話 85年 6月30日 第27話 85年 7月 7日 第28話 85年 7月14日 第29話 85年 7月21日 第30話 85年 8月 4日 第31話 85年 8月11日 第32話 85年 8月18日 第33話 85年 8月25日 第34話 85年 9月 8日 第35話 85年 9月22日 第36話 85年 9月29日 第37話 85年10月 6日 第38話 85年10月13日 第39話 85年10月20日 第40話 85年10月27日 第41話 85年11月 3日 第42話 85年11月10日 第43話 85年12月 8日 第44話 85年12月15日 第45話 85年12月22日 第46話 85年12月29日.

次の

Zero Projectミュージカル2019 小公女セーラ

小 控除 セーラ

私の子供の頃の定番は何といっても毎週日曜日夜7時30分から放送された「世界名作劇場」です。 昭和の子供達とその親を毎週ワクワクさせるような作品が1年に渡って放送され、時には感動し、そして涙した作品も多くあります。 では何故世界名作劇場が毎週日曜日の夜のゴールデンタイムに放送されていたのか?理由を述べることにしましょう。 当時はやはり大人・子供問わず古くから人気のあった小説や物語を選出し、それをアニメ化にすることによってどのくらい人気を出すことが出来るのかがフジテレビの高視聴率獲得の対策だったといえます。 昭和時代の日曜日の夜と言えば、夕方6時から立て続けに4本のアニメが放送され、世界名作劇場が4本目で、日曜日のアニメのお楽しみ時間を閉めていたと言えましょう。 日常のことをアニメ化している「ちびまる子ちゃん」「サザエさん」が今なお長寿アニメとして放送されていますが、現代はもうこの2作品だけが残り、4本のアニメ作品が放送される習慣はなくなってしまいました。 世界名作劇場の最大の特徴は主人公が少女であることが多い事です。 「フランダースの犬」、「母をたずねて三千里」、「あらいぐまラスカル」など3年連続で少年が主人公といった時期もありましたが、それ以降の作品はダントツ少女が主人公作品が並びましたね。 第二の特徴は主人公のそばには必ず動物がいた、ということを皆さんお気づきになりませんか?「アルプスの少女ハイジ」、「フランダースの犬」、「母をたずねて三千里」、「あらいぐまラスカル」、「ペリーヌ物語」、「トムソーヤーの冒険」、「ふしぎな島のフローネ」、「南の虹のルーシー」、「わたしのアンネット」、「牧場の少女カトリ」、「小公女セーラ」、「愛少女ポリアンナ物語」、「愛の若草物語」、「小公子セディ」などなど数多くありますが、一番多かった動物は何といっても犬ではないでしょうか。 犬は身近な動物でいつも人間に対しては忠誠を図っています。 これはアニメも同様で、特に「アルプスの少女ハイジ」のヨーゼフ、「フランダースの犬」のパトラッシュ、「あらいぐまラスカル」のファウザー、「ペリーヌ物語」のバロンあたりはいつも主人公のそばを離れることなく、いつも一緒に行動を共にしていた「お友達的存在犬」です。 そして常に主人公のピンチを救うシーンもあります。 あれは本当に感動を呼びました。 それから愛嬌を振りまいた犬以外の可愛らしい動物と言えば、「母をたずねて三千里」のサルのアメディオ、「ふしぎな島のフローネ」のプチクスクのメルクル、「愛少女ポリアンナ物語」のリスのチップマックあたりでしょうか。 「あらいぐまラスカル」のラスカルは題目通り主人公スターリングと同じ動物主人公でもあったので、可愛さと愛嬌の度合いはナンバーワンでした!特にラスカルは現代でも大変な人気で、ぬいぐるみやラインスタンプとして販売されています。 ラインスタンプではラスカルのほかに、パトラッシュ、アメディオ、バロンが多く登場しています。 ラスカルと共演しているのもチラホラ見掛けます。 後ハイジのラインスタンプも多く見られ、アルムおんじやヨーゼフなどが登場しています。 ですから世界名作劇場の初期作品あたりは、意外に人気を保っていることがよくわかります。 ちなみに私の娘はラスカルが大好きで、ビデオテープが擦り切れるくらい良く見ていました。 (笑) 私が子供の頃楽しんで見ていた「世界名作劇場」。 本当に今の子供達にも見て欲しいものです。 昔の懐かしいエンタメ情報盛りだくさん、ご家族みんなで楽しめるサイトです。 ゲーム大好きたくさん情報知りたい話したいなら、こちらのサイトがオススメです。 世界名作劇場ファン必見、ペリーヌマニアやそうでない人も楽しめるサイトです。 メモオフや世界名作劇場にゲームの三本柱のブログ、まったり不定期更新中。 絵本に興味があったり、絵本を描いてみたい人はこのサイトからスタートです。 ディズニー映画って心の教科書、気持ちの優しさ勉強しましょう。 ほのぼの系の方必見、お茶の間を舞台に広がるワクワクの世界です。 子どもに進めたい児童書を探しているなら、このサイトを参考にしてください。 キュートなフィギュア情報をお探しならこちらのサイト、ちょっぴりエロティック。 どれみにプリキュアLOVEなら嬉しい、画像多めで盛り上がります。 世界の絵本覗いてみませんか?まず分かりやすいこちらのサイトからどうぞ。 ガンプラマニア、プラモアニアだったら欲しい情報満載のサイトです。 この映画やドラマどんな感じだったかな、こんな疑問のお答えサイトです。 食玩.フィギュア.セルなどコレクションの探し物、こちらのサイトで確認して見て下さい。 アニメの話題たくさんしましょ、語りましょう、いろいろあるから迷います。 さまざまなジャンルの書籍レビューやゲーム、自作小説の話まで満載です。 ハンドメイドの可愛いぬいぐるみが、好きな方必見のサイトです。 ペットのワンちゃんや映画・ゲームなど、ゆっくり更新中のブログです。 絵本の効果的な読み聞かせ方、参考になります。 そんな時のサイトです。 戦隊シリーズファン必見、画像も満載。 新旧問わずに楽しめるサイトです。 サイトを開いた瞬間、癒されるオルゴールからスタートです。 個性的絵画の世界。 これはおもしろい、自分の漫画画力を検定試験で試せるチャンスです。 大学の漫研活動が分かるサイト、大学生気分で楽しめるサイトです。 アニメや漫画の作品を、もっと良くしたい作りたい人向けのサイトです。

次の

世界名作劇場で一番のおすすめ「小公女セーラ」を紹介

小 控除 セーラ

多くの出版社から発売されている事もあり、入手は比較的容易である。 アニメとのストーリーの違い アニメと原作は、基本的にほとんど同じ内容です。 ですが、何点か異なるところもあるので、それを紹介します。 まず一番大きな違いは物語の始まる時のセーラの年齢です。 物語の始まりはアニメも原作もセーラとお父さんがミンチン女子学院に来るところから始まりますが、その時の年齢はアニメでは10歳なのに対し、原作では7歳なのです。 ただし、お父さんが亡くなったとの知らせがあるのはアニメも原作もセーラの11歳の誕生日です。 つまりセーラがミンチン女子学院に来てからお父さんが亡くなって小間使いになるまでの期間は、アニメがおよそ半年なのに対し、原作では4年ほどたっているのです。 その他にもアニメと原作では年齢も若干異なり、アニメではベッキーはセーラと同年代で、ラビニアはセーラよりも3歳年上という設定ですが、原作ではベッキーはセーラより5歳年上で、ラビニアはセーラよりも6歳年上なのです。 あまり年が離れすぎていると物語にならないと考えたのか、アニメでは原作よりも年齢差を縮めています。 ストーリーはほとんど同じですが、アニメでは1年間の番組として放映するには1冊の原作では足りないのか、原作よりいくぶん膨らませています。 例えばセーラが病気になって死にそうになる話はアニメのオリジナルだし、市長夫人の話やセーラが馬小屋で寝起きさせられたり、ミンチン女子学院を追い出されたりする話もアニメのオリジナルです。 ただし、基本的なストーリー展開は原作もアニメもほとんど変わりません。 アニメとのキャラクターの違い 原作とアニメでのキャラクターの違いはピーターの存在でしょう。 アニメではピーターというセーラのボーイフレンド的存在があり、セーラを影から支えてきましたが、原作にはピーターは存在しません。 ジェームスやモーリーも料理番という名前ででてくるだけで存在感は低いです。 キャラクターの性格の違いを挙げると、原作とアニメではセーラの性格は少しばかり異なります。 アニメではどんなにいじめられても、ただ黙って耐えているまるでおしんのような少女に描かれていましたが、原作のセーラは少しばかりアニメとは異なり、それなりに言い返したりしています。 アニメでのセーラは、ミンチン院長に反抗的な態度を示したのはミンチン女子学院を追い出される時に見せた1回きりでした。 またセーラがよく見せた、怒られている時に相手の目をじっと見返すのは、亡くなったお父さんの事を思い出しているからだと言っています。 ところが原作ではそうではなく、まずアニメで見せた唯一の反抗的な態度は、実はお父さんが亡くなって身の回りの物をすべて奪われ、それでもミンチン院長から感謝するように言われた時に同じセリフを言い返しているのです。 その他にもセーラが年少組の生徒にアルフレッド大王の話をしていてミンチン院長に殴られた時、アルフレッド大王の話と同じでセーラが金持ちの娘だったらミンチン院長はセーラを殴ったりしないだろうとデュファルジュ先生が言っていましたが、原作では同様のセリフをセーラ自身が言っているのです。 しかも原作でのセーラはアニメのように不条理な理由で怒られるのをお父さんの事を想い出しながらただ黙って耐えていたのではなく、セーラは微笑みを浮かべながら自分がもし公女様だったらどうなっていただろうと考えていたのです。 他にも原作では乱暴な言葉を浴びせられ、煮えたぎるような腹立たしさの中、疲れ切ってお腹をすかして屋根裏部屋に戻ったところで、セーラはエミリイに慰めを感じる事ができなくなり、「あんたなんかただの人形よ」と言ってあれだけ大切にしていたエミリイを椅子から叩き落とした事もありました。 原作でのセーラはただ黙って耐えるだけのアニメのセーラではなく、このあたりは原作とアニメでの違いを感じるところでしょう。 ちなみにアニメのセーラの髪型は黒色のロングですが、原作では黒色のショートで、毛の先の方は少し縮れているそうです。 セーラ以外の登場人物の性格はほとんど同じですが、予想に反して原作でのラビニアはアニメで見せたほどの強烈ないじめはしていません。 かといって親切だったわけではありませんが、ラビニアのセーラへのいじめはそれほど大きなものではなく、どちらかというとミンチン院長や料理番として登場するモーリーやジェームスからのいじめの方が大きかったようです。 まとめ やはり原作を読んだ印象はセーラの性格の違いです。 セーラはマリー・アントワネットにとても憧れていました。 それはマリー・アントワネットが女王の座を追われ、牢獄に入れられて断頭台で首を切られても女王としての誇りを失わなかったのに憧れており、セーラも自分の境遇がマリー・アントワネットと同じようだと思ったのでしょう。 セーラも下僕として蔑まれ、料理番に乱暴な言葉を投げられ、疲れ切ってお腹がすいて、固いベッドの上で寒さに震えている時でさえ公女としての誇りを失わないように努めていたのです。 そのあたりの心理描写が原作とアニメでは多少異なったりします。 そこで原作でセーラがミンチン院長に怒鳴られていた時に、微笑んでミンチン院長を見つめながら、セーラが考えていた事を紹介します。 「あなたは公女様に向かってそんなひどい事を言っているのに気がつかないのですね。 もし私がしようとさえ思えば、私の合図しだいであなたなんかひどい目に遭わされるのですよ。 私は私の方が公女様で、あなたはわけのわからない哀れな心の冷たいつまらない年寄りで本当の事を知らないのだ。 と思うからこそ許してあげているのですよ」セーラはミンチン院長に怒鳴られていた時に、お父さんの事を想い出しているのではなく、こんな事を考えていたのですね。 さらにアニメでは決して言わないであろうセリフを紹介しましょう。 アルフレッド大王の話をしていてセーラがミンチン院長に殴られた時、セーラは少し笑いました。 ミンチン院長はセーラがなぜ笑ったのかを問いただすと、セーラはこう言ったのです。 「先生はご自分が何をしたのかわかっていられないのだ、と考えておりました。 それから、もし私が公女様で、その私の耳を先生が打ったとしたらどうなるか… 私がどうするか、という事を考えていました。 それから、もし私が公女様であったら、私がどんな事をしたり言ったりしても、先生は決してあんな事をしなかっただろうと考えていました」 最後に、アニメではセーラがダイヤモンドプリンセスに戻った後でも、セーラは決してミンチン院長に文句を言ったりせず、10万ポンドの寄付までしましたが、原作では少しばかり異なります。 ミンチン院長が大金持となったセーラをクリスフォードさんから取り戻す為にセーラに向かって「私はいつもあなたを愛していました」と言うと、セーラは「私を愛していらしたのですか、ミンチン院長。 私は少しも気がつきませんでした」と言い、さらにこう付け加えています。 「ミンチン院長、あなたは私がなぜ、あなたのところへ戻らないかご存じです。 あなたはよくご存じのはずです」と、まあこんな具合に設定の違いは感じられます。 おそらく例え意地悪されても黙って耐えて相手を許してあげるというのがアニメには、というより日本人の心情としてあるのでしょうか。 ちょうどアニメとは対極にある小公女の実写映画を見るとそんな気がします。

次の