アカメロン。 アブラムシ類

メロン 青肉系 赤肉系 違いとは|味の農園

アカメロン

果物図鑑• マスクメロンの特徴 「マスクメロン」は果肉が黄緑色のネットメロンです。 マスクメロンという名前は広く知られていますが、品種名ではありません。 マスクメロンの「マスク」は「Musk(ムスク)=麝香(じゃこう)」のことで、よい香りがするという意味です。 大正時代にイギリスから導入された「アールスフェボリット」という品種がマスクメロンの代表品種で、その後、改良を重ねて多くのアールス系メロンが作られました。 それらアールス系メロンを総称してアールスメロン(マスクメロン)といわれています。 アールスメロンは皮に細かくて深さのある網目模様が入り、味や見た目に優れています。 完熟したアールスメロンは上品な甘味と芳香があり、みずみずしくなめらかな口当たり。 長年にわたり高級メロンとしての地位を維持しています。 なお、静岡県の特産である「クラウンメロン」は、独自に改良したアールスメロンをガラス温室で栽培したもので、高品質なものだけを出荷しています。 マスクメロンの選び方(見分け方) きれいな丸みのある形をしていて、網目の模様が均一で深さがあるものが良品とされます。 また、持ったときにずっしりと重みがあるものがよいでしょう。 マスクメロンは追熟が必要な果物です。 熟した状態で売られていることもありますが、ほとんどは完熟前の状態で店頭に並んでいます。 すぐに食べたい場合は、食べ頃のものをお店の人に尋ねましょう。 マスクメロンの食べ方 食べる3時間ほど前に冷蔵庫で冷やしてから食べるとよいでしょう。 そのままスプーンですくって食べてもよいですし、果肉と皮の間にナイフを入れて切り分け、ひと口サイズに切ってフォークで食べてもOKです。 メロンは皮に近づくにつれ甘味が減少していくので、スプーンで食べるよりは、ひと口サイズに切ったほうが均等に甘味を味わえます。 量が多くて食べきれない場合は、小さく切った果肉を冷凍しておくと、メロンシャーベットとして楽しめます。 凍らせたものをミルクと一緒にスムージーにしてもよいでしょう。 クラウンメロンとアローマメロン 静岡県温室農業協同組合では、4つの支所から温室メロンを出荷しています。 そのうちクラウンメロン支所から出荷されているものは、「王冠マーク」のシールが貼られ「クラウンメロン」として流通しています。 そして、同じ静岡県温室農業協同組合の浜松支所、磐田支所、静南支所から出荷されるものは「アローマメロン」という名前で呼ばれ、「AROMA」の文字のシールが貼られています。 出荷される支所の違いで呼び名が異なりますが、いずれも1本の木から1玉のみを残して栽培し、ていねいに育てられたものです。 クラウンメロンの等級 クラウンメロンはサイズや外観、糖度などによって等級が「富士、山、白、雪」の4つに分けられています。 一番ランクの高い「富士」はおもに高級フルーツ店で扱われ、出荷量が少ないためとても高価。 多く出回るのはランクが3番目の「白」で、次いで2番目の「山」となります。 一番低い「雪」はおもに加工用として使用されているそうです。 ちなみに「キズ」という分類もあるそうで、見た目は悪いけれど味はよいとのこと。 マスクメロンの旬(出回り時期) メロンの旬の時期は4月から8月頃ですが、アールスメロン(マスクメロン)は年間を通して出荷されています。

次の

アブラムシ類

アカメロン

特徴 [ ] は、ほぼ球形。 果皮表面には、質の網目を生じる。 果肉は黄緑色で、が多く、非常に甘い。 に抵抗性がなく、などの他の病害にも抵抗性がないので、栽培は非常に難しい。 が弱く、つる割れ病抵抗性のメロン 大井、バーネットヒルフェボリットなど台木専用種 にをして栽培されている。 生産 [ ] 栽培は温度・湿度を管理した内で行わなければならず、まめに手を加えなければ良質なものはできない。 また1本のつるからは1個だけしか生産しない。 このため価格も高く、高級品では1玉3万円を超えるものもある。 主産地はで、がこれに次ぐ。 果皮表面に網目状模様ができる性質を利用して、祝いや感謝のメッセージを浮かび上がらせる贈答用メロンの生産を請け負う農家もある。 なお、複数の実が結実した場合、1個を残し他は小さいうちに摘み取られる。 摘み取られた実は「小メロン」の名で()やのに利用されることがある。 歴史 [ ] 日本ではマスクメロンがメロンの品種としては最初に普及し、メロンの代名詞的ブランドにまで成長した。 この品種が開発されたのは末のである。 「伯爵のお気に入り」という意味の名は、ラドナー伯爵邸の農園で作られたことに由来する。 日本では1925年 に導入され、静岡県温室クラウンメロン支所の前身である温室農協丸静支所などで栽培方法の確立が行われ、日本全国へと広まっていった。 現在、本国イギリスではこの種は栽培されなくなっているが、日本では昭和から続く伝統的な高級として珍重され続けている。 の主力商品でもある。 主なマスクメロン [ ] アールスフェボリットメロン(アールスメロン) アールスフェボリット Earl's Favourite は、網メロンの代表品種である。 略して アールスメロンとも呼ばれる。 アールス系品種 アールスの弱点である耐候性・病害抵抗性を付与して改良された、外見がアールスと似たそっくりの品種を指す。 ハウスメロン並みの丈夫さを持ち、栽培が容易で、も上がりやすい品種が多い。 上手に栽培すると純粋なアールスと見分けがつかなくなるぐらいで、食味もアールスと同等の品質のメロンである。 の「アールスナイト」、八江農芸の「アールスセイヌ」、横浜植木の「雅」シリーズが各地で栽培されている。 この三つのシリーズは全てうどんこ病耐病性・つる割れ病抵抗性であり、栽培も容易である。 、、が主な産地。 交配種 赤肉メロンの代表格であるは、この「アールスフェボリット」(母)と「」(父)の交配種である。 抗癌作用を主張する研究 [ ] かつて、マスクメロンはのピラミッドで3群に属しており、3群の中でも、、、、と共に3群の上位に属する、予防効果のある食材であると位置づけられていた。 脚注 [ ]• フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 1』講談社、2003年。 大井とバーネットはアールスが導入される前に温室栽培での主流であった品種である。 つる割れ病抵抗性があったため、台木として使用されるようになった。 つる割れ病はアールス種に大発生することから「アールス病」と呼ぶ場合もある。 果物に託すメッセージ/もらってうれしい 食べておいしい/メロンやバナナ 農園などが一工夫『』2018年2月26日(フード面)• 大澤俊彦、「」『日本食生活学会誌』 2009年 20巻 1号 p. 11-16, : 外部リンク [ ]• 杉山純一、臼井支朗、「」 『計測自動制御学会論文集』 1990年 26巻 4号 p. 367-374, :.

次の

HeetBeet!UP!(アカラサマナ)の通販・購入はメロンブックス

アカメロン

被害 葉、生長点部、花、果実に寄生して吸汁加害する。 寄生が多くなると生育が抑制されるだけでなく、排泄物(甘露)にすす病が発生し、同化作用が阻害される。 以上は前記3種アブラムシに共通した被害であるが、ジャガイモヒゲナガアブラムシに吸汁された場合には、吸汁された部分が黄変し、その後褐変するといった特徴的な被害症状を呈する。 果実が吸汁された場合にも被害部が黄変する。 なお、これらのアブラムシはいずれもウイルス(CMV、WMV、ZYMV)を媒介する。 被害作物 ワタアブラムシ:ウリ科作物の他、ナス科作物、イチゴ、オクラ、サトイモ、インゲンなど広範囲に及ぶ。 モモアカアブラムシ:ウリ科作物の他、ナス科作物、アブラナ科作物、ホウレンソウなど広範囲に及ぶ。 ジャガイモヒゲナガアブラムシ:ウリ科作物の他、ナス科作物、マメ科作物など。 発生 圃場周辺の雑草地からの有翅虫の飛び込みや苗による持ち込みが主な発生要因である。 ウリ類ではワタアブラムシの発生が最も多い。 施設栽培では秋季と翌春3月以降有翅虫が侵入し、繁殖し始めることが多い。 しかし、西南暖地では冬季でも少ないながらも有翅虫の飛来が見られる。 露地栽培では、通常5~10月にかけて発生が多く見られる。 西南暖地では、夏季の主要発生種はワタアブラムシであり、モモアカアブラムシやジャガイモヒゲナガアブラムシの発生は春季と秋季に多く夏季には少ない。 寒冷地では卵で越冬するが、西南暖地では無翅胎生雌や幼虫で越冬する個体が多く見られる。 防除 施設栽培では、防虫ネットによる換気窓の被覆、UVカットフィルムの展張、シルバーポリフィルムによるマルチが有効である。 露地栽培では、シルバーポリフィルムによる畝マルチやシルバーテープを張り巡らすことで有翅虫の飛来を抑制できる。 露地では、6,7月頃になるとテントウムシ、クサカゲロウなど各種天敵が働き始めるので、これら天敵を有効活用するとよい。 施設栽培でも、4月頃から土着の寄生蜂などが活動し始めるので、これら天敵を活用するとともにアブラムシの発生初期に市販のコレマンアブラバチ剤(商品名:アフィパール、コレトップ等)を寄生株に集中放飼するとよい。 発生が多くなるようであれば薬剤による防除を行う。 薬剤(農薬) アクタラ、アドマイヤー、アルバリン・スタークル、ウララ、コルト、ダントツ、チェス、トランスフォーム、ハチハチ、プリロッソ・ベネビアOD・ベリマークSC、ベストガード、モスピラン、モベント等。 なお、作物によって登録内容が異なるので、使用に当たっては十分注意をする。 農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。

次の