学校 に 行き たく ない 小学校。 「学校に行きたくない」子どもを親は許すべき?正しい対応とは [小学校] All About

「学校に行きたくない」子どもを親は許すべき?正しい対応とは [小学校] All About

学校 に 行き たく ない 小学校

体力は、人間のあらゆる活動の源です。 健康な生活を送る上でも、物事に取り組む意欲や気力の源としても欠かせないものであり、子どもの健全な発達や成長にも深く関わってきます。 体力低下は、ストレスに対する抵抗力の低下も引き起こし、これが「学校に行きたくない」大きな原因の一つになっていると考えられます。 体力をつけるには、有酸素運動が不可欠。 子どものうちから十分に運動を行うことは、体力をつけるだけでなく、運動やスポーツに親しむ身体能力の基礎を養い、病気から身体を守る免疫力を高め、健全な精神を育むのにも役立ちます。 しかし、「学校に行きたくない」子が増えている、近年はどうでしょうか。 文部科学省が行っている調査によると、子どもの体力・運動能力は昭和60年頃から現在まで低下し続けています。 食生活の充実によって栄養が十分に行き渡り、親の世代より体格はよくなっているのにもかかわらず、体力・運動能力は低下しているのです。 このことから最近の子どもたちは身体機能そのものがおそろしく低下しており、状況はかなり深刻であると言わざるを得ません。 子どもの体力が低下しているのはなぜか 現代の子どもの体力低下は、慢性的な運動不足から来ています。 子どもが運動不足になっている原因は何でしょうか。 大きく分けて、3つの原因が挙げられます。 まず1つ目は、日本式から欧米スタイルへの生活様式の変化や、昔に比べ生活が便利になったことで、日常生活において身体を動かす機会が減ったこと。 2つ目は、保護者をはじめ国民全体の意識の中で、外遊びやスポーツより学力向上を重要視する傾向が生まれ、どんどん大きくなっていったこと。 そして3つ目は、空き地など子どもたちが手軽に遊べる場所が減り、ネットやテレビゲームが普及したことで外遊びより室内遊びをする子どもが増えたことです。 このような原因から生まれた子どもの運動不足は、体力・運動能力の低下だけでなく、自己と社会性の未発達を招き、「学校に行きたくない」=不登校や、「キレる、荒れる」=校内暴力、学級崩壊などを引き起こしています。

次の

【保存版】子どもが学校に行きたくないと言ったとき親がすべき1つのことと12のNG

学校 に 行き たく ない 小学校

厳しい先生のおかげで、私が言わなくても宿題するようになった! と楽天的に考えていましたが、こうも頻繁に悲しい顔をされると私も悲しいし心配になってきました。 先生、この子に何か意地悪してないだろうか・・ 実は2年生までゆるい先生続きだった なんで厳しい先生をこんなに怖がってしまうのかというと、実は長女の場合、小学校1年生も2年生も、すんごく優しい先生に当たっていたんです。 小学校1年生の時は幼稚園上がりということもあり、先生自体が優しく接してくれていました。 2年生の時は、優しいというよりもずぼらな先生で(親目線)、宿題を出さなくても気にしないしとくにチェックもしない。 授業中のおしゃべりも軽く注意してスルー。 そんな感じで、かなりゆるい先生だったわけです。 そして3年生。 他の小学校で、高学年の担任をしていた先生が担任になりました。 厳しいのに慣れていない• 怒られるのに慣れていない そんな長女に、試練が訪れたというわけです。 私がみたところの先生の様子 長女の話を聞くと、 先生が厳しすぎる!必要以上に怒りすぎる!と感じていたんですが、この段階ではまだ長女から話を聞いているのみ。 私が直接先生と会って話をしないと、なんとも言えないなーと思っていました。 ということで待ちに待った初めての学級懇談会の日! いざ!どんな先生なんだろう〜 と小学校へ。 そして先生と対面! なるほど!• 真面目!• キビキビしてる!• しっかりしてる!• 一生懸命!• 責任感の塊! 3年生の学年の先生をしきり、スムーズに話を進めていく担任の先生見て「厳しい」ことに納得しました。 それから他の保護者の方と話すと、ほとんどのお子さんが小学校3年生に上がってからは泣いたり学校に行きたがらなかったり、我が家の長女と同じ状態だということ。 スポンサーリンク 今の私の対応 安心はしたものの、長女の不安定は止まりません>< 親として、どう対応したらいいのか? 正解かどうかは置いといて、私の今の対応を記録として残しておきたいと思います。 すぐに休ませない 泣いて、暗に「学校を休みたい」と訴えてくる長女。 でも、簡単には休ませないようにしています。 簡単に休んでしまうと、「言えば休める」という癖がつくかなーと思って・・ 泣いても、心を鬼にして学校に行ってもらってます。 何かあればすぐに電話するように伝える テレホンカードを持たせて、「辛いことやひどいことや悲しいことがあったら、すぐに電話してね!」と伝えています。 私なりに、長女の逃げ道を作ってあげているつもりです。 (今まではまだ1度もかかってきていません) 帰ってきたら話を聞く とにかく話を聞くのが大事!と教えてもらったので、帰ってきた長女の話をちゃんと目を見て聞くようにしています。 怒られて辛かったこと• 先生の嫌いなとこ• 友達と遊んだこと• 勉強のこと 先生の愚痴を聞くのはもちろん、その他の楽しかったことを引き出すようにしています。 PTA役員になる 先生と少しは身近になれるように、学級のPTA役人にもなりました。 といっても、そんなに役目はなさそうなので、名ばかりですがw でも何もしないよりは、先生と話しやすかったり相談しやすかったりするはず! さいごに まだまだ何も解決に至っていない件ですが、• 今後どうなっていくのか?• いまの対応で正解なのか?• どうすればいいのか? の経過観察段階として、ブログに残しました。

次の

小学生が学校に行きたくないと言い出した時の対応間違ってませんか?

学校 に 行き たく ない 小学校

1.学校が怖い・人が怖い心理とは まず学校や人が怖いと感じる要因についてですが 先天的要因 生まれつきニコニコとしているような子供もいれば、少し扱いづらい子供もいるように、生まれながらの気質というものもあると思います。 人見知りの子供などは人を警戒しますよね。 ひょっとしたら怖いと思っていることの裏返しとして人見知りとなっているのかもしれません。 環境要因 両親が人付き合いが苦手な場合には自然と人付き合いの少ない環境下で育ち、人とかかわる経験が不足していることがあります。 そのため人が多いのは苦手、家族以外の人は怖いと感じてしまたり、思い込んでしまっているということもあります。 その他に、エリクソンの発達心理学では、 乳児期(口唇期 に基本的信頼の獲得をするといっていますが、この時期に母親がネグレクトであったり、スキンシップを怠った場合には基本的信頼が得られず愛着関係が築けないため不信となり、自己否定にもつながり、その後の人間関係にも影響が出るといっています。 あなたの育った環境つまり家族は機能不全家族かも?をご覧ください。 後天的要因 過去に何か人や学校に対して怖いと思うようなトラウマがある。 その出来事をきっかけに、特定の人が怖くなったり、人そのものに不信感を抱いたり、それが学校に関係する人達であれば、学校が怖いという心理に陥ってしまいますし、学校に行きたくないと思ってしまいます。 人前で先生に激しく叱責された。 学校で授業中にあてられて、答えられず、クラスのみんなに馬鹿にされた、恥ずかしい思いをした。 からかわれた・・人が怖いし、学校も怖い。 そして学校に行きたくない。 部活で思うように活躍できなかった・・そのことで先輩や先生にひどく叱責されたなどの出来事から自己否定となり、学校での特定の人や自分以外のすべての人、そして学校そのものが怖いという心理に陥ってしまうのです。 人によっては人の視線を感じて怖いという人もいます。 そのため電車に乗ると人の視線を感じて怖い、学校に行く道が怖い人がみんな怖いだから学校に行けないという人もいます。 息子もかつて学校での友人関係のトラブルから、人間不信に陥り、本人の言葉を借りれば「学校が怖い」と言っていました。 信頼していた友人への不信感から人が怖い、そして学校全体への不信感に変わり、学校が怖いという発想になったのだと思います。 2.人が怖い・学校が怖い人が学校に行けるための本人の対処法 人が怖い、学校が怖い、学校に行けない・・不登校や引きこもりになってしまう。 そんな人たちが人が怖くなくなり、学校に行けるための対処法を本人の対処法と周囲がすべき対処法についてお伝えします。 人が怖い・学校が怖いと向き合う なぜ人が怖くなってしまったのか、学校が怖いと思うのか、あらためて向き合ってみましょう。 辛いことかもしれませんが、一度は必ず向き合う必要があります。 そうでないと、かえって長引いてしまいますし、ふとしたことで人が怖い、学校が怖いということがいくら蓋をしても、その蓋が外れてしまうことがあるからです。 人が怖いのはなぜか?学校が怖いと思うのはなぜか?どうして怖いと思ってしまったのか?それらのことを第三者目線で考えてみましょう。 自分に足りなかったものはなにか?勇気、忍耐、冷静さ、自信・・これらがわかれば人が怖い、学校が怖いことに立ち向かうヒントが得られるはずです。 何事も気づけなければ変わることができないのです。 乃木坂46の白石さんも人って怖いと言っていました。 自己受容 人が怖い自分、学校が怖いと思う自分を受け入れられないと、自己否定がおき、「なんて自分はだめなんだ・・」「学校が怖いだなんて、自分はだめなやつだ・・」というマイナス思考になってしまいます。 怖いものは怖いのです。 いいじゃないですか?今のあなたは人が怖いのです。 学校が怖いのです。 だから学校に行けない、学校に行きたくなくなってしまうのです。 その恐怖心からきっと慎重に発言をしたり行動をすると思います。 慎重に行動できるのはよいことではないですか? 学校や人が怖い、学校に行けないということ自体を良し悪しではなく、そのままの自分を受け入れるのです。 そしてその自分を否定せずに肯定する。 ありのままの自分でいいんだと。 自己受容ができないといつまでも葛藤し、自己否定し続けなにもできなくなってしまい、前に進めません。 過去は変えられないのです。 前に進むしかありません。 人は思うほどあなたを見ていない 人の視線が怖い、人にどう思われるかと思うと怖い・・でも意外に人は見てませんよ。 「そんなことなことない、見てるから怖いんです。 」とおっしゃる方もいるでしょう。 でも人は思うほどあなたを見てないという情報をあなたにインプットしておいてください。 何かの際に思い出して、怖くないと思えることもありますから。 そしてそう思うのは自己否定しているからです。 大丈夫。 あなたはあなたのあるがままでいいのです。 完璧主義をやめる 何事も満点を取らないと・・と思うと、できない確率が高くなるため自己否定が起きやすくなってしまいます。 目標のハードルは越えられるものを少しずつ上げていくようにしましょう。 いきなり高い目標を掲げて自分はできなくてダメなんだ・・と思ってしまうのではなく、少しずつ目標のハードルを上げていき、達成感を味わってください。 その積み重なった達成感が自信回復へとつながります。 ロボットではないのですから、誰だって失敗しますよ。 失敗を恐れず、失敗したら、良い経験に変えていくのです。 認知を変える 人が怖い、学校が怖い、自分はダメだという認知を変えていく。 人は怖くない、学校は怖くない、自分はこういうことができる。 最初に人が怖い、学校が怖いということと向き合ったと思いますが、そのことから怖くないという認知に変えていくのです。 自分だけではなかなかできないという方は認知行動療法を受けたり、NLPカウンセリングを受けてみてください。 別室登校や保健室登校から始める 人が怖い、学校が怖いと思って学校に行けなくなったあなたは教室に行くのは怖いかもしれませんね。 まずは少しずつで大丈夫です!別室登校や保健室登校から始めて教室復帰をしてみませんか? そもそも 無理に学校に行けなくたっていいと思います。 に書いております。 をご覧ください。 3.人が怖い・学校が怖い人への周囲の対処法 否定せず受容する 学校に行けないことを家族や友人、先生が責めたり、人が怖い、学校が怖いと言っている生徒を責めたり、からかったりしない。 学校に行きたくないというより行けないのです。 本人にとって人が怖い、学校が怖い、学校に行きたくないというのは深刻な問題であり、ほかの人に言われるまでもなく、誰よりも自分を責めている状態です。 そんな自分はダメなんだと自己否定、自責の念が強い状態です。 そこへ周囲があいつはサボっている、人が怖いんだってなどとからかうような発言をしてしまったり、なんで学校に来れないんだと叱責してしまうとますます自己否定が強くなり、心理状態が悪くなってしまいます。 責めずに、もし会ったら笑顔で接するように心がけるといいでしょう。 できれば、周囲の人から率先して声をかけてください。 もし学校に来れたら「おはよう」「元気?」「昨日のテレビみた?」学校に来れなかったことに触れず、何気ない会話や挨拶が一番です。 挨拶をしてくれると、学校が怖くて来れなかった本人は久しぶりに来てもみんなが受け入れてくれていると感じることができます。 是非挨拶、声掛けもお願いします。 特別扱いは必要ありません。 ただ否定せず受け入れてほしいと思います。 自信をつけさせる 学校が怖い、人が怖い、学校に行けないという本人は自己否定が強いです。 そのために自信をつけさせることが必要です。 学校に行けなくなる不登校の子供は今までできていたこともできなくなってしまい、うつのような状態になってしまっていることが多いです。 今までできていたのにという観念は捨て、少しでも何かができたら褒める。 そしてできるだけ本人にお手伝いや学校においては何か 実現可能な役目を与える。 そしてお手伝いをしたり、役目を果たしたら必ず「ありがとう」「助かったわ」「よくできたね」と声をかける。 これが大切です。 この積み重ねをしていくことで、少しずつ自信が回復します。 になります。 本人にとっては切実で深刻な問題です。 親であれば、学校に行けなくたっていいと思って欲しいです。 学校に行かなくてもいろいろな道はありますし、留年したっていいじゃないですか。 わが子が自殺したり、引きこもりに長年なってしまうよりは。 周囲が理解し受容することで、本人の自信も回復します。 一人でも多くの方が理解できる社会になれば、不登校問題も解決していくのではないでしょうか?。 親向け具体的なアドバイスをご家庭の状況に応じてさせて頂いております。 こちらの記事もご覧ください。

次の