限界突破wifi スペック。 限界突破WiFiの評判からわかったおすすめできない全理由【2020年7月】

月額3500円で国内通信が使い放題 エックスモバイルがクラウドSIM対応ルーター「限界突破WiFi」発売

限界突破wifi スペック

Mugen WiFiの特徴 まずはMugen WiFiの主な特徴についてご紹介します。 データ量が無制限 Mugen WiFiはデータ量の上限がない、使い放題のWiFiです。 1か月トータルの上限だけでなく、3日間の速度制限もありません。 広く安定的につながる!海外利用も可能! 大手のメイン回線を借りているため、全国的に広く安定的につながる傾向にあります。 さらに4GLTE回線を使用。 障害物にも強く、建物内や地下でもつながりの良さが期待できます。 海外でもそのまま手続き不要で利用することができ、海外旅行の際にも頼もしい味方となりそうです。 端末代金と配送料は無料! Mugen WiFiではポケットWiFiの端末代金、そして初回の配送料金も無料となっています。 初期費用に負担が少ないのは、嬉しい限りです。 Mugen WiFiの料金 Mugen WiFiの料金プランは以下の2つです。 どちらも国内では使い放題であり、海外利用は別料金となります。 2つのプランの違いは提供される端末の違いです。 端末「G4」と「U2s」スペックの違い MUGEN格安プランではU2sという機種が、MUGENアドバンスプランではG4という機種が提供されます。 2機種のスペックを表にまとめました。 機種名 U2s MUGEN格安プラン) G4 (MUGENアドバンスプラン) 製造元 uCloudlink WiFiプロコトル IEEE802. 通信のスペックについてはほとんど差がないように思われます。 最大の違いは、G4においてのみGoogle mapやTrip Adviser、翻訳機能が使えることです。 それにともなって5インチの画面も搭載。 モバイルバッテリーとして使用することも可能です。 G4は海外で便利に利用できそうな機能が多く、海外利用を検討されている方におすすめです。 U2sの方はWiFi以外の機能はないものの、通信スペックはG4と同じ。 国内で安くWiFiを利用したい方はU2sを選ぶと良いでしょう。 海外利用料金 MUGEN WiFiは手続き不要で海外利用が可能です。 料金は以下の表をご覧ください。 海外で利用がない日は0円となり、利用した日は表内の価格がかかります。 1日あたり1GBで制限がかかり、速度制限後は384Kbpsで無制限の利用となります。 データのリセット時間は日本時間の0時となりますのでご注意ください。 容量繰り越しなどはありません。 解約金システム MUGEN WiFiの解約金は以下のとおりです。 24か月以内の解約には端末の返却が必須となります。 解約時の端末返送料はユーザー側の負担となります。 その他の費用 契約には事務手数料3,000円がかかります。 また端末の故障が不安な方は、故障・水濡れを保証するMugen補償プランも毎月500円で利用可能です。 Mugen WiFiのキャンペーン 続きまして、2019年11月26日現在、Mugen WiFiが行っているキャンペーンについて解説します。 30日おためし全額返金保証キャンペーン 以下の3つの条件を全て満たす方は、30日以内でしたら全額返金が保証されます。 申込日から30日以内に「30日おためし全額返金保証の旨」「解約理由」「決済番号」を問い合わせフォームより連絡すること• 返品の「発送日時」が30日以内であること• Mugen WiFiのご利用が初めてであること 30日おためし全額返金キャンペーンにともなう注意事項は以下のとおりです。 箱の破損、説明書の欠品は追加費用20,000円(税抜き)。 30日を過ぎた場合は適用されない。 返却処理手数料として1,000円(税抜き)が請求される。 端末送料はユーザー負担。 送料や手数料1,000円はとられるものの、初めての利用であれば30日はおためし期間を設けることができます。 つながりや速度に不安のある方も試しやすいのではないでしょうか? Mugen WiFiの評判や口コミ Mugen WiFiについて、ネットやSNS上の評判・口コミについてまとめました。 速度についての評判・口コミ 速度については「使える」「遅い」双方の口コミが見られ、「早い」と褒める内容は少ない印象でした。 速度のレベルとしては「動画・ネットゲームにも使えるが他と比べてあまり早くはない」程度かと思われます。 WiMAXよりは速度は落ちますが、直近3日間の制限なしで使えるのは大きなメリットです。 くわえて「夜と昼の混雑時間は遅くなる」という口コミも散見されました。 こちらについては、どこで契約しても混雑時間帯は遅くなる傾向にあります。 実際にどれほど使えるレベルかは場所にもよるかと思うので、30日おためし全額返金保証を利用して試してみるのがいいかと思います。 その他の評判・口コミ その他のところでは「端末が重い」というものもありました。 実際G4はスマホと同レベルの重さがあるので、これに関しては事実かと思います。 また「本当に使い放題で快適」という口コミも。 やはりWiMAXなどのように3日間の制限がないのはユーザーにとってメリットが大きいようです。 Mugen WiFiとよくばりWiFi・限界突破WiFiを比較 使い放題・海外でもそのまま使える点がよく似たよくばりWiFi・限界突破WiFiと料金やサービスを比較してみました。 以下の表をご覧ください。 さらに縛りを入れた料金の差は200円。 そういった意味ではよく似ている2社です。 しかし、よくばりWiFiは2年間の自動更新契約となり、解約金の縛りが非常に厳しくなっています。 2年以降はいつでも0円で解約できるMugen WiFiのほうが、より気軽に契約できそうです。 料金も同じU2sならばMugen WiFiのほうが安いので、全体通してMugen WiFiが有利かと思われます。 Mugen WiFiと限界突破WiFiを比較 限界突破WiFiの月額は3,500円であり、Mugen WiFiのMUGEN格安プランとMUGENアドバンスプランのちょうど中ほどの金額です。 限界突破WiFiで提供される機種には、Google翻訳・Google mapの機能が搭載されています。 それを考慮するとU2sのMUGEN格安プランよりも多少高いのもうなずけます。 翻訳や地図機能を持ったルーターを安く使いたいなら限界突破WiFi、WiFiのみを安く利用するならMugen WiFiがおすすめです。 ただし限界突破WiFiのほうが解約金縛りが厳しいので、そちらも考慮した上で検討してください。 Mugen WiFiのMUGEN格安プランはとにかく安い! 口コミから推察するに、Mugen WiFiはスピード重視の方には向かない可能性があるものの、普段使いに不便のない速度は出そうです。 場所にもよるかと思うので、気になる方は30日間おためしをしてみるのもいいかもしれません。 特にMUGEN格安プランはよくばりWiFi・限界突破WiFiと比べても安く、とにかく安く使い放題のWiFiを持つには良い選択かと思われます。

次の

気をつけて!「限界突破WiFi」のデメリットと評判を調査!料金の比較も有り

限界突破wifi スペック

WiFiサービス業者 初期費用 限界突破WiFi 無料 3,000円 WiMAX 事務手数料 3,000円 (、so-net、BroadWiMAX、カシモWiMAX、) さらに端末代金が約2万円 (UQWiMAX、の場合) 無料 SPACE WiFi とにかく限界突破WiFiの最大の特徴は3,500円の月額料金で全国的に繋がりやすいLTE回線でパケットデータ量を気にせず使い放題で利用できるというサービスです。 公式HP: 限界突破WiFiとどんなときもWiFiを比較 同じようにソフトバンク・au・ドコモの3キャリアの回線をクラウドSIMにて接続し、海外でも利用できるとなると「どんなときもWiFi」も同等のサービスとなっています。 このCMで話題となっているどんなときもWiFiと限界突破WiFiをチェックしてみます。 【おまけ】WiMAXとの比較 ちなみにWiMAXとの比較も以下にサクッと掲載してみます。 限界突破WiFi WiMAX 初期費用 無料 3,000円 月額料金 3,500円 3,480円〜3,880円 WiFi(ルーター)端末代金 無料 一部プロバイダにより有料 端末機種名 jetfon P6 WX05 W06 L02 HOME 01 通信速度 下り最大150Mbps 下り最大1. そしてなによりWiMAXは独自の通信回線を利用しており、ドコモ・au・ソフトバンクの繋がりやすいLTEの電波ではなく、地方などでは通信電波が弱く圏外で使えないパターンも今だに多い状況です。 各県の県庁所在地近くに住んでいる方ならよいですが、それ以外の方は大半がWiMAXを避けた方がよいと利用している私が断言します。 限界突破WiFiで使う通信端末 限界突破WiFiで提供している通信端末は「」というモバイルルーターというよりもディスプレイが搭載されたスマートフォンです。 もちろんディスプレイ側ではスマホのように翻訳機能やマップ機能などが利用できるようになっていますので、使い方としてはスマホでテザリングをするような感覚でしょう。 「jetfon P6」スペック詳細 ディプレイ 5. 7インチ CPU Snapdragon SC9850K 重量 162g 連続使用時間 15時間 下り最大速度 150Mbps バッテリー容量 3400mAh もちろん画面もスマホの指紋認証などを行わなければ解除して操作ができないため、 通常のモバイルルーターよりもセキュリティも万全です。 ただし本体はモバイルルーターよりも重量はありますし、万が一の落下時には当然スマホと同じなのでディスプレイの破損の恐れなどリスクもあります。 ですので他社と比べると万が一の端末保証はなるべく加入しておいたほうがよいかなという印象ですね。 端末保証は月500円 端末の保証はスマホ型ルーターということでやはり入っておいた方が安心感があるのは間違いありません。 ただだし限りなく節約したくて絶対に大事に持ち運ぶことができるという自身がある人は加入しなくてもよいかもしれません。 この2年間の間に一度でも修理・交換を行ってしまった場合なら未加入時は18,000円ですから6,000円分得することになります。 とは言ってもWiFi端末(jetfon P6のスマホ)が無料で使え、契約満了後には自分のものになると考えればこの解約金はあくまでも端末代金と考えるのがベターでしょう。 また2年契約が満了になればそれ以降は1年ごとの自動更新となり、途中解約は5,000円となります。 限界突破WiFiは実店舗もある こういったクラウドSIMを使ったWiFiサービスはWEB限定や実店舗を持たない業者がほとんどなのですが、限界突破WiFiを運営しているエックスモバイルは店舗もあります。 ただし 全国80店舗となり、大半が中心地になるので地方の方にはなかなか恩恵が無いとはおもうのですが、実機を見ることもできるので店舗に一度行ってみたい方は以下の店舗一覧をチェックしてみてください。 限界突破WiFiを使っている人の評判 wimaxを解約して、選んだのは今、流行りのクラウドsim。 本当の使い放題、無制限の限界突破wifi。 自宅でこんなに出るとは思ってなかった。 今の所、調子が悪いと、再起動すれば良くなる。 この点をアップデートで、改善してくれると文句無しなんだけどなぁ。 ただこのような通信網が使い放題で3,500円なら妥協しても良いと思えるレベルではありますし十分実用的です。 測定しようとしたら切れてるのに気づきました。 スマホ側で再接続すぐに回復しました。 スピード的なは、問題ないです。 auつかんでます。 — おいちゃん 8781Jr またどんなときもWiFiのクラウドSIM端末では殆どがソフトバンク通信にしかつながらないようですが、限界突破WiFiの端末ではau回線なども頻繁に拾うという情報も多いです。 【まとめ】限界突破WiFiはこんな人におすすめ 限界突破WiFiはクラウドSIMサービスとしては他社よりも後発のサービスですが、何よりもちょっとしたユーザーが不満に思う点を多く解消しているサービスです。 ・制限なく使い放題 ・初期費用が無料 ・端末は無料で解約後返却不要 ・契約期間は2年 ・同時接続台数は8台 ・繋がりやすいLTE回線.

次の

限界突破WiFiで契約しても後悔しない?どんなときもWiFiとも比較してみた

限界突破wifi スペック

限界突破WiFiは、格安スマホで有名な「エックスモバイル株式会社」が提供するネット使い放題のポケットWiFiで人気があります。 しかし、2020年3月に通信障害を起こしてしまってから、もともとネット使い放題と謳っていたにもかかわらず1日単位でデータ容量を制限することになり、ネットが繋がらないという口コミが多いので、現時点では限界突破WiFiをおすすめできません。 さらに、利用者の評判を調べたところ、月額料金が最安値ではなく、端末が届くまでに時間がかかり、解約時の違約金が高いことに対して不満を抱えている人もいました。 この記事では、限界突破WiFiがおすすめできない理由を全てお伝えしていくので、ぜひ参考にしていただきたいです。 限界突破WiFiとは 限界突破WiFiとは、格安スマホを提供している「エックスモバイル株式会社」が運営するポケットWiFiです。 ネット使い放題で、マップ機能や翻訳機能、さらにモバイルバッテリー機能が付いている端末が利用できることを売りにしていますが、2020年3月から通信障害を起こしてしまいユーザー数が急激に減っています。 同じく完全無制限のポケットWiFiとして人気があった「どんなときもWiFi」も一緒に通信障害を起こしていて、現在ではただ月額料金が安かったり端末の機能が良かったりするだけではなく、運営会社とサービスの安全性も考えたうえで選ばないといけません。 ここからは、限界突破WiFiがおすすめできない理由を全てお伝えしていきます。 限界突破WiFiがおすすめできない全理由 それでは、限界突破WiFiの評判や口コミを調べてわかったおすすめできない全理由を紹介していきます。 繋がらないという口コミが多数 2. 月額料金が最安値ではない 3. 端末の発送に時間がかかる 4. 解約時の違約金が高い 繋がらないという口コミが多い 利用者の口コミを探してみたところ、限界突破WiFiは以下のようにネットが繋がらないという悪い評判がたくさん見つかりました。 限界突破wifi いきなり繋がらない。 一つずつ詳しく見ていきます。 1日単位で通信が制限される 限界突破WiFiの最大のデメリットは、ネットが完全に使い放題と謳っていながら、1日あたりの通信制限が決められているところです。 2020年の3月に通信トラブルが起きた影響で1日3ギガまでのデータ容量しか使えなくなってしまい、 7月現在においても1日5ギガを越えると速度制限にかかる条件があります。 以下のように、1日あたり5ギガ~10ギガの容量を使っているときはYouTubeなどのネット動画を標準画質でギリギリ観ることができる速度まで低下し、10ギガを超えると完全にネットが使えなくなります。 1日あたりの容量 速度制限 5GB~10GB 最大4Mbps 10GB以上 最大128kbps もともと限界突破WiFiはデータ容量に制限がないネット使い放題のサービスとして提供していたにも関わらず、このような通信制限をかけることになってしまいました。 これから新しく申し込む人も1日5ギガの通信制限をかけられるので、せっかくポケットWiFiを契約してもデータ使用量を気にしながら利用することになってしまいます。 さらに、これまで大規模な通信障害を起こしたポケットWiFiの傾向を考えると、今後も同じような通信トラブルを起こす可能性がかなり高いのでおすすめできません。 現在利用している人は通信トラブルが起きていた時期の月額料金が返金され、違約金免除で解約できるという対応がされています。 詳しくはをご覧ください。 通信制限があるのに速度が遅い 限界突破WiFiは1日あたりの通信制限があるにも関わらず、同じく通信制限が決められているWiMAXよりも速度が遅いです。 しかし、限界突破WiFiは通信制限が決められているうえに、速度も遅いので契約するメリットが一つもありません。 限界突 破WiFi WiMAX Y! mobile WiFi 端末 \光回線について詳しく書いた記事/ 月額料金が最安値ではない 限界突破WiFiは月額3,500円と決して高い料金ではありませんが、他に安いポケットWiFiがあるのでデメリットの一つと言えます。 完全にネット使い放題のポケットWiFiの中で、限界突破WiFiよりも安く利用できるサービスを以下の表にまとめました。 ポケットWiFi 月額料金 限界突破WiFi 3,500円 Mugen WiFi 3,280円 ゼウスWiFi 3,280円 ギガゴリWiFi 3,460円 よくばりWiFi 3,450円 どんなときもWiFi 3,480円 めっちゃWiFi 3,480円 THE WiFi 3,480円 ポケットWiFiの最安値は「Mugen WiFi」と「ゼウスWiFi」の2つがあり、限界突破WiFiと毎月220円の違いしかありませんが、料金面において他社に負けているのは事実です。 さらに、ゼウスWiFiでは半年間の月額料金が割引きされたり、よくばりWiFiでは最初の2ヶ月間が無料になったりなど、月額料金がお得になるキャンペーンを限界突破WiFiでは実施していません。 そこまで毎月の料金に差があるわけではないですが、最安値で利用できるサービスではないので、より安いポケットWiFiを選ぶ方が賢明でしょう。 海外の利用料金も他社より高い 限界突破WiFiの海外の利用料金を他社と比較したところ、同じようなプランを提供しているゼウスWiFiより高いことが分かりました。 他のポケットは1日単位で料金が決まっていますが、限界突破WiFiとゼウスWiFiは数日単位の格安プランが用意されています。 端末の発送に時間がかかる 限界突破WiFiがおすすめできない3つ目の理由は、申し込んでから端末が発送されて自宅に届くまでに4日前後もかかってしまうことです。 ポケットWiFiによっては早ければ当日に端末を発送してくれるところも多いので、4日も待たないとネットが使えないのはデメリットの一つと言えるでしょう。 ポケットWiFi 発送時期 限界突破WiFi 4日前後 ゼウスWiFi 最短当日 ギガゴリWiFi 最短当日 よくばりWiFi 最短当日 THE WiFi 最短当日 限界突破WiFiは全国に80の店舗があるエックスモバイルが格安スマホと一緒に提供しているので、家の近くに店舗があって足を運べば当日中に受け取ることができます。 しかし、WEBから申し込むなら早めに端末が届いてくれた方が安心ですし、何より早くネット環境を整えたい人がほとんどだと思うので、最短当日発送のポケットWiFiを選ぶ方がおすすめです。 解約違約金が高い 限界突破WiFiがおすすめできない最後の理由は、途中解約したときの違約金が他社よりも高めに設定されていることです。 限界突破WiFiは2年以内に解約すると18,000円の高額な違約金が請求されてしまい、他のポケットWiFiの解約違約金よりも2倍近く負担が大きいので注意してください。 ポケットWiFi 1年目 2年目 3年目~ 限界突破WiFi 18,000円 18,000円 5,000円 Mugen WiFi 9,000円 5,000円 0円 ギガゴリWiFi 9,000円 9,000円 9,000円 THE WiFi 9,000円 5,000円 0円 ゼウスWiFi 9,500円 9,500円 9,500円 限界突破WiFiは2年契約なので利用開始から24ヶ月後、48ヶ月後など2年ごとの更新時期に解約すれば違約金は発生しませんが、途中解約する人の方が多いことを考えると、もしものために解約違約金が安いサービスを選ぶべきです。 さらに、Mugen WiFiやTHE WiFiなど2年後から契約の縛りがなくなるポケットWiFiもあり、解約時の違約金を気にしなくて済むのでおすすめです。 限界突破WiFiよりもおすすめなポケットWiFi ここまで限界突破WiFiの全デメリットをお伝えしてきたように、ポケットWiFiを選ぶうえでは「月額料金」や「ネット回線の安全性」が比較すべきポイントとなります。 なので、ポケットWiFiの中でも最安値の月額料金で利用でき、独自の端末を提供している「ゼウスWiFi」が1番おすすめです。 ゼウスWiFiが1番おすすめ ここからは、限界突破WiFiよりもゼウスWiFiをおすすすめする理由を詳しく紹介していきます。 月額料金が最安値 ゼウスWiFiは限界突破WiFiよりも月額料金が安く、全てのポケットWiFiの中でも最安値なので最もおすすめできるサービスです。 基本的には月額3,280円で限界突破WiFiより毎月220円しか安くなりませんが、現在では半年間の割引きキャンペーンを実施していて、利用開始から6ヶ月目まで2,980円の特別価格でお得に利用できます。 この金額差をどのように考えるかは皆さん次第ですが、サービス内容がほとんど変わらないのであれば、できるだけ月額料金が安いポケットWiFiを選ぶ方が良いでしょう。 独自の高性能な端末が使える ゼウスWiFiの大きな特徴は、何といっても他社にはない独自の端末を提供しているところです。 通信障害を起こした限界突破WiFiとどんなときもWiFiとは異なる端末になっていて、使っている回線設備も違うので通信障害が起きにくくて安心して利用することができます。 データ容量が完全に無制限と言われているポケットWiFiの端末は以下3つあり、それぞれ速度やスペックを比較しました。 ゼウス WiFi 限界突 破WiFi どんなと きもWiFi 端末 最大速度 150メガ 150メガ 150メガ 通信時間 10時間 15時間 12時間 接続台数 10台 8台 5台 このように、今までの端末と比べても速度とスペックは決して負けていない高性能な端末であり、液晶画面が付いていて操作しやすくデザイン性にも優れています。 限界突破WiFiで提供されている端末も珍しいものですが、Mugen WiFiに申し込めば同じ端末を選ぶことができるので独自の端末というわけではないので覚えておきましょう。 30日間お試しキャンペーンがお得 ゼウスWiFiでは、端末到着日から30日以内なら違約金0円で解約できる「ドバドバ体験キャンペーン」を実施しています。 なので、自宅で快適にネットが使えるか不安な人や、他社サービスを使っていて繋がらなくて困っている人はお試し感覚でゼウスWiFiを体験してみることが可能です。 もし自分には合わないと感じたら、キャンペーンを適用するための手続きは一切不要で、30日以内ならそのまま解約手続きするだけで9,500円の違約金が免除されます。 限界突破WiFiの場合は一度契約が成立してしまうと、2年後の更新時期まで待たないかぎり違約金は0円にならず、18,000円の高額な解約違約金が発生するのでリスクが高いです。 まとめ ここまでお話ししてきたように、限界突破WiFiの口コミや評判から4つのおすすめできない理由が見つかりました。 繋がらないという口コミが多数 2. 月額料金が最安値ではない 3. 端末の発送に時間がかかる 4. 解約時の違約金が高い この記事では、限界突破WiFiよりもおすすめできるポケットWiFiとしてゼウスWiFiを紹介しているので、ぜひ検討してみてください。

次の