は な かっぱ てるてる 坊主。 てるてる坊主の作り方は?逆さまにならない方法・つるし方から由来まで!

てるてる坊主の供養の仕方!捨ててはダメ?感謝の気持ちを込めよう!

は な かっぱ てるてる 坊主

みなさん、こんにちは。 安芸ん堂のひまごんです。 雨の季節ですね。 ひまごんの住む広島も、まさに梅雨真っ盛り。 中国地方の梅雨明けは、平年通りだと7月20日前後らしいので、まだまだ、あと1ヶ月は雨とお付き合いしないといけないみたいです。 1ヶ月かぁ……長いなぁ。 日本の四季は情緒があって良いものだけど、雨が続くと気分もどんよりしがちです。 そんな時には、ちょっとかわいい 「てるてる坊主」なんかをぶら下げて、梅雨の晴れ間を願いたいものです。 「てるてる坊主」について調べてみよう みなさんご存知の通り、晴れることを願って作られる、白いアレですね。 昔々は、「照る照る法師(てるてるぼうし)」と呼ばれていたのが「照る照る坊主(てるてるぼうず)」になったと言われていて、今でも地域によっては「てるてる法師」、「てれてれ坊主」、「日和坊主(ひよりぼうず)」など、様々な呼び名があるそうです。 逆さに吊るすと明日は雨になるといわれていて、こちらは「ふれふれ坊主」「あめあめ坊主」「るてるて坊主」などと呼ばれています。 ちなみにひまごんは子どもの頃から「てるてる坊主」と「るてるて坊主」と呼んでいました。 遠足の前の日などは、友達と「てるてる坊主」を作って教室の窓際にぶら下げたりしていましたね。 まぁ、大人になってからも時々作ってますけどね。 いつぞやはかめくんにも持たせました。 きっと誰もが聞いたことがあるフレーズですよね。 ひまごんも「てるてる坊主」を作っては、口ずさんでいました。 でも、これって 童謡『てるてる坊主』の一節なんですね。 ひまごんは知らなかったんですけど、当然続きがあります。 しかも 3番まで。 幻の歌詞があった!? ひとまず、「てるてる坊主 童謡」をキーワードにして検索です。 ポチッと。。。。。。 すると、 「恐ろしい」「怖すぎる」「残酷」などなど、童謡について検索したとは思えないワードが次々と出てきます。 その中でも、 「削除された1番の歌詞」というワードが気になります。 削除された? 1番は確か、 「てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ いつかの夢の空のよに 晴れたら金の鈴あげよ」だったはず。 削除されたというのは一体どんな歌詞なのか。 ふむふむ…どうやら削除されたのは 「てるてる坊主 てる坊主 あした天気にしておくれ もしも曇って泣いてたら 空をながめてみんな泣こう」 という歌詞のようです。 ・-・ ・・・ん? 「曇って泣いてたら〜」は問題の3番の歌詞なのでは? これが幻の1番だったってこと? どうしてこっちを削除したの? なぜ、より残酷な歌詞を残したの? 疑問はつのるばかりです。 そうとなれば調べるしかありません。 ポチッ、ポチッ、ポチッ……。 あちこちのページを開いては閉じ、開いては閉じ…。 どうやら、大体どこもこんな説明がされています。 どうしてこちらが削除され、「残酷な対応」のほうが残されたのでしょう。 一説には「首を切る」という表現には「虫をちぎるなど残酷な一面をもつ子供の特性」を表しているとも、「願望を通そうとする権力者の暴力」という意味が潜んでいるともいわれます。 けれど……「てるてる坊主」との関係で、「首をチョンと切る」ような力ある立場に、当時の子供がいたのでしょうか? 残虐な愉しみの入る余地など、あったのでしょうか? 天気予報が発達した現代でさえ、人間の力で雨を自在に降らせたり晴れにしたりはできません。 当時の子供は、本当に大事な日は「力をもつ」てるてる坊主に本 気でお願いしたでしょう。 思いつく最大限の褒賞が「金の鈴」や「あまいお酒」であり、最大限の脅し(罰)が「首を切る」だったのではないでしょうか。 「いちばんいいものあげるか首を切っちゃうかだよ!」と脅してでも晴れにしてほしかったにちがいありません。 そんなときに、「ダメな場合は一緒に泣こう」なんて計画はぜったい考えられないはず。 リアルな感情を追求したら、こちらが削除されて当然、そんな気がするのです。 もっとも、いまの教育界だったら「3番」のほうが幻になっていた可能性も大いにありますが……。 「権力者の暴力」って……。 そんな含みのある内容が童謡として歌われていたんですね。 ちょっと怖い。 歌詞だけじゃなくて、そんな裏側も怖い。 「てるてる坊主」の起源 気を取り直して、てるてる坊主の起源について調べてみましょう。 てるてる坊主は中国から伝わったそうです。 ただ、中国では「坊主」ではなく女の子だそうです。 白い紙の頭に、赤い紙の服を着せ、箒を持たせた「掃晴娘(サオチンニャン/そうせいじょう)」が、箒で雨雲を払い、晴れの気を呼んでくれるんですね。 調べてみると、ここにも悲しいお話がありました。 昔々、北京に美しくて賢い『晴娘』という娘がおりました。 ある年の6月、大雨が降り続いた北京は水で溢れかえり、人々は大変困っていました。 晴娘は「大雨が止みますように」と、天に向かって祈ります。 すると天から、「東海龍王の太子の妃になれ、さもなくば北京を水没させる」との声が聞こえてきたのです。 それを聞いた晴娘は、北京の人々のため、その命に従がいます。 すると、雨は止み、空は晴れ、その代わりに晴娘の姿は消えてしまいました。 それ以来、人々は雨が続くと、切り紙が得意だった『晴娘』を偲び、人の形をした切り紙「掃晴娘」をを門に掛け、晴れを祈るようになりました。 この「掃晴娘」が日本に伝わって、「てるてる坊主」になっていったんですね。 「てるてる坊主」の正しいお作法とは? 子どもたちが作った「てるてる坊主」。 色んな顔をした「てるてる坊主」たちが軒先に並んでいる、そんな風景を見ると心までほっこりしますよね。 ですが、てるてる坊主に顔を描いて吊るすのは 間違いって知っていましたか? もちろん、ひまごんは知りませんでした。 ひまごん調べによると、どうやら「てるてる坊主」は 顔を描き込まずに吊るすのが正しいようです。 じゃあ、いつ顔を描くの?と思いますよね。 それは、 祈りが通じて天気が晴れた時、なんです。 晴れたらお礼に顔を描いて、お神酒を供えて川に流します。 雨なら顔は描かずに処分するんだそうです。 なんだかちょっと可哀想。 ここでもやっぱり可哀想。 結局描きます! ここまで調べてきて、怖かったり、悲しかったり、可哀想だったり。 そんな「てるてる坊主」ですが、明日の晴れを願う気持ちは、子どもも大人もみんな同じ。 願う気持ちが同じなら、楽しく作ってあげたほうが「てるてる坊主」も頑張れると思うんですよね。 なので、これからもひまごんは顔を描いて吊るすことにします。 だって、のっぺらぼうの「てるてる坊主」が並んでたら、ちょっと怖いし……。 ともあれ、雨の続くこの季節、あのフレーズを口ずさみながら「てるてる坊主」を作ってみてはいかがでしょうか? 顔を描くか描かないかは、あなた次第ですけどね。

次の

ホントは怖い?「てるてる坊主」の真実とは?

は な かっぱ てるてる 坊主

てるてる坊主が逆さまにならない工夫は? てるてる坊主がまっすぐにならないのには、いくつか理由があるので、それをとりのぞきます。 2 てるてる坊主をつるすひもをうまくつける手順は? つるすひもの付け方は、 作る手順にコツがあるのでかんたんに説明します。 家の外でつるす場合 家の外だと、意外とつるすところがありませんが、太陽の日の光のあたる洗濯物ほしざおが一番でしょうか。 フックが回転する 吸盤フックなどがあれば、自由自在に吊り下げられるかもしれません。 残念ながら 100%晴れるとは限らないので…ぬれるとまずい場合は、屋根があるところか、家の中につるしましょう。 家の中でつるす場合 窓ぎわのカーテンレールは、すぐに思いつきますが、むすびつけてしまうと、 カーテンの開け閉めで意外とじゃまになる 失礼ながら… かもしれません。 S字フックなどでひっかけると、ぱっと移動できて便利ですよ! ふだん部屋干しをする人は、ピンチハンガーにかければ 洗濯バサミを使ってつるすこともできます。 てるてる坊主のモデルは女性? てるてる坊主のモデルって知っているでしょうか? かわいらしい一休さんのような小坊主をイメージしていましたが、そうでもないようです。 『晴れ』と引きかえに龍 りゅう に身をささげた女性 もともと、中国の人形 『掃晴娘』が、てるてる坊主のもとになったと言われています。 『雨雲をほうきで掃いて はいて 、晴れをもたらす娘 むすめ 』という意味ですね。 この掃晴娘のモデルになった女性は、連日の雨によって水害を受けていた村を救うべく、雨の神である龍の神に祈りをささげたところ、龍に身をささげれば晴れにしてもらえると言われ、それを受け入れたので、雨は止みました。 つまりは 『いけにえ』になったわけですね。 には、 In shape and construction they are essentially identical to ghost dolls, such as those made at Halloween. This talisman is supposed to have magical powers to bring good weather and to stop or prevent a rainy day. てるてる坊主のとくちょうは、 「雨を止ませたり晴れにしたりする『魔法』を持っている『お守り』」、さらに「形は ハロウインのゴースト人形ににている」とも書かれています。 外国に『てるてる坊主』はあるのか? もとの中国以外の国では、同じようなものは見当たらないようです。 他の国で、もしあることを知っている人がいたら教えてください。 そもそも 雨は、 食べ物となる作物を育てるのにはかかせないものです。 「雨をふらせてほしい」というねがいがこめられることは多いのですが、「晴れてほしい」とねがう文化はそんなに多くはないかもしれません。 雨が多く、川が急流で、昔から水害になやまされてきた日本ならではの風習といえるでしょう。 4.てるてる坊主のつるし方と処分は? ・南向きのお日さまの見えるところでつるす! ・吸盤やS字などのフックを使って、好きなところに! ・てるてる坊主も、ありがとうの気持ちでしっかり供養する。 5.てるてる坊主の由来は?歌詞にヒントが! ・てるてる坊主のモデルは『晴れ』と引きかえにいけにえになった女性だった。 ・てるてる坊主の歌にでてくる『晴れ』にできずに『首をチョンと切られる』坊主は、本当に首を切られてつるされていた? ・てるてる坊主のように『晴れ』を願うものは海外でもあまり例がない。 ・てるてる坊主は日本の天気や地形に合ったおまじないだった!.

次の

てるてる坊主

は な かっぱ てるてる 坊主

この習慣は、現在ではほぼ消滅しているらしいのですが、お年寄りは晴れてほしい時に空を箒ではく仕草を真似て願掛けをするそうです。 しかし、この掃晴娘が一体何者なのかまでは、全く考えたことがありませんでした。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ この掃晴娘のモデルになった娘は、北京に住んでいた晴娘という、賢くて美しい娘で切り絵が得意だったそう。 ある年の6月に大雨が続いて、北京の街は大洪水に見舞われていました。 そんな折、晴娘もほかの北京の住人のように天に向かって、雨が止むことを祈ったのです。 すると、「東海龍王の太子の妃になれ、さもなくば北京を水没させる」と天の声があったのです。 これは、北京の雨を止ませるために、自分の命を天にささげることを意味しています。 晴娘が「北京のためならば…」と意を決した時、大風とともに晴娘の姿は消えて、北京の空が晴れ上がりました。 のちに、北京の人々は晴娘をしのび、人の形をした切り絵を軒先に吊るすようになったと言われています。 箒は、雨雲を掃き散らすために持っているんですよ。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ この言い伝えに由来して誕生したと言われるてるてる坊主。 首吊りスタイルになったのは、古い日本でもあった生贄(いけにえ)の風習のイメージからではないかと言われています。 もうひとつ気になるのが、由来は娘であるのに、いつ坊主に変化してしまったのか。 これははっきりした理由がわからなく、「娘より坊主のほうがご利益をもたらしそう」だからじゃない?みたいなふわっとした理由なのかな・・と。 でも…もうひとつのてるてる坊主の由来を知ると、これが坊主になった理由なのだろうか…と思ってしまうんです。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 昔、雨が降り続く時期がありました。 はじめは、そんなこともあるだろうが、いつかは晴れるだろう。 と住民はただただ辛抱強く待っていました。 しかし、いつになっても雨は止まず、太陽は顔を出しません。 いよいよ住民もこの状況に困り果ててきました。 そんな時、住民は「お経を唱えれば、次の日は晴れる」ことで有名なお坊さんがいることを知ったのです。 その噂を耳にした、その土地のお殿様は、すぐにそのお坊さんを呼び寄せたのです。 そのお坊さんは、お殿様の前でお経を唱えて「これで明日は必ず晴れますよ」と言いました。 しかし…次の日も雨は降り続けてしまったのです。 お殿様の怒りを買ってしまったお坊さん。 嘘をついた罰として、首をはねられてしまいます。 お殿様は「おまじない」と称して、はねたお坊さんの首を布に包んで吊るしたのです。 すると、次の日は快晴になりました。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ かなり残酷なこの由来…。 しかし、てるてる坊主の首吊りスタイルと坊主と呼ばれる由来としては、ぴったりなんです。 てるてる坊主の頭の中身をピンポン玉で作ると綺麗にできるのですが、なんとなくこの話とリンクしてしまい、ピンポン玉を使うのはやめよう…と思ってしまいました。 怖いっ! This website uses cookies to improve your experience while you navigate through the website. Out of these cookies, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are essential for the working of basic functionalities of the website. We also use third-party cookies that help us analyze and understand how you use this website. These cookies will be stored in your browser only with your consent. You also have the option to opt-out of these cookies. But opting out of some of these cookies may have an effect on your browsing experience. Any cookies that may not be particularly necessary for the website to function and is used specifically to collect user personal data via analytics, ads, other embedded contents are termed as non-necessary cookies. It is mandatory to procure user consent prior to running these cookies on your website.

次の