マヤ占い相性。 マヤ暦とはどんな占い?20個の太陽の紋章の意味・相性占い

マヤ暦とはどんな占い?20個の太陽の紋章の意味・相性占い

マヤ占い相性

数秘術でも相性がわかるの? 一般的に、数秘術は相性を占うものではありません。 というのも、数秘術というのはその方の資質、本質的なもの、どんなものを持って生まれてきたか? 何が得意で、どんなものをギフトとして与えられてきたのか。 について占うことができるものになります。 また、その方の一生のリズム的なものを知ったり、今は自分にとってどんなエネルギーの年なのか? を知ることで、今何をすると良い方向に進んでいくのかを知ることができるのも数秘術です。 そんな中で、タロットカードで占う相性のようなもの、彼の気持ちは? などというものを導き出すことは、残念ながらできません。 でも、 お互いの持つ数字のエネルギーから、「なぜ彼と出会うことになったのか?」「前世での関係性」などについても知ることができます。 彼とはソウルメイトの関係なのか? なぜ彼と出会ってしまったのか? など、彼との絆について、知ることができるのが数秘術なのです。 彼と私はソウルメイト?簡単に自分で占う方法 それでは、彼との関係がソウルメイトの関係なのか? なぜ出会ってしまったのか? 必ず、 どんな出会いにも理由があります。 その出会った理由について、占ってみましょう。 まず、あなたの誕生数とお相手の誕生数を足して、一桁にしてみましょう。 は、こちらの記事を参照してみてください。 数秘術で占う彼との相性!診断結果 それでは、ここから彼との相性、なぜ彼と出会ってしまったのか?の診断結果をご紹介していきます。 あなたと彼の誕生数を足して、一桁になった数字の項目をチェックしていきましょう。 数秘術で出す相性数「1」 彼との相性数が1の場合、しっかりと役割分担をすること、お互いを思いやる心だったり、許す心が必要な相性になります。 二人で協力して何かを形にしていくことを始めると、良い関係になる相性です。 数秘術で出す相性数「2」 彼との相性数が2の場合、甘えや依存が出やすい関係になります。 親しき仲にも礼儀あり、ということを忘れずに、お互いの個性を認め合って、否定をしないで過ごしていくことで、良い関係になる相性です。 数秘術で出す相性数「3」 彼との相性数が3の場合、信頼できる関係になりやすい相性です。 お互い自由でありながら、一緒にいて気兼ねなく過ごすことができるとうまくいく関係なので、相手のことを詮索しすぎたり、束縛してるという場合は、やめるとうまくいくようになるでしょう。 数秘術で出す相性数「4」 彼との相性数が4の場合、一緒にいて安心できる関係になりやすい相性です。 相手の欠点だったり弱点を許すこと、受け入れることを学ぶことで、とっても良い相性になっていくでしょう。 数秘術で出す相性数「5」 彼との相性数が5の場合、一緒に様々な学びだったり、探求をしていく相性です。 お互いに二人を助け合うこと、深く理解し合うことにより、お互いの長所を生かしていくことができる相性になっていくでしょう。 数秘術で出す相性数「6」 彼との相性数が6の場合、本当の愛について学ぶ関係と言えます。 見返りを求めない無償の愛を実践することで、深い思いやりと愛で結ばれた関係になる相性といえるでしょう。 数秘術で出す相性数「7」 彼との相性数が7の場合、お互いの精神的向上のために出会った関係と言えます。 心を開き、本音を語り合うこと、心からの交流ができるようになることで、とても良い相性といえるでしょう。 数秘術で出す相性数「8」 彼との相性数が8の場合、お互いに素直になれずに喧嘩ばかりしているような相性になることもあるかもしれません。 そうかと思えば、強く惹かれあったり。 相手との調和を図れるようになることで、どんな困難も乗り越えていける相性となるでしょう。 数秘術で出す相性数「9」 彼との相性数が9の場合、前世で夫婦や家族であった関係である可能性が高いと言えます。 そのため、どうしてもわがままを言いすぎてしまったりすることもあります。 寛容にあるがままを受け入れることができるようになると、最高の相性となっていくでしょう。 いかがでしたでしょうか? 以上が、数秘術で読み解く二人の相性になります。 これを読み、ピンとくるものがあれば彼とあなたはソウルメイトの関係です。 そもそも、今出会ってる方で深くお付き合いしてる方というのは、基本的にみんなソウルメイトなのです。 そして、二人の間に何らかの解決すべき問題がある関係なのです。 ぜひ、二人の関係を良くしていくために、役立ててみてください。 今大変話題のライントーク占いでも、数秘術の鑑定を受けることができます。 初回は何と以下より無料で10分利用できますので、今すぐチェックされてみてください。

次の

マヤ暦で相性占いをする方法!この世に「相性が悪い関係」なんてない!?

マヤ占い相性

徹底検証!話題のマヤ歴占いってどんなもの? 占い好きの間では、評判がグンと高くなってきている「マヤ歴占い」。 でも一体どんなものなのでしょうか? マヤ歴とは、今から4、5千年前にメキシコ・グァテマラ周辺で繁栄した文明に生きたマヤの先住民たちが使っていた暦(こよみ)のことです。 彼らは当時しては最高のテクノロジーを持っていて、正確な天体観測を行い、精密な暦を作り上げていました。 彼らが使い分けていた暦はなんと17種類もあるとか。 特に、1周期を260日とする「ツォルキン(神聖暦)」と呼ばれるカレンダーは、古代マヤの神官が使用していたとても神聖な暦とされています。 そんな特別な暦をもとにした占いですので、なかなか理解するのが難しいと思われるかもしれませんが、今回は神秘に満ち溢れているマヤ歴を徹底検証してみましょう! 太陽の紋章の意味、ウェブスペルの意味、銀河の音の意味、黒kinと拡張kinの意味などを紹介します。 マヤ歴の世界に足を踏み入れると、もう抜け出せないくらいハマってしまうかも? 「KIN(キン)」ってなに? マヤ歴に触れると、必ず一つの言葉に出会います。 それが「KIN(キン)」という言葉です。 「KIN」とはマヤ語で「1日の単位」、「その人が生まれ持った星」を意味します。 マヤ暦占星術ではそれぞれが生まれ持った星のことを「KIN」で表現し、その人の運命や宿命など帰ることのできないもので「ソウルナンバー(魂の番号)」とも表現されています。 KINは自分が生まれる前に宇宙から刻印された自分だけのIDナンバーでもあります。 自分のKINナンバーは宇宙における自分の誕生日と言ってもいいでしょう。 それにより、自分が生まれた日のエネルギーに大きく支配されています。 KINナンバーを知ることは、自分の本当の特性や姿を知ることにも繋がります。 また未来の自分の姿や人生の自分の使命も知ることができるもので260のKINナンバーがあります。 KINナンバーは二つの紋章と一つの音で構成されています。 「黒kin」ってなに? KINナンバーを調べていると、さらに独特の言葉に出会うことがあります。 その一つは「黒KIN」ですが、これはKINナンバー1から260のうちの52個が黒KINと言われるものです。 この日に生まれた人は特にエネルギーが高く、良いことも悪いことも起こりやすく、周囲への影響が大きいと言われています。 なぜ、特別にエネルギーが強いかというと、黒KINの正式な名称は「銀河の活性化の正門が開いた日」と言われていて、文字通り宇宙の門が開くという特別な日なのです。 従って、いつもよりたくさん宇宙のエネルギーが降り注ぎます。 黒KINはエネ利ギーが強いので、振り幅が大きいことが起こったり、心が揺さぶられやすかったり、トラブルが起こりやすいこともあります。 宇宙と繋がりやすいので良いこともそうではないこともやってくるイメージです。 黒KINの日は疲れやすかったり、いつもより眠いということがあるでしょう。 「拡張KIN」ってなに? 「拡張KIN」とは260のKINナンバーのうち13個が該当します。 KIN番号10、38、57、76、95、114、133、152、171、190、209、228、247ですが、これは「拡大」を意味します。 物事を広げることが得意だったり、スタートアップすることが得意です。 物事を拡大していくことができる力を持っています。 良くも悪くも拡張や拡大するパワーがある日だったり、この日生まれの人はそのパワーを持っていると言ってもいいでしょう。 また「極性KIN」というものもあり、マヤ歴の中では16個しかなく、極めたことを世に広げるような働きをします。 特別は働きを持つKINナンバーには「黒KIN」、「拡張KIN」、「極性KIN」などの言葉が付いていると理解しておくといいでしょう。 太陽の紋章(宇宙の気神)の意味 太陽の紋章は20種類あり、「刻印」と呼ばれることもあります。 KIN番号から自分がどの紋章に対応するかを知ることができます。 太陽の紋章は自分の顕在意識を表すもので、自分の意思や考え方の特徴、判断したり決断したりする意識、あるいは人からどのように見られているかなどがこの紋章に示されています。 紋章には4つの色があり、「赤」は始まり、勢い、情熱などを意味し、起承転結でいうところの「起」、方角では「東」を意味します。 熱血でエネルギッシュな人が多いでしょう。 「白」は間引き、癒し、洗練されているという意味があり、起承転結の「承」、方角では北を意味します。 洗練されてスタイリッシュ、シンプルな暮らしを好む人が多いでしょう。 どんな色にも染まれるので人に合わせられる性格です。 「青」は展開やコミュニケーションを指し、起承転結の「転」、方角では西を意味します。 他者との関わりを求め、広く深い人間関係を作ることができます。 落ち着いた人のイメージが強いでしょう。 「黄」はまとめること、実りを意味し、起承転結の「結」で方角が南を司ります。 今までの実りを成熟させ、収穫する役割、まとめ役やリーダーをすることもあります。 好奇心旺盛が強く元気一杯なイメージです。 ウェイブスペルの意味 無意識に考えている潜在意識を表すものが「ウェイブスペル」で「WS」と表現されることもあります。 太陽の紋章よりもよりウェブスペルの方がより自分の本質を表していると言えます。 心の奥の衝動などを示し、自分の無意識、無事かくの部分で、このウェブスペルの力によって太陽の紋章が決められます。 銀河の音(音響)の意味 銀河の音は13種類あり、自分の誕生日(KINナンバー)から算出します。 太陽の紋章やウェイブスペルとも深い関わり合いを持っています。 マヤ暦では「音」は能力や得意分野、生き方などを表しているので、特性や自分が得意なことを知ることができます。 音色には共鳴するものとそうでないものがあり、相性などを知ることにも役立てられます。 マヤ暦は本当に奥深い占いで、パッと見するとなんだかむずかしくて避けてしまう傾向があるかもしれないけれど、ハマればハマるほど面白くなるものだと言えるわね! また慣れてくれば自分で相性などを診断したり、分析や解釈もできるようになるから、占いの奥深さを知ることもできるわ? まだ一般的にあまり知られていないからこそ、ちょっと勉強してお友達とか占って見るのもいいかもしれないわね。 怖いほど当たると言われるマヤ暦の的中率の高さ マヤ暦は怖いほど当たると言われているのですが、それには根拠があります。 かなり高度な科学などから分析されていること、自分では意識していないような本質的な部分にまで踏み込んでいることなどがあり、西洋占星術並みの高い的中率の高さを示しています。 古代から宇宙の動きをかなり正確に理解していたということがその的中率の高さと繋がっているのです。 このマヤ暦を使うことで、シンクロニシティ(共時性)で偶然を必然に起こしたり、引き寄せの力も強くなる可能性があると言われています。 エネルギーの波動を感じることにより、インスピレーションやスピリチュアルな力も強まるのがマヤ暦の特徴です。 ぜひ、この機会にマヤ暦占いを試してみてくださいね。

次の

【相性が悪いだなんて、とんでもない!】 絶対反対KINの奇跡

マヤ占い相性

人は、このマヤの20の刻印の中から「太陽の紋章」と「WS(ウェブスペル)」という役割を持って生まれてきます。 自然分娩でも、帝王切開でも変わらず、人は生まれるときに自分のバースデーkinを選んで生まれてくるのだと言われています。 そして、そのエネルギーによって活かされ、銀河の流れに乗って成長していきます。 ですので、自分のマヤ暦を見るときは誕生日で診断し、KINナンバーを探していきます。 生年月日が同じだと結果も同じなの?と聞かれることもありますが、基本的に結果は同じでも出てくる性質は人それぞれなので、通り一遍ではありません。 私の鑑定の場合、その方と対面でお会いして裏づけを取りながら修正していきますので、全く同じという方はいません。 マヤ暦って相性占いなの? 太陽の紋章は顕在意識として表に出やすく、分かりやすいもの。 WSは潜在意識なので、無意識下にあります。 人の脳はおよそ70%は使われず無意識状態にあるのですが、この潜在意識をうまく使うことで進化のスピードが早くなるのです。 潜在意識は人によってはなかなか見えづらい部分なのですが、今の表に出ている行動の大元となっているところ。 「この行動はここから来ているのか!」とハッと気づくカイノス時間という概念があるのがマヤのおもしろいところで、この気付きが多いほど魂が学び成長していくといわれています。 この気付きが宇宙とのシンクロを呼び、人と宇宙が繋がっていくのです。 よく聞かれるのは、マヤ暦は相性占いなの?という質問ですが、それは捉え方によってどちらにも取れます。 ただ、紋章同士ではサポートしたり刺激し合ったり、様々な関係性や方法があるので相性占いとして使いやすいツールであることは確かです。 とくに恋愛関係においては恋人と結ばれたい、とか仕事相手と上手に距離を取りたい、という願望があるので、そういった時に人を知る1つの指針としてマヤ暦は学びの智慧を授けてくれるので得るものは大きいのかなと思います。 あらゆる占星術の中でも、コミュニケーション術の一つとして非常に参考になるのがマヤ暦ナノではないかと思っています。 マヤ暦の面白いところは、周りとの関係性は全て学びであるという点です。 単純な善悪ではなく、お互いに活かし合うという関係性こそが大事であるとされています。 生年月日でわかること マヤ暦は生年月日からKINを調べます。 そのKINをもとに太陽の紋章とWSを算出して資質を見ていくのですが、他の占いと大きく違うのはマヤには「良い悪い」という概念がないことです。 例えば、マヤにはいくつかの相関関係がありますが、1つに太陽の紋章とWSとどちらも自分と反対のKINをもつ「絶対反対KIN」と呼ばれる関係性があります。 名前だけで見ると相性が悪いのかなと思ってしまいますがそうではありません。 逆に、マヤ暦で見た時に類似の関係性があるからと言って相性が良いというわけでもありません。 お互い居心地が良かったり、無意識に同じ行動をとっていたりとシンクロが起きやすいのですが、それぞれ音が違うように波長の合う合わないがあります。 また、神秘キンの関係があったとしても喧嘩が多いわけでもなく、同じ紋章を持っている人だとしてもお互いの進化するスピードは人それぞれ違います。 例えばマヤ暦で見たときに関係性がない相手でも、相手の両親や友人が自分にとって関係のある紋章を持っていたりします。 結婚相手を選ぶ時はマヤ暦の相性だけで判断しない これから一生を共にする結婚相手を選ぶ時、運命の人を選ぶ時にどこを見て決めますか? 恋愛関係がうまく行ってきた時、自然と結婚を意識しますが最終的に決め手になるのは男女ともに少し違うそうですが、 ・女性が男性に求める決め手として職業、将来性、相性 ・男性が女性に求める決め手として価値観、性格、趣味 なのだそうです。 そして最近の傾向としては、恋愛関係になる前に、まず相手が気になったら事前に占うことで相性結果が予測でき、より良い人と付き合う。 という調査結果があるそうです。 失敗したくない、傷つきたくないという思いがあるのでしょうか。 単なる相性で決めないこと マヤ暦はじめ、占いで相性がよかったら恋人との恋愛も上手くいくのではないか?と思いますよね。 確かに、統計学的にはもともと持っている気質との相性においてはうまくいく確率は高いかもしれませんが、大事なのはそこではありません。 誰にも得意不得意があって、良いときもあれば悪いときもあります。 そこをどうやって二人でクリアしていくのかが楽しさでもあり苦しさなのではないでしょうか? 毎日アップダウンするその波を一緒に励ましあって超えていけるのか。 占うだけでなく、相性うんぬんではなく、そこが一番のポイントなのではないでしょうか。 結婚式の誓いの言葉には、 「病めるときも健やかなるときも 富めるときも貧しきときも」 というフレーズがありますよね。 いいときばかりでなく、落ち込んだ時やうまくいかないときにこそ一緒にいられる人が結婚相手だと思うのです。 命が尽きる時に「ありがとう」と感謝出来る人生を生きられるように、並走して、時には励まし反発しあいながらもお互いを高めあっていける運命の人。 そんな人がそばに居てくれたら、人生はさらに豊かになっていくのでしょう。 人と関わり在り方を学ぶ マヤ暦は普通の相性占いと違い、相手からどんな学びがあるのかを事前に予測することが出来ます。 なにかが起こった時、どうしても自分のフィルターを通して判断してしまいますが、主観を一度外して真実を見るということは非常に大切です。 相手がどうしてその行動をとったのか?何を考えていたのか?は相手にしかわかりません。 自分と意見がすれ違うなら、私はこう思った、こう感じたという事を伝えていいと思いますし、そうやってお互い理解して育てていくのがパートナーだと思います。 結婚してからもうまくいくかどうかや恋愛がうまくいくかなど占いの相性だけではなく、どれだけお互い思いやりを持てるのかが重要なのです。 普段は喧嘩をしていても、いざという時頼れたり、自分が見えていないことを指摘してくれたりする結婚相手もいます。 自分と同じところが見えていることが最善とは限りません。 意外にも、見えないところを見てくれている存在は貴重です。 小さい時は両親が後ろから見守っていてくれましたが、大人になるとそういった存在も少なくなります。 マヤ暦でみたときに「あの人とは関係性がないから自分には関係ないんだ。 相性が悪いんだな」と思わず、出会った縁を大切にしていきましょう。 運勢などについては無料でも鑑定できるサイトなどもありますし、気になる方は私にご連絡いただければ簡単なものであればご返答できますのでお気軽にお問い合わせください。

次の