進撃 の 巨人 イェレナ。 進撃の巨人 126話 ネタバレ・感想☆エレンを止めるために。。。

【110話の考察】イェレナはクルーガー?

進撃 の 巨人 イェレナ

エレン、反乱 ラカゴ村の出来事 ジークがラカゴ村襲撃時の様子をリヴァイに説明します。 ちなみにこの内容、何度も説明していますが、ジークはリヴァイに何度も説明させられています。 そのガスを少しでも吸うと「ユミルの民」は巨人の力の送り先となる座標が刻み込まれてしまうそうで、その後はジークの命令に従って、巨人の力が座標に送りこまれてしまうそうです。 ジークはそんな事よりエレンと会っていつ実験をするのかを気にしていますが、いつ実験ができるかは不明のようです。 というより、イェレナがピクシスから尋問されている感じですが、イェレナはあっさりとエレンと密会していた事を告白します。 しかしイェレナの反応から、ジークの信奉者のイェレナは、エレンも同じように神格化しているようにさえ見えます。 ピクシスはそれでもまだ疑っているようで、エレンと交わした会話の全てを話すように言い、イェレナへの尋問はまだ続きます。 今さら、ジークを疑う事、この三年間全員で鉄道を施設して島の発展に尽くしてきた結果が、人質という事が納得いきません。 ハンジは平謝りでオニャンコポンにもう少しの間耐えて欲しいと言います。 しかしイェレナがそんなことをするわけ無いとまではイェレナを擁護はしません。 しかしそこまで冷徹なイェレナが何故か、島ではマーレ兵の人権を譲らず政権に反発してまで、マーレ人を守っていた事にハンジは引っかかります。 アルミンはアニに接触する事によって、巨人の記憶、アニの記憶を手に入れ、入内な情報が手に入らないかと触ろうとしました。 ヒッチに「お客さん その子はお障り厳禁なんだけど」と止められてしまいますが。 過激化する民衆。 理由は義勇兵(イェレナ)とエレンとの密会が明らかになった事だそうです。 エレンはこの密会が明らかになってから黙秘したままになっているのも関係していそうです。 エレンの危機の可能性を聞かされて、ミカサは早速行動に移ろうとしザックレー総統の部屋の会話を盗み聞きしようとします。 しかし、直後ミカサは直感的に危機を感じます。 直後ザックレー総統の部屋が爆発します。 アルミンはザックレー総統から新兵がザックレー総統の部屋を訪れていて、それが調査兵団の人間だったと報告します。 どうも調査兵団内部に犯人がいるようです。 エレンの目的は、ジークの居場所の特定です。 一致団結していたかのようでしたが、調査兵団は民衆の支持を失い、内部に造反者も出てしまいかなり分が悪いです。 そのうえ、ピークが街に潜入していてこの先どうなるでしょうか。 次回、ファルコとガビに進展が、そしてジークのもう一つの罠が判明します。

次の

【進撃の巨人】126話時点 イェレナの謎とフロックのこれからを考察

進撃 の 巨人 イェレナ

実際の描写じゃありません。 ですが。 推理描写であっても、そこに作者の何らかの狙いが表れているんじゃないかと私は思うわけです。 しかし私は、結構な確率でエレンだと考察しています。 なぜか。 その理由を具体的に書いていきたいと思います。 ポケットに手を入れるクセ イェレナはどうも手を後ろにまわすクセがあるようです。 ローグの推理シーンの後ろ姿の人物は、ポケットに手を入れているワケです。 そして 後ろに手をまわす派と思われるイェレナの、ポケットに手を入れているシーンは見つからないワケです。 作者が意図的にやってらっしゃるのではないかと、私は思うワケです。 もっとたくさんあると思い込んでいたので、ちょっと先走ってしまったかもしれません。 エレンがポケットに手を入れてるシーンは結構ありますよ。 17巻の表紙や27巻でピクシスとイェレナが話してる時のエレンの描写もそうです。 最近は特にポケットに手を入れてる描写が目立ちますね。 確認したところ、仰るとおりでした。 くろさん、教えてくださいまして誠にありがとうございました。 幸いにして? 根拠として次に挙げたいのは、最新116話のイェレナのセリフ。 なかなか妊娠できないという状況もあり得たでしょうから。 ですがこのときのイェレナは、104期の面々に自分たちの手の内を明かしている最中です。 もしイェレナがヒストリアに助言していたとしたら、正直にそう言うのではないでしょうか。 なので この「幸いにして」は、「自分(イェレナ)たちが何もけしかけなくても、幸運なことにヒストリアが勝手に妊娠してくれた」という意なのではと私は思います。 と書いてみましたが、この根拠はまだちょっと無理があるかな。。 まあ恐縮なのですが、薄いながらも根拠の1つとして書いておきたいと思います。 鋭いキャラはヨミを外さない 以前ブログにくださったコメントの中で「あー確かに!」と唸るものがありました (どなたのコメントなのかを失念してしまいました。 もし「私だ」という方がいたら、ぜひ教えてください)。 だからそれがしっかりした伏線になって、物語を面白くする要素の1つになっている」 すみません。 もしかすると私の記憶の中で改竄されているかもしれませんが、こんな主旨のコメントだったと思います。 あと全て検証したわけではないので、「いやいや、そんなことないよ。 キレるキャラもヨミを外しているよ」という方がいらっしゃれば逆にぜひ教えていただきたいのですが、少なくとも私の印象としてはそのとおりと感じたワケです。 その点からすると、 ハンジはもちろん鋭いキャラの1人なワケです。 そんな ハンジが、確信していたこと。 頭のキレない設定のコニーの確信が、全て外れるとは限りませんしね。 しかし最新116話で、ハンジ同様 鋭いキャラのジャンがエレンの真意を勘ぐりだしているワケです。 青年を利用しなければいけないためだったのではないか。 あるいは、エレンとの濃い接触によって呼び起こされた記憶によってではないかと私は思うワケです。 しかし エレンの真意は安楽死計画とは別にあるため、作者は最終コマ候補に「お前は自由だ」を挙げている。 「情熱大陸」より もっとも現状では、ヒストリアと密会したのがイェレナであっても、不自然ではない流れにはなっています。 しかし私は本記事で述べた理由により、ヒストリアと密会したのはエレンだと考察している次第です。 edonopoh.

次の

【進撃の巨人】128話 裏切り者 感想と考察 後編

進撃 の 巨人 イェレナ

実際の描写じゃありません。 ですが。 推理描写であっても、そこに作者の何らかの狙いが表れているんじゃないかと私は思うわけです。 しかし私は、結構な確率でエレンだと考察しています。 なぜか。 その理由を具体的に書いていきたいと思います。 ポケットに手を入れるクセ イェレナはどうも手を後ろにまわすクセがあるようです。 ローグの推理シーンの後ろ姿の人物は、ポケットに手を入れているワケです。 そして 後ろに手をまわす派と思われるイェレナの、ポケットに手を入れているシーンは見つからないワケです。 作者が意図的にやってらっしゃるのではないかと、私は思うワケです。 もっとたくさんあると思い込んでいたので、ちょっと先走ってしまったかもしれません。 エレンがポケットに手を入れてるシーンは結構ありますよ。 17巻の表紙や27巻でピクシスとイェレナが話してる時のエレンの描写もそうです。 最近は特にポケットに手を入れてる描写が目立ちますね。 確認したところ、仰るとおりでした。 くろさん、教えてくださいまして誠にありがとうございました。 幸いにして? 根拠として次に挙げたいのは、最新116話のイェレナのセリフ。 なかなか妊娠できないという状況もあり得たでしょうから。 ですがこのときのイェレナは、104期の面々に自分たちの手の内を明かしている最中です。 もしイェレナがヒストリアに助言していたとしたら、正直にそう言うのではないでしょうか。 なので この「幸いにして」は、「自分(イェレナ)たちが何もけしかけなくても、幸運なことにヒストリアが勝手に妊娠してくれた」という意なのではと私は思います。 と書いてみましたが、この根拠はまだちょっと無理があるかな。。 まあ恐縮なのですが、薄いながらも根拠の1つとして書いておきたいと思います。 鋭いキャラはヨミを外さない 以前ブログにくださったコメントの中で「あー確かに!」と唸るものがありました (どなたのコメントなのかを失念してしまいました。 もし「私だ」という方がいたら、ぜひ教えてください)。 だからそれがしっかりした伏線になって、物語を面白くする要素の1つになっている」 すみません。 もしかすると私の記憶の中で改竄されているかもしれませんが、こんな主旨のコメントだったと思います。 あと全て検証したわけではないので、「いやいや、そんなことないよ。 キレるキャラもヨミを外しているよ」という方がいらっしゃれば逆にぜひ教えていただきたいのですが、少なくとも私の印象としてはそのとおりと感じたワケです。 その点からすると、 ハンジはもちろん鋭いキャラの1人なワケです。 そんな ハンジが、確信していたこと。 頭のキレない設定のコニーの確信が、全て外れるとは限りませんしね。 しかし最新116話で、ハンジ同様 鋭いキャラのジャンがエレンの真意を勘ぐりだしているワケです。 青年を利用しなければいけないためだったのではないか。 あるいは、エレンとの濃い接触によって呼び起こされた記憶によってではないかと私は思うワケです。 しかし エレンの真意は安楽死計画とは別にあるため、作者は最終コマ候補に「お前は自由だ」を挙げている。 「情熱大陸」より もっとも現状では、ヒストリアと密会したのがイェレナであっても、不自然ではない流れにはなっています。 しかし私は本記事で述べた理由により、ヒストリアと密会したのはエレンだと考察している次第です。 edonopoh.

次の