ぎゆしの 考察。 長篠の戦い(設楽原の戦い)の解説と考察 戦跡・史跡・場所・写真・地図

考察の意味とは

ぎゆしの 考察

考察の意味とは 「考察を述べてください」 感想でもなく、所感でもない、と悩む人もいることだろう。 実際、それは考察じゃないという考察を書く人も多いです。 <考察の読み方> これは、 「こうさつ」 と読みます。 <考察の意味> これは、 「見た・調べた結果(事実)から、物事を明らかにするために深く考える」 という意味です。 わかりやすく言うと、 「事実から何がわかったのか?を十分に考えて示す」 となります。 「察して考える」という漢字の通り、 察したことを自分なりに考えることを意味します。 よって、察したことを書く「感想」や「所感」とは違うので注意です。 自分なりに考えたことということで、 自分の考え=結論という意味にもなります。 考察は責任重大なコメントなので、慎重にする必要があります。 自分の評価にも繋がるので、しっかりと考え抜いて論理的に説明しましょう。 ・先生の考察を信じて取り掛かろう。 ・観察結果のまとめとして、考察を書く。 以上、考察の意味でした。 -- 前: 次:.

次の

【鬼滅の刃】肆ノ型・打ち潮(しのかた・うちしお)の強さ考察、波打つような潮の斬撃!

ぎゆしの 考察

炭治郎・義勇・実弥。 痣を発現して生き残った者は、この先一体どうなってしまうのか? 今の状況を整理してみます。 義勇と実弥については、このままいけば予定通り、痣のデメリットにより亡くなってしまうでしょう。 痣のデメリットを克服する要素が、今のところないからです。 痣とは心拍数200以上、体温39度以上の状態で発現するもの。 この状態は通常であれば、命の危険もあるほどの状態。 黒死牟は痣のことを「寿命の前借り」と言っていました。 なので、痣の状態を長く続ければ続けるほど、寿命を縮めてしまうということになります。 義勇と実弥はこれに当てはまってしまい、すでに寿命をいくばか消費しているということになります。 義勇と実弥は21歳ですが、25歳まで生きられる保証はありません。 というより、どれくらい痣の状態を続ければ、何歳寿命が削られるのかという設定は不明なため、二人がどこまで生きられるのか、どこで死んでしまうのか、ハッキリとした数字は出せません。 22歳で死んでしまうかもしれないですし、25歳以上生きる可能性もあります。 痣が寿命の前借りなのであれば、使用頻度によって寿命が変わるからです。 このあたりの細かい設定については、今後追及されていくのか、それともあえて、あやふやな感じで進められていくのか。 今までの流れから見ると、後者のような気がします。 悲鳴嶼さんは25歳を超えて痣を発現しましたが、痣のデメリットで亡くなったのか、それとも戦いの負傷で亡くなったのか。 今はハッキリとわかっていません。 おそらく今後も、このあたりの追及はないような気がします。 なので義勇や実弥に関しても、何歳で亡くなるという話ではなく、どこかで静かに息を引き取る場面が描かれる、といったような感じになるのかなと… 205話完結なら尚更、最終回に痣の設定の解説をわざわざ詰め込んでくる、ということはないような気がします。 おしながき• 炭治郎 ここからは、炭治郎について考えてみます。 炭治郎は、義勇や実弥と違う部分が一つあります。 それは、呼吸法です。 縁壱と同じ、日の呼吸を使っているという事。 縁壱は痣のデメリットで死ななかった、例外であるという事。 この事から、日の呼吸を使う炭治郎もまた、痣のデメリットを克服できるのではないか。 そういった予想もできます。 ここについては諸説あり、縁壱は生まれつきの痣者だったため、元々痣に対する耐性があった、とも考えられます。 それに炭治郎は、縁壱ほどの呼吸法には届いていなさそうなので、縁壱ほど長生きはできないとも考えられます。 となると、思い出すのはあの人。 竈門炭十郎です。 炭十郎は、呼吸法とヒノカミ神楽を極めていた人物で、病気がちな体でありながら、極寒の中ヒノカミ神楽を一晩中踊るという、驚異的な能力をみせていました。 なんだか私は、炭治郎が炭十郎と同じ末路を辿るような、そんな気がしています。 私の以前の予想では、炭十郎は30歳~35歳のあたりで、亡くなったと考察しています。 炭治郎もまた、そのあたりの年齢で亡くなるのではないかと。 縁壱ほど長生きはできなくても、25歳以上は長生きできる。 そういった妄想です。 ヒノカミ神楽と耳飾りは、鬼がいなくなっても継承されていくと思います。 なので、炭治郎はカナヲと結婚し、子を6人持つ。 そして長男にヒノカミ神楽と耳飾りを渡し、35歳までで亡くなってしまう。 その時の炭治郎は、炭十郎そっくりの姿である。 こんな妄想いかがでしょうか。 まとめ的なもの 現状からまとめると、義勇と実弥は痣のデメリットで、死んでしまう可能性が高い。 炭治郎は、縁壱や炭十郎と同じ日の呼吸を使っていたため、少し長生きできそうな気がする。 私はこういった結論を出しておきます。 でもまだ、義勇や実弥が助かる可能性も、ないこともないような。 そのあたりはまた考えてみます。

次の

感想と考察の違いはなんですか?違いがよくわかりません。

ぎゆしの 考察

実験レポート考察の書き方:物理学解体新書 物理学 解体新書• 考察の書き方 > >>考察 考察の書き方のコツ 最も苦戦するのが考察だ。 「何を書いたらいいのか分からない」という人も多い。 ここで紹介する3つのコツで考えれば、容易に考察が書けるはずだ。 コツは次の三つである。 実験の誤差要因 実験で得た値が理論値から大きく外れていたら、測定ミス・実験ミスがあったことになる。 理論値の通りだったら、測定ミス・実験ミスはなかったと判断できる。 ミスがあっても、なくてもそれぞれの観点で論じればいいのだ。 実験値が精度内に収まれば、「誤差要因を抑え込むことができた」とし、 実験値が精度から外れれば、「これら要因を抑え込むことができなかった」とすればいい。 グラフの形状 グラフの形状を見て理論値との差を考察する方法がある。 実験結果のグラフには次のようなケースがある。 理論通りになったグラフ• 一部が理論から外れたグラフ• 理論値に対し上下方向にずれたグラフ• 理論値に対し傾いたグラフ グラフも実験の誤差要因と関連して考察すればいい。 グラフが理論通りであれば、「誤差要因を抑え込むことができた」とし、 グラフが理論から外れれば、「これら要因を抑え込むことができなかった」とすればいいのだ。 実験の発展案 実験には目的があり、その目的を達成するための手段が実験である。 目的を達成するためには、別の実験であってもいいはずだ。 そこで、代替案を考察する。 ただし、がまともに考察されていないのに、代替案はあり得ない。 実験の実験の誤差要因をキチンと論じておいて、余裕があれば発展案を考察する。 例えば、「今回はボルダの振り子を用いてを測定したが、代替実験として斜面を利用した測定方法も考えられる。 ことなる二つの実験を併用することで精度をさらに確認することが可能になる。 具体的には・・・・」 のように書けばいい。

次の