ジュノンボーイ 俳優。 「ジュノンボーイ」出身芸能人の明暗。武田真治、原田龍二、ディーン…

ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト

ジュノンボーイ 俳優

「 撮影はとにかく緊張しました。 ジュノンボーイのときと比べてですか? 言いにくいのですが、断然、朝ドラです(笑)。 コンテストのときは、わりと緊張よりも楽しさのほうが勝っていたんです。 でも、『エール』は決まったときからずっと緊張とプレッシャーがあって。 甘いマスクでこれからの活躍が期待される彼が、連続テレビ小説『エール』で俳優デビューする。 主人公の裕一(窪田正孝)が所属する『コロンブスレコード』の新人歌手オーディションに参加する。 同じく応募してきた久志(山崎育三郎)らとひとつの合格枠をめぐり火花を散らすライバルだ。 「歌うのは昔から好きで、中学時代はバンドをやったり、高校では軽音部でギターを弾いて歌っていました。 ただ今回、『東京ラプソディ』という曲を歌わせていただいたんですが、すごく難しかったです。 昔の曲自体、あまり聴いたことなかったですし、リズムや歌い方とかがいまの曲とは違うんです。 なので、楽譜をいただいてから1か月くらい、ほかの音楽は一切聴かずひたすら練習しました。 まだ完成した映像は見ていないので、オンエアが今からドキドキです(笑)」 現場ではこんなエピソードも。 そのひと言で緊張がほぐれました。 あと、窪田さんもジュノンボーイを受けられたことがあるそうで、その話題で盛り上がりました。 ただ、あまりみなさんとお話しできていないのが後悔というか。 次は、頑張って話しかけたいと思います」.

次の

ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト

ジュノンボーイ 俳優

解説 [ ] 参加資格は、13歳から22歳の芸能事務所等に所属していない男性。 JUNON公式携帯サイト「PLATINUM JUNON」にて、2次審査不合格者の中から敗者復活の人気投票も行われる。 最終審査は、観客や過去の受賞者などの芸能人ゲスト、芸能プロダクションなどを迎え大々的に行われる。 観客の中には審査の段階でファンになった女性たちもおり、黄色い歓声が聞こえる中で候補者たちは特技披露をし自己アピールをする。 賞は「グランプリ」・「準グランプリ」・「フォトジェニック(読者投票1位)」・「審査員特別賞」。 受賞者のほとんどはと契約しデビューする。 近年、特にグランプリ受賞者には多くのプロダクションからオファーがあり、第19回グランプリのには40社から、第21回グランプリのには36社からのオファーがあった。 このコンテストのファイナリスト以上の俳優は「 ジュノンボーイ」と呼ばれることがある。 これまでこのコンテストから多くの現在活躍している俳優が輩出されている。 またグランプリのを始めとして、この年の受賞者などから4人グループが結成され歌手デビューしている。 現在のもに審査員特別賞を受賞している。 また、出身者の多くがやといった特撮ヒーロー番組に出演している。 2004年から2006年まで志望の「ロックボーイ」部門が設立されていた。 参加資格は15歳から23歳(中学生不可)の芸能事務所、レコード会社に所属していない男性。 審査員長は。 第22回のコンテストから公式携帯サイトからの投票による敗者復活制度が導入され、第30回グランプリの綱啓永は史上初となる敗者復活からのグランプリ獲得となった。 「」賞• 「近江兄弟社」賞• 「阿修羅」賞• 「バップ」賞• 「黒騎士と白の魔王」賞• 「サムライボーイ」賞• ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ [ ] 詳細は「」を参照 2015年、音楽ユニット「 ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ」が始動。 2014年と2015年の同コンテストでベスト100に入ったが、ファイナリストに選ばれなかった24人がメンバーに選ばれた。 2015年の第28回コンテストの最終選考会でお披露目となった。 その後第31回まで毎年、その年のベスト100から新メンバーが加わり、最終選考会でお披露目されている。 脚注 [ ]• - (2006. 17 12:40)• - (2014. 25 15:40)• 2006年12月4日. の2012年12月19日時点におけるアーカイブ。 2018年11月28日閲覧。 2007年11月19日. 2018年11月28日閲覧。 2010年11月23日. 2018年11月28日閲覧。 2011年11月27日. 2018年11月28日閲覧。 2012年11月25日. 2018年11月28日閲覧。 2013年11月24日. 2018年11月28日閲覧。 2014年11月23日. 2018年11月28日閲覧。 2015年11月23日. 2018年11月28日閲覧。 2016年11月27日. 2018年11月28日閲覧。 2017年11月26日. 2018年11月28日閲覧。 2018年11月25日. 2018年11月28日閲覧。 2015年11月24日. 2015年11月24日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

ジュノンボーイ・坪根悠仁、『エール』で俳優デビュー 窪田正孝のレコード会社の新人歌手役

ジュノンボーイ 俳優

NHK連続テレビ小説「エール」が、第13週「スター発掘オーディション!」に突入。 オムニバス形式でそれぞれのキャラクターにスポットをあてた第12週から、再びドラマ本編へ戻り、東京へと戻った古山裕一(窪田正孝さん)と音(二階堂ふみさん)のその後が描かれています。 裕一の幼なじみ、佐藤久志(山崎育三郎さん)が、「コロンブス専属新人歌手」オーディションで歌手デビューを志すストーリーが描かれていますが、6月25日の放送の第64回では、久志のライバルとして、「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で「フォトジェニック賞」と「明色美顔ボーイ賞」をW受賞した坪根悠仁(つぼねゆうと)さんが寅田熊次郎役で出演。 朝ドラで俳優としてのスタートラインを切りました。 これまで、菅田将暉さんをはじめ、渡部秀さん、白石隼也さんなど特撮シリーズでの俳優デビューが多いジュノンボーイが、朝ドラでデビューを果たすのは初。 ほぼ演技経験がないという坪根さんにとって大きな第一歩となりましたが、出演が決定した際には、喜びやプレッシャーなどさまざまな思いが交錯したとのこと。 その頃は見てもまだ難しかった所もあったのですが、僕はおばあちゃんっ子だったので、祖母と一緒に見るのが好きでした。 それで僕の出演が決定したその日に電話で伝えたら、「そうね、そうね~。 絶対見るね~」って笑って喜んでくれましたね。 親孝行やおばあちゃん孝行の一歩をようやく踏み出せたかなと思います。 坪根: そうなんです。 2019年4月にエイベックスへ所属したことをきっかけに上京してきたのですが、ありがたいことにそのタイミングで「エール」出演オーディションを受けさせていただきました。 ほぼ初めてのオーディションだったので、何を言ったらいいのかも分からない状態で、自己PRとせりふの読み合わせをしたのですが、正直受かる自信がありませんでした。 本当に何も分からなさすぎて、手応えがあったのかどうかさえも考える余裕がない状態でした。 その後、正式に出演が決まったのは12月後半か1月ごろ。 それから台本をいただいて。 僕にとって初めての台本で。 感動と言いますか、うれしさが込み上げてきて。 多分ずっとにやけてたと思います。 家に帰ってもずっと眺めてました。 「わ~! 台本だ~~!」って。 後日、ジュノンボーイから朝ドラデビューした俳優は僕が初だと聞いて、うれしさもあったのですが、プレッシャーをものすごく感じました。 ドラマの撮影自体したことがなくて、有名な俳優さんと一緒に演技をさせていただく機会もなかったので、ちゃんとできるのか、と不安な思いもありました。 でも、一番強く感じたのは、芸能界に入ったばかりで演技経験もなく、オーディションで何をしたらいいのかも分からない僕が、朝ドラでデビューさせていただけるということへの感謝の気持ちです。 しかも、音楽とものすごく関わりが深い作品に出演させていただけるとのことで、運命的なものを感じました。 坪根さんが演じたキャラクターについて教えてください。 坪根: 僕が演じたのは、窪田正孝さん演じる裕一が契約しているレコード会社「コロンブスレコード」のオーディションに参加する新人歌手です。 台本を読ませていただいたときに、すごく性格が悪いキャラクターだなと感じました(笑)。 何事にも失敗を恐れない自信に満ちあふれている人物ですが、少し上から目線というか、ちょっと調子に乗っているタイプだなと。

次の