六 星 占 術 土星 人 プラス 2020。 【六星占術】火星人プラス(+)の性格

天王星人マイナスの特徴と他星人との相性【六星占術】

六 星 占 術 土星 人 プラス 2020

スポンサード リンク 土星人+:2020年(2021年の運勢も同じ)• 1月:緑生:運気上昇• 2:立花:重要な時期• 3:健弱:小殺界:健康に注意• 4:達成:目標達成• 5:乱気:中殺界• 6:再会:充電期間• 7:財成:金運上昇• 8:安定:充実感• 9: 陰影:大殺界の初め• 10: 停止:大殺界・八方塞がり• 11: 減退:大殺界の終わり• 12:種子:運気回復 今後の運勢• 2011年:健弱• 2012年:達成• 2014年:再会• 2015年:財成• 2016年:安定• 2017年: 陰影• 2018年: 停止• 2019年: 減退• 2020年:種子• 2021年:緑生• 2022年:立花.

次の

木星人プラス2020年運勢【細木数子の六星占術】

六 星 占 術 土星 人 プラス 2020

霊合星人・火星人 - の総合運 2020年の霊合星人・火星人 - は、現在身近にあるものを大切にしたい1年となります。 2020年は不安定な周期に入るため、変化を求めて動くとあまり良い方向へは向かいません。 良くなることを期待して安易に行動すれば、かえって痛い目に遭うことも。 今手元にあるものがベストなのだと信じることで、より良い環境を作っていけるでしょう。 転職や引っ越しには向いていない時期です。 一度自分の心を振り返り、現状に不満があるのか熟考しましょう。 希望にばかり目を向けていると、近くにある小さな幸せを見逃してしまいますよ。 気分を一新させたいなら、疎遠になっている友人知人と会う約束を。 昔話に花が咲き、古き良きものを思い出せます。 良い風を呼び込んでくれるでしょう。 霊合星人・火星人 - の金運 2020年の金運は悪くありませんが、新規購入はできるだけ控えたい時期です。 収入は安定していますが、新しいものばかり買っていると、金運はみるみるうちに下がってしまいそう。 もし以前から使っているものがあるのならば、修繕をして長く使える努力を。 無駄な支出が減り、懐がより一層温まるのを感じるはず。 特に常に持ち歩く財布は、買い替えを控えましょう。 今の手元のものこそ、今のあなたに幸運を連れてきますよ。 しかし手持ちのもの達が古くなって、どうしても耐えられないのであれば、デザインを女性らしいもので選ぶと吉となります。 あなたの魅力と金運の向上に一役買ってくれるでしょう。 白やピンクなど、淡い色のものがおすすめです。 霊合星人・火星人 - の仕事運 2020年は仕事で今のまま突き進んで吉となります。 2020年以前に選んだ道は悪くないようです。 そのまま着実に歩いていけば、明るい道が開けていきますよ。 しかし今の道に不満を抱え込んでいる人は、少々我慢が必要となるでしょう。 仕事運自体は悪くないので、実直に頑張れば周囲に認められていきます。 辛い時も今だけと信じ、一歩一歩進んでいきましょう。 仕事で苦しい時には、ストレッチなどで体を柔軟にほぐしましょう。 リラックス効果があなたを良い判断へと導いてくれます。 休憩中や仕事の合間など、短時間でも十分な効果が現れるはず。 家でゆっくり行うなら、好きなアロマを炊きながらがベスト。 疲れを癒し、体力と精神力の回復を早めます。 霊合星人・火星人 - の恋愛運 2020年は恋愛面での控えめな行動が、あなたを幸運へと導きます。 出会いを求めているなら、あまり我先にと頑張らないほうがベター。 そんなあなたを気に入ってくれる人が現れます。 恋愛により良い運を呼び込みたい時は、思い出の場所に足を伸ばしましょう。 古い縁が強くなる時期なので、良い人に巡り合えます。 同窓会や過去のバイト先の集まりがあった際には、面倒に感じても積極的に参加を。 意外な出会いが、あなたを喜ばせてくれるはずです。 すでに恋人がいる人は、関係をキープする努力をしましょう。 もっと良い人がいるかも…と浮気心を芽生えさせても、良い結果は待っていません。 目の前にある幸せを大切にし、本当の愛に気付くことが必要です。 霊合星人・火星人 - の新しい出会い もともと「人であっても物であっても、今自分のそばにあるものを大切にしたい」と考えることが多い霊合星人・火星人 - のあなた。 長年大切にできるものがあり、大切に付き合える人が身近にいるということはとてもすばらしいことです。 ただ、どんな状況であっても、特定の人とだけ仲良くしていればそれでOK、ということばかりではありません。 2020年、あなたは新しい出会いによってそのことを実感できるでしょう。 2020年、あなたは、あなたに対して反発してくる人にも出会うようです。 ただ、あなたが嫌いで反発しているわけではないようです。 「なぜ反発してくるか」を考えることが、あなたの成長と刺激につながり、結果、あなたはより豊かな人間になれるようです。 霊合星人・火星人 - の片思い成就運 あなたは片思いをしているあの人が、他の人と仲良くしているのを見るととっても苦しくなりますよね。 そして、無意識のうちに、あの人と仲良くしている相手に嫉妬したり、ライバル心を抱いてしまったりするはずです。 ただ、あなたは2020年、そのような嫉妬心やライバル心を通じて自分磨きにいそしむようになるでしょう。 嫉妬心やライバル心、というとネガティブなものとして捉えられがちですが、2020年のあなたにとっては片思いの心を奮い立たせるようなポジティブなものとして作用しそうです。 自分磨きを頑張った結果、あの人の心をぐいぐいと引き寄せることもできるようです。 霊合星人・火星人 - の結婚運 霊合星人・火星人 - のあなたはきちんと現実に目を向けることができるので、「結婚=甘くて楽しい生活ばかりがあるわけじゃない」ということをしっかりとわかっていますね。 ただ、それゆえに結婚すること自体が面倒になり、そうするといつのまにか恋愛も面倒だと感じてしまうことが多いのではないでしょうか。 ですが、2020年のあなたはどうやら例年と様子が違うようです。 ひょんなきっかけから「結婚って悪くないかも。 むしろ、いいものかもしれない」という気持ちが芽生えます。 行動力のあるあなたは、ひとたびそう感じたらフットワークも軽くなります。 2020年は結婚に向けて具体的に開始することにより、予想以上に早くゴールインできるようですよ。 霊合星人・火星人 - の復縁成就運 仲良しカップルだったあの人とあなたが2020年に復縁できる可能性は、90%とかなりの高確率でヨリを戻すことができるようです。 ただ、あの人に想いを寄せる人は何もあなただけではありません。 ですので、慎重な行動をとる必要があります。 そのため、復縁計画を誰にも話さずに実行していくことがポイントになるでしょう。 「悩み相談」と称して同性に相談しないようにしましょう。 なぜなら、あなたが相談した同性が、実はあの人を狙っていた、ということもありえるからです。 2020年のあなたは、相当直感が高まっています。 ですので、悩んだ時は自分の心に問いかけ、答えを出すとよい結果が生み出されるでしょう。

次の

【六星占術】火星人プラス(+)の性格

六 星 占 術 土星 人 プラス 2020

興味のあるところから読んでね• 木星人プラス + とは? 六星占術における運命星の分類のひとつが、木星人プラス + です。 人の性格や運勢はうまれたときから決まっているといわれます。 六星占術では、その性格や運勢は土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの運命星ごとに分けられるとされています。 その星に当てはまる人を土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人とよびます。 特別な条件がそろった場合は、霊合星人(れいごうせいじん)という分類になります。 また、運命星にはプラス(+)とマイナス(-)があり、干支によってどちらになるかが決まります。 木星人プラス + の基本性格の特徴5つ 1. 真面目 木星人プラス + は、目標に向かってコツコツ物事を進めていくことが得意です。 学生時代に勉学を極端におろそかにした人は、木星人プラス + には少ないはず。 それゆえに地味だとか、面白味がないだとか、マイナスなことをいわれてきた人もいるかもしれません。 しかし、そんなことはありません。 木星人プラス + が積み重ねてきた努力のうえに、人間としての魅力がついてきます。 2石橋を叩いて渡る 木星人プラス + は、突飛な行動はしません。 かならず、綿密な準備を整えてから行動します。 そのため、仕事では上司からの信頼が厚いです。 木星人プラス + は、つねに慎重にさまざまな情報を集めているため、イレギュラーが発生したときにも、その情報が役にたつことが多いです。 受け身 石橋を叩いて渡る分、受け身で、新しいことに挑戦したがらないところが木星人プラス + にはあります。 変化を好まず、今あるものをよりよくしていく意識のほうが強いです。 面倒見がいい 現実主義な木星人プラス + ではありますが、けっして冷淡な人間ではありません。 愛想がいいわけではありませんが、真面目で、先輩後輩分け隔てなく接するため、同時にどちらからも好かれます。 とくに後輩にあたる存在、またはそのような放っておけない雰囲気がある人に対しては、よく世話を焼きます。 我慢強い 人一倍努力家な木星人プラス + は、息抜きすることが得意ではありません。 自分には忍耐力があると思っていて、実際ほかの人たちよりもありますが、つねに気が張っているのでそのうち疲れます。 意識的にリラックスする時間をつくることで、より木星人プラス + の能力は発揮されるでしょう。 木星人プラス + の結婚・家庭・恋愛の特徴3つ 1. 家庭運に恵まれる 面倒見のいい木星人プラス + は、結婚相手にとっても、息子や娘にとっても、頼りになる存在となります。 木星人プラス + を中心として、居心地のよい家庭を築くことができるでしょう。 浮気や不倫はしない 木星人プラス + は、浮ついたことをしません。 相手がそのような行動をしたときには、ひどく傷つきます。 もし相手が浮気や不倫をした場合、その相手を許したり、その相手と関係を続けることはめったにないでしょう。 奥手 多くの人からの信頼を得る木星人プラス + は、とりわけ社会人になってから出会いに恵まれます。 しかし、自分からアクションを起こさなかったり、相手からの好意をクールに受け流してしまったりするため、そのご縁をなかなか活かせません。 木星人プラス + の才能・適職 木星人プラス + は堅実なため、フリーターや契約社員など、安定しない生活を望むことはありません。 正社員を希望し、昇進・昇給も貪欲に望みます。 木星人プラス + は外に出て歩き回って新規開拓をする業務よりも、オフィスワークのほうが向いています。 また、いくつかの仕事を同時進行するよりは、ひとつのことに特化したほうが大成します。 木星人プラス + とほかの運命星の相性 1. 土星人との相性 木星人プラス + も土星人も真面目でしっかりしているので、似た者同士でうまくいきます。 人との距離感の取り方が上手な土星人といると、木星人プラス + はリラックスして過ごすことができるでしょう。 金星人との相性 ひとつの場所を居心地のよいものにしていきたいと考える木星人プラス + に対して、金星人は複数の居場所をもちたがります。 天王星人との相性 面倒見がいい木星人プラス + にとって、子供っぽいところのある天王星人は放っておけない存在です。 天王星人が極端にルールを無視したりしなければ、良好な関係を築くことができます。 そういった根本的な価値観は、木星人プラス + とも似ています。 ですが、火星人は外に出たがりで、ひとつの場所にはなかなか留まりません。 また下準備もせず、とつぜん行動を起こすため、木星人プラス + はついていけないでしょう。 木星人との相性 お互いの関係は安定し、堅実な生き方ができます。 どちらもそんな関係を望んではいますが、徐々に刺激が足りなくなっていくでしょう。 なにか問題が起きたときに、明るく受け流すことができないため、問題を抱えたままになってしまうことも少なくないはずです。 水星人との相性 利己的な水星人と周囲の調和を乱したくない木星人プラス + がうまくいくかどうかは、立場によって変わってきます。 どちらも対等な関係を望んでいる場合は、うまくいきません。 どちらかが上に立つ、たとえば、上司と部下の関係であれば、適度な距離感を保つことができます。 木星人プラス + の2018年の運勢 2018年の木星人プラス + は、「再会」という運気に入ります。 これは、新しいことをはじめるのに適した時期です。 昨年までは中殺界だったため、木星人プラス + はスムーズに物事が進まなかった人が多かったことでしょう。 2018年の木星人プラス + は、殻に閉じこもっているよりは、少しムリをしてでも外に目を向け、一歩踏み出すほうが最終的にはいい結果がついてきます。 また、これまで積み重ねてきた努力が人の目にとまり、信頼できる関係を築く機会にも恵まれるでしょう。 「再会」の文字どおり、いちど切れたはずの人や物と、ふたたび出会うこともありそうです。 そのときはすぐに飛びつかず、かといって敬遠することもなく、冷静に状況を判断するようにしてください。 まとめ 木星人プラス + の性格や相性、運勢について紹介しました。 木星人プラス + に一目置いている人はたくさんいます。 しかし、自分では真面目で面白みがない自分をほめてあげられていないのではないでしょうか。 自由奔放に動き、ぽんぽんと斬新な意見を出す人たちのことを、うらやましく、ときに疎ましく感じていらっしゃるかもしれません。 真面目であるということは、基礎がしっかりしているということ。 家を建てるときもそうですが、基盤がぐらついている状態で上に重ねても、すぐにくずれてしまいます。 木星人プラス + は、これまでしっかりとした基礎をつくってきています。 それはとても誇れることです。 なにより、それがなければほかのことはほとんど意味をなしません。 どうか自信をもってくださいね。

次の