アベノマスク 受注企業。 【アベノマスク】受注企業4社のうち3社が公開される 計90億円で契約 残りの最多受注の1社は非公開のまま│エンがちょブログ

アベノマスク受注企業 株式会社ユースビオの社長 樋山茂氏の経歴と顔写真は?何者?公明党との関係は?ペーパーカンパニーで脱税?あすたまいず

アベノマスク 受注企業

衆議院インターネット審議中継(4月28日)より 「アベノマスク」をめぐり、政府が頑なに公表しなかった妊婦向け布マスクの受注業者の1社が「株式会社ユースビオ」という会社であることが昨日ようやく公表されたが、それがさらなる疑念を生んでいる。 このユースビオの社長に取材をおこなったメディアは「癒着は一切ない」「癒着の噂全否定」などと報じているが、疑念は深まるばかりだ。 そもそも、他の受注業者は興和や伊藤忠商事、縫製大手であるマツオカコーポレーションといった名の知られた企業である一方、ユースビオはホームページさえも見つからない会社。 さらに、法人登記簿に記載する定款の「目的」を4月1日に変更、10日に登記されているのだが、変更前は「再生可能エネルギー生産」や「バイオガス発酵システム」の研究開発と販売や、「ユーグレナ等の微細藻類」「オリゴ糖等の糖質」の生産・加工と販売などといったものが並び、マスクに結びつきそうな事業目的がなかった。 しかも、同社社長が2018年には消費税約3100万円を免れたとして消費税法違反などの容疑で懲役1年6月、執行猶予3年の判決が出ていたことも判明。 こうした情報から、ネット上では「どうして政府はこの会社に受注したの?」と訝しむ声が次々にあがった。 一方、同社の社長は契約の経緯について、「もともとは、福島県や山形県につてがあって、そこにベトナム製のマスクを用意してほしいと頼まれた。 その準備をしていたら、『国が一括で集めることになった』と言われたので、そちらにシフトしてスペック表やサンプルを提出し、受注する流れになった」(デイリースポーツ27日付)と語り、自身が公明党員であるとし、安倍首相や政府との癒着についても「ないですよ。 安倍さんとも自民党とも、何の付き合いもない」と否定。 執行猶予中であることも認めている。 しかし、国内外にマスク製造や輸入が可能な企業は数多くあるはずなのに、どうしてこの会社が選ばれたのかという疑問は残ったまま。 いや、大前提として、ここまで同社との契約に「何かあるのでは」と疑いの目が集まるのは、政府が必死で企業名を隠してきたためだ。 そして、実際に本日の衆院予算委員会でもユースビオが受注企業に選ばれた問題について追及がおこなわれたが、安倍政権は何ら納得のいく説明をおこなわず、正当性だけを主張したのだ。 まず、この問題を取り上げた立憲民主党の大串博志衆院議員が「この会社はどういう会社か」と質問すると、加藤勝信厚労相は「福島県福島市に本社を持って、輸出入業務をおこなっている企業」と答弁。 さらに「3月16日に予備費で契約した。 緊急随契(随意契約)」「木質ペレットの関係の輸出入業をやっていた」と述べた。 だが、前述したように、法人登記簿には最近まで事業目的にマスク製造や輸出入に関連した事業はなく、4月1日におこなった変更によって「貿易及び輸出入代行業並びにそれらの仲介及びコンサルティング」が追加されたばかりだ。 つまり、政府との契約後に「輸出入代行業務・仲介」が足されていたのである。 そこで、大串議員は「3月中は会社の目的として輸出入をおこなう定款になっていなかった。 ユースビオとシマトレーディングの2社が一緒になった契約額が5. 2億円だと述べたのだ。

次の

アベノマスク4社目はどこ?製造会社残り1社を特定?

アベノマスク 受注企業

【アベノマスク】山口県の企業にマスクを発注したのは、政府ではなく山口県 あえて取材しました。 政府が山口県企業にマスク発注は誤り。 正しくは山口県が県内の子どもたちに配布するために発注。 受注した被服メーカーは普段は幼稚園の制服などを製造しマスクは初めて。 でも「子どもたちのために頑張る」と。 こんな時だからこそ、根拠ある発信を。 山口県が県内のの子どもたちのために発注したものであったとのこと。 政府の発表と同時期であったためこのような疑惑につながったようです。 バカで幼稚なクズ政府。 — 大下賢一郎 kemuchiman ベッド増やそうよ。 私は弱者を落とさない公平なやり方が好きだけど(会社では情報に遅れぎみだから)、あまりに…。 ユニクロさん、無印さんあたりが、安い良品を売り出したら解決しないかなあ? — りこ akanoyama2020 466億円という金額に野党議員、専門家、有識者、一般市民、そして海外メディアにいたるまで非難の声が大多数。 生活に困っている国民が多い中、466円という血税をマスク配布に使ったというバカげた話。 【アベノマスク】受取拒否の方法• メモや付せんに赤ペンで【受取拒否】とハンコかサインを書いて張り付ける• 私は納税者であり主権者ですから、政府の「国民いじめ」に抗議を表明するためでもあります。 自民党にマスクを送り返して、466億円を無駄にしたことをわからせませんか? 悔しいんです、苦しんでるのにここまでコケにされること。 — ひつじくん 42RUR5PmzgLOFIo 【アベノマスク】マスクの製造と郵送に利権が絡む可能性は? 安倍総理がマスクを配布するニュースが話題ですが、それはさておき山口県が委託してマスクの製造を始めた企業が >防府市の制服製造販売業、中村被服(中村顕社長) ちなみに、防府市に由来があって、安倍晋三さんとFB友達の中村顕さんがFB上にいらっしゃいますね。 永遠の0がお好きみたいです。 そのマスク配布作業を受注するのが日本郵政。 その日本郵政の筆頭株主が財務大臣。 元財務大臣は副首相の麻生氏。 あとは分かりますね? 逆なんですよ。 当然のように給料の補償として現金が給付されている海外でも、報道され恥ずかしい限りです。 まさかの世界への発信… 恥だ。 — 徐台教 ソ・テギョ, 서태교 DaegyoSeo フィンランドの全国紙、ヘルシンギン・サノマットにも「アベノマスク」の記事が。 国民は、もっとしっかりした対策を望んでいるのに怒りを買ったと。 今の所感染者数・検査数、共に少ない。 オリンピックは延期、医療危機も懸念されるが、明確なコロナ対策は取られていない。 — 岩竹美加子 mikakoiwatake 【アベノマスク】二世帯住宅世帯にはマスク追加給付を検討 給食マスク給付を発表した翌々日に、二世帯住宅世帯にはマスクの追加給付を検討してると発表されました…。 もう言葉もありません…。 いやいや、検討しなきゃいけない事はそこじゃないから。 二世帯住宅はマスク追加って… 布マスク、追加配布を検討 2世帯住宅など 新型コロナで菅官房長官(時事通信) — Yahoo! ニュース — ごく普通の会社員 tryshd これは、百田先生に賛同しますわ。 今日も二世帯住宅には…. 云々なんてやっとる😩 百田尚樹氏、布マスク2枚配布に「官邸にはバカしかいないのかというガッカリ感がすごい」 — 大阪のじいちゃん。

次の

〈新型コロナ〉「アベノマスク」受注の高松市の企業 不織布マスク100万枚を香川県に寄付

アベノマスク 受注企業

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。 アベノマスクと揶揄された政府配布の布マスク。 4月21日の夜にマスク製造元(発注先)の会社名が以下の通り公表されました。 政府配布の布マスク、受注3社が判明 計90億円で契約 受注は の3社で金額は約54. 8億円、約28. 5億円、約7. 6億円の計約90. 9億円。 具体的な中身は示されず。 マスク予算は466億円で契約金額との差額について福島議員はさらに追及。 今回は、政府が意地でも隠し通すアベノマスク製造会社4社目について、詳しく取り上げていきます。 アベノマスク予算との差額375億円はどこに消えた? 差額は誰のふところへ — ねこまる p3Lgg853gebendl アベノマスクの全世帯に対する配布にかかる予算は、当初予定されていた200億円を大幅に超え、466億円と報道されました。 しかし、21日に発表された発注先3社の合計金額を見てみると、約91億円。 興和 約54・8億円 伊藤忠商事 約28・5億円 マツオカコーポレーション 約7・6億円 計約90・9億円だった。 (カビ等不良品込み) 466億円-91億(マスク代)=375億 375億かぁ — 午後の聖歌 BhrxC9gIoNEqxe2 そうなると、上記の通り差額375億円の行方が分からないということになります。 もちろん郵送料などもかかっているため、この金額すべてが残り1社への発注金額というわけではありません。 ただ、送料を考えたとしても、少なくとも200億円以上は使途不明となっているわけです。 この一連の疑念については、社民党の福島瑞穂氏も以下のようにTwitterで言及しています。 厚生労働省マスク班から今日4月21日、布マスクの全戸配布にかかる企業名、契約内容についての回答がきました。 3企業を合わせても90• 9億円で少ないのだが。 また、4企業と言っていたのに3企業という疑問はあるが、3企業と契約金額が出てきました。 — 福島みずほ mizuhofukushima アベノマスク4社目 製造会社残り1社 はどこで特定? 妊婦向けに配布する布マスクに汚れなどが相次いで見つかった問題。 厚生労働省は受注企業について「興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社プラス1社」とし、残る1社を公表していません。 かたくなに拒む担当者。 かえって疑念が広がっています。 — 毎日新聞 mainichi この4社目については、デイリーなども以下のように報じています。 466億円を投じて行われる事業を巡っては、立憲民主党の蓮舫副代表がツイッターで発注元を「何度も厚労省に確認していますが、いまだに返事が来ません」と明かしていた。 最近になって3社が明かされたが、残り1社はなぜか非公表。 ネット上では「あと1社を頑なに隠す意味はわからん」「4社目がなかなか公表されないのもおかしい」「何故公表しないのか」といぶかしがる投稿が相次いだ。 最も受注額が多いのではないかとの指摘もあり、「もーっとも怪しい幻の1社」「残り1社は余程公開出来なかったんだな」「利権絡みでは?」「怪しすぎる」「残り1社の名前も言えない胡散臭いマスク」と、疑念は深まるばかりとなっている。 4月25日までに、残り1社の実態についてはさまざまな説が語られています。 そのなかには、『架空の会社だから公表できないのでは?』という説もあり、国民の疑念はさらに深まるばかり。 今のところ、4社目の具体的な会社名は特定されていませんが、ミャンマーでの謎の動きが話題になっており、麻生財務大臣をはじめとする大物政治家の利権がらみである可能性が高いとされています。 興和ミャンマー工場に政府からの要請 利権がらみが話題となったのは、ミャンマージャポンが以下のような記事を公開したことに端を発します。 ミャンマーで日本向けガーゼマスクを1か月に5,000万枚生産へ ミャンマーで日本向けのガーゼマスクが4月から1か月あたり5,000万枚生産されることがわかった。 7Day Dailyが伝えたもの。 マスクを生産するのは、名古屋市に本社がある医薬品・繊維事業の興和で、3月中に1,500万枚を生産し4月には5,000万枚に増産する予定。 日本政府・経済産業省からの要請に応えたもので、既に第1便は日本に到着済み。 使い捨ての不織布マスクに対し、ガーゼマスクは洗濯して何度も使うことができる。 公表された3社のなかでも最も大きな受注額である興和はミャンマーに工場を置いています。 そして、このミャンマーは財務大臣を務める麻生太郎氏と深い関係が。 これが、残り1社についても利権がらみなのではないか?と噂される大きな理由の一つです。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 安倍さんそろそろ年貢の納め時ですね。 マスク配布不評につづきマスク納入会社の未公表、きわめつけはそのマスクが不良品・・・本当に残念なお方だ。 なんであと1社公表できないのですか?まさかこの状況下で何か利権絡みですか?今まではなんとか誤魔化してきましたがもうそうはいきませんよ。 国民全員があなたの挙動に注目しています。 早く公表お願いしますよ。 中国共産党といっしょでやましいことがあるから隠してるんだよ。 そんなことがまかり通るのは安部が総理大臣になってから。 こんな横暴を許してはならない。 これは公表しないとフェアじゃないでしょ。 公表された三社は不良品納入について散々言われるだろうし、残り一社が不良品を納入してない確証もない。 非公表にするなら国民になに言われようが全社非公表で押し通すべきでしたね。 対応が中途半端。

次の