臭い玉 取り方 綿棒。 臭い玉・膿栓の取り方に注意!匂い玉を綿棒・シャワー・耳かき・シリンジ・ピンセット・歯ブラシ・ウォーターピックで取る?

臭い玉の取り方で安全な方法は綿棒?!簡単な方法はないか検証

臭い玉 取り方 綿棒

臭い玉の取り方 口を大きく開けて奥の方を見ると乳白色あるいは黄色の塊のようなものが見えたら、それが臭い玉であることが考えられます。 また、喉の奥に白いできものができる場合は膿栓の他にも、以下の記事で紹介しているように口内炎などが原因となっている場合もあります。 参考: 目視で臭い玉が確認できる場合は、綿棒などで直接取ろうとしてしまいますが、この方法はおすすめできません。 なぜなら上述したように臭い玉は扁桃腺の周囲に発生し、とてもデリケートな部分なので直接触れることで粘膜を傷つけてしまうおそれがあるからです。 なので、自分で臭い玉を取り除く場合は水を当て、水圧で優しく取る方法がおすすめです。 以下、具体的な方法をお伝えしていきます。 うがい うがいで取り除く方法は最も簡単かつ安全な方法です。 臭い玉(膿栓)が発生する部位を重点的にゆすぐようにうがいをしていきましょう。 小さな臭い玉やあまり強く付着していない臭い玉の場合はうがいで取れることもありますが、ある程度の大きさになってくるとうがいだけではなかなか取り除くことはできません。 なので、膿栓を取り除こうとするときはまずうがいを試してみて、取れない場合は後述する他の方法を行なっていく方針がいいでしょう。 シャワーの水圧 家で使用しているシャワーの水圧を利用して臭い玉を取り除いていく方法です。 外部から水の圧力を加えることができるので、うがいで取れない膿栓も取り除くことができる場合があります。 ただ、シャワーのヘッダーが大きくなかなか当てたい部位に水を当てることができないことがあるかもしれません。 また、水圧を強くしすぎると水を飲んでしまったり、粘膜や扁桃を傷つけてしまうおそれがあるので注意してください。 丸型洗浄ビンの水圧 シャワーはヘッダーが大きく思うように水を当てることができないことが多いです。 そこで、上の画像のような丸型洗浄ビンを使用することで簡単に水を当てて、臭い玉を取ることができます。 丸型洗浄ビンに水を入れて、最初は優しく膿栓がある口の奥に水を当ててみてください。 水圧の感覚が分かってきたら、少しずつ強めに水を出していきます。 膿栓を取ることができたら、水と一緒に吐き出し、最後に軽くうがいをしましょう。 丸型洗浄ビンはAmazonなどネットでも販売していますし、ドラッグストアなどにもあるのでぜひ試してみてください。 口腔洗浄器を使う 以下の動画で紹介しているような口腔洗浄器が家にある場合は 口腔洗浄器で簡単に臭い玉を取ることができます。 頻繁に臭い玉ができる場合は、口腔洗浄器を購入してもいいでしょう。 歯の手入れも行うことができるのでおすすめです。 具体的な方法は、上記の丸型洗浄ビンの場合と同様で臭い玉ができている箇所にノズルを向けて、水圧の力で取り除いていきます。 咳 咳やくしゃみなどをしたときに自然に臭い玉のような塊が口から出てきた経験がある人も多いのではないでしょうか。 実は、臭い玉は咳やくしゃみなどで自然と出てくる場合も多いのです。 なので、喉を痛めない程度に自然と咳払いをすることで、臭い玉を外に出すこともできます。 舌を使って取る 舌を口の上部にまるめるようにして、臭い玉を取ることも可能です。 ただこの方法は舌の動きが柔軟で慣れている人でないとなかなか難しくなっています。 耳鼻咽喉科で取る 費用と手間がかかってしまいますが、耳鼻咽喉科で取ってもらうのが最も確実かつ安全な方法になります。 臭い玉(膿栓)の予防法 臭い玉は、日頃から歯磨きをしっかり行い、口内を清潔に保つことで予防することができます。 また、緑茶や紅茶でうがいをすることも予防に効果的です。 これは茶に含まれる カテキンという成分が口内細菌の増殖を抑制してくれるからです。

次の

臭い玉の取り方で簡単な方法は?うがいや綿棒、シャワーは?取れない

臭い玉 取り方 綿棒

営業職やサービス業など、毎日他人に接する機会が多い職に就いている人たちは、常日頃からさまざまなエチケットに気を配っている。 そのエチケットの一つにも含まれているだろう。 話相手の呼吸から漂ってくる臭いがきつければその人には好感を抱きにくいし、下手をしたらビジネスチャンスを逸しかねない。 相手に不快な思いをさせないための息対策は、社会人としての最低限のマナーといっても過言ではないだろう。 ところで、この口臭を招く要因の一つに「臭い玉」 においだま なる存在があることをご存じだろうか。 今回は日本耳鼻咽喉科学会認定専門医の宮崎裕子医師に口臭の原因や臭い玉の正体、さらにはその予防法などについてうかがった。 口臭にもつながる「臭い玉」とは何なのか 口臭の主な原因 誰もが気になる口臭だが、実は程度の差こそあれ、「誰でもある程度の生理的な口臭はあるものです」と宮崎医師は話す。 「口の中から出る臭いは、特に唾液の分泌に影響されます。 唾液には口の中を洗浄・自浄する作用があります。 『食べるときに咀嚼する』『話す』などの動作によって口を動かし、唾液腺を刺激することによって唾液が分泌されます。 唾液が減って口の中が乾燥すると自浄作用が低下し、たんぱく質を分解する細菌が増えるので、口臭の臭いがきつくなります」 不快な口臭の大半は、 ぜったい: 舌の表面についた食べカスや細菌のカス や唾液、食物のカスなどに含まれるたんぱく質が、口中にいる細菌により分解・発酵される過程で出るガスによって引き起こされる。 この口腔内の食物や細菌のカスを増殖させないことが、口臭を抑えるためのカギとなる。 口臭の主な要因は以下の通りだ。 ・舌苔の異常 ・歯周病 ・耳鼻科の病気 副鼻腔炎による膿汁、扁桃膿栓 に伴う臭い ・消化器の病気 逆流性食道炎 をはじめとする種々の病気 「特に強い口臭を起こす原因として最も多いと言われているのが舌苔です。 多少の舌苔は健康な人にもありますが、『口の中が乾いているとき』『体調がよくないとき』『胃腸の病気や脱水を伴う病気があるとき』などに舌苔が厚くなると口臭の原因となります。 胃腸の調子がよくないときに舌苔が増えるのは、舌の感覚を鈍らせて食欲を減らし、食べる量を減らして胃腸を守るためだと言われています」 舌苔の次に多い原因は歯周病だ。 歯周病によって口の中にたまっている歯垢 プラーク も舌苔と同じく多量の細菌とたんぱく質の集合体であるため、炎症によって多量のたんぱく質が細菌に分解されると強い口臭を伴う。 耳鼻科の病気 扁桃炎、副鼻腔炎など は炎症が鼻や喉にあると、菌や膿汁が流れ込んでしばしば口臭を発生させる。 口臭を招く臭い玉とは そしてさらに、扁桃膿栓 のうせん と呼ばれる箇所にできる臭い玉も、強い臭いを生じさせるという。 「口を開けると、喉の奥、左右の脇に見える口蓋 こうがい 扁桃 いわゆる扁桃腺 は、外からの異物や細菌、ウイルスなどの侵入を防ぐ役割を持っています。 口蓋扁桃にはくぼみ 陰窩 があり、炎症があるとその陰窩に細菌や白血球の死骸や食べ物のカスなどがたまりやすくなります。 何も症状がなければ通常の臭い玉は放置しても問題ないそうだが、臭い玉が口臭の原因になるケースもあると宮崎医師は話す。 もしも口臭が気になったり、臭い玉が貯留することで喉の違和感が続いたりするようだと、治療の対象になる。 「臭い玉のせいで喉に異物感や異常感がある場合は、取り除くケースがあります。 臭い玉が気になるようでしたら、耳鼻科での洗浄・吸引にて取ることも可能です。 洗浄・吸引で一時的に臭い玉や膿汁が除去されるため、不快感は改善しますが、1回の処置ですべてがきれいにできるわけではなく、何度でも洗浄・除去するという処置を繰り返します」 耳鼻咽喉科では「圧迫して押し出す」「吸引やピンセットで取り除く」「薄めた食塩水で洗い出す」といった処置を行う。 根本的な治療として、手術で扁桃摘出という選択肢もあるが、そこまでを希望する人は少ないようだ。 臭い玉はできてから時間が経つにつれて石灰化し、硬くなる。 普段は陰窩の中に入っているが、時にポロッと取れるケースがあるという。 綿棒などで自分で陰窩から臭い玉を取り除こうとする人もいるそうだが、扁桃腺を傷つけてしまうリスクがあるため注意が必要だと宮崎医師は警鐘を鳴らす。 「臭い玉は免疫機能が働くことによって発生するものであり、体が正常に働いている証拠でもあります。 怖い病気でも何でもないですが、臭いが強烈で口臭が酷くなれば周りにも迷惑がかかります。 普段から発生させない予防法を意識して取り入れたり、安全な洗浄方法で取り除いたり、対応してくれる病院を見つけたりすることが大切です」 口腔内の形状によってできやすさは個人差があるが、できた臭い玉は基本的には臭いが強く、喉に違和感を発生させる可能性がある。 自分に合った対策方法を探して、臭い玉とうまく付き合っていくことが大事とのこと。 臭い玉の予防法 上述のように扁桃がある人ならば誰しもができてしまう臭い玉ではあるが、予防する方法もいくつかある。 一つずつ解説していこう。 1 うがいをこまめにする 特に冬は空気が乾燥し、細菌やウイルスの付着した塵やほこりが舞い上がりやすくなるため、喉に炎症が発生しがち。 こまめにうがいをすることによって臭い玉ができる可能性が減り、口腔内を清潔に保てる。 うがい薬を使ったり、殺菌作用の高い緑茶や紅茶を飲んだりするのも臭い玉予防の可能性が高まる。 「あとは鼻うがいもお勧めです。 鼻うがいで鼻詰まりが生じたときは喉に炎症が起こりにくく、普段取ることができないような臭い玉が取れる可能性があり、臭い玉の原因になるものを洗い流せるかもしれません」 2 鼻呼吸にする 呼吸法を鼻呼吸にするのも有効な予防法。 口呼吸をすれば口腔内が乾燥して細菌増殖のリスクが高まり、喉の炎症を起こしやすくなるなど、健康被害が大きくなりがち。 鼻呼吸すれば鼻から息を吸う過程で鼻毛が「細菌フィルター」の役目を果たしてくれるため、空気中のチリなどを吸わずにすむ。 「睡眠時に口呼吸を行っている方は、朝起きた際に強烈な口臭があったり、喉が痛かったりするというケースが多いですが、臭い玉を作る原因にもなるので積極的に鼻呼吸に変えていきましょう。 花粉症などアレルギー疾患がある方は、点鼻薬の使用もお勧めします」 3 扁桃腺を切除する そしてそもそも、扁桃腺を病院で切除してもらえば臭い玉ができることはほぼなくなる。 まさに「究極の予防法」と言えるだろう。 「臭い玉ができる原因部分をなくせるので、発生リスクが激減することは自然な流れです。

次の

臭い玉の取り方で安全な方法は綿棒?!簡単な方法はないか検証

臭い玉 取り方 綿棒

ある日、くしゃみをしたら口からポロっと小さな白い塊が…。 「ん?食べかす?」と思ったら、ものすごい悪臭を放っている…そんな経験はありませんか? 実はそれ 、膿栓(臭い玉)かもしれません。 膿栓(臭い玉)ができる場所はここ! 膿栓ができるのは、口の奥にある扁桃(へんとう)という場所。 扁桃の表面には陰窩(いんか)と呼ばれる穴があって、その穴の中に膿栓はできます。 膿栓は扁桃栓子とも呼ばれ、特に石灰化して固くなったものは扁桃結石とも呼ばれます。 固まる前は膿汁と言う液体状ですが、固まると膿栓になり一般的には「臭い玉(においだま、くさいだま)、臭玉(くさだま)」などと呼ばれています。 膿栓(臭い玉)がない人も居る? 扁桃の形には個人差があります。 大きな人もいれば、小さな人もいます。 表面のデコボコが目立つ人もいれば目立たずつるんとしている人もいて、人によってまちまちです。 喉の構造や扁桃・陰窩の大きさや数・深さなどによって臭い玉ができやすく、目立つ人もいればほとんど無い人もいます。 ですが膿栓は誰にもできるものだと思っておいてください。 見えない場所に埋まっている膿栓(臭い玉)も存在する 目に見えている膿栓(臭い玉)だけが真実ではない!これは肝に銘じておいてください。 口を大きく開けて扁桃をチェックしてみても、どこにも膿栓らしき白い塊がない。 これだけでは実はまだ安心できません。 扁桃ポケットとも言われている陰窩の奥に膿栓が埋まっていて扁桃の表面からは見えてないだけの可能性もあるので油断は禁物です。 膿栓が無いのに口臭がドブのような臭いがしたり、歯磨きしてもすぐに口臭が臭くなる人は、隠れ膿栓の可能性も考えられます。 見えない膿栓(臭い玉)の発見方法 扁桃ポケットである陰窩の奥に埋まっている膿栓を発見するには、綿棒や指で扁桃をギュウ~っと押してみましょう。 するとニュルニュルっと濃栓が出てくることがあります。 ただし、間違えて扁桃ポケットである陰窩の入り口を押してしまうと、膿栓がさらに奥に入り込んでしまう場合もあるので陰窩の少し下の部分を押すようにしましょう。 膿栓(臭い玉)の実際の画像 大きさやサイズによっても変わってきますが、ただの白い塊に見えたり、カリフラワーのようにも見えたりニキビを潰した時に出てくる膿にも見えます。 口腔内の右側にも左側にも、どっちにも濃栓 臭い玉 はできます。 ふとした拍子にびっくりするぐらい大きな膿栓 臭い玉 が取れることもあります。 なぜ膿栓(臭い玉)はできる? 膿栓は、死んだ免疫細胞や細菌・ウイルスの死骸、タンパク質・食べカスなどが固まったものであると言われています。 細菌やウイルスが喉に侵入すると、鼻や口から侵入する病原体に対する防御機能である扁桃は攻撃を開始します。 こうした戦いの結果死骸となった細胞や細菌が扁桃に残ったり、食べカスなどが陰窩に溜まったりすることで膿栓は作られます。 このように、膿栓は免疫機能が原因で出来るため誰にでも出来る可能性があり、また膿栓自体は病気ではないと言えるのです。 膿栓(臭い玉)の出来やすさには個人差がある 膿栓ができやすい人は、 喉に細菌が増殖しやすい人です。 喉に細菌が増殖することで膿栓の元となる細菌やウイルス、免疫細胞の死骸などが生み出されます。 またずっと細菌と戦い続けていると扁桃は常にストレスに晒されるため、慢性扁桃炎になるリスクが高くなってしまいます。 更に慢性扁桃腺になると病気を引き起こしてしまう可能性も出てきます。 ドライマウスで喉が乾燥している• 免疫力が低下している• アレルギー• 蓄膿症• 急激な気温の変化 これらも喉に細菌を増殖させたり、扁桃にダメージを与えたりする原因となります。 膿栓(臭い玉)の取り方6選とリスク 喉の奥に出来てしまう膿栓。 自分で取る方法はないのでしょうか。 臭い玉を自分で取る方法は、ネットで検索すると複数ヒットします。 しかしどれも根本的な解決方法ではなく、場所の問題上うまく取ることが出来ずにしつこく行うと喉の粘膜や扁桃を傷つけてしまう恐れがあります。 膿栓を除去したい時は、自分で対処しようとせず耳鼻咽喉科を受診するのが一番なのです。 ここでは病院に行かず臭い玉を取る方法を紹介しますが、あくまでもなぜ行ってはいけないのかを紹介しており、これらの方法を推奨するものではないという事をご理解ください。 取り方1~綿棒や歯ブラシで取る 綿棒や歯ブラシ・指先などで膿栓の周りを圧迫したり、こすったりする事で膿栓を取ろうとする方法です。 この方法で行うリスク リスクを下げる為には比較的しっかりとした吸引器を使ったほうがいいので、その場合は数万円といった感じで値段が高くなってしまいます。 抗生物質、ステロイドなどの薬で濃栓を小さくすることはできる可能性もあるが、病院で処方されることはないかと思われます。 個人輸入で抗生物質を入手する方法もありますが副作用の危険もあるのでおすすめしません。 取り方5~耳鼻咽喉科で取ってもらう 病院で除去する時は、吸引器の先に細い管をつけ扁桃についている膿栓を吸い取るなどをします。 扁桃専用洗浄管で水圧をかけて押し出す 扁桃の陰窩に洗浄管を突っ込み、水圧で膿栓を押し流すようにして取ります。 扁桃専用ガラス吸引管で吸引する 扁桃専用のガラス管で吸引して取り出します。 吸引の力が強くて多少の痛みもあるかもしれませんが比較的取りやすい方法です。 舌圧子で押し出す 吸引などで膿栓が取れない場合は舌圧子と呼ばれる器具で扁桃を圧迫して、膿栓を押し出すようにして取ります。 手術で口蓋扁桃切除 手術で口蓋扁桃を切除、除去すれば膿栓ポケットである陰窩がなくなり、膿栓が溜まる場所がなくなります。 ですが時間の経過とともに他の部分が口蓋扁桃の代わりとなってしまって、その場所に膿栓が溜まってしまうようになることもあるようです。 この方法で行うリスク うがいするだけでも膿栓が取れたり防いだりできますよ と言って膿栓を取ってくれない可能性があります。 しかし、うがいをすると膿栓自体が取れることもありますし、喉を清潔にすることで膿栓ができにくくなる効果もあります。 毎日こまめに水でうがいをするだけならとっても簡単だし、確実な効果があるならなお良いですよね。 膿栓ができやすい人や喉がイガイガするなど普段から喉にトラブルを感じている人はうがい薬を使用してこまめにうがいをするとより効果的です。 うがいをする時は、お口の中をキレイにすることがメインのブクブクうがいをしたあと、上を向いて喉を立てるようにし「オーアー」というような声を出しながらうがいをすると、喉の奥までキレイになります。 この方法で行うリスク リスクはありませんが、うがいだけでは取れない膿栓も多々あります。 膿栓(臭い玉)をできなくする対策 膿栓を予防するにはうがい以外にも日常的かつ簡単に行える予防法があります。 口の乾燥を防ぐ 口や喉が乾燥すると、唾液による自浄作用が弱まり、膿栓が出来る原因となります。 口呼吸の人は鼻で呼吸するように努める、マスクをする、加湿器を使用するなどして口の乾燥を防ぐと共に、ウイルスや細菌からも喉粘膜を守るようにしましょう。 食事はバランスよく取り、食後の歯磨きを習慣化する 仕事の関係で食事の時間が定まらない…などといった人は多いかと思いますが、栄養バランスを考えある程度決まった時間に食事を取るように心がけましょう。 美容や健康だけでなく膿栓対策にも効果的です。 また、食事のあとは歯磨きや歯間ブラシを使用すると膿栓の予防ができます。 歯を磨く時間がどうしても取れない場合は、マウスウォッシュだけでも行うと良いでしょう。 サラサラの唾液が出るようにする 唾液の分泌量が少ない場合や、ネバネバした唾液だと口腔内の自浄作用も弱まり、膿栓の原因となります。 サラサラの唾液が出るようにマッサージを行うのもおすすめです。 免疫力が落ちないようにする 免疫力が落ちる事でも膿栓はできてしまいます。 体の菌やウイルスに対する抵抗力が下がってしまうからです。 ストレスや睡眠不足、栄養の偏りなどで免疫力が落ちないようにするのも膿栓対策には重要です。 扁桃を除去する 膿栓ができる扁桃は、免疫の働きをしているため本来は体に必要な場所です。 しかし慢性的な扁桃炎になってしまうと年に何度も喉が赤く腫れて痛くなったり、熱を出したりするようになります。 すると扁桃腺摘出手術を勧められる場合があります。 扁桃腺摘出手術は膿栓を出来なくするための治療ではありませんが、扁桃を切除すると膿栓がまったく出なくなることも多いようです。 膿栓は、危険な方法を選ばなくても改善が可能です。 無理に取ろうとせず、うがいや予防をしっかり行い、それでも気になる膿栓は耳鼻咽喉科に相談するなどしてみてくださいね。

次の