アメリカ ゴッド タレント。 栄光のゴールデンブザーとは?英米のタレント発掘TV番組BGT&AGTの面白&感動シーン

ゆりやんレトリィバァがアメリカの人気オーディション番組に出演! 辛口審査員たちを英語ジョークで爆笑させてるーーーっ!!

アメリカ ゴッド タレント

続いて、「Auditions Week 2」放送回(現地時間6月5日)で、米カリフォルニア州在住40歳の小児精神科看護師 マイケル・ケテラー(Michael Ketterer)。 「私の家族、それが私が今ここにいる理由」。 奇跡的に命を授かった娘に加え、ホームレスの子、脳性小児まひの子など5人の養子を迎え、6人の子を育てる父親のマイケルは、「何とか生き抜こうとしている時、夢を見ることなんてできない」、「彼らに家と、そして自由に夢を見ることのできる安全な環境を提供すること、それは最大の価値の一つです」。 「私は子どもたちに自分の姿で示したい、もし父ちゃんがその夢を全うすることができるならば、不可能なんてないということを」。 妻と子どもたちが舞台袖で見守るなか、マイケル・ケテラーはビージーズ(Bee Gees)1967年曲「To Love Somebody」をソウルフルな歌声で披露し、審査員 サイモン・コーウェル(Simon Cowell)がゴールデンブザー。 サイモン・コーウェルは「こうした番組で我々がシンガーを見つける時、それは技術面だろうか?」、「時に私にとっては、リアルさと驚きだ」、「正直言うと、君は緊張していて心配していたよ。 でも時々思うんだ、行動は言葉よりも強く語ると…」。 コートニー・ハドウィン 13歳 そして「Auditions Week 3」放送回(現地時間6月12日)、イングランド北東部ダラムの小さな田舎町からやってきた13歳 コートニー・ハドウィン(Courtney Hadwin)が全米驚嘆の歌声でオーティス・レディング(Otis Redding)の1968年曲「Hard to Handle」をカバーし、審査員 ホーウィー・マンデル(Howie Mandel)のゴールデンブザー。 現在最も大きな注目を浴びます。 ジャニス・ジョプリン(Janis Joplin)を彷彿させると語る審査員ホーウィー・マンデルは、「君はこの時代じゃない、まるで全然違う時代から来たようだ」。 「私はクライヴ・デイヴィスでなく、君とレコード契約は結べない」。 「私が君にできることは…」。 ゴールデンブザーに涙のコートニー・ハドウィンは父と抱き合い、「本当にありがとう、本当にありがとう」。 アマンダ・メナは「4歳まで私はドミニカ共和国で育ちました。 アメリカに来たときは英語もあまり話せず、いじめられてばかりでした」。 「そうした経験は私に強い心を与えてくれました」。 そしてサイモン・コーウェルがいじめを乗り越えた理由を尋ねると、「音楽とママにすごく支えられました」。 スタンディングオベーションにサイモン・コーウェルは「君には正真正銘、ありのままの(natural)ソウルを持っている」、「この曲は簡単に歌えるような歌じゃない。 これは長年に渡り記憶されるオーディションだ」。 そしてメル・Bは「どこから始めたらいいんだろう」。 「本当に素晴らしかったわ。 全身鳥肌よ、まさにクレイジーだわ」、「あなたの歌声が大好きだわ、そして全てのいじめっ子たちに私が言うのは…」。 ゴールデンブザーを獲得し、ライブ・ショーの準々決勝へ。 マケイラ・フィリップス 15歳 『』 オーディション・ウィーク最終週、「Auditions Week 6」放送回(現地時間7月10日)、カリフォルニア州キャニオン・レイクの15歳 マケイラ・フィリップス(Makayla Phillips)がデミ・ロヴァート(Demi Lovato)の「Warrior」で審査員 ハイディ・クルム(Heidi Klum)のハートを奪い、ゴールデンブザー。 その歌声にゴージャスなルックス、表現力、舞台での存在感、スター性など「全てが最高だわ」とハイディ・クルム。 「あなたは信じられないくらい素晴らしいわ」、「全てが大好き。 あなたの笑顔、みんなに伝えようとしているあなたの表現が大好きだわ」。 「あなたの声は信じられない、私があなたにすることわかる?」、ハリウッドのステージへ、幼い頃からの夢を叶えます。 ゲスト審査員を迎えるジャッジ・カットのラウンドは、来週7月17日より放送。 4週となるジャッジ・カットのラウンドでは、各回ゲスト審査員によるゴールデンブザーにも注目が集まります。 ゴールデンブザーの内容が強化されたシーズン10(2015年)以降、その優勝者は現在までに全てゴールデンブザー獲得者。 シーズン11は、審査員ホーウィー・マンデルのゴールデンブザーを獲得した当時12歳シンガー・ソングライター、グレース・ヴァンダーウォール(Grace VanderWaal)、昨年のシーズン12では、審査員メル・Bのゴールデンブザー、当時12歳「歌う天才腹話術少女」ダーシ・リン(Darci Lynne Farmer)が優勝しています。 全米のハートを掴み賞金100万ドル(約1. 1億円)を手にするのは果たして、2018年の頂点をかけた『アメリカズ・ゴット・タレント』ライブ・ショーは、ハリウッドのドルビー・シアターにて8月14日より開催予定です。

次の

【全米が泣いた!】アメリカのコンテスト番組で腹話術を披露した少女がキュートすぎると話題に!

アメリカ ゴッド タレント

続いて、「Auditions Week 2」放送回(現地時間6月5日)で、米カリフォルニア州在住40歳の小児精神科看護師 マイケル・ケテラー(Michael Ketterer)。 「私の家族、それが私が今ここにいる理由」。 奇跡的に命を授かった娘に加え、ホームレスの子、脳性小児まひの子など5人の養子を迎え、6人の子を育てる父親のマイケルは、「何とか生き抜こうとしている時、夢を見ることなんてできない」、「彼らに家と、そして自由に夢を見ることのできる安全な環境を提供すること、それは最大の価値の一つです」。 「私は子どもたちに自分の姿で示したい、もし父ちゃんがその夢を全うすることができるならば、不可能なんてないということを」。 妻と子どもたちが舞台袖で見守るなか、マイケル・ケテラーはビージーズ(Bee Gees)1967年曲「To Love Somebody」をソウルフルな歌声で披露し、審査員 サイモン・コーウェル(Simon Cowell)がゴールデンブザー。 サイモン・コーウェルは「こうした番組で我々がシンガーを見つける時、それは技術面だろうか?」、「時に私にとっては、リアルさと驚きだ」、「正直言うと、君は緊張していて心配していたよ。 でも時々思うんだ、行動は言葉よりも強く語ると…」。 コートニー・ハドウィン 13歳 そして「Auditions Week 3」放送回(現地時間6月12日)、イングランド北東部ダラムの小さな田舎町からやってきた13歳 コートニー・ハドウィン(Courtney Hadwin)が全米驚嘆の歌声でオーティス・レディング(Otis Redding)の1968年曲「Hard to Handle」をカバーし、審査員 ホーウィー・マンデル(Howie Mandel)のゴールデンブザー。 現在最も大きな注目を浴びます。 ジャニス・ジョプリン(Janis Joplin)を彷彿させると語る審査員ホーウィー・マンデルは、「君はこの時代じゃない、まるで全然違う時代から来たようだ」。 「私はクライヴ・デイヴィスでなく、君とレコード契約は結べない」。 「私が君にできることは…」。 ゴールデンブザーに涙のコートニー・ハドウィンは父と抱き合い、「本当にありがとう、本当にありがとう」。 アマンダ・メナは「4歳まで私はドミニカ共和国で育ちました。 アメリカに来たときは英語もあまり話せず、いじめられてばかりでした」。 「そうした経験は私に強い心を与えてくれました」。 そしてサイモン・コーウェルがいじめを乗り越えた理由を尋ねると、「音楽とママにすごく支えられました」。 スタンディングオベーションにサイモン・コーウェルは「君には正真正銘、ありのままの(natural)ソウルを持っている」、「この曲は簡単に歌えるような歌じゃない。 これは長年に渡り記憶されるオーディションだ」。 そしてメル・Bは「どこから始めたらいいんだろう」。 「本当に素晴らしかったわ。 全身鳥肌よ、まさにクレイジーだわ」、「あなたの歌声が大好きだわ、そして全てのいじめっ子たちに私が言うのは…」。 ゴールデンブザーを獲得し、ライブ・ショーの準々決勝へ。 マケイラ・フィリップス 15歳 『』 オーディション・ウィーク最終週、「Auditions Week 6」放送回(現地時間7月10日)、カリフォルニア州キャニオン・レイクの15歳 マケイラ・フィリップス(Makayla Phillips)がデミ・ロヴァート(Demi Lovato)の「Warrior」で審査員 ハイディ・クルム(Heidi Klum)のハートを奪い、ゴールデンブザー。 その歌声にゴージャスなルックス、表現力、舞台での存在感、スター性など「全てが最高だわ」とハイディ・クルム。 「あなたは信じられないくらい素晴らしいわ」、「全てが大好き。 あなたの笑顔、みんなに伝えようとしているあなたの表現が大好きだわ」。 「あなたの声は信じられない、私があなたにすることわかる?」、ハリウッドのステージへ、幼い頃からの夢を叶えます。 ゲスト審査員を迎えるジャッジ・カットのラウンドは、来週7月17日より放送。 4週となるジャッジ・カットのラウンドでは、各回ゲスト審査員によるゴールデンブザーにも注目が集まります。 ゴールデンブザーの内容が強化されたシーズン10(2015年)以降、その優勝者は現在までに全てゴールデンブザー獲得者。 シーズン11は、審査員ホーウィー・マンデルのゴールデンブザーを獲得した当時12歳シンガー・ソングライター、グレース・ヴァンダーウォール(Grace VanderWaal)、昨年のシーズン12では、審査員メル・Bのゴールデンブザー、当時12歳「歌う天才腹話術少女」ダーシ・リン(Darci Lynne Farmer)が優勝しています。 全米のハートを掴み賞金100万ドル(約1. 1億円)を手にするのは果たして、2018年の頂点をかけた『アメリカズ・ゴット・タレント』ライブ・ショーは、ハリウッドのドルビー・シアターにて8月14日より開催予定です。

次の

アメリカズゴットタレント歴代優勝者や日本人は?審査員も気になる

アメリカ ゴッド タレント

yuriyan. retriever がシェアした投稿 — 2020年 1月月15日午後11時49分PST ゆりやんレトリィバァAGTに出演!審査員と英語で完璧なやり取り! ゆりやんレトリィバァAGTに出演!審査員と英語で完璧なやり取り。 ゆりやんレトリィバァさんがアメリカの人気オーディション番組アメリカズ・ゴット・タレントに出演しました! 名物審査員 サイモンとの英語でのやり取りもお見事。 アメリカ人にもウケる細かい動きで会場中が大爆笑。 でも・・・残念ながら、落ちてしまいましたが、今後もアメリカで活躍できそうな盛り上がりでした。 AGTで全米デビューした後、本格的にアメリカ進出するかも!? 追伸:「アメリカン」、「アメリカズ」の違いは前者が米国人、後者は国の『アメリカの~』という意味です。 なんちゃって英語ではない!ゆりやんの英語力とは? 実は昔から英語がペラペラなお笑い芸人 ゆりやんレトリィバァさん。 TBSの深夜番組 ロケミツに出演していた時から、外国人と英語で話していたゆりやん。 ネタでは関西弁風のなんちゃって英語、または日本語なのに英語っぽく聞こえる言い方で笑いを取っています。 でも、本気モードだと、キレイな発音で上手に話すことができます。 声が大きく、ハキハキしていて、聞きやすいのがいいね。 たぶんキレイな発音で英語が話せる人だと思った。 なぜゆりやんは英語がペラペラなのか?勉強法は? 一説によると、ゆりやんが英語を話せる理由は芸人になる前に外国人留学生のウガンダ人と付き合っていたからと言われています。 ダンスサークルが一緒だった彼とのコミュニケーションは英語。 愛する彼氏と話すために英語を猛勉強したかもね。 外国人の恋人を作るのが最強の上達法かも!? さらにグッド!ナイナイの海外定住実験バラエティー番組、世界のどっかにホウチ民で 数ヶ月ニューヨークで生活するという企画もやっていたゆりあん。 現地生活で英語力がさらにアップ。 少しでも興味があれば 評価は2分割! 今回のAGTデビューに対するゆりあんの評価は2つに分かれます。 英語力があって、コミカルな動きが面白くて、よかった。 審査員とのやり取りが最高だった! という評価がある反面、見た目、変なダンスで笑いを取るのはナンセンス、才能を競うアメリカズ・ゴット・タレントに反する。 コメディアンならスタンドアップコメディショー(トーク)でやればいい。 感じ方は人それぞれなので仕方がないですね。 ビヨンセネタ、その他パフォーマンスが面白い直美さん、一方ゆりあんは ネタよりは英語力が高い!という事が書かれていました。 ゆりあんが直美を追い越すのでは?とありましたが、そもそも比べる必要があるのかな?と疑問を持ちました。 お互いはそれぞれの道を楽しんでいるのだから、何でも他人と比べるのはどうかな? あなたはどう思いますか? ブリテンズ・ゴット・タレントでウケたゴンゾー! イギリスのゴット・タレントに出演して、会場は爆笑の渦になったゴンゾーさんのパフォーマンス。 ゆりやんと同様に反応がよかったのですが、全く取り上げられませんね・・・残念です。 ブラックマヨネーズ 小杉竜一さん、吉田敬さんも絶賛! 日本よりアメリカの方が笑いが取れているかも!? ゆりあん ワイドナショーでAGTの裏話を告白! ゆりあんがワイドナショーに出演! アメリカズ・ゴット・タレントの裏話を教えてくれました。 まずAGT開始7時間前に審査員との会話を想定してシュミレーションしていた。 辛口審査員サイモン対策もバッチリだった!? さらにゴールデンレットリバーからのキャットを飼っていた! で滑った後の返しも考えていたが、予想外にウケたので、使わなかった(汗)・・・ 今回ワイドナショーで勝ち進んだらやる予定だった決勝戦用の幻のネタを初公開!面白かったね。 追伸:星条旗のステージ衣装(水着)は心斎橋で買ったとの事でした。 ゆりあん特集!梅沢富美男のズバッと聞きます! 梅沢富美男の番組 ズバッと聞きます! でAGT出演の密着をしていた事が判明。 さすが梅ズバ、目の付け所が違いますね。 実はゆりあんの今回の成功の影に、 ある人の存在が・・・詳細をお伝えしますね。 英語を学び始めたキッカケとは? ゆりあんは小さい頃からアメリカに憧れていました。 特にマイケルJフォックスの映画が大好きだったので、よく映画の台詞を真似して遊んでいた。 将来の夢はアメリカで芸人になりたい。 とにかく憧れだけ、気持ちだけは人一倍あったんですね。 世界で成功するのを夢見て、実践の場で実力を試す! ゆりあんはアメリカ旅行中にも現地のイベントに飛び込みで参加! 実践でも笑いを試していた事が判明。 『アメリカでは彼女のような人が必要だわ!』と嬉しいコメントもありました。 生の反応を見て、アメリカ人の笑いのツボがわかってきた!? 場慣れしていたから、本番でも全く緊張しなかったんですね。 日本人のメンタルではない!凄すぎる。 生きた英語を身につけるには海外に行くべきですね。 AGT本番を裏で支えていたある人とは? 今回のオーディション参加者は全部で4万人! その中から255人になり、その中から限られた人が本番のステージに立てる、厳しい戦いです。 ゆりあんはアメリカに来て、日常会話を全て英語(日本語禁止!)にして番組収録を迎えました。 実はAGTオーディションの準備でゆりあんを支えていたのが、大学の同級生で親友の帰国子女 小島香帆さん。 香帆さんが審査員の質問を想定して、直前にシュミレーションをしてくれた! そして、何と想定どおりの質問が出たから、スラスラ対応できたと秘話も公開。 香帆さんのおかげで成功できた!とゆりあんも感謝していました。 ゆりあんの憧れの人 香帆さんは今は国際線のCAになり、世界中を飛び回っています。 ゆりあんの英語ネタのオーバーリアクションは香帆さんの影響でした・・・カッコイイよかった!? 普段二人でいる時、英語でケンカして遊んでいるそうですよ。 AGTの反応でピコ太郎越えした!? ゆりあんのRoad to America!まだまだ続きます。 【関連記事】• 追伸:しゃべくり007 浜崎あゆみさんが大好きな芸人はゆりあんと告白。 追伸2:キャラスポ 帰国子女ぶっている通訳 吉原モカさんの巻き舌トークネタが面白い!.

次の