のび フェミ。 フェミニズムとは

フェミニーナ®軟膏|ジェル|ミスト|製品情報|小林製薬

のび フェミ

問題のツイート 「誹謗中傷はやってはいけないこと」というルールは一応理解しているはずなのに、なぜかや5chを前にするとそのルールを忘れて誹謗中傷してしまうのは、その人がバグを抱えてる証拠でしかない。 「あいつのこの発言が自分をイラつかせたから」は誹謗中傷を正当化する理由にはならない。 — のび hanakazenaore ここだけ聞くと良い話なんだけど...。 まぁこの ツイフェミは過去に滅茶苦茶な誹謗中傷を行っており、しかも それらに対しての謝罪を全くしていないというクズっぷり こんなやつが誹謗中傷どうこう言っても、『まずは自分の行いから正せや!』と言われるのは当然である 広告 ツイートに対しての反応 他の人があなたの過去の発言をで貼っていますけど・・・・。 もう言行不一致もここまで来るともはやギャグですねw。 — 悪魔注意報 p1vuEzGD6JdQAHD 氏を勝手にミソジニストとレッテル貼りして、中傷してる方がよく言うな… 文脈から考えたら中指立てるって、相手に対する侮蔑表現ですよね。 広告 ツイート主は何者か? 声を上げれば、世界は変えられる 世界を変える前に自分を変えろ ちなみに固定ツイートにこんなものを飾っているが.... 鏡というものをご存じでないらしい 「最近のび何に怒ってるの?」と思っている人用に再度拡散しておきます。 および5chで誹謗中傷、個人情報特定・拡散などのに遭い、戦っている女性の記録です。 このようなを許してはいけない。 — のび hanakazenaore これ以外にも色んな炎上ツイートをしているし... ツイフェミとはなんなのかを体現してくれています。 広告 summii99146.

次の

フェミニズムとは

のび フェミ

女性のデリケートゾーンのことを 考え抜いてつくられた処方のお薬だから。 つらいかゆみを、素早く鎮めるかゆみ止め成分を配合。 また、抗ヒスタミン成分配合が、かゆみの発生も抑えます。 低刺激で、肌にやさしい処方。 メントールや香料も不使用。 非ステロイド。 雑菌の繁殖も抑える。 ムレやすいデリケートゾーンに適したベタつかない使い心地。 女性にとっての使い勝手を追求しているから。 ポーチにinしやすい、お部屋に置きやすい英字ロゴfemininaのチューブデザイン。 首筋や太ももなど、デリケートな皮ふのあせもや虫刺されなどにも使える。 ほとんどのドラッグストアで購入可。 WEBでもお買い求めいただけます。 どこまで塗ればいいですか? かゆみを感じている外陰部とそのまわりに塗ってください。 腟内などの粘膜部分には使用できません。 生理中に使っても大丈夫ですか? お使いいただけます。 日中はトイレで経血をよくふき取ったあと、就寝前はお風呂などで患部を清潔にしてからのご使用をおすすめします。 何歳から使えますか?子供が使ってもいいですか? お使いいただけます。 ただし、7歳未満のお子様でしたら、医師、薬剤師、登録販売者にご相談のうえで、ご使用ください。 7歳以上のお子様には、保護者の指導監督のもとにご使用ください。 1日何回くらい使用できますか? 1日5~6回までを目安にご使用ください。 かゆみ症状が再発しないようなら、1日1回のご使用でも構いません。 カンジダ治療薬と併用してはいけないのはどうしてですか? フェミニーナ軟膏やフェミニーナジェル、フェミニーナミストは、カンジダ症の根本的な治療にはなりません。 かゆみ症状が一時的に改善することはありますが、カンジダ治療薬がきちんと効果を発揮できているか、正しく判断できなくなる恐れがあります。

次の

のび というフェミニスト|ままん|note

のび フェミ

「私、この論文嫌い」 4時限目のゼミを終え、慌ただしく移動して5時限目の教室にたどりつく。 今日は授業開始まで数分の余裕があるから、そのあいだに頭の中を整理して冷静に授業をはじめられそうだ。 内心で安堵しつつ次々と教室にやってくる学生たちの様子をなんとはなしに観察していたら、不意打ちのようにその声が聞こえた。 「私、この論文嫌い」 もちろん無関心ではいられない。 5時限目は恋愛や結婚、性的欲望などに関する論文を読んでグループでディスカッションする授業なので、「この論文」とはその日の課題文献のことを指しているはずである。 もちろん学生が読むべきだと思って私が選んだものなので、「嫌い」な理由いかんによっては私の選択が間違っていたということになるかもしれない。 〔PHOTO〕iStock ちなみにその日の課題文献は女性の美容整形を題材にしたフェミニズムの文章で、主張は次のようなものだ。 「美容整形というのは本人の自由意志でやっているだけのものだ」という見方はこの社会が女性の外見に課す過剰な要求(「いつ見た目で判断されてもよいよう、常に美しくあれ!」)を無視している。 他方で、「女性は社会によって整形させられている被害者」という見方は、女性自身の意志を無視している。 フェミニズムは、美容整形という現象を考えるとき(だけでなく、この社会において女性が生きていくことの難しさを考えるときはいつでも)、女性自身の意志と社会の影響の双方を考慮しながらその現象の問題性と向き合わなければならない。 この文献のよさは「女性は無力な被害者でしかない」といった一面的な主張をしないところにあると私は考えていて、だからこそ学生にフェミニズムの考え方を理解してもらうのにふさわしいと思って選んだのだった。 だから、その学生(女性)の放った「嫌い」という言葉の強さに、私はけっこうなショックを受けた。 それ、「被害妄想」じゃないの? 話を聞いていると、その学生が「嫌い」と言ったのはこの論文の中に 「思い込み」が書かれているかららしい。 実はこの論文に対して強い嫌悪感を抱く学生がクラスの中にもう一人(こちらも女性)いたのだが、二人の話を総合すると、この論文の中でフェミニズムが向き合うべきとされているエピソードは、体験した女性、あるいは論文著者自身の「主観」にすぎない「思い込み」や「被害妄想」の類なのだというのである。 とはいえこれはあとから振り返った話。 実際は不意打ちに体勢を立て直す間もなく、5時限目の授業がはじまった。 学生たちのディスカッションを見守りときに介入しつつ、私の脳は二人の学生への応答を高速回転で考えはじめる。 この状況には、フェミニズムにとって重要な二つの論点が関係しているはずだ。

次の