ドラマ ファースト クラス。 沢尻エリカのドラマ&映画一覧!「ファーストクラス」、「母になる」など名作揃い!

フジテレビ毎週水曜日22:00〜O.A『ファーストクラス』 青柳翔 出演 TRIBE moible

ドラマ ファースト クラス

もくじ• 青柳翔さんのプロフィール 生年月日 1985年4月12日(29歳) 出生地 北海道札幌市 血液型 A型 職業 俳優 ジャンル 舞台、テレビドラマ、映画 事務所 LDH ファーストクラス2で一番【吉成ちなみ】を支えそうな男性キャストは? 遂にドラマ【ファーストクラス2】が始まりましたね。 このドラマは、女のいがみ合いの部分が多く、 好き嫌いがはっきり別れてしまうタイプのドラマです。 女の戦いが好きな視聴者層には高評価となりますが、 逆に見難いと感じてしまう方には一切受け入れられない… そういうはっきりしたドラマであるだけに、 何かとワイドショーでも話題になっていますね。 また、主人公の吉成ちなみを 沢尻エリカさんが演じるとあって いろんな意味で注目されてきたドラマです。 彼女自身『別に…』発言をされた頃から、 だいぶ変わられたはずですし、 印象も変わっていると思いますが、 どこかで、性格が悪いと言われるファンも多く、 この手のドラマの主役に『ピッタリ!! 』とも、 一部で言われているようです。 さて、前シリーズの頃から、 女性ばかりが注目されている このファーストクラスですが、 第2シリーズも舞台が変わるものの、 その基本的路線は変わりません。 夏木マリさんや木村佳乃さんなど、 そうそうたるメンバーを取り揃え、 激しい女の戦いが繰り広げられているそうです。 ただ、その中でこのドラマを支える男性キャストも 忘れてはいけません。 では、ヒロイン吉成ちなみを 最も支える男性キャストは誰なのでしょうか? キャラ設定などを見て、私なりに考えた意見ですが、 おそらく間宮充役を演じられている 青柳翔さんだと思います。 青柳さんは、劇団EXILEのメンバーのひとりで、 現在注目されている若手俳優のひとりです。 今回の役どころとしては、 IT業界で成功し マネーゲームに長けているその手腕を見込まれ、 NGSホールディングス新社長:滝川蘭子の忠実な 部下的存在として吉成ちなみにも接近してくる役です。 ただ、間宮充が今回の男性キャストの中で、 一番ちなみを支えると思われる人物なのですから、 男女問わずある意味敵だらけの環境だと、 改めて痛感させられた気分です。 そういえば、 大人気ドラマ半沢直樹も、 ある種敵だらけの状況でしたよね。 ファーストクラスは、 もっと過酷な環境下での戦いなのかもしれません。 その争いが好走するのか、不評と化するのか、 まさにイチかバチか的なドラマなので、 今後どのように評価されるのか、 非常に楽しみですね。 他の男性キャストたちは? さて、今回のドラマで、 吉成ちなみに関わる男性キャストは、 まだ数名います。 その男性キャストをここでご紹介します。 矢野隆太郎役:淵上泰史さん 一人目は、今年話題になった ドラマ『昼顔』にも出演し、 何かと注目されている 若手注目株の役者:淵上泰史さん。 彼は、今回のファーストクラス2で、 夏木マリさんが演じる矢野竜子の息子で、 ファッションブランド【TATSUKO YANO】の 後継者『矢野隆太郎』役を演じられています。 元々は、ブランドを継ぐ気も無く、 ダンサーとして目指していたのですが、 途中で挫折し、後継者になるために帰国。 竜子からは信頼もされておらず、 バカ息子としてピエロを演じていますが、 その裏では野心も抱いているようで、 二面性を持つ男といった役回りです。 冴木大五郎役:中村倫也さん 二人目は、現在放送中のNHK大河【軍師官兵衛】で、 織田信忠の役を演じられていた中村倫也さん。 彼が扮する、冴木大五郎は、 ともさかえりさんが演じる【多武峰凪子】に、 何かあるたびに、 出世のチャンスをちらつかせられながら、 ストレスのはけ口にされてしまうという、 イジメられキャラです。 そして、凪子の忠実な下僕として、 普段はちなみの部下につきながら、 裏で、彼女を窮地に陥れる汚い役です。 本当はこんなことをするために、 入社したわけではなかったと思いますが、 凪子に逆らえず、 裏で汚いことをするしか 道がなかったのでしょうね。 そういえば、以前、 有村架純さんと熱愛報道も流れていましたよね。 有村架純さんとも一時期熱愛の噂があった岡本圭人さん 何かと世間を賑わかせている岡本さんですが、 現在は、アイドルとしてだけでなく 役者としても注目されています。 そんな彼が、 今回のファーストクラス2で演じるキャラは、 国木田久志という人物です。 久志は、 有名私立大学を卒業したばかりのパタンナーで 将来設計もまだ立てられていない いまどきの若い男の子です。 どちらかと言うとクールな印象が強く、 あまりガツガツしているわけではなく、 出世欲や女のいがみ合いで、 醜い争いをしているちなみや凪子たちを見て、 嘲笑するキャラクターです。 確かに、女性の社会進出を強く訴えている、 この日本で、仕事よりも いがみ合いすることに力を入れている女性を見ると、 仕事そのものを馬鹿にしている愚かな人間と映り、 怒りを通り越して、滑稽にしか見えません。 そういった男性心理を、岡本圭人さんは、 国木田久志をどのように演じられるのか 非常に楽しみですね。 間宮充以外は、吉成ちなみと敵対関係? 青柳翔さんが演じられる間宮充は、 吉成ちなみに対して、 時に敵対関係であり、時に味方という 複雑なキャラクターです。 ただ、サポートするのは彼くらいで、 他のメンバーは、心から敵対はしていないものの、 結果的に敵対関係になってしまうところがあり、 少なくとも彼女を助ける役回りではないようです。 やはり、誰も味方がいない四面楚歌状態で、 孤軍奮闘する吉成ちなみの姿が面白く、 ドラマでいろいろ映しだされていくのでしょう。 今後どのような女の戦いが展開されていくのか? また、男性キャストが、 どのように吉成ちなみに関わっていくのか、 その顛末を楽しみにしたいものですね。 ファーストクラス1話見た。 これ2とかついてなくて、そのままファーストクラスなんだね?前作よりパワーアップしてて見るの疲れるんだろうけど、面白いので見ちゃうw倫也さん可愛いwwあと昼顔の人と聖女のお兄ちゃんが居て、興奮しとります 笑 全体的にキャストが楽しいなこれ — ほお cn1926 2014, 10月 25 ファーストクラス2の2話また観てたんだけどさ、 観過ぎ なんかやっぱ前の方が観てて元気づけられるっていうか名言的なの多かったよね。 続編も楽しいし観ててワクワクするけどさー。

次の

ドラマ「ファーストクラスS1/S2」 無料動画|沢尻エリカ主演のファッション業界ドラマ動画

ドラマ ファースト クラス

彼女はひょうなことから有名ファッション誌「ファーストクラス」のインターンになります。 なれない仕事に先輩からの嫌がらせ、彼女は心身共に疲れ、インターンを辞める決意をする。 しかし編集長から言われた言葉により、続ける決意をする。 このドラマは一般の方に「マウンティング」という言葉を定着させたドラマだと思います。 何度となくあるマウンティング場面は、きっと女性ならあるある~と言ってしまいそうな場面ばかり。 ナレーションがLiLiCoさんなのもなかなかドラマに調和が取れていて面白かったです。 主人公の吉成ちなみを演じたのは、沢尻エリカさんでしたが、清楚系のメイクは珍しかったので最初はかなり違和感がありました。 また性格的にもかなり良い子っぽい感じだったので、イメージ的になな違う…。 と思いつつ見ていました。 他にも菜々緒さんや石田ニコルさん、田畑智子さんも出演しており、菜々緒さんのスタイルに感嘆の声が出ました。 最早編集者ではなくモデルとして出演した方が良いのでは?と思わざるを得なかったです。 菜々緒さんはなんだかイメージできる魔女っぽい役柄で素敵でした。

次の

「ファーストクラス」のドラマを動画フルで1話から最終回まで無料視聴する方法!動画配信からパンドラやデイリーモーション、フリドラも|映画と動画を楽しむ会

ドラマ ファースト クラス

やられたらやり返す! 女の復讐 また、先輩と組んで仕事をしたときの復讐談も。 「もともとRさんが担当するはずだった企画が、私に変更になったことがあったんです。 それでRさんがサブでついてくれたんですが、企画を乗っ取られた腹いせか、相当嫌がらせされましたね。 まさにドラマの白雪(田畑智子)みたいに(笑)。 例えば、企画の説明をしても雑誌を読みながら『あーはいはい』って生返事するだけ。 いざ企画書渡すとたいした理由もなく『全然ダメ、やり直し』って突き返されるの繰り返し。 そのくせ副編集長にはニコニコして『頑張りますぅ』なんて媚びててかなりムカつきました。 後日、 私もRさんの悪事を書いたメールをばら撒いてやりましたけどね。 最終的には私が編集長に気に入られて上位に立てましたよ(笑)」 女の仕返しは怖い! カリスマ読者モデルのワガママ ドラマではMIINA(佐々木希)とERENA(石田ニコル)がトップモデルの座をかけて激しい抗争を繰り広げていますが、どちらかというと厄介なのは読者モデルなんだとか。 「トップモデルにもわがままな子はいますけど、まだ許せます。 どんなに現場振り回しても最終的にはちゃんと部数に繋げてくれるんで。 面倒くさいのは読モのほうです。 下手に人気が出ると自分はすごいって勘違いしちゃうみたいなんですよね。 某人気読モは、本来のギャラの三倍払わないと出ないってゴネだして。 結局、払って出てもらいましたよ。 彼女専属のカメラマンまで呼んで!」 現場に入っても取り巻きのスタッフとしか話さないという有り様で、ほかの読モたちはその様子を遠巻きに眺めるだけ。 格の違いを見せつけるかのようなカリスマ読モに、みんなは唖然。 その日の彼女のブログには『今日の撮影も楽しかったです!』とぬけぬけと書いてあったそう。 ある女性編集者いわく、「こういう共通の敵がいると、普段は仲の悪い編集同士の結束が固くなることも。 まあ、一瞬だけですけどね(笑)」 すべてではないとはいえ……強烈な女性誌編集部も存在するんですね。 ドラマもこれからさらにハードなマウンティングが見られそうです。 最終的に誰が編集部の頂点に立てるのか!? 目が離せません! <TEXT/北条マサ子(清談社)>.

次の