北区 学童保育 コロナ感染。 新型コロナ:感染確認、保護者周知を 保育所や学童 :日本経済新聞

モンペアが原因か?東京・北区の学童保育のアルバイト職員 区がコロナ感染隠蔽

北区 学童保育 コロナ感染

みなさんこんにちは。 2020年に入り世界的に新型コロナウイルスが蔓延して、世界中で猛威を奮っていますよね! 世界中で感染者は100万人を超え2020年東京オリンピックが開催延期になるなど、まさにパンデミックです。 日本も例外ではなく2020年4月7日には緊急事態宣言が発令されるなどして事例がないだけにびっくりされている方も多いと思います。 さてさてそんな連日新型コロナウイルスのニュースが溢れていますが、なんと東京都北区の学童にてアルバイト職員の方が新型コロナウイルスに感染、それを東京都は隠蔽し開校指示を題していたというニュースがありましたね。 今コロナウイルスが騒がれ、外出自粛や撲滅ムードの中この東京都北区の対応はちょっと目も当てられませんね。 また、コロナウイルスの感染者がでた学童はどこ?や場所は?や開園指示出したのはだれ?など気になる方も多いと思います。 ということで今回は「東京北区のコロナウイルスが出た学童はどこ?対応はどうする?指示を出したのは誰?」と題してまとめていこうと思います!! Contents• 東京北区のコロナウイルスが出た学童はどこ? さてまずはこちらのコロナウイルスの感染者がでた学童はどこ?や場所は?ということですが気になりますよね。 早速調べていきたいと思います。 こちらは北区という情報なだけで詳しい情報は載っていませんでした。 また東京都は人口が密集する場所でもありますので学童なども数がかなり多いです。 横浜の件もありましたのでやはり市の対応などもしっかりしてほしいですよね。 周囲に住んでいる方も巻き込んでしまいますのでこういったことはしっかり隠さないでほしいですよね。 下記に学童一覧を掲載しておきます。 クラブ名 所在地 電話 西ケ原さくらっ子クラブ第一 西ケ原4-19-21 03-3910-7227 西ケ原さくらっ子クラブ第二 西ケ原4-19-21 03-3918-1230 赤羽こどもクラブ第一 赤羽1-24-6 03-3902-1565 赤羽こどもクラブ第二 赤羽1-24-6 03-3901-7913 赤羽こどもクラブ第三 赤羽1-24-6 03-3901-7930 稲田こどもクラブ第一 赤羽南2-23-24 03-3903-2594 稲田こどもクラブ第二 赤羽南1-16-1-101 03-3901-1751 堀船つくしクラブ第一 堀船2-11-9 03-3914-5838 堀船つくしクラブ第二 堀船2-11-9 03-3914-8003 滝五若葉クラブ第一 昭和町3-3-12 03-3800-3079 滝五若葉クラブ第二 昭和町3-3-12 03-3800-3081 西が丘みらいっ子クラブ第一 十条仲原4-5-17 03-3900-6345 西が丘みらいっ子クラブ第二 十条仲原4-5-17 03-3905-0775 八幡こどもクラブ 赤羽台3-18-5 03-3900-9641 四岩小いちょうクラブ第一 赤羽3-24-23 03-3903-4459 四岩小いちょうクラブ第二 赤羽3-24-23 03-3903-4015 豊島育成室 北区豊島7-17-1 03-3927-7333 豊島学童クラブ 北区豊島3-10-23 03-3914-5594 第二豊島学童クラブ 北区豊島3-10-23 03-3913-1624 第三豊島学童クラブ 北区豊島3-10-23 03-3913-3866 第一さくらクラブ 王子5-2-3-102 03-3914-4818 第二さくらクラブ 王子5-2-3-102 03-3914-3974 桐ケ丘郷っ子クラブ第一 桐ケ丘1-10-23 03-3907-0891 桐ケ丘郷っ子クラブ第二 桐ケ丘1-10-23 03-3906-9276 桐ケ丘郷っ子クラブ第三 桐ケ丘1-10-23 03-3906-9275 赤羽台西小クラブ第一 赤羽台2-1-34 03-3907-6494 赤羽台西小クラブ第二 赤羽西5-7-5 03-5993-5133 田端ぽぷらクラブ第一 田端5-4-1 03-3823-2750 田端ぽぷらクラブ第二 田端5-4-1 03-3827-7887 田端ぽぷらクラブ第三 田端3-24-14 03-3823-2003 滝四もみじクラブ第一 東田端2-5-23 03-3893-9611 滝四もみじクラブ第二 東田端1-12-14 03-3800-6110 滝野川もみじ元気っ子クラブ第一 滝野川3-72-1 03-3918-2501 滝野川もみじ元気っ子クラブ第二 滝野川3-72-1 03-3918-9910 滝野川もみじ元気っ子クラブ第三 滝野川3-72-1 03-3916-7758 たきさんクラブ第一 滝野川1-12-27 03-3910-4177 たきさんクラブ第二 滝野川1-12-27 03-3918-9913 谷端こどもクラブ 滝野川7-12-17 03-3916-8641 滝二っ子クラブ第一 滝野川6-19-4 03-3916-0521 滝二っ子クラブ第二 滝野川6-19-4 03-3917-0946 なかよしクラブ 北区豊島5-3-30 03-3912-9686 風の子クラブ 北区豊島5-5-5-107 03-3914-3964 王子東育成室 王子6-2-60 03-5390-2707 王子っ子クラブ第一 王子2-7-1 03-3911-1901 王子っ子クラブ第ニ 王子2-7-1 03-3911-1912 王子っ子クラブ第三 王子2-7-1 03-3911-1920 柳田みどりクラブ第一 北区豊島2-11-20 03-3914-5595 柳田みどりクラブ第二 北区豊島2-11-20 03-3914-5020 東十条こどもクラブ第一 東十条3-14-23 03-3927-2069 東十条こどもクラブ第ニ 東十条3-14-23 03-3913-9710 梅木あおばクラブ第一 西が丘2-21-15 03-3908-9476 梅木あおばクラブ第二 西が丘2-21-15 03-3908-4826 王三小クラブ第一 上十条5-2-3 03-5993-1107 王三小クラブ第二 上十条5-2-3 03-3905-8223 王五わんぱくクラブ 上十条2-18-17 03-3905-1435 荒川ふじクラブ 中十条3-1-6 03-3907-8071 赤北ひばりクラブ第一 赤羽北2-15-3 03-3907-6276 赤北ひばりクラブ第二 赤羽北2-15-3 03-3907-6290 赤北ひばりクラブ第三 赤羽北2-15-3 03-3908-8838 浮間桜草クラブ第一 浮間3-4-27 03-3967-2041 浮間桜草クラブ第二 浮間3-4-27 03-3967-2053 浮間桜草クラブ第三 浮間3-4-27 03-3967-0121 浮間桜草クラブ第四 浮間3-4-27 03-3967-0031 西浮間クラブ第一 浮間2-7-1 03-3967-1136 西浮間クラブ第二 浮間2-7-1 03-3967-1137 西浮間クラブ第三 浮間2-7-1 03-3967-1138 ふたばクラブ 志茂1-34-17 03-3901-3623 みつばクラブ 志茂1-34-17 03-3901-3624 よつばクラブ 志茂1-34-17 03-3901-3625 岩小白梅クラブ 岩淵町6-6 03-3902-0170 十条台小クラブ 中十条1-5-6 03-3905-7124 王ニなかよしクラブ 王子本町2-2-5 03-3900-9638 滝小こどもクラブ第一 西ケ原1-18-10 03-3918-1525 滝小こどもクラブ第二 西ケ原1-18-10 03-3949-0849 滝小こどもクラブ第三 西ケ原1-18-10 03-3910-3180 神小あおぞらクラブ 神谷2-30-5 03-3902-0100 神小つばさクラブ 神谷2-30-5 03-3901-2634 元ページは 対応はどうする?指示を出したのは誰? さてきになる東京都北区の対応になります。 一体どのような対応をされるのか?気になりますよね。 本日の一部報道において、学童クラブ利用者の保護者のみなさまをはじめ、区民のみなさまには、多大なるご心配、ご不安をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。 この度の対応につきましては、保健所の判断および区内における感染者発生時の公表の考え方に基づき、公表は行いませんでした。 今後につきましては、公表の考え方を検証し、患者やご家族の人権の尊重・個人情報保護に配慮しつつ、利用者のみなさま、区民のみなさまのご心配やご不安に応えられるように迅速かつ適切な情報の提供を行ってまいります。 引き続き、区民のみなさまの命と健康を守るため、感染拡大防止に向け、北区全庁を挙げて対策に取り組んでまいります。 元記事は ということで情報などの開示はされて行く見たいですね。 また情報の非公開を指示をしたのは東京都庁ということになります。 Twitterの反応まとめ.

次の

【東京コロナ】北区の学童保育職員が感染、隠ぺい!保護者に公表せずに運営を継続していたことが判明

北区 学童保育 コロナ感染

北区の学童保育職員の新型コロナウイルス感染について、区が公表せず、学童保育に通う児童の保護者らにも伝えずに児童受け入れを継続していることが17日、わかった。 区教委子どもわくわく課の氏家章課長は取材に「区の公表の基準に基づいて判断した。 今後は公表の考え方について検討していく」と説明。 区は同日夕、ホームページに区の対応を説明する文書を掲載した。 学童保育は18日以降も開かれる予定。 区などによると、この学童保育は区が民間に運営を委託している。 40代女性非常勤職員が先月31日、発熱と肺炎で救急搬送され、今月3日に陽性と判明した。 だが、区保健所は女性が最後に勤務したのは先月26日で、発症までは5日間が経っていることから、「学童の職員・児童は濃厚接触者に当たらず、消毒などの対策は必要ない」と判断。 区も感染の事実を児童の保護者らに連絡せず、公表もしなかった。 学童保育の運営会社は今月7日、厚生労働省に「臨時休業と保護者への説明をしたい」と相談。 同省は区に対応を求めたが、区は応じていなかった。 (柏木友紀).

次の

新型コロナ:感染確認、保護者周知を 保育所や学童 :日本経済新聞

北区 学童保育 コロナ感染

学童保育の現場が「体制が崩れる重大局面」 全国の緊急事態宣言の延長が固まり、学校再開のめどが立たない中、学童保育の現場も大変負担がかかり厳しい現実になっている。 4月はじめに東京都北区では学童職員の女性が感染して区が当初公表せず問題になっていたが、実際都内の学童クラブの多くは広いスペースを有しているとはいえず、「三密」になりやすいところもあるのが実情だ。 1都3県を中心に21校で開校し、平時なら約1000人の児童が通っている「放課後NPOアフタースクール」代表理事の平岩国泰さんは、 「体制が崩れてしまう重大局面」として警鐘を鳴らし各方面の応援を呼びかけている。 「放課後NPOアフタースクール」 平岩国泰代表理事 学童クラブに今も平時の1~5割の児童が通う 現在、学童保育については各自治体によって対応が異なっている。 東京都の渋谷区や世田谷では、原則休室とし医療関係者や警察官らの子どもだけを預かるとしている一方で、港区や板橋区では保護者に自粛をお願いすることになっている。 東京都渋谷区のホームページより 平岩さんによると、その結果、原則休室のところは平時の1~2割、自粛要請のところは平時の3~5割の児童が利用しているという。 現場では換気や消毒、そして距離を保つよう気をつけているが、預かる人数が平時より減っているとはいえ、子どもは群がったりスタッフにくっついたりとずっと離れて過ごすことはできず、やはり感染の恐怖を感じるという。 現場で消毒の様子 「放課後NPOアフタースクール」提供 スタッフの心理的負担が「重大局面」に さらにここにきて一番心配なのは、スタッフの心理的負担だ。 平岩国泰さん: スタッフの心理的な負担が重大局面を迎えています。 今までずっと使命感でやってきていますが、これだけ感染が治まらない中、なお電車で出勤しないといけないとなると、 恐怖心が使命感を上回り始めたという感じです。 高齢者と一緒に暮らしているスタッフや、自身に子どもがいるスタッフもいて、実際ご両親から出勤を止められたりしたスタッフもいます。 このままでは人手を確保できず閉鎖してしまう学童クラブも出てくるので、なんとか工夫してゴールデンウィーク明けも体制を維持して必要な方を支えていきたいです。 学童クラブ体制を維持するための緊急提言 休校措置がさらに続くことを想定し、平岩さんは4つの方策を提案している。 学校の場所と人の活用 「三密」にならないためには、児童たちを分散させるがポイントになる。 学童クラブの多くは学校の中の遊戯室など限られた部屋だけを使っているが、そこだけではなく、 教室、校庭、体育館を利用できるようにしてもらえるとリスクが大きく減る。 また人手として 教員の力を借りられないか。 平岩さんは、教員が3人程度毎日交代で出てきてもらうだけでも大変助かるという。 例えば午前中に学校、午後に学童クラブというようにするだけでも学童クラブの負担が大きく減るだろう。 千葉市のように14時半まで学校で児童を預かっているところもあるが、それには自治体と教育委員会の理解と連携が不可欠になる。 開室時間を短くする 学童保育の時間は多くが8時から19時だが、それだとスタッフは二交代制をとらざるをえないため、例えば時間を9時から17時にすればスタッフの人数をおさえることができる。 土曜日を休みにする 4. 開室する学童クラブの数を絞る 「放課後NPOアフタースクール」提供 平岩さんの提案を受けいれられるかどうかは各自治体の判断になるが、すでに開室時間の短縮を前向きに検討してくれているところがあるという。 対コロナの戦いは長期戦になっていく以上、どうやって分担して社会全体で回していくことが重要になる。 休校が続く中、学童クラブは医療従事者やエッセンシャルワーカーといった社会生活を支える方々のお子さんを預かる重要な使命を負っている。 平岩さんは、「学童保育は、最前線で頑張る方々を支えるために準最前線にいる。 なんとかして体制維持して最前線を支えたい」と訴えている。 【執筆:フジテレビ 崔 雋】.

次の