ブランディング ライツ。 ブランディングライツ:2020年1月10日|ニーフ(neaf)のブログ|ホットペッパービューティー

サンプロ、広告賞やネーミングライツ獲得でブランディングを :: リフォーム産業新聞

ブランディング ライツ

リリースとプロモーション [ ] この曲は、初の電気自動車『』のキャンペーンソングに起用され、ザ・ウィークエンド本人も出演するテレビCMのCMソングとして使用された。 このCMは2019年11月24日にドイツで放送が始まり、ここで曲の一部とタイトルが初公開となった。 2日後の26日には、YouTubeでCMのティーザー映像が全世界に公開された。 それから3日後の29日、曲は『ハートレス』に続く次のアルバムの2番目のシングルとしてリリースされ、同時にCMのフルバージョンがYouTube上に公開された。 ザ・ウィークエンドは曲のプロモーションのため、12月6日にで初パフォーマンスを行った。 2020年1月13日にはでパフォーマンスを行い 、3月7日にはでパフォーマンスを行った。 曲と歌詞 [ ] 曲は、オスカー・ホルター、ザ・ウィークエンドによってプロデュースされた。 ザ・ウィークエンドとマーティンはこれまでに何度かコラボしており、ザ・ウィークエンド初の全米1位獲得曲『』でも共作している。 曲のジャンルには、 、 、 などが挙げられ、キーは、ボーカルの声域はF 4からC 6の範囲に及ぶ。 80年代に影響されたサウンドについては、とのインタビューで、自身が80年代の音楽のファンであり「80年代の音楽が新しいサウンドを作る手助けになることもあれば、時にはあからさまに影響を受ける場合もある」ことを明らかにした。 歌詞は、2015年4月から付き合ったり別れたりを繰り返しているとの関係を書いたものだと考えられている。 は「彼のために一貫してそこに居続けた女性に対する彼の気持ちを基に書かれている」と分析した。 Somag Newsは「"Heartless"では自分は誰を愛することもできないと歌っていたが、"Blinding Lights"ではより幸せな歌詞になっている。 評価 [ ] 曲はファンと批評家の両方から軒並み高評価を受け 、特に80年代を彷彿とさせるサウンドを称賛された。 VOICEは「疾走感のある80年代のレトロなシンセサウンドによるエレクトロニック・ダンス・ナンバー」と表現した。 は「場違いに目立つのではなく、リードシングル"Blinding Lights"の80sシンセポップの爆発的な輝きは、アルバムのノルタルジックなパレットと上手く調和している」と評した。 また複数のメディアが、の1985年のヒット曲『』の影響を指摘した。 Belong Mediaは「覚醒したように意気揚々なヴォーカルで、ピークに達する。 まさに躁状態、突飛な曲」と表現した。 Slateは「輝やかしさと不気味さ、ダンス向けの音楽と暗い音楽の理想的な中間点を見つけた」と評した。 The Ringerはこの曲を『セーブ・ユア・ティアーズ』と『イン・ユア・アイズ』と共に、アルバムのベストソングの1つに選んだ。 ビルボードとコンセクエンス・オブ・サウンドは、2020年6月に公開した「2020年のこれまでのベストソング」という記事で、この曲をランキングの1位に選んだ。 チャート成績 [ ] オーストラリアでは、2019年12月15日付ので16位でデビューした。 その後、2020年2月2日付のチャートで1位に上り詰め、4月5日付のチャートまで10週連続で1位を獲得した。 その3週間後の4月26日付のチャートで、アルバムリリースの影響もあり1週間のみ1位に復帰し、合計で11週間1位となった。 この曲でザ・ウィークエンド初のオーストラリア1位となった。 ニュージランドでは4週間1位を獲得し、2015年の『キャント・フィール・マイ・フェイス』と2016年の『スターボーイ』に続く3度目の1位となった。 イギリスでは、2019年12月12日付ので12位でデビューした。 2020年1月2日付のチャートで41位まで順位が下がるも、1月16日付のチャートでセールスは減少するもトップ10入りを果たした。 その後、2月7日付のチャートでセールスを大幅に伸ばし62,512部を売り上げ、1位に上り詰めた。 2週連続で1位を獲得したあと、の『ノー・タイム・トゥ・ダイ』が首位デビューしたため2位に順位を落とすも 、翌週に1位を奪い返した。 そこから3週連続で1位を獲得したあと、の『ローゼズ』に取って代わり再び2位に順位を落とすも 、2週間後に1位を奪い返した。 そこからさらに3週連続で1位を獲得し 、合計で8週間1位となった。 この曲でザ・ウィークエンド初のイギリス1位となった。 アメリカでは、初週に24,000枚のデジタル販売と2480万ストリーミングを記録し、2019年12月14日付ので11位でデビューした。 翌週に52位まで順位が下がるも 、2020年2月29日付のチャートでトップ10入りを果たした。 その後6週連続で順位を上げ、4月4日付のチャートで15,000枚のデジタル販売と3210万ストリーミング(前週より54%増加)を記録し、1位に上り詰めた。 この1位を獲得は、の『ザ・ボックス』の11週連続1位の記録を破る快挙となった。 2週連続で1位を獲得したあと、の『トゥージー・スライド』が首位デビューしたため2位に順位を落とすも、翌週に1位を奪い返した。 そこからさらに2週連続で1位を獲得し、合計で4週間1位となった。 この曲でザ・ウィークエンド5度目のアメリカ1位となり、この曲が収録されたアルバムからは『ハートレス』に続く2曲目の1位獲得となった。 プロデューサーおよびソングライターのは、2016年にリリースしたの『キャント・ストップ・ザ・フィーリング! 』以来、4年ぶりとなる1位を獲得した。 マーティンはこの曲でプロデューサーとして21曲目の1位となり、1位獲得回数はに次ぐ歴代2位となっている。 ソングライターとしては23曲目の1位となり、1位獲得回数はとに次ぐ歴代3位となっている。 カナダでは、2019年12月14日付ので2位でデビューした。 2020年1月4日付のチャートで19位まで順位が下がるも 、1月18日付のチャートでトップ10への回帰を果たした。 その後、4月4日付のチャートで、ロディ・リッチの『ザ・ボックス』の10週連続1位を記録を破り1位に上り詰めた。 5週連続で1位を獲得したあと、ザ・スコッツ、、の『ザ・スコッツ』が首位デビューしたため2位に順位を落とすも、翌週に1位を奪い返した。 1週間1位を獲得したあと、との『スタック・ウィズ・ユー』が首位デビューしたため再び2位に順位を落とすも、翌週に1週間だけ1位を奪い返し 、合計で7週間1位となった。 この曲でザ・ウィークエンド5度目のカナダ1位となった。 その他に、アイスランド、アイルランド、イスラエル、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、クロアチア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スコットランド、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、フィンランド、フランス、ベラルーシ、ベルギー と 、ポーランド、ポルトガル、メキシコ、ヨーロッパ、ラトビア、リトアニアで1位を獲得した。 ヨーロッパ全土のラジオチャートでは、の『』との『パーフェクト』が保持していた連続1位記録を更新し、21世紀最大のヒットとなった。 のストリーミングチャートでは、2020年2月27日付の週間チャートで4365万ストリーミングを記録し、の『ダンス・モンキー』を抑え1位に上り詰めた。 その後、4月30日付のチャートを除き5月21日付のチャートまで12週間1位を獲得した。 その3週間後の6月18日付のチャートで、2位と約7万ストーリーミングという僅差で1週間だけ1位を奪い返し、合計で13週間1位となった。 この曲のspotifyにおけるストリーミング数は10億回を超え、ザ・ウィークエンドの曲の中で最もストリーミングされた曲となっている。 ミュージックビデオ [ ] ミュージックビデオは、前作『ハートレス』に続きアントン・タミが監督を務めた。 撮影はのの一部を貸し切って撮影された。 また、のでも一部撮影が行われた。 YouTubeではリリース日の11月29日に音源が公開され 、12月6日にリリックビデオが公開され 、曲のリリースから1か月以上が経った1月21日にミュージックビデオが公開された。 ビデオは『ハートレス』の続編にあたり 、日本人モデルのミキ・ハマノが出演している。 内容は「ドラッグでハイになった状態のザ・ウィークエンドが車で街中を猛スピードで駆け抜けていく 」というもので、『』のイメージが使用されている。 また、『』や『』などのラスベガスを舞台とした映画のレファレンスも存在する。 は、ビデオを「まるで1本の映画を見ているような完成度」と評し、映画『ジョーカー』を連想させる不気味や笑みやダンスを「人間の内面に隠された狂気を表現している」と分析した。 は、このビデオを「快楽主義的とも言える」と表現した。 HITCは「色、速い車、夜の大都会の街並み、豪華なロケーションが詰まった、最近の記憶の中で最もスタイリッシュな動画」と評した。 リミックスとその他の使用 [ ] 曲からは2つの公式リミックスがリリースされた。 1つ目はが担当したリミックスで、アルバム『アフター・アワーズ』のRemixes EPに収録される形でリリースされた。 2つ目はが担当したリミックスで、2020年4月15日にリリースされた。 曲はプロレスイベントであるの公式テーマソングに起用され、のプロモーション映像にも使用された。 また、この曲に合わせて15秒間特定の踊りを行う『』(Blinding Lightsチャレンジ)がTikTokやTwitter、InstagramなどのSNSで世界的に流行した。 Tidal. 2020年3月9日閲覧。 NME 2019年11月24日. 2020年3月8日閲覧。 2011年11月26日. 2020年3月8日閲覧。 UNIVERSAL MUSIC JAPAN 2019年11月29日. 2020年3月8日閲覧。 Udiscovermusic,jp 2019年11月29日. 2020年3月8日閲覧。 RollingStone 2019年12月7日. 2020年3月8日閲覧。 RollingStone 2019年1月23日. 2020年3月8日閲覧。 RollingStone 2019年3月8日. 2020年3月8日閲覧。 Tim, Peacock 2020年2月15日. Yahoo! JAPAN. ヤフー株式会社. 2020年5月16日閲覧。 Tim, Peacock 2020年6月9日. uDiscoverMusic. 2020年6月11日閲覧。 uproxx 2019年11月29日. 2020年3月8日閲覧。 NME 2019年11月29日. 2020年3月9日閲覧。 Musicnotes. 2020年6月15日閲覧。 Jem, Aswad 2020年4月8日. Variety. 2020年5月25日閲覧。 Trust, Gary. Billboard. 2020年5月25日閲覧。 ELLE 2019年11月29日. 2020年5月25日閲覧。 FRONTROW 2019年11月29日. 2020年3月9日閲覧。 Kucher, Daniel. Smag News. 2020年5月25日閲覧。 FRONTROW 2019年12月4日. 2020年3月8日閲覧。 VOICE 2019年12月10日. 2020年3月8日閲覧。 stereogum 2019年12月12日. 2020年5月25日閲覧。 The Guardian. 2020年5月25日閲覧。 Real Sound. 株式会社blueprint 2020年1月13日. 2020年5月25日閲覧。 Patorick, Sean. Beat. 2020年5月25日閲覧。 canzumegamer 2020年4月12日. 2020年5月25日閲覧。 2020年5月25日閲覧。 Belong Media 2020年3月22日. 2020年5月25日閲覧。 Molanphy, Chris 2020年4月9日. SLATE. 2020年5月25日閲覧。 Peters, Micah 2020年3月25日. The Ringer. 2020年5月25日閲覧。 Billboard 2020年6月10日. 2020年6月25日閲覧。 Consequence of Sound 2020年6月23日. 2020年6月25日閲覧。 australian-charts. com. 2020年5月25日閲覧。 charts. org. 2020年6月25日閲覧。 Official Charts Company. 2020年5月26日閲覧。 Official Charts Company. 2020年3月10日閲覧。 Official Charts Company. 2020年4月9日閲覧。 Official Charts Company. 2020年6月17日閲覧。 Official Charts Company. 2020年5月25日閲覧。 Official Charts Company. 2020年5月25日閲覧。 Udiscovermusic. jp 2020年2月24日. 2020年3月10日閲覧。 Billboard. 2020年5月26日閲覧。 Billboard. 2020年4月1日閲覧。 Billboard. 2020年6月25日閲覧。 Billboard. 2020年5月26日閲覧。 Billboard. 2020年5月25日閲覧。 Billboard. 2020年5月25日閲覧。 Billboard. 2020年3月26日閲覧。 Billboard 2020年3月31日. 2020年6月25日閲覧。 2020年6月17日閲覧。 Billboard 2020年4月13日. 2020年6月25日閲覧。 Billboard 2020年5月18日. 2020年6月25日閲覧。 VOICE 2020年3月31日. 2020年6月25日閲覧。 Billboard. 2020年3月10日閲覧。 Billboard. 2020年4月1日閲覧。 Billboard. 2020年6月25日閲覧。 Billboard. 2020年4月1日閲覧。 Billboard. 2020年4月1日閲覧。 Billboard. 2020年5月25日閲覧。 Billboard. 2020年5月28日閲覧。 Billboard. 2020年6月4日閲覧。 Billboard. 2020年4月1日閲覧。 Sign. 2020年6月25日閲覧。 2020年5月30日閲覧。 2020年6月25日閲覧。 2020年6月25日閲覧。 2020年6月25日閲覧。 2020年6月15日閲覧。 2020年3月9日閲覧。 J-WAVE NEWS 2020年1月20日. 2020年5月25日閲覧。 udiscovermusic 2019年1月21日. 2020年3月9日閲覧。 2011年11月29日. 2020年3月9日閲覧。 2011年12月6日. 2020年3月9日閲覧。 MTV 2019年1月22日. 2020年3月9日閲覧。 FRONTROW 2019年1月22日. 2020年3月9日閲覧。 uDiscoverMusic 2020年4月24日. 2020年5月25日閲覧。 NME 2019年1月22日. 2020年3月9日閲覧。 HITC. 2020年5月25日閲覧。 Pitchfork 2020年3月23日. 2020年5月25日閲覧。 RollingStone 2020年4月15日. 2020年5月25日閲覧。 2020年4月1日閲覧。 Instagram 2020年2月2日. 2020年5月25日閲覧。 2020年1月28日時点のよりアーカイブ。 2020年5月20日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 2020年3月31日閲覧。 2020年6月24日閲覧。 2020年6月11日閲覧。 2020年6月17日閲覧。 2020年3月23日閲覧。 2020年3月30日閲覧。 2020年6月25日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 2020年4月2日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 2020年6月11日閲覧。 2020年6月11日閲覧。 2020年6月11日閲覧。 Radiomonitor. 2020年2月22日時点のよりアーカイブ。 2020年6月25日閲覧。 2020年2月29日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 2020年4月2日閲覧。 2020年6月25日時点のよりアーカイブ。 2020年6月25日閲覧。 2020年5月25日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 2020年6月11日閲覧。 2020年3月11日閲覧。 2020年6月11日閲覧。 2020年3月11日閲覧。 2020年3月21日時点のよりアーカイブ。 2020年3月21日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 2020年6月11日閲覧。 2020年4月1日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 2020年6月11日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 Crowley Broadcast Analysis. 2020年6月25日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 Radiomonitor. 2020年2月22日時点のよりアーカイブ。 2020年6月25日閲覧。 Radiomonitor. 2020年6月23日時点のよりアーカイブ。 2020年6月24日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 2020年3月21日時点のよりアーカイブ。 2020年3月21日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 Recording Industry Association of Malaysia. Recording Industry Association of Malaysia. 2020年5月11日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 2020年3月30日閲覧。 2020年3月10日閲覧。 The Official Lebanese Top 20. 2020年3月3日閲覧。 2020年4月8日閲覧。 Kiss FM 2020年5月24日. 2020年5月28日閲覧。 2020年6月11日閲覧。 2020年6月11日閲覧。 RIAA. 2020年4月1日閲覧。 2020年5月25日閲覧。 2020年6月11日閲覧。 2020年6月25日閲覧。 music canade. 2020年6月11日閲覧。 2020年6月25日閲覧。 2020年3月24日閲覧。 2020年6月25日閲覧。 2020年6月11日閲覧。 2020年6月11日閲覧。 2020年6月11日閲覧。 2020年6月11日閲覧。 2020年6月11日閲覧。 2020年6月11日閲覧。 2020年6月11日閲覧。

次の

ブランディングプロジェクトSPICE UP!(スパイスアップ!)

ブランディング ライツ

CityLights Tokyoはプロデュース会社です。 ブロデュースする対象は、唯一無二の存在である不動産を中心としています。 我々は、扱う不動産というものが、利用者の記憶に残る場所となることを前提に、単に表層的にデザインや場所を提供するということだけではなく、そこで起こりうる状況や経験することを深く考えることで「環境」や「しかけ」を提案していきます。 古ビルや古家の再生、不動産プロモーション、不動産を活用したイベントの開催、不動産流通の仕組みのアレンジなど、何をどの様にプロデュースするかは状況次第。 不動産、建築というそのままでは無機質なものに、今の時代にあったライフスタイルより生じる有機的な要素を加え、我々が取り扱う不動産を温度感があるものに変えていきたいと考えています。 今までの不動産は少々固すぎました。 不動産が余るといわれているこれからの時代は、もっと身近でフランクでカジュアルな接点をもっている存在であるべきだと考え、ここ東京という都市より、人々の生活をより素敵であり豊かにするために、独自のサービスを提供していきます。 街に灯る光 CityLights は、文明や、文化、人間の知性の表れ。 そして、なによりそこに生活する人の存在を表しています。 我々CityLights Tokyoはこれからの時代の不動産を、人の存在を第一に考えることで、あるべき姿へ導きたいと考えています。 CASE. 2 CITY INFORMATION MEDIA by 街の不動産屋 不動産を決めるときのプロセスは、「街」セレクトから「物件」セレクト 神宮前、南青山、北青山と、この3つの住所の中にすっぽりとおさまっている「表参道」「原宿」エリア。 建物再生プランニング 建物によっては過剰な投資をせずに、利用する方々に新たな仕組みや自由度を提供することで再生できるケースもあります。 段階的な設備投資、中長期的な安定性を優先したプランニングなど、オーナーの希望する建物価値の向上を提案いたします。 建物・空間リノベーション 建物や空間のロケーション、状態、印象を最大限に生かし、マーケットニーズにあったリノベーションサービスを提供いたします。 建物ブランディング・プロモーション 建物の再生プランニングに基づき、入居者ターゲットに情報が届くよう、各ジャンルで活躍するパートナーをマッチングするなどし、ブランディング及びプロモーションを実施いたします。 その他不動産企画 リアルな土地や建物などだけではなく、不動産そのものを楽しんでいただくために、利用者や、不動産好きの方々に対して、不動産を切り口 にした企画等のご提案をいたします。

次の

「ビームス ライツ」のロゴが飛行機モチーフ無しに、20年春夏にリブランディング

ブランディング ライツ

1977年福岡県生まれ。 東京工芸大学芸術学部デザイン学科卒業。 デザイン事務所数社を経て、2010年にハイライツ株式会社設立。 Webとグラフィックの両面で強みを発揮し、ブランドの確固たる世界観を紡ぎだすアートディレクション、細部にこだわったデザインを得意とする。 仕事の領域は、ウェブサイト、ポスターや屋外広告、パッケージ、CI・VIからはじまるブランディングなど。 受賞歴として、Cannes Lions、NY ADC、ONE SHOW、グッドデザイン賞など、国内外のデザインアワード多数。 東京造形大学グラフィックデザイン専攻非常勤講師。 東京造形大学デザイン学科卒業。 セツ・モードセミナー卒業。 新卒入社した制作会社で、グラフィック、Web、パッケージ、などの制作を経験したのち、代表の下川とともにハイライツ株式会社 highlights inc. を立ち上げる。 現在はハイライツにてデザイナー兼アートディレクターとして、ブランディング、Web、パッケージ、イラスト、など幅広い分野で制作を担当。 「神は細部に宿る」をモットーに、ブランドや企業の核となるアイデアおよびビジュアルの構築を行う。 1982年生まれ。 岡山県出身。 一児の父。 1988年神奈川県生まれ。 東京学芸大学表現コミュニケーション専攻卒業。 現在はハイライツにてデザイナーとして、グラフィック、Webなど幅広い分野で制作を担当。 北海道出身 2014年に東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科を卒業。 同年から小島利之デザイン事務所に入社、グラフィックデザインを担当。 RICHOのカレンダーや銀座フランス屋のメニュー表などを作成しました。 2015年よりネットイヤークラフト 現・ネットイヤーグループ に入社し、コーポレートサイトやアプリのビジュアルデザインに従事。 2019年からハイライツ株式会社に入社し、グラフィック・WEBの垣根を超えたデザインを行なっています。 業務とは別に、個人製作としてCDデザインやロゴ、名刺などを作成。 2年に1度、イラストの個展を開くなど個人での活動も行なっています。 趣味は... CyberAgent Rebranding Project• 小山弓具 コーポレートサイト ハイライツは、ウェブとグラフィックの両方のデザインを行うデザイン会社です。 どちらも細部にこだわってデザインをするとともに、俯瞰の視点からアートディレクションを行い、ブランドの世界観をつくりだします。 手がけている仕事の領域は、ブランドサイトやキャンペーンサイト、ポスターや屋外広告、新聞広告、パッケージ、CI・VIからはじまるブランディングなどです。 ・制作事例はこちらをご覧ください。 ・NEWSも更新しています。 なぜやるのか• 月に一度ご飯会を開催• 製紙業界大手・特殊東海製紙の三島工場を見学するツアーに社員そろって参加 「しなやかさ」こそ成長の鍵。 楽しみながら可能性を伸ばせる場所 ブランドを輝かせることをポリシーに、コンセプト作りから制作まで、すべて同じ熱量で取り組むデザイン会社です。 スタッフ一人ひとりがWEBとグラフィックを行ったり来たり、代理店仕事と直クライアント仕事を行ったり来たり。 関わる領域の広さや多様さを大切に仕事をしています。 というのも、それぞれが持つノウハウを活かすことで、ものづくりのプロであると同時に、クライアントを理解するプロでもあり続けられるから。 この、ひとところにとどまらない「しなやかさ」こそハイライツが得意とするところです。 自分たちの領域を意識的に広げていくことで、スキルを磨いていきたいと思っているからです。 社内は穏やかでゆったりとした雰囲気。 肩肘を張らず、それぞれに刺激や変化を受け入れながら成長を楽しんでいます。 ・ハイライツの行動指針 こんなことやります 制作スタッフの仕事がスムーズにできるようにサポートしていただきます。 少数精鋭のチームですので、ものづくりにかなり近い立場で携われることができるポジションです。 【応募資格】 ・実務経験3年以上 ・ディレクター、プロジェクトマネージャー、制作の実務経験3年以上 【求める人物像】 どれかひとつでも当てはまるものがある方はご応募ください! ・デザインが好きでコツコツ追求するマインドがある方 ・「もっと自分の可能性を伸ばしたい!」と感じている方 ・ひとつでも「これは好き!」というものがある方 ・物事を深堀りするのが好きな方 ・気になったら実際に体験しないと気が済まない方 ・いろいろな仕事をいろいろな人とできることに喜びを感じられる方 【メッセージ】 代理店経由の仕事も直接クライアントとやりとりする仕事も、常に半々の割合にしています。 代理店仕事では、純粋にデザイン力を追求していけたり、企画部のメンバーと一緒に仕事をすることでノウハウを学ぶことができ、直クライアント仕事では、コンセプトを考えるところから最終的なアウトプットまで全てに携わることができる。 両者のいいところをバランスよく経験できるこの配分を大切にしています。 会社の注目のストーリー.

次の