ばく さいとう ほ く まち。 ライトノベル作家一覧

室町幕府:足利幕府歴代将軍=初代足利尊氏から16代将軍足利義昭まで在職期間など

ばく さいとう ほ く まち

テレパシー、サイコキネシス、透視、予知、瞬間移動、千里眼など、何 でもかんでも自由自在。 誰もがうらやむ最強の能力は、実は本人にとっては災難を呼ぶ不幸の元凶。 それ故、人前では超能力を封印。 目立たず人と関わらずを モットーにひっそり暮らしていた。 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-28• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-27• 2020-06-26• 2020-06-26• 2020-06-25• 2020-06-25• 2020-06-25• 2020-06-25• 2020-06-25• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-24• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-23• 2020-06-22.

次の

ばく さいとう ほ く

ばく さいとう ほ く まち

月日は流れ、乱世は続いていました。 法連坊は仏法(ぶっぽう=仏教)が自分の望む道なのか確かめるため、南陽坊の許しを得て百日間の荒行を行いました。 その結果、仏法は無力と悟(さと)り、還俗(げんぞく=僧(そう=お坊さん)が僧籍(そうせき=僧として認められた身分)を離れて、俗人(ぞくにん=一般の人)にかえること)し松波庄五郎(まつなみ しょうごろう)と名乗りました。 そして「乱世を平らげるための武力は買わねばならない」と思い、まず資金を稼ぐため、油売りの弟子になり3年で自分の店を持つまでになりました。 明応三年(1494年)、庄五郎に子が出来、自分の幼名と同じ「峰丸」と名付けられました。 そして、この子がのちの斎藤道三です。 土佐(とさ=現在の高知県(こうちけん))・讃岐(さぬき=香川県(かがわけん))・丹波(たんば=現在の京都府(きょうとふ)中部、兵庫県(ひょうごけん)北東部、大阪府(おおさかう)北部)・摂津(せっつ=現在の大阪府北中部の大半、兵庫県(ひょうごけん)南東部)・伊予(いよ=現在の愛媛県(えひめけん))守護。 第11代細川京兆家(ほそかわけいきょうけ=細川氏の宗家(そうけ=おおもととなる家)・嫡流(ちゃくりゅう=正統(せいとう)の血筋(ちすじ)))当主(とうしゅ=その家の現在の主人)。 父は第14代室町幕府管領の細川持之(もちゆき、1400~1442)。 細川政元(まさもと、1466~1507)の父。 足利尊氏(あしかが たかうじ、1305~1358)が京都で創始した。 律は刑罰についての規定、令は政治・経済など一般行政に関する規定)を基本法とする政治制度)における官と職。 武将・守護大名。 但馬(たんば=現在の京都府(きょうとふ)中部、兵庫県(ひょうごけん)北東部、大阪府(おおさかふ)北部)・備後(びんご=現在の広島県(ひろしまけん)東半分)・安芸(あき=現在の広島県西部)・伊賀(いが=現在の三重県(みえけん)西部(伊賀市・名張市(なばりし)))・播磨(はりま=兵庫県南西部)守護。 源頼朝の正室(せいしつ=身分ある人の正式な妻)・北条政子の父。 鎌倉幕府の初代執権(しっけん= 鎌倉幕府の政所(まんどころ)の長官。 鎌倉幕府の第2代執権。 時政の次男。 源頼朝の正室・北条政子の弟。 北インド(きたいんど=インドの北半部)の人物。 =妙覚寺(みょうかくじ=現在の京都府京都市上京区(かみきょうく)にある寺院)の僧侶。 のちの常在寺(じょうざいじ=現在の岐阜県岐阜市梶川町(ぎふけん ぎふし かじかわちょう)にある寺院)住職・日運上人(にちうんしょうにん)。 美濃守護。 武将・戦国大名(せんごくだいみょう=戦国時代(せんごくじだい=大名(だいみょう=ある地域を支配している者)が群雄割拠(ぐんゆうかっきょ=多くの英雄が各地で勢力を振るい、互いに対立し合うこと)した動乱(どうらん=世の中がさわがしく乱れること)の時代)で、各地に領国を形成した大名)。 のちの天下人(てんかびと=国じゅうを支配するひと)。 天下人。 初代・武家(ぶけ=武士の家筋(いえすじ=家系))関白(かんぱく=天皇を補佐する(ほさ=助け、その務めをはたさせる)官職(かんしょく=律令制(りつりょうせい=律令(りつりょう=国家の基本法である律と令。 律は刑罰についての規定、令は政治・経済など一般行政に関する規定)を基本法とする政治制度)における官と職。 官は職務の一般的種類、職は担当すべき職務の具体的範囲を示す呼び方))、太閤(たいこう=関白の位を子に譲った人の呼名)。 安祥松平家(あんしょう まつだいら け)九代当主。 のちの天下人。 美濃国の戦国大名。 道三流斎藤氏の第2代当主。 道三の長男。 母は側室(そくしつ=妻以外に囲う女性)・深芳野(みよしの)。 幼名・豊太丸(とよたまる)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ここでは、斎藤道三が生まれた1494年を勉強します。 1494年(明応(めいおう)三年)この年、美濃国で道三が生まれました。 父は松波庄五郎で、幼名は父と同じ「峰丸(みねまる)」としました。 以上所説あり。

次の

カフェ町家さいとう

ばく さいとう ほ く まち

1567年、)は美濃(みの)平定の後、 「天下布武(てんかふぶ)」 の印を使い始めた。 「天下布武(てんかふぶ)」とは日本全国を武力で統一するという意志 を示したものである。 この「天下布武(てんかふぶ)」の意志をあらわしたものが美濃(みの)の地を 「 岐 阜(ぎふ)」 という名前にかえた点である。 これは中国の古代の周(しゅう)の文王(ぶんおう)が 岐 山(きざん) によって中国全土を統一したといういわれからである。 織田信長(おだのぶなが)も「岐」を使うことで、自分も文王にならって日本全国を統一したいという意志を示したかったのであろう。 1567年の美濃(みの)平定の直後、織田信長(おだのぶなが)のもとに正親町天皇(おおぎまちてんのう)から信長の武勇(ぶゆう)をほめ、天皇家の領地を取りもどしてほしいという手紙が届いた。 また、翌年の1568年には、暗殺された13代将軍足利義輝(あしかがよしてる)の弟 足利義昭(あしかがよしあき)が織田信長をたよってきて、室町幕府(むろまちばくふ)の権威回復(けんいかいふく)を頼んでいる。 こうして、織田信長の全国統一の条件はそろっていった。 1568年9月、織田信長は京都をめざして出発し、南近江(みなみおうみ 滋賀県の南側)の守護の六角氏(ろっかくし)をたおし、京都に入った。 を京都に迎え、1568年10月、足利義昭は第15代将軍となることができた。 1568年から1569年にかけて、織田信長は但馬(たじま 兵庫県)や伊勢(いせ 三重県)に兵を出し、近畿(きんき)の平定に力をつくした。 だが、かざりだけの将軍であった足利義昭(あしかがよしあき)は織田信長に反感をもち、、朝倉義景(あさくらよしかげ)、浅井長政(あざいながまさ)、石山本願寺(いしやまほんがんじ)とともに織田信長包囲網(おだのぶながほういもう)をつくりあげ、四方から織田信長の領地へ攻めこませる計画を立てた。 1570年に織田信長は、朝倉義景(あさくらよしかげ)を討とうと兵を出すが、浅井長政(あざいながまさ)のうらぎりで、逆にはさみ討ちにあい敗北する。 また、織田信長は石山本願寺(いしやまほんがんじ)や伊勢長島(いせながしま)の一向一揆(いっこういっき)とも戦うが、とても苦戦し講和(こうわ)をした。 1571年に、織田信長は、対立していたを焼きうちし、多くの堂や仏像や焼きはらい、女・子どもまで首をはねた。 1572年に武田信玄は織田信長を倒すべく兵を京都に進めはじめ、三方ヶ原(みかたがはら)で織田信長の同盟者(どうめいしゃ)である徳川家康をうち破り勝利する。 だが、武田信玄は病死し、織田信長はこの危機(きき)からのがれる。 1573年に織田信長は足利義昭のこもる二条城(にじょうじょう)を攻めて降伏(こうふく)させ、7月に足利義昭を京都から追放し、室町幕府(むろまちばくふ)をほろぼした。 8月には浅井長政と朝倉義景をほろぼした。 1574年には、苦戦していた伊勢長島(いせながしま)一向一揆(いっこういっき)を鎮圧(ちんあつ)した。 これにより、織田信長の四方を取り囲んだ敵をほろぼすか、おさえるかすることができた。 大名の名前 ほろぼされた年 ほろんだ場所 今川義元(いまがわよしもと) 1560年 尾張(おわり 愛知県)の桶狭間(おけはざま) 斎藤龍興(さいとうたつおき) 1567年 美濃(みの 岐阜県)の稲葉山城(いなばやまじょう) 朝倉義景(あさくらよしかげ) 1573年 越前(えちぜん 福井県)の一乗谷(いちじょうだに) 浅井長政(あざいながまさ) 1573年 近江(おうみ 滋賀県)の小谷城(おだにじょう) 三好義継(みよしよしつぐ) 1573年 河内(かわち 大阪府)の若江城(わかえじょう) 北畠具教(きたばたけとものり) 1576年 伊勢(いせ 三重県)の三瀬御所(みせごしょ) 松永久秀(まつながひさひで) 1577年 大和(やまと 奈良県)の信貴山城(しぎさんじょう) 荒木村重(あらきむらしげ) 1578年 摂津(せっつ 兵庫県)の伊丹城(いたみじょう) 波多野秀治(はたのひではる) 1579年 丹波(たんば 兵庫県)の八上城(やかみじょう) 別所長治(べっしょながはる) 1580年 播磨(はりま 兵庫県)の三木城(みきじょう) 武田勝頼(たけだかつより) 1582年 甲斐(かい 山梨県)の田野(たの).

次の