お 宮参り。 はじめてのお宮参り 何をするの?どのような準備が必要?

お宮参りいつ? 日にち自動計算ー生後31日・32日・100日計算|お宮参りドットコム

お 宮参り

生後初めて氏神に参って氏子となることで、初宮参りともいう。 日取りは30日前後が多く、所によってお七夜にする所もあり、100日ごろにする例もある。 初宮参りをヒアケ、ヒハレ、シメアゲ、ウブアケなどというのは、この日で生児の忌みが晴れるので、産屋明けに氏神への初参りをするのである。 産の忌みはコユミ(子忌み)三三日、オヤユミ(親忌み)七五日といわれるように、産婦にもっとも重く、ついで生児、次に夫、家族という順になっている。 したがって、母子双方の忌み明けを待って、75日、100日目に参る所や、西日本ではモモカマイリといって100日目に参る例が多い。 30日前後の宮参りに鳥居参りといって、鳥居までしか参らぬ所がある。 もちろん母親の忌みが明けぬことも理由の一つであるが、その地方の産の忌みの観念の強さにもよる。 仲人 なこうど の女親(仲人の妻)や産婆、姑 しゅうとめ などがハレギを着せた児を抱いて参る。 氏見せ、ゲンゾ(見参)参りなどといって、新しい氏子を氏神に引き合わせるのが目的で、わざと子を泣かせたりして、神に印象づけ将来の加護を祈る。 社前に赤飯や御神酒 おみき を供え、赤飯はついてきた近所の子供たちに、お仲間入りといってすこしずつふるまう。 宮参りの帰りには祝いをもらった親戚 しんせき へ寄り、シラガというオヒネリを産着の紐 ひも に結んでもらって、長生きするように祝ってもらう。 宮参りは生児が初めて社会的に承認され、地域の一員となるという第一の手続でもあった。

次の

お宮参りいつ? 日にち自動計算ー生後31日・32日・100日計算|お宮参りドットコム

お 宮参り

お食い初め・初節句・お宮参りなど、日本には生まれた赤ちゃんのためのお祝い行事がたくさんあります。 それぞれの行事には、赤ちゃんの無事を神様に感謝し、健やかな成長を願う意味が込められており、家族や親戚みんなで赤ちゃんの成長を見守る大事なイベントです。 その中でも、お宮参りは赤ちゃんの名付けの次に行われる行事で、神様に誕生のご報告とご加護をお祈りする大切な伝統行事です。 お宮参りの「いつ」「どこで」「何を」「誰が」の基礎知識と、 服装や写真撮影、費用、準備することなどをわかりやすく解説します! 目次 1. お宮参りとは お宮参りとは、 赤ちゃんが生まれた土地に宿る神様に、無事に生まれたことをご報告し、感謝の気持ちを伝え、健やかな健康をお祈りする日本の伝統行事です。 この神様は、 「産土神(うぶすながみ)」と呼ばれ、その土地の太陽・風・海・山などの自然に宿っています。 赤ちゃんが生まれると、その土地に宿る産土神の一柱が「守護担当神」となり、その人の生涯に渡って寄り添い、守護してくださると言われています。 この 産土神が祀られている神社を「産土神社」と呼び、お宮参りではこの産土神社に赤ちゃんを連れてお祈りを捧げに行きます。 1-1. 神社の選び方 生まれた土地の神社と言っても複数ある場合も多いですが、お宮参りをする 神社の選び方は厳格に決まっているわけではありません。 自宅から近くお参りに行きやすい神社を選ぶのも良いですし、家族や親戚がお参りしている神社にしても良いでしょう。 また、赤ちゃんの両親が思い入れを持っている神社を選ぶこともできます。 ただし、自宅からあまりに遠い神社を選んでしまうと、長時間の移動で産後の体調が不安定なお母さんや赤ちゃんに負担をかけてしまうことになるため、 場所も考慮に入れた上で、家族で話し合って決めるようにしましょう。 最寄りの神社を探すには、が便利です。 ページ下部の「神社本庁のご案内」をクリックし、開いたページ左上にあるメニューの「神社庁一覧」を開くと各都道府県の神社庁が一覧になっています。 お住まいの都道府県の神社庁をクリックすると、より細かい地域の神社を探すことができます。 お宮参りって何をするの? 通常のお参りと同じように、 お賽銭を入れて手を合わせ、神様に祈りを捧げる方法と、神社の 神主にお祓いと祝詞(のりと)をあげてもらう方法があります。 祝詞とは、神様への感謝の気持ちや幸運・健康への願いを言葉にしたもので、神主が神前で読み上げます。 「言霊(ことだま)」という言葉の通り、日本では古くから「言葉に魂が宿る」と考えられてきました。 神様への気持ちや願いを言霊に乗せて届けることで、神様に敬意を表し、神様をより身近に感じたり、より強いご加護を感じたりできると言われています。 お宮参りの前後に何をするかは家族により異なりますが、境内やフォトスタジオで写真撮影をしたり、参加者みんなで食事をとったりするのが一般的です。 体調や体の負担を考え、スタジオでの撮影とお参りを別日にする人もいます。 2-1. 祝詞の申込み・初穂料について 祝詞をあげてもらう場合は、遅くとも 一週間前までには神社に申込みをして、当日社務所で渡す謝礼を用意しておきましょう。 この謝礼のことを 「初穂料」または「玉串料」と言い、神社により金額の指定がある場合もあるので事前に確認する必要があります。 特に指定がない場合、5千円〜1万円が一般的です。 初穂料/玉串料は、赤白の蝶結びの水引が付いている熨斗(のし)袋、もしくは白無地の封筒に用意します。 上部に「初穂料(もしくは玉串料)」、下部に赤ちゃんの姓と名を書きます。 (読み方が難しい場合はふりがなを振りましょう) 3. お宮参りはいつ行う? 古くからの習わしでは、男の子は生後30日目もしくは31日目、女の子は31日目もしくは33日目に行う行事とされていますが、寒さ・暑さの厳しい地域や時期によっては生後100日目に行うこともあります。 生後1ヶ月目(30日〜33日目)を目安に、お母さんや赤ちゃんの体調、天候などを考慮して日取りを決めましょう。 特に、体温調節ができない赤ちゃんには、真夏の暑さや湿気、真冬の寒さは負担になります。 また、赤ちゃんと外出するときは持ち物も多くなり、屋外で写真を撮ることも考えれば、雨風が強い日もなるべく避けたほうが良いでしょう。 お宮参りには誰が参加する? 昔は、 赤ちゃんの両親と父方の祖母(赤ちゃんのおばあちゃん)が付き添い、祖母が赤ちゃんを抱くのが習わしでした。 お産は穢れたものと考えられていたのに加え、まだ産後間もない母親の体調を気遣う意味もあったと言われています。 現在はこのようなしきたりを厳格に守る必要はなく、 両親と母方・父方両方の祖父母が付き添うケースや、反対に祖父母が遠方に住んでいるなどの理由で 両親だけでお参りをするケースもあります。 お母さんの体調を考えてできるだけ短時間で済ませたい、または親戚で集まって食事がしたい、皆で写真を撮りたいなど、お宮参りでしたいことは家族によりさまざまです。 「こうでなくてはならない」という考えに縛られず、あくまでも主役は赤ちゃんだということを忘れずに、誰が参加し何をするのか無理のないように計画を立てましょう。 赤ちゃんと参加者の服装は? 赤ちゃんの服装は、和装であれば祝い着(初着)、洋装であればベビードレスを着せ、両親や参加者は色味を抑えた着物やスーツを着るのが一般的です。 5-1. 祝い着の準備と費用 赤ちゃんの 祝い着は、お祝いとして母方の実家が贈るというのがしきたりでしたが、最近では「祖父母にお金の負担をかけたくない」また「自分達が主催して両家を招きたい」という理由で、 赤ちゃんの両親が用意するケースもあります。 新しく購入する場合、祝い着の価格は生地の素材や染めの技法、加工方法により大きく異なります。 高級な生糸を使い手間をかけて作られたものほど値段は高くなり、 お求めやすいものは3万円前後ですが、 高いものでは20万円近くするものもあります。 できるだけ費用を抑えたい、着物の手入れや保存が難しいという場合は、レンタルサービスが便利です。 呉服屋のレンタルサービスを利用する、もしくは貸衣装の用意があるフォトスタジオを利用する方法があります。 呉服屋のレンタルサービスの場合、店舗にて直接受け取る1泊2日のプランや、宅配で受け取る3泊4日のプランなどがあります。 和装用の下着(襦袢)や、よだれかけ、帽子、お守りなどの小物もセットで 3千円〜2万円前後と料金はお手頃です。 祝い着のレンタルと併せて、お母さん・お祖母さんの着付けやヘアメイクをしてもらえるプランもありますので、当日の予定に合わせてサービスを選びましょう。 5-2. お母さん・参加者の服装 お宮参りの主役は赤ちゃんなので、 赤ちゃんの祝い着よりも目立ってしまう派手な服装は避け、黒・紺・ベージュ・パステルカラーなど、色味や柄を抑えた落ち着いた装いをしましょう。 スーツやワンピース、和装であれば色留袖や訪問着が一般的です。 神事に相応しくないTシャツやジーンズ、サンダルなどのラフすぎる服装や、露出度の高い服装は避けてください。 出産前後は体型の変化もあり、 出産前には着れていた服のサイズが合わないこともあるので、手持ちの服が着れるかどうか事前に確認しておくと安心です。 和装に慣れており着付けもできる人は着物でも問題ないですが、そうでない場合は洋装がおすすめです。 着物を着た状態では授乳が難しく、着崩れしてしまうと直すのに手間がかかってしまいます。 また、母乳がたくさん出る人はシミになってしまったり、赤ちゃんのよだれや吐き戻しで着物が汚れてしまうこともあります。 汚れを落とすのが簡単な素材の洋装が安心です。 一番のおすすめは産前産後用のワンピース。 産後まだ体型が戻っていないという場合でも、ワンピースであれば体型を気にせず着ることができます。 体を締め付けないので動きやすく、授乳口付きのワンピースであれば授乳も簡単です。 着るもの同様に気をつけなければいけないのが履物。 神社は砂利道が多いので、安定しにくい高いヒールは避けて、ローヒールやぺたんこ靴など安定する靴を履きましょう。 お宮参りの写真はどうする? 可愛い赤ちゃんと初めてのお参り。 赤ちゃんにとっても両親・両家にとっても幸せなイベントです。 赤ちゃんの成長記録として、また家族の思い出としてきれいな写真を残したいですよね。 お宮参りの写真を撮影する方法はいくつかあります。 それぞれのメリット・デメリットと併せてご説明します。 持参したカメラで撮影• 出張撮影サービスを利用• 呉服店併設のスタジオで撮影• フォトスタジオで撮影 6-1. 持参したカメラで撮影 何より費用がかからず、好きなときに好きなだけ撮ることができます。 お宮参りが終わってすぐに写真を見返して楽しむことができるのが一番のメリットです。 しかし、撮り慣れていない場合、写真がぶれてしまったり、特に野外の撮影は写真の良し悪しが天気に左右されやすいため、自然光が少ないと全体的に暗い写真になってしまったりします。 また、神社によっては他の参拝客の迷惑にならないよう、三脚などの機材の持ち込みを禁止していることがあるため、撮る人は写真に写れず、全員写った写真が残せないということも……。 全員揃ってきれいな写真を残したいという場合は、次項でご説明するプロのカメラマンを呼ぶ方法がおすすめです。 境内で撮影できるスポットが限られていたり、外部のカメラマンによる撮影が禁止されていたりすることもあるので、事前に問い合わせておきましょう。 祈祷中の撮影は不可な神社がほとんどです。 6-2. 出張撮影サービスを利用 出張撮影サービスとは、プロのカメラマンを希望の場所に呼んで撮影してもらうサービスのことです。 お宮参りの場合、お参りをする神社の境内で撮影してもらうことができます。 着付けやヘアメイク、スタジオでの撮影サービスを利用する場合に比べて、費用を抑えることができるのがメリットですが、 祝い着の用意やヘアメイクなど撮影以外の準備を自分でしなければならないのがデメリットです。 6-3. 呉服店併設のスタジオで撮影 撮影スタジオが併設されている呉服店の場合、祝い着や着物のレンタルと併せて着付けやヘアメイク、写真撮影までできるプランがあります。 事前準備の必要がなく、一箇所で済ますことができるので負担が少ないことに加え、祝い着を返送する手間もありません。 天候に左右されず撮影ができるのはもちろん、室内なので暑さや寒さでお化粧が崩れることもなく、肌や表情がより美しく写るよう調整されたきれいな写真を残すことができるのもメリットです。 撮影するカット数やプリントする写真の枚数で料金が決められていることが多く、 枚数を多くすると料金が高額になってしまうのがデメリットです。 自宅に飾ったり、祖父母にプレゼントする写真が数枚あれば充分という人におすすめです。 6-4. フォトスタジオで撮影 フォトスタジオで撮影するメリットは、 祝い着やベビードレスなどの貸衣装が多くあることや、写真の雰囲気を変える背景や小物が豊富に揃っていること、撮った写真を可愛いアルバムやパネルなどにしてもらえることです。 スタジオによっては着付け・ヘアメイク付きのプランや、定額で撮影枚数に上限がないプランもあります。 何回でも衣装替えができるプランなどもあるので、祝い着だけでなくベビードレスやキャラクターの衣装でも撮りたいという方におすすめです。 フォトスタジオでは写真をさまざまなグッズにすることができます。 アルバムはもちろん、カレンダーやポスター、トランプ、キーホルダー、クリアファイルなどにしてくれるスタジオも。 フォトスタジオにはさまざまな撮影プランがあり、お手頃なプランであれば撮影・データ・アルバム付きで3万円台から、 写真の枚数や凝ったデザインのグッズを増やすと10万円を超えるほど高額になってしまう場合もあります。 お宮参りの持ち物・事前にやっておくこと お宮参りをスムーズに行うためには、赤ちゃんグッズの用意は必須です。 長時間の外出はお母さんはもちろん、生まれたばかりの赤ちゃんにも負担になります。 お腹が空いて泣いてしまったり、お腹が緩くなってしまったりと何が起こるかわかりません。 赤ちゃんもお母さんも安心してお宮参りができるよう、予め必要な持ち物をチェックし揃えておくと良いでしょう。 また、当日のスケジュールや費用の準備をするのも重要なことです。 道に迷ってしまったり、支払いのことで揉めたりといったトラブルを避けるためにも、お父さんも協力して準備を進めましょう。 7-1. 当日の持ち物• おむつ、おしり拭き、おむつ替えシート 赤ちゃんはお腹が緩くなりがちなため、余裕をもって多めに持ちましょう。 バスタオル• よだれかけ、ガーゼハンカチ• 替えの服 お参りや写真撮影が終わったらいつもの服に着替えさせてあげると負担が少ないです。 おくるみ 夏場はガーゼ生地やパイル生地、冬はボアやフリース生地がおすすめ。 おくるみに包むことで体温の急激な変化を防ぎ安眠させることができます。 また、寝ているときに腕や手がビクッと動く衝撃で赤ちゃんが起きてしまわないようにする効果も。 お宮参りのあとに食事会などを予定している場合は用意しておくと良いです。 ベビーカー• ゴミ袋• デジカメ ごくまれに撮影機材の不調で撮影ができていなかったというトラブルも。 一度きりのお宮参りなので持参のカメラでも撮っておくと安心です。 お気に入りのおもちゃ 7-2. 事前にやっておくこと• 神社の下見 初めていく神社であれば、自宅からの移動時間や駐車場の有無などの確認のために下見をしておくと安心です。 雨天時の撮影場所の確認 境内で写真を撮る場合、雨天時に撮影できるスポットがあるかどうか確認しておきましょう。 初穂料、撮影代、移動代、食事代など費用の用意 当日払うものが多いので、誰が何を払うのか事前に決めておきましょう。 両親・両家の実家で少しずつ費用を負担する場合、母方の実家が祝い着、撮影代は両親、食事代は父方の実家のように分けると良いかもしれません。 お宮参りにおすすめのサービス 出張撮影サービス でも、出張撮影サービスを予約することができます。 各カメラマンのサービスページ閲覧には会員登録も不要なので、 カメラマンの顔写真や利用者の口コミもしっかり事前確認が可能です。 「予約前に聞きたいことがある」という場合も安心。 ページ上のメッセージ機能でカメラマンやスタッフに直接質問することができます。 自宅にプロのシェフが来て、要望に合わせて美味しい料理を作ってくれるサービスです。 レストランで頂くようなフランス料理やイタリア料理をはじめ、低糖質料理やアレルギーの人にも安心な料理を作ってもらうことができます。 材料はシェフが持参し、調理後の後片付けまでしてくれるので、準備や後片付けも必要ありません。 自宅でくつろぎながらオーダーメイドの料理を楽しむことができるおすすめのサービスです!.

次の

簡単・綺麗に着られるお宮参り着物の着せ方【イラスト・動画付き】

お 宮参り

お宮参りってそもそも何? ~お宮参りの由来~ お宮参りは、生まれてきた我が子が「健やかに育ちますように」という願いを込めてお参りをする行事のことです。 わざわざ県外まで行って大きな神社でお参りをするのではなく、住んでいるところの近くにある神社に行くのが一般的です。 これは生まれた土地の守り神に挨拶をするためというのが由来となっています。 赤ちゃんが生まれた時期によっては、最初の行事が初節句になることもありますが、一般的に赤ちゃんの行事で一番最初に訪れるのが、生後7日目のお七夜、次がお宮参りとなります。 お宮参りはいつするの? ~お宮参りを行う時期~ お宮参りは生後1ヶ月で行う行事です。 しかし男女で日にちが違い、男の子は生後31日目、女の子は生後33日目にお宮参りを行うというのが正式なお宮参りとなります。 正式な日取りでお宮参りを行おうと思っても、当日に雨が降ってしまったり、雪が積もっていて家から出られなかったりするようなことになると、神社に行くのが難しくなってしまうでしょう。 まだ赤ちゃんは外の空気に触れた経験がほとんどありませんし、母親も産後で免疫力が弱っています。 無理に出かければ母子ともに体調を崩してしまう可能性があるので、天候が悪いというようなときには、少し日にちをずらしてお宮参りを行っても問題はありません。 お宮参りのマナーとは? ~お宮参りの服装~ 正式な形で行うのであれば、赤ちゃんには白羽二重の内着に祝い着(産着)を掛けた和装となります。 最近ではベビードレスやカバーオールの上に祝い着を掛けるスタイルもあります。 男の子は鷹や兜、龍や虎など強くたくましいイメージの柄のものを、女の子は蝶や手毬、鈴や御所車、鼓などの華やかで上品な柄がよく使われていますので、赤ちゃんの性別に合わせて選んであげる必要があります。 一方大人の服装ですが、赤ちゃんが正装をするのであれば、大人もそれに合わせた服装をしてバランスをとるのがベストです。 男性はスーツを着用し、母親は訪問着やワンピース、祖母は留袖となります。 祖母にとっての正装は色留袖ですが、持っていないという場合には訪問着などの略礼装でも構いません。 服装のマナーに関しては正式なのは前述した通りとなりますが、実際はお宮参りを簡略化させる人も多いので、派手すぎない私服で行うという人もたくさんいます。 生後1ヶ月というのは赤ちゃんも母親もまだ出産のダメージが残っている時期なので、無理に正装をするのは負担になってしまう場合もあります。 そういったときにはリラックスして着られる服でも構いませんし、赤ちゃんも普段着におくるみを巻くというスタイルでも問題ありません。 あくまで正式な形でするのであれば、決まった衣装があるということだけ覚えておきましょう。 服装以外にお宮参りのマナーの1つとして覚えておきたいのが、このとき赤ちゃんを抱っこするのは、父方の祖母だということです。 古来より日本では、お産を終えた女性の体は穢れていると考えられてきました。 そのためお宮参りで赤ちゃんの健やかな成長を願うのと同時に、穢れを払うという意味も込められています。 お宮参りの日に関しては、お祓いが終わるまで母親は赤ちゃんを抱っこしないのが一般的なのです。 母親が抱っこをして写真を撮りたいというのであれば、お祓いが終わった後にすれば問題ありません。 何を準備すればいいの? ~お宮参りに必要なもの~ お宮参りで準備をするものは、当日の衣装と初穂料です。 初穂料というのは、お祓いをしてもらうために納めるお金のことで、金額は神社が指定している場合と、指定がない場合の2パターンがあります。 これは神社によって内容が異なるので、お宮参りの予約をする段階で確認をするようにしましょう。 相場は大体5千円~1万円が一般的です。 その他には基本的に必要なものはありませんが、写真を撮りたい場合にはカメラを用意しておいたり、お宮参り後に食事をするのであれば、リラックスできるように赤ちゃんの着替えを用意しておいたりすると良いでしょう。 当日はどんなことをするの? ~お宮参りの一日の流れ~ まず衣装を着て準備ができたら神社に行きます。 そこで受付をするのですが、多くがこのときに初穂料を支払います。 受付が済んだら実際に参拝をしてお祓いをしてもらう流れになるのですが、どこに行って何をすれば良いのかは神社によっても異なるので、案内にそって行動するようにしましょう。 無事にお祓いが終わったらお宮参りは終了です。 記念撮影の依頼をしていれば、その時に撮影をしますし、参加した全員で会食をするということもあります。 事前準備をしっかりやっておきましょう 産後1ヶ月は、母子ともに外出を控えるように言われます。 そのためお宮参りが初めての外出となる赤ちゃんも多いでしょう。 そんな記念すべき日となる行事なので、事前準備はしっかり行っておくことが大切です。 衣装の準備だけではなく、神社への初穂料の準備、撮影や会食はどうするのかなど、その日1日のことをしっかり話し合ってスケジュールを立てておくと安心です。

次の