鼻 づまり 改善。 当院の日帰り手術

毛穴の詰まりを改善してスベスベ肌を手に入れよう!おすすめの毛穴ケア商品6選をご紹介

鼻 づまり 改善

こちらでは、鼻づまりに効果を発揮してくれる世界の民間療法をご紹介します。 鼻づまりをスッキリ解消!民間療法ガイド 風邪、花粉症、アレルギー性鼻炎などなど、多くの体調不良に付き物の症状が鼻づまり。 患者さんが鼻づまりでつらそうにしている時、効果の期待できる民間療法を教えてあげたら喜ばれるかもしれません。 実際、鼻づまりを改善するために、世界中で古来より様々な工夫がなされてきました。 今でも用いられている民間療法は、ある意味で世界人類の英知の結晶です。 これをすれば鼻が通るという世界の知恵を、実際に見ていきましょう。 鼻づまりを撃退!欧米の民間療法 それでは実際の民間療法について確認していきましょう。 まずはヨーロッパ・アメリカで好まれている方法をご紹介したいと思います。 ドイツの民間療法 洗面器に2リットルくらいの熱湯をたっぷり注ぎ、そこにティースプーン3杯の食塩を入れます。 あとは火傷してしまわない程度に顔を洗面器に近づけ、隙間をタオルなどで覆ってください。 ヘッドスチームといって、顔だけをサウナに入れるようなイメージです。 途中で鼻水がどんどん垂れてきますが、気にしないで続けてください。 食塩の他に、ユーカリオイルやミントなどのスースーする精油を加えたり、鼻の粘膜を癒やしてくれるカモミールを入れる方法もあります。 ただ、これらは塩より入手が面倒なので、可能なら…という感じで良いでしょう。 《解説》 蒸気を吸い込むことで鼻粘膜を洗浄することができますので、粘膜についたアレルゲンを洗い落とす効果が見込めます。 また、ミントには清涼効果・解熱作用、ユーカリには抗菌・抗ウイルス作用があるため、風邪などの諸症状を緩和する効果もあるでしょう。 消炎作用のあるカモミールを加えれば、直接鼻粘膜の炎症を抑えることができますから、特に大きな効能が見込めます。 ちょっと手はかかりますが、鼻づまり解消には非常に効果的な民間療法といえるでしょう。 アメリカの民間療法 これは非常に分かりやすい方法で、鼻の中を洗うという方法。 もちろん、真水でやるとプールで水を吸い込んだ時のように激痛が走りますから、食塩を加えてください。 人体と同じナトリウム含有量にすることで、浸透圧の影響がなくなり、問題なく吸い込むことが出来るようになります。 その濃度の食塩水を生理食塩水と呼び、濃度は0. 9%です。 冷水でなく温かいお湯に塩を入れて鼻から吸うのがオススメ。 もちろん、肺まで入ると苦しいので、適度な強さで吸い込みましょう。 《解説》 消炎効果のある成分アロエエモジンが含まれていますので、鼻粘膜の炎症を和らげる効果が期待できるでしょう。 鼻の炎症を抑えれば自然と鼻づまりは軽くなりますので、充分に効果のある民間療法であるといえます。 鼻づまりを改善!アジアの民間療法 今度は、我が国をはじめとしたアジア地域の民間療法について見ていきます。 鼻づまりの苦しさは万国共通。 少しでも和らぐというのなら、患者さんに紹介する価値はあるでしょう。 韓国の民間療法 唐辛子を加えたもやし料理を食べ、さらに焼酎を唐辛子を入れて一気飲みする方法が好まれます。 日本人感覚だと疑問もありますが、辛いモノに身体を温める効果があることを踏まえれば特に問題はないでしょう。 《解説》 もやしにはカリウム・鉄・アスパラギン酸・ビタミンB群・ビタミンCなど様々な栄養が含まれているため、体調不良の際に食べるものとしては素晴らしい選択といえます。 唐辛子にしても、身体を温めて免疫を高める効果が期待できます。 また、唐辛子のカプサイシンには血行改善作用があるので鼻の通りを改善するのに役立つでしょう。 ただ、アルコールには炎症を増大する可能性があるので焼酎は考え物。 煮沸してアルコールを飛ばしてしまったほうが良いと思います。 日本の民間療法 ネギ・生姜・大根のおろし汁を脱脂綿に浸し、鼻の奥のほうまで詰め込みます。 それに加えて、鼻の両わきにあるツボを刺激する方法も良く用いられています。

次の

治らない鼻づまりや鼻水、慢性副鼻腔炎かも。原因と改善方法まとめ

鼻 づまり 改善

鼻水や鼻づまりに悩まされる人は、主に次のような病気や症状が原因だと考えられます。 副鼻腔炎(慢性・急性) 副鼻腔内に鼻水や膿(うみ)がたまる病気。 炎症が4週間以内に治まれば急性、12週間以上続けば慢性と診断されるそうです。 副鼻腔炎は以前は蓄膿症(ちくのうしょう)と呼ばれていました。 蓄膿症といった方がピンとくる方も多いでしょう。 副鼻腔は鼻腔を取り囲むように位置する空洞で、片側4種類、左右で合計8つあります。 いずれかが炎症を起こせば、副鼻腔炎です。 好酸球性副鼻腔炎 最近急増している難治性の副鼻腔炎。 通常の副鼻腔炎と異なり、薬などの効果が現れにくく再発しやすいのが特徴です。 鼻タケ(鼻ポリープ)や嗅覚障害(においを感じにくくなる)も生じやすくなります。 アレルギー性鼻炎 花粉症に代表される鼻炎です。 アレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)が鼻腔に侵入し、アレルギー反応を起こすことで発症します。 何がアレルゲンになるかは個人差があります。 慢性上咽頭炎 鼻とのどの境目にある上咽頭という部分に炎症が起こります。 3週間以上続いた場合は慢性と診断されます。 副鼻腔炎の炎症がないのに後鼻漏(鼻からのどへ流れる分泌物)が起こる場合、上咽頭炎の可能性があります。 副鼻腔真菌症 副鼻腔内に真菌(カビ)が増殖して真菌塊になり、強い炎症が起こる病気です。 免疫力(病気から体を守る力)が低下している人、糖尿病の人、がんの人に起こりやすく命にかかわることもあります。 鼻中隔弯曲症 鼻中隔という鼻腔を左右に分ける壁が左右どちらかに曲がることで起こります。 C字型、S字型に変形し、突出した側(凸側)の鼻腔が狭くなって鼻づまりなどの症状が現れます。 鼻水・鼻づまり自己診断チェック セルフケアはもちろん大切ですが、みなさんは田七ニンジンという植物をご存知でしょうか? 高麗ニンジンなどと同じように、中国では漢方薬として使用されている植物で「カテキン」と「サポニン」の成分を多く含む食品です。 「茶カテキン」と言えば、聞いたことがある人もいるかもしれませんが、カテキンは健康維持への働きが期待されており、特に【ズルズルや詰まり】があって思ったような呼吸ができない人におすすめとされています。 また、サポニンはウコギ科の植物やマメ科の植物に多く含まれています。 含まれる植物によって構造が異なり、性質や働きに多少の違いがあるようですが、田七ニンジンや高麗ニンジン由来のものは「ニンジンサポニン」といい、詰まって黄色いネバネバの人、いつもすすっている人には有用な成分と考えられています。 カラダネ編集部は、これらの成分をしっかりと摂取できるお茶を見つけました。 それが 【白井田七。 茶】というお茶。 田七ニンジンに含まれるサポニンはもちろん、化学肥料を使用しない有機栽培された茶葉を使用しており、安心して飲むことができるのです。 お茶に含まれる茶カテキンもしっかりとれるのもうれしいポイント。 茶】も試してみてはいかがでしょうか。 鼻タケができて両側の鼻がつまることが多くあります。 鼻のかみ過ぎで中耳炎を招くこともあるので注意。 後鼻漏とは、鼻からのどへと流れる鼻水、分泌物のこと。 ネバネバと粘度の高い鼻水は、強い不快感を引き起こします。 また、就寝中にイビキをよくかきます。 鼻水・鼻づまりセルフ改善法 自分の症状のことが少しでも理解できたら、次に鼻水・鼻づまりを改善させるべく、簡単なセルフケアを試してみませんか? 1. ほお骨プッシュ きたにし耳鼻咽喉科院長の北西剛先生は、鼻づまりなど副鼻腔炎の症状のある患者さんに、「ほお骨プッシュ」をすすめています。 北西先生が、「鼻づまりの改善に導くツボの刺激と、顔の骨のゆがみを正す作用が得られる」と期待を寄せる「鼻ヨガ」の一種です。 これを3回くり返す。 「ほお骨プッシュは、自分の手で簡単にできて副作用の心配もなく継続的に行えるのがメリットでしょう。 病院で正しい診断や治療を受けることを前提に、ほお骨プッシュなどを行うことはとてもおすすめです」(北西先生) くわしくは下の記事をご覧ください。 なお、堀先生が特に注意喚起するのが、「鼻をかんだ後に鼻水をすすらないこと」。 鼻をすすると、副鼻腔内に残っている鼻水が耳の器官である中耳腔まで逆流し、中耳炎の原因になる可能性があるからです。 強化版鼻うがい 鼻をかむだけでは、つらい鼻水・鼻づまりの原因になる鼻腔内の細菌やウイルス、膿などを出し切るのは難しいもの。 きたにし耳鼻咽喉科院長の北西剛先生は、慢性副鼻腔炎や花粉症などのアレルギー性鼻炎、上咽頭炎への対策に、鼻うがいをすすめています。 100円ショップなどで売られているドレッシング容器など液体容器にシリコン製のイヤホンパッドをつけるだけでで、鼻うがい器ができあがります。 ・水は無理に吸い込まずに、容器を手で押して出てくる水の量で十分です。 無理に吸い込もうとすると中耳炎などになる可能性もあるため、注意してください。 ・鼻腔内に水があるときに、つばや注入した水を無理に飲み込まないでください。 ・1日に行う回数は1~2回まで。 やりすぎは禁物です。 さらに、ドロドロとした鼻水や膿がなかなか出せない人には、重曹入りの強化版鼻うがいがおすすめ。 5グラム、塩5グラムを入れて混ぜる。 重曹はスーパーなどで市販されている食品用を使用 あとは、通常の鼻うがいと同じように、鼻腔を洗い流します。 くわしくは下の記事をご覧ください。 鼻カイロ 「鼻づまりは、私たちの寿命をも左右する症状」と警告するのは、日本医科大学耳鼻咽喉科の大久保公裕教授です。 鼻がつまって口呼吸になると、基礎代謝が下がって太りやすくなる可能性があるそうです。 肥満は生活習慣病の大きな原因です。 また、心臓の鼓動が早くなることで、循環器系に負担をかけて老化を早める恐れもあります。 大久保先生がすすめるのは、朝起きたての鼻カイロ。 温かいタオルを鼻に乗せるだけの簡単セルフケアです。 またはタオルを水道水で濡らして絞り、丸めた状態で電子レンジに30秒〜1分かける。 タオルが冷めるころには、軽くかむだけで出てくるでしょう。 くわしくは下記の記事をご覧ください。 タマネギ深呼吸 最後に、就寝時のユニークな鼻水・鼻づまりセルフケアを。 日本医科大学耳鼻咽喉科の大久保公裕教授が推奨するタマネギ深呼吸です。 タマネギ深呼吸は、タマネギを皮がついたまま薄切りにして器にのせ、においが届くように枕元に置きます。 そのまま、朝まで眠るだけです。 タマネギ(特に皮)には、強い抗酸化作用のある「ケルセチン」という成分が含まれています。 ケルセチンは、アレルギーの原因となるヒスタミンを抑え、鼻づまりを改善する働きがあります。 また、硫化アリルという鼻づまり改善に有用な成分が含まれています。 タマネギを切った時に涙が出るのは、硫化アリルのせいです。 寝る直前に、切ったタマネギを鼻に近づけ、思い切り息を吸い込むだけでも変化を実感できる人がいます。 くわしくは下の記事をご覧ください。

次の

鼻づまりがラクになる!簡単アロマ活用術《風邪や花粉症対策に》

鼻 づまり 改善

鼻づまりはなぜ起こる? 風邪やアレルギー症状のひとつとして現れる鼻づまり。 そのほとんどは、鼻の粘膜が腫れて空気が通りにくくなることで起こります。 そこで鼻づまりの改善には、鼻粘膜の炎症を抑える作用や、うっ血を取り除く作用、鼻水を出しやすくする粘液溶解作用をもつアロマオイル(精油)が役に立ちます。 鼻づまり解消におすすめのアロマオイル(精油) 爽快感を与えてくれる精油の力を借りて、不快な状態をスッキリ穏やかにしていきましょう。 ここではアロマ初心者の方でも手に入れやすく、使いやすい精油を中心にご紹介します。 ユーカリ・ラディアタ 鼻水や咳、喉の痛みなどカタル症状を和らげるアロマの代表格。 鼻に抜けるような爽快な香りが鼻通りをよくしてくれます。 抗ウイルス作用や免疫調整作用に優れ、1本持っておくと風邪やインフルエンザの予防、花粉症対策など幅広く活用できます。 *たくさん種類があるユーカリ精油の中でも、ラディアタ種は刺激が少なく香りもマイルドで、子どもから高齢者まで幅広く使えます。 ペパーミント 粘液溶解作用や鼻のうっ血除去作用があり、鼻や喉のトラブルに効果的。 メントールのスーッと清涼感のある香りとともに、鼻づまりを和らげてくれます。 頭痛を伴う鼻炎や鼻づまりにもおすすめです。 ティーツリー オーストラリアでは古くから民間薬として利用されてきた植物。 抗感染症作用や免疫調整作用があり、風邪やインフルエンザ、花粉症の予防や症状緩和に役立ちます。 クリーンで染み透るようなすっきりとした香り。 ローズマリー・シネオール 抗カタル作用や去痰作用、鼻水をサラサラにする粘液溶解作用があり、鼻づまりをはじめ、咳や気管支炎など呼吸器系の不調に効果が期待できます。 すっきりとシャープな香りで、心身のリフレッシュにも最適。 *ローズマリー精油はいくつか種類がありますが、シネオールタイプは比較的穏やかな作用で初心者の方でも扱いやすいオイルです。 鼻づまり解消に役立つアロマの使い方は? 精油の楽しみ方はたくさんありますが、ここでは特に鼻づまりの改善に効果が期待できる精油の使い方をご紹介します。 即効性が期待できるアロマ蒸気吸入 鼻づまりに即効性が期待できるのが「蒸気吸入」です。 空気中に香りを広げる芳香浴よりも香りをしっかり吸い込めて、鼻粘膜に芳香成分をダイレクトに作用させることができます。 また、温かい蒸気を利用することで鼻の通りもスッキリ。 蒸気吸入ができない場合は、ハンカチやティッシュにアロマオイル(精油)を1〜2滴たらし、鼻に近づけて香りを嗅ぐだけでもOK。 枕元に置いて寝てもよいでしょう。 準備するもの• マグカップ• 熱めの湯• 好みの精油 蒸気吸入の方法• マグカップにお湯を入れ、アロマオイル(精油)を1〜3滴垂らします。 目を閉じてから蒸気に顔を近づけ、深呼吸するようにゆっくりと蒸気を吸い込みます。 そのまま蒸気が出なくなるまで5分ほど行います。 *蒸気を逃さないように頭からバスタオルをかぶるとさらに効果的。 蒸気吸入の注意点 ・精油成分が目の粘膜を刺激することがあるため、必ず目を閉じて行います。 ・咳がひどいときや喘息の人、小さな子供には避けましょう。 ・マグカップのお湯を間違って飲まないように気をつけましょう。 外出先でも鼻スッキリ!マスクスプレー 花粉やウイルス対策にマスクが欠かせない季節には、マスクへの香り付けもおすすめです。 シュッとひと吹きすれば爽やかな香りが広がって、鼻通りもスッキリ。 外出先でも使えて、持ち運びにも便利です。 眠れない夜には枕元にスプレーしてもよいでしょう。 呼吸がラクになり、眠りやすくなります。 準備するもの• 30mlのスプレー容器(アルコール対応のもの、できればガラス製を)• 精製水(ミネラルウォーターでもOK)• 無水エタノール(薬局で購入できます)• 好みの精油 マスクスプレーの作り方• 清潔なスプレー容器に無水エタノールを10ml入れる。 精油を10滴加え、容器を軽く振って混ぜる。 精製水を20ml加え、容器のふたをしめ、よく振って混ざったら完成。 *使う前には容器を振ってよく混ぜてから使います。 *冷暗所に保管して、約1か月で使い切ります。 *無水エタノールは引火性があるため、火気の近くで使わないよう注意。 *ペパーミントは香りが強いため、初心者の方は少量からお試しください。 鼻がスーッとラクになるアロマジェル 鼻炎や鼻づまり用にアロマジェルを作っておけば、忙しい朝や寝る前などシーンを問わずササッと使えて便利。 鼻のまわりや胸元に塗ると、スーッと呼吸もラクになります。 ベタつかないジェルタイプは、子供にも塗りやすくおすすめです。 準備するもの• クリーム容器(30ml程度)• 市販のジェルベース(がおすすめ)• 好みの精油• 竹串 アロマジェルの作り方• 清潔なクリーム容器にジェルベースを20ml入れます。 アロマオイル(精油)を4〜8滴(1〜2%濃度)加え、竹串でよく混ぜたら完成。 *冷暗所に保管して、1〜2週間で使い切ります。 おすすめレシピ ユーカリ・ラディアタ3滴+真正ラベンダー1滴 *小さい子供(3歳〜)にも使えるブレンドです。 子供に使う場合は精油の量は半分(2滴)を目安に。 鼻づまり&疲れを解消できるアロマバス 寒い季節に鼻がよくつまるという人は、全身の血流を良くすることで鼻づまりが改善されることがあります。 アロマバスにゆったり浸かって身体を温めていきましょう。 疲労回復やストレス解消にもおすすめです。 準備するもの• 好みの精油• 植物油 or• 小皿 アロマバスの方法• 清潔な小皿に小さじ1程度の植物油(スイートアーモンドオイルなど)もしくはバスオイルを入れ、精油を1〜5滴混ぜます。 浴槽のお湯に入れ、よく混ぜてから入ります。 おすすめレシピ ユーカリ・ラディアタ2滴+ひのき1滴+ベルガモット1滴.

次の