田代 万里 生。 田代万里生が結婚!お相手は咲嬉、2周間前に瀬戸早妃から改名

田代万里生オフィシャルファンクラブ

田代 万里 生

田代 万里生(たしろ まりお、1984年1月11日 — )は、日本の歌手、声楽家(テノール)、俳優。 長崎県生まれ。 東京都、その後埼玉県に育つ。 ESCOLTAメンバー。 2009年よりホリプロ所属。 埼玉県立大宮光陵高等学校音楽科声楽専攻、東京藝術大学音楽学部声楽科テノール専攻を修了。 音楽の教員免許(中学・高校)資格を持つ。 絶対音感の持ち主でもある。 ピアノ講師である母のもとで3歳からピアノを学び、7歳よりヴァイオリン、13歳よりトランペットを始め、テノール歌手の父のもとで15歳から本格的に声楽を学ぶ。 高校・大学在学中からオペラ・オペレッタを中心に活動。 ESCOLTAに加入後はその活動と平行し、クラシック歌手・ミュージカル俳優・ポップス歌手、そして俳優と、多岐にわたるジャンルに活躍の場を広げている。 () 「田代万里生咲嬉」「田代万里生さん」「田代万里生井上芳雄」という言葉が話題です。

次の

神田沙也加&田代万里生、交際報道をブログで謝罪

田代 万里 生

田代 万里生(たしろ まりお、1984年1月11日 — )は、日本の歌手、声楽家(テノール)、俳優。 長崎県生まれ。 東京都、その後埼玉県に育つ。 ESCOLTAメンバー。 2009年よりホリプロ所属。 埼玉県立大宮光陵高等学校音楽科声楽専攻、東京藝術大学音楽学部声楽科テノール専攻を修了。 音楽の教員免許(中学・高校)資格を持つ。 絶対音感の持ち主でもある。 ピアノ講師である母のもとで3歳からピアノを学び、7歳よりヴァイオリン、13歳よりトランペットを始め、テノール歌手の父のもとで15歳から本格的に声楽を学ぶ。 高校・大学在学中からオペラ・オペレッタを中心に活動。 ESCOLTAに加入後はその活動と平行し、クラシック歌手・ミュージカル俳優・ポップス歌手、そして俳優と、多岐にわたるジャンルに活躍の場を広げている。 () 「田代万里生咲嬉」「田代万里生さん」「田代万里生井上芳雄」という言葉が話題です。

次の

田代万里生は斜視?結婚や家族子供は?経歴やプロフィール調査!

田代 万里 生

ミュージカルなどで活躍する俳優・歌手の(35)が、女優で会社社長の咲嬉(さき、33)と結婚することが27日、わかった。 両者の所属事務所によると同居はこれからで、入籍は「よき日を選んで婚姻届を提出する予定」。 咲嬉は妊娠しておらず、挙式・披露宴も未定だという。 2人の出会いは2010年の春。 その時はあいさつした程度だったが、14年1月に再会し、その後時間をかけて交際に発展した。 付き合い始めた当初から互いに結婚を意識しており、「一緒にいると素直で自然体でいられ、共に年齢を重ねながら生涯一緒にいたいと思う、大切な存在になっていった」という。 田代は自身のブログでも結婚することを報告。 「今年でミュージカルデビュー10周年を迎え、令和元年という新しい時代の大きな節目に、こうして新たな気持ちでスタートを踏み出せることが出来、いつも支えて下さってる皆様には感謝の気持ちで一杯です」と思いをつづった。 また、「新しい環境で新しい家族と共に、俳優・歌手としてより一層精進し、これまで以上に充実した舞台や音楽を皆様にお届け致します。 今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう、心からお願い申し上げます」と呼びかけている。 田代は1984年長崎県生まれ。 東京芸術大学音楽学部声楽科テノール専攻卒業。 2009年ミュージカル『マルグリット』でミュージカルデビュー。 近年の代表作は、ミュージカル『エリザベート』(2010-2015・2016・2019)、『ラブ. ネバー・ダイ』(2014・2019)、『マリー・アントワネット』(2018)など。 第39回菊田一夫演劇賞を受賞している。 咲嬉は1985年宮城県出身。 瀬戸早妃の名義で、2003年に講談社『ミス週刊少年マガジン』を受賞。 主なドラマ出演作は『水戸黄門』(2004)、『花より男子シリーズ』(2005、2007)、『花咲舞が黙ってない!』(2014)、『リーガルV』(2018)など。 2018年8月に株式会社プリエーヴを設立。 代表取締役社長として、レディース・アパレルの通信販売、セレクトショップ『mon tresor(モントレゾール)』を運営。 女優・女性起業家として、幅広く活動している。

次の