立体 マスク の 作り方 手縫い。 超簡単!大きめ立体布マスクの作り方(大人用型紙あり)

【子供用立体マスク作り方・ダイソー型紙で簡単手作り】手縫い・ガーゼ&ゴム無しで作ってみた!大人用型紙も

立体 マスク の 作り方 手縫い

新型コロナウィルスが世界中を席捲している。 マスクに予防効果なしと当初は言っていたWHOも欧米も、その方向性をだんだんと変化させてきている。 アメリカは中国で使い捨てマスクを次々買い上げているようだし、各国のマスクへの本気度が見える。 そうなると当然、末端ではどの国も品薄になるし争奪戦となる。 元々日本人はマスク好きな国民だし、冬場はインフルエンザ、春先は花粉症の対策でそこそこニーズはあったと思うけど、現在はその比ではないわけで。 布のマスクが家庭に2枚支給される、と世界中から失笑を買ったけどこれもある意味バカにはできない。 使い捨てマスクが手元になくなったらなにかで代用しなくてはならない。 その時のために、ないなら作っちゃえ、ということでマスクを作ることにした。 備えておけばマスク探して日々のドラッグストア通いも少し軽減されるかも。 試作を重ねて自分や親類、知人などに使い心地やサイズについて意見を聞いて改良しながら一応フォーマットができたのでここに記録しておこうかなと思う。 知人何人かにたずねられたのもあるし。 私は実はキルトが趣味の一つ。 最近は仕事が忙しいのもあって遠ざかっているけれど、基本手縫いで作るものが大好き。 というわけで、今回は空いている時間に少しずつできる 「手縫い」にこだわってマスクの作り方を公開します。 雑誌の表紙などの固めの紙で作るとよいです。 ダウンロードして印刷できる型紙はたくさん出ているのでもちろんこれを使ってもいいと思う。 ここではそういう設備のない人のために、簡単な寸法を載せておくのでこれを参考にしてください。 息が苦しくならないように真ん中に曲線を用いているけど、ここには実はコーヒーフィルターを使うとなめらかな曲線が簡単に作れる。 あったらぜひ使ってみてください。 あごのラインは手描きでなんとなくなめらかにすればよし。 使う布はダブルガーゼがよいと思いますが、それがない場合にはできるだけキメの細かい綿の布にするとよいと思います。 私はここでは表はダブルガーゼ、裏地にはさらしを使っています。 ガーゼやさらしは一度水に通しておきましょう(縮みます)。 そのほか、ゴムも用意しましょう。 型紙は縫いしろ込みでの寸法です。 表の布はゴムの部分が横に3センチ長くなり、裏の布が横幅ぴったりのサイズになります。 切り抜いた布はこんな感じ。 布目は縦でとります 次は縫い方を紹介します。 それぞれ中表で待ち針で止めたら、1センチの縫いしろを書きます。 その線を端から端までなみ縫いしましょう。 最初と最後は一目返しておくと強度がつきます。 これは曲がりやすくするためです。 あまり細かく入れる必要はなく、全体で5か所くらい入れれば十分です。 そして縫い代を割り、しっかりとアイロンをかけましょう。 手縫いでうまく作るためには、段階ごとにしっかりとアイロンをすることです。 仕上がりの精度が違います。 表と裏を中表に合わせ待ち針で止めます。 真ん中の縫い目がきっちり合うように待ち針を打ち、表と裏がずれないようにしましょう。 上下を縫うのでそれぞれ待ち針で止めたら1センチの縫いしろを書きます。 その線の上を縫っていきましょう。 裏が3センチ短いので、裏側を上にしながら縫っていくとわかりやすいです。 ここも最初と最後は一目返しておくとよいです。 そして上下の縫った線のところできっちりとアイロンをかけます。 さらに、表の布はそのままゴムを通す部分になる縫いしろの1センチも折ってアイロンをかけましょう。 それぞれ表の布が3センチ裏より長いので、その部分を三つ折りにします。 一度折ったときに表布部分をを半分にしてちょうど裏の布の端のラインに合わせ、そこでさらに二回目を折るイメージです。 三つ折りにした端の部分をまつり縫いしていきます。 まつり縫いは細かめに、一番表に針目が出ないように裏布や表のダブルガーゼの一枚分だけをすくうようにしましょう。 裾上げの要領です。 特に端の部分が浮き上がらないように注意して縫いましょう。 一目手前から始めて返し縫いをすると強度が出ます。 最後も端まで行ったら一目戻ったところで玉止めし、玉止めは中に隠すようにしましょう。 その後、左右それぞれにゴムを通します。 ゴム通しがなければ、安全ピンやヘアピンなどでも代用できます。 だいたい4ミリのゴムで片方25センチくらいが標準です(個人差があります)。 ただし、こういうご時世なので、アイロンでしっかりと形を整えた後、 を参考に洗ってから使うことをお勧めします。 型紙の寸法は女性用です。 これを参考に男性は一回り大きく、子供用は必要に応じて小さくリサイズしてください。 これの応用として、裏布をポケットタイプにして中に不織布を入れてマスクの強度を上げる方法があります。 私はこちらも作りました。 型紙はこのままで作れます。 トライしてみてください。 基本のマスクの作り方、記録として残しておきますのでぜひ参考にしてください。

次の

立体マスク(布)の作り方(All手縫い)|MaU|note

立体 マスク の 作り方 手縫い

簡単!立体布マスクの型紙【大人サイズ・子どもサイズ】 型紙は下の 「大人用・子ども用マスクの型紙はこちらから」をクリックするとPDFファイルが開きます。 パソコンをお使いの方は表示されたページを印刷をして使ってください。 スマホをお使いの方はPDFファイルを保存して印刷してください。 プリンターをお持ちでない場合は、コンビニエンスストアのマルチコピー機を使って印刷(A4サイズ、拡大・縮小なしで印刷してください)することができます。 他にもありますので、 マスクゴム 代用品で検索してみてください) お裁縫道具(まち針、ハサミ、チャコペン。 手縫いの場合は針と糸をお忘れなく) 布マスクの生地はガーゼが好ましいのですが、どこのお店も品切れで手に入らないので、私は家にあったコットン生地と、100円ショップで見つけたTシャツカットクロスを代用品にしました。 (手芸店の方に相談したら、ガーゼがない場合は 表布はお好きなものにして、裏布は口に触れるから、できれば柔らかい素材のものがいいですね。 生地を裏返して型紙をのせ、動かないようにまち針を刺して型紙にあわせてチャコペンでしるしをつけます。 初心者さんはこちらの方がラクです) つけ終わったら切りとります。 型紙に縫いしろが含まれていますので、そのまま切って大丈夫です。 しるしをつけるのは面倒〜!って方は、型紙をつけたまま布地をカットしてください。 きっちりきれいに切れなくても大丈夫です。 型紙には縫いしろが含まれているので、布の端から0. 5cm~1cmぐらいのところをなみ縫いで縫います。 アイロンを使うのがめんどくさ〜い!って時は、指で押さえても大丈夫です。 マスクを半分にたたんで縫いしろを広げてアイロンをかける方法もありますが、私はタオルを丸めて手に持ち、その上に表布、裏布それぞれをかぶせてアイロンをかけました。 スチームが出るとヤケドをする可能性があるので、スチーム機能は必ずオフにしてくださいね。 その後、左右均等にまち針を打っていきましょう。 生地の端から0. 5cm~1cmぐらいの部分を縫います。 この時、力が入って生地がズレやすいので気を付けてくださいね。 …ズレちゃった。 って場合も慌てずに。 そしてまた同じように、布の端から0. 5cm〜1cmぐらいのところを縫っていきます。 アイロンでしっかり押さえると縫いやすいです。 家庭科の課題のギャザースカートがどうしても仕上がらなくて、器用な友人に助けてもらった過去や……子どもたちに持たせる雑巾を縫うのにミシンを出すのが面倒で、ずっと手縫いで済ませていたり。 ミシンで縫ったほうが早いと思いますよね(笑) 布マスクを作る前は、 難しそうだし、途中で投げ出すかも!と思っていましたが、布地をカットしてからはスムーズに作ることができました。

次の

立体マスクの作り方!手縫いでも簡単に綺麗に作れる♪

立体 マスク の 作り方 手縫い

にっこり(Nick Ollie)してもらえるものを目指して、のんびり(Non Billy)楽しくハンドメイドしているNick Ollieです。 とてもシンプルで簡単に作ることのできる立体マスク、量産中です。 シンプルな形だけど、着け心地は良いですよ。 立体なので息苦しくならないし、喋るとマスクがズレ上がってくる、なんてこともなくてフィット感もいいマスクです。 このマスクは、「普段はハンドメイドしないけど、マスクが手に入らないから作ってみようか」というようなハンドメイド初心者さんにオススメです。 簡単で作りやすいと思うなー。 かく言う私もまだまだハンドメイド初心者。 この前のプリーツマスクみたいに上手く作れないことも多いです。 こうやって裁断です このハンカチは仕舞ってあったので、畳みじわがついていました。 アイロンをかけてから使います。 前から使っている製図がこちら。 縫い代込みです。 7mmから1cmくらいの縫い代で作ってね。 出来上がりサイズは、縫い代7mmで作ると、縦が一番長いところで約14cm、横が約19. 5cmくらい。 大人向けの中サイズくらいかな。 この製図、上半分しか書かれていません。 中央を横に折って型紙を作ってくださいね。 外側はこの型紙全部を使います。 口のあたる内側は、左端の横3cm x 縦10cmの長方形部分は不要です。 内布の方が横のみ短くなります。 ハンカチの場合、縁がかがってある部分を使うと便利です。 ほつれてこないから、縫いやすいと思うの。 ハンカチを中表(表を内側にすること)に折ったら、型紙を端っこに載せて、型紙通りに線を引きます。 こんな風に型紙を載せます。 こちらは内側になる部分。 中表に重ねてあるので、これを裁断すると同じ形の部品が2枚できます。 続いては外側になる方。 お裁縫では後から消えるチャコペンを使うことが多いけど、持っていなければ鉛筆やボールペンで線を引いても大丈夫。 この型紙の場合は縫い代込みなので、線のところで裁断します。 だから鉛筆やボールペンで線を引いても全く問題なしです。 線に沿って裁断です。 2枚重なっているので、ずれないようにマチ針を打っておきます。 マチ針がなければ、書類用のクリップなんかを使ってもいいですよ。 裁断できました。 上が外側用、下が内側用です。 それぞれ2枚ずつあります。 上の画像はそれぞれ中表に重なっている状態です。 なので、今回はこのシンプル立体マスクを手縫いで作ってみようと思います。 どのくらいの時間でできるかも測ってみたいし。 因みに、ミシンでも縫い方は同じです。 手縫いの部分をミシンで縫うだけ。 私はミシンはやるけど、手縫いはそんなに上手ではありません。 たまーにボタン付けしたり、スカートの裾をまつり縫いしたり、穴の空いた靴下を繕ったりするくらい。 だから縫うのが遅いです。 まずはカーブを縫う 今回私はミシン糸で縫うことにしました。 細めの手縫い糸でもいいと思います。 うちには手縫い用は太いボタン付け糸しかなかったので、ミシン糸で。 丈夫になるよう糸を二重にして縫うことにしました。 まずは外側も内側も2枚の生地それぞれ中表にし、カーブの部分を縫い代7mmで縫います。 1cmでもOK。 いろんな縫い方がありますが、並み縫いで大丈夫。 なるべく細かい目で縫います。 外側と内側、両方とも縫えました。 写真を撮りながら縫って、ここまでで10分ほどかかりました。 カーブの部分、今まで縫い代に切り込みを入れていたのですが、ご近所のハンドメイドの先輩(一緒にフリマに出てるママ友のお母様なの)から「マスクの場合、切り込みは入れなくても、出来上がりはそんなに変わらないわよ」と教えていただき、それ以来あまり切り込みは入れていません。 今回は3ヵ所だけ入れています。 あとはサイドを縫って、、、 ひっくり返したら、サイドにゴムを通すところを作ります。 まずは外側の生地の上下の端を、先ほど縫ったところに合わせて折ります。 アイロンするとキレイですが、爪でギュッと折り目をつけてもいい(別名、爪アイロン!)。 続いてはマスクゴムを通せるよう、外側の端を1回折ります。 内布の端に被さるように折ってね。 今回はハンカチの縁の元々縫ってある部分を利用しているので、三つ折り(2回折ること。 何で2回折るのに三つ折りって言うんだろうね? 生地が三重になるからなのかな?)は不要です。 そしてハンカチの縁の縫い目に沿って手縫いです。 縫い目に沿えば真っ直ぐ縫えます。 ちょっときつく縫えちゃった。 こういうふうにきつくなったら、結ぶ前に糸をしごくようにするといいんですが、その前に結んでしまった。 けど、まぁ大丈夫さ。 表から見るとこんな感じ。 ここまでの、サイドを折って縫うのにかかった時間は約10分ほど。 マスクゴムを通して完成です ゴムはこうやって通してね これで本体が完成しました。 あとはマスクゴムを通すだけです。 マスクゴムは30cmくらいのを2本用意してくださいね。 これを両端に通して、完成です。 ゴム通しが100円ショップに売っていますが、ヘアピンや安全ピンを利用することもできます。 今回安全ピンで通してみました。 ゴム通しより短い分、ちょっとだけ時間がかかりました。 っても、数センチを通すだけだからね、簡単です。 ゴムを通して結んだら、結び目を隠します。 ここまでで、約5分。 マスクゴムの代用品 マスクゴムの代用となるものについて、再度書いておきますね。 マスクゴムも最近手に入らないからね。 細めのヘアゴム• 帽子用のゴム: 子どもの帽子についてるような細いゴム• 細めの平ゴム: 4~6コール(mm)以下くらいの太さが良いと思います。 太めなら柔らかめのものを。 Tシャツヤーン: Tシャツ生地で作られた太めの糸。 スパゲッティとも呼ばれます。 100円ショップの毛糸コーナーにあります。 バイアステープ: 布を織り目に対してバイアス(斜め)に切ってあるので伸びます。 100円ショップのハンドメイドコーナーにあります。 Tシャツを細く切ったヒモ: Tシャツはよく伸びるし、端もほつれてこないものが多いので良さそう。 ストッキング: 横に輪切り(?)にして使います。 輪っかになっているので、マスクのゴム通し部分を縫う前にセットしてから縫うようにします。 いざとなったら、輪ゴム! にも書いたのだけど、バイアステープをマスクゴムの代わりに使ってみたら、結構かわいいですよー。 マスク作りの需要が増して、ダブルガーゼは品薄なのですね。 そういえばハンカチは家にいっぱいありますね。 貰い物とかもありますよ。 特に最近、タオルハンカチを使用するので、薄手のハンカチはお蔵入り状態です。 マスクにしては右ばかりが出ばって妙な型紙だと思ったら半分だけの型紙なんですね。 既にあるハンカチの縫い目も利用して作るんですね。 そうする事で、手間を軽減させるんですね。 今回は手縫いなのですか・・・。 ミシンを持っていない人も多いですね・・・。 そういえば、マスク作りの影響でにわかに需要を伸ばしているとも聞いたけど、 わざわざ買わない人の方が多いです。 今回は、ミシンを持っていない人の為の手縫いマスクを紹介されるのですね。 クリップは木製のに綺麗な布が貼ってあり作り方の写真も綺麗ですね。 カーブの縫い代に切り込みを入れていたのを 今回は無しにされたんですね。 マスクに使う布は柔らかいので切り込みを入れなくても ごわごわしないのでしょうかね・・・・。 しかし、爪アイロンでも薄手の布ならいけますよね・・・。 アイロンは熱いし面倒です。 今回は、ゴム通しを持っていない人向けに安全ピンでのゴム通しなのですね。 今回の記事は、専門の道具を持ってない人でも作れるよう作り方を指南したお役立ち記事なのがいいです。 良い情報を広める事で世の中の役に立ちますね。

次の