不滅 の 恋人 10 話。 不滅の恋人の再放送予定と見逃し配信!無料動画で1話から最終回まで見る方法は?

『不滅の恋人』あらすじ(ネタバレ)&感想 10話 チン・セヨン&ユン・シユン主演

不滅 の 恋人 10 話

不滅の恋人 第10話 あらすじとネタバレ 焦るカン 女真族との裏取引がばれれはカンは王位どころか大君の立場も危なくなります。 焦ったカンは自分を支持する右議政派の重臣を集め、共に実力行使に出るように誓わせます。 実はフィは証拠になる密書は持っていませんでした。 裏取引があるという話を聞いただけでした。 しかしカンが密書を探していると聞くと、話は本当だったのだ。 国を裏切ったのだと深く傷つきます。 幼い王の即位式 新王の即位式の日がきました。 玉座に幼い王が座ります。 大王大妃となった大妃が集まった王族や重臣に命令を伝えます。 「ウンソン大君が幼い王を守る」。 それを聞いたカンの支持者達は驚きました。 カンはフィに憎しみの目を向け自分が勝者になって全てを奪うと誓いました。 一方、ナギョムはフィとチャヒョンの婚礼を早めるように大王大妃に進言します。 大王大妃もチャヒョンの父ソン・オクに幼い王の後ろ盾になってほしいので2人の結婚を認めました。 フィとチャヒョンは結婚が認められ喜びます。 結婚式当日の悲劇 チャヒョンとフィの婚礼の日が来ました。 フィと臣下達が浮かれている中、カンとその一行が贈り物の箱を運び込みます。 しかし彼らは荷物から剣を取り出し集まった重臣たちに襲いかかります。 左議政キム・チュも切られフィに「急ぎ王宮に行き王様を守って下さい」と伝えて息絶えます。 驚くチャヒョンの前で、カンは刺客に「誰の差金か」と剣を突きつけます。 刺客は「ウンソン大君」と答えました。 フィが起こした反乱だというのです。 ドラマのモチーフになった事件は癸酉靖難 この回の反乱のモチーフになったのは癸酉靖難(きゆうせいなん)です。 首陽大君は幼い端宗を補佐していた安平大君と金宗端(キム・ジョンソ)を排除しようとクーデターを起こしました。 首陽大君は兵を出す大義名分として安平大君が反乱を起こそうとしていると主張して兵を出し、起こしました。 安平大君を支持している重臣の金宗端(キム・ジョンソ)達を殺害。 安平大君を謀反の黒幕にしたてあげて江華島に流して殺害しました。 実際には首陽大君に野心があったわけですが邪魔な者を武力で殺害してしまったのです。

次の

「不滅の恋人」10話あらすじ感想・動画|簡単には夫婦になれない|猫耳のドラマ生活

不滅 の 恋人 10 話

2018. 06 不滅の恋人-あらすじ-9話-10話-感想付きネタバレありで紹介! 韓国ドラマ-不滅の恋人-あらすじ-9話-10話-の想付きキャスト情報をネタばれありで! キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。 フィは女真族に捕まってしまう。 そして、1か月後、ヤンアン大君は王宮へ戻り、 フィが戦死した。 と伝えた。 【不滅の恋人】ネタバレあり 9話 グァンは 「王様を…元子を…」と言い亡くなった。 3年後。 王は重篤の状態だった。 息子は世子になっていた。 ジャヒョンはまだフィを待っていた。 母親のアン氏はジャヒョンに別の婚姻を勧めていた。 しかし、ジャヒョンは断っていた。 フィは都に帰ってきた。 すぐにジャヒョンの家の前に来たが、フィは王宮に向かうことにした。 王宮の前に着いたが、門番たちに、フィとは気づいてもらえず、謀反の疑いまでかけられてしまう。 闘うことになってしまったが、フィたちは逃げた。 3年たっていても分かるものかと思ったけど、分からないものなのでしょうか? ジャヒョンの婚姻の相手はウォルリョン君だった。 その為、ジャヒョンはガンの所に来て破談にするようにお願いに来た。 しかし、無駄足だった。 フィと一緒にきたルシゲは女官の格好をして王宮に入った。 そして、大妃シム氏にフィが自分の血で書いた布を渡した。 ガンは王宮に向かっていた。 フィは大妃シム氏が送った兵士に守られて王宮に入った。 フィは大妃シム氏の前に座り、 「不肖、フィ。 ただいまご挨拶申し上げます。 」と泣きながら言った。 大妃シム氏は 「生きていたのか。 すっかりやつれて、さぞかし苦労しただろう。 王が危篤に陥っている。 天がこの私を気の毒と思い そなたをよこしたのだ。 」と言った。 フィは 「王様はかなりお悪いのですか?」と聞き、 大妃シム氏は 「もう長くはもたぬはずだ。 ガンの野心を恐れ朝廷にも王族にも隠している。 」と答えた。 フィは 「兄上も知っているはず。 手先の女官を捕らえました。 」と言った。 ガンも大臣を引き連れて王宮に入った。 フィは王に会った。 王はフィに会い、安心して眠れると言った。 王は 「今まで考えに考えた。 チニャンに譲位すべきか、それが国のために最善なのか。 だがチニャンは世子を生かしておかぬ。 お前も始末するはずだ。 チニャンを阻め。 お前が家族を守ってくれ。 再び王子の間に争いが起これば民の信望を得られぬ。 誰も死なせてはならぬ。 お前が守るのだ。 」と言い、王は亡くなってしまう。 王はガンを止めてほしいんでしょうね ガンもまた外にいた。 しかし、尚膳が止めていた。 王が亡くなったことを知ってしまう。 ガンは顧命が気になっていた。 そこにフィが部屋から出てきて、ガンと大臣たちは驚いた。 フィは 「顧命を承りました。 これが 大行王(死去した王の敬称)のご遺言です」と言った。 ジャヒョンは家を出ようとしていた。 しかし、ナギョムがそれを阻むように命令をしていた。 ジャヒョンは部屋に戻り髪を切った。 フィはジャヒョンが嫁ぐことをガンから聞き、慌ててジャヒョンの元へむかった。 ジャヒョンとフィは抱き合った。 ガンは大妃シム氏の所へ行った。 ガンは何とか、顧命を覆せれるように話をしにいったが、大妃シム氏は息子でも容赦しない。 と答えた。 ガンとヤンアン大君は実力行使に移ることにした。 それは世子を人質にとり、王印を奪う事だった。 相手が抵抗するなら斬ることに。 まさかの実力行使。 フィは急いで王宮に戻り、世子の所に向かった。 そして、ガンが出した命令でいた内禁衛を下がらせた。 フィはガンの家に向かい、これまでのことを話した。 フィは女真族との裏取引のことを闇に葬るかわりに忠臣として生きろ。 と言ったが、ガンは証拠を出せ。 と言った。 フィは密書を持っていると答えた。 10話 ガンの所に大臣が集まった。 そして、ガンは本当に大丈夫か確認をした。 大臣たちは署名した。 フィは大妃シム氏の所へ行った。 そして、27日に葬儀を終える制度を利用することを言った。 大妃シム氏は朝廷に顔をだすように言い、フィはジャヒョンの縁談を取りやめるようにお願いをした。 その間にホン尚君たちがフィの部屋に入った。 フィは誰かが部屋に入ったのを知る。 世子は王になった。 フィは兵曹判書になった。 幼い王を守る為だった。 兵権を握ることにしたんですね ガンはフィのところにきた。 フィはナギョムの兄のジャジュンを内禁衛から外し、中枢院(王命出納や軍の事務を担当する官庁)に 移動させることを伝えた。 ナギョムはフィとジャヒョンの婚姻を早めるように大妃シム氏に言い、 ジャヒョンの所へ来た。 ナギョムは婚礼の日取りのことをアン氏に言った。 フィとジャヒョンたちは婚姻後に住む新居を見に行った。 そこにはガンがいた。 ジャヒョンは自分の部屋に入り、ルシゲにフィがどんな風に過ごしてきたか聞いた。 ジャヒョンからしたら良いことなのか…。 でも、ジャヒョンは何も言えないですよね ガンは着々と謀反の準備を進めていた。 フィとジャヒョンの婚礼が始まろうとしていた。 しかし、ガンが持ってきた贈り物の中から剣を出し、刺客が襲ってきた。 ガンはわざと斬られた。 ガンの攻撃が始まりましたね フィは王宮へ行き王を守るように言われ、王宮へ向かった。 ガンは刺客の1人に向かって、誰の指示かを聞いた。 刺客の1人はフィと答えた。 9話~10話の感想 フィが王宮に戻ってきましたね。 これで、元に戻るのかと思ったら、 ガンからしたら、なんでいてるんだ?!ですよね。 それも、王の最期の遺言も自分が聞くつもりが フィが聞いてしまって…。 ジャヒョンの事もフィに嫁がせたくなかったのに、帰ってきたら、一緒になってしまいますから 再び嫉妬しかないですよね。 ジャヒョンの3年間の待つ気持ちは辛かったでしょう。 周りから色々絶対言われてしまうし、別の所へなんていわれても、 フィの事が好きなのに…ってなるから、それを貫きとおしたジャヒョンの気持ちも偉いですね。 次回、フィの運命はどうなってしまうのだろうか。

次の

不滅の恋人(大君) 第10話 あらすじとネタバレ

不滅 の 恋人 10 話

チュ・サンウク・1978年7月18日 ・韓国ソウル特別市出身の俳優。 ・身長180cm。 ・南ソウル大学視覚デザイン学科卒。 特技はバスケットボール、スキー。 1999年のEBS青少年ドラマ「君の夢を広げろ」でデビュー 先王と大妃(テビ)の次男で、国王イ・ヒャンの弟。 イ・フィの兄。 病弱な長男の王位継承をおびやかさぬよう、幼いころから宮廷を出され、家族と離れ、寂しい幼少期を過ごす。 弟イ・フィと比べられ、軽視されることが気に入らない。 伯父ヤンアン大君(テグン)の後押しを受け、王座に就こうと画策する。 大君である自分にこびないチャヒョンを気に入り、弟から奪おうとする。 イ・ガンの正妻。 チャヒョンとソルファの友人。 気位が高く、気が強い。 父は亡くなり、朝廷では力がない家門の次女。 姉を差し置いて、イ・ガンの正妻となる。 チャヒョンやヨギョンに嫉妬し、ライバル心を燃やす。 リュ・ヒョヨン…ナギョム役 まとめ 2人の王子に愛される純粋で芯の強いヒロインを、 「オクニョ 運命の女」で主演をつとめ、 日本でも人気のチン・セヨンさんが演じます。 「オクニョ 運命の女」は息もつかせぬ時代劇なので 面白いながらも大変です。 さて今作は、三角関係のラブストーリーなので、 ゆったりと鑑賞できるような気がします。 チン・セヨンさんの演技にも注目です。 男2人女1人の三角関係のロマンス。 この3人の関係がどのように描かれていくのかが 一番見どころポイントですね。 ところで、見逃してませんか? 見逃し配信はこちらがおすすめです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

次の